2018年の自動車モデルチェンジスケジュール&新車発売カレンダー

rr (551x364)

2018年にモデルチェンジ予定と新車発売カレンダー

2018年に発売が予想される新型車とフルモデルチェンジが想定される車種をまとめました。

2018年となると少し先となるために確定的ではない話やこれから変更となったりもするのですが、取りあえず現時点での最新情報となります。

2018年も2017年に負けないぐらい素晴らしい車や新しい技術が登場してきます。特に長いモデル期間を経てフルモデルチェンジをするジムニーやアテンザ・ランクルなどは注目ですよね。

更に技術的な面でいえばマツダのクリーンディーゼル・ハイブリッドシステムやWRXの新プラットフォームに新エンジンを搭載するSTIの性能も気になります。

今回の記事では全体としてどの車種がモデルチェンジ予定なのかが分かることを重視しているので、その車のモデルチェンジの詳しい内容に関しては車種ごとの記事を見て下さい。

スポンサーリンク

2017年のモデルチェンジと新車スケジュールに関しては下⇩の記事をご覧ください。

”2017年の自動車モデルチェンジスケジュール&新車発売カレンダー”

2018年前半に登場が予定されているモデル

レクサス新型LS フルモデルチェンジ

fff-640x396世界最高峰の高級セダンのレクサスLS500のフルモデルチェンジは、アメリカは2017年内の発売予定ですが、日本の国内向けは10月の東京モーターショーが日本初公開となり恐らく2018年の初頭発売となるでしょう。

ダウンサイジングターボエンジンとハイブリッドエンジンが用意されボディーサイズは更に大きくなります。

これは大型化するメルセデスベンツのSクラスとBMWの7シリーズに対抗するためのもので、それ以外にもライバルに対してレクサスはどの様な提案があるのか楽しみですね。

レクサスLS500は日本の車業界を背負ったモデルとなることでしょう。

レクサス新型LSの詳しい内容は⇩の記事を読んでみて下さい。

2017年にモデルチェンジする新型レクサスLSの内容を説明!これがセルシオの進化形!

スズキ新型ジムニー フルモデルチェンジ

k (640x441)スズキのジムニーも長いサイクルからのフルモデルチェンジされる予定です。世界中にファンを持つ車なだけにユーザーの厳しい目に晒されるでしょうね。

それは現実的に見て今のモデルの実力が高く評価されて深く愛されているからである意味仕方のないことなのかもしれません。

それでも車の進化の歩みは止められませんから、メーカーからすると嬉しい苦悩なんでしょうね、

その苦悩の先にこそアイディアがあるのでしょうから、新型ジムニーは楽しみですね。

スズキ新型ジムニーの詳しい内容は⇩の記事を読んでみて下さい。

スズキ新型ジムニーの登場は2018年のモデルチェンジで!その内容とハイブリッドは?

ミツビシ新型RVR フルモデルチェンジ

eeeeeeeeee (633x474)実はミツビシのモデルチェンジのスケジュールは良く分からない面が正直あります。

それはミツビシの燃費不正事件によりミツビシのモデルチェンジと新車の発売計画に関しては全て一旦白紙となったためで、この新型RVRも本来は2016年にモデルチェンジが予定されていました。

ニッサンの支援という形で落ち着きを取り戻してきたことで従来の業務に戻りつつあるミツビシですので止まった時計が動き出すと思われます。

新型RVRの発売は2017年には可能ではないかと予想されています。

ミツビシ新型RVRの詳しい内容は⇩の記事を読んでみて下さい。

三菱の新型RVRがモデルチェンジしてPHEVを搭載!新しい時代を切り開け!

トヨタ新型スープラ フルモデルチェンジ

rrrr (552x366)トヨタのBMWとの提携でドイツでの開発が進められている新型スープラですが、Z5と兄弟車となるので2018年の前半にはお披露目となると思われます。

コンセプトモデルのFT-1をベースにより現実的なスポーツカーへとブラッシュアップされます。

兄弟車となるZ5はスペシャリティーカーであるのに対してスープラはピュアスポーツカーですから、その車の出来の違いに興味津々です。

トヨタ新型スープラの詳しい内容は⇩の記事を読んでみて下さい。

復活するトヨタ新型スープラのデザインが凄い!発売日はいつなのか?

スバル新型WRX  フルモデルチェンジ

ffffff-559x367スバルのWRXが初のフルモデルチェンジを行います。特に今回のモデルチェンジではプラットフォームは、インプレッサで初採用されて大変評判の良い性能の高いモノへと変更となりますし、WRXのSTIのエンジンも現行のS4で採用されている新型エンジンへと切り替わります。

車の2大要素のプラットフォームとエンジンが同時に変更となるWRXは正に次の時代のスバルの走りを示すモデルとなることでしょう。

スバル新型WRXの詳しい内容は⇩の記事を読んでみて下さい。

スバル新型WRXのS4とSTIのモデルチェンジは2018年!新型エンジン搭載!

ホンダ新型ヴェゼル マイナーチェンジ

ggggggggggggggggggggg-640x319このクラスのSUVでは抜群の人気を誇ったホンダのヴェゼルでしたが、トヨタのC-HRが発売となり2017年にはJUKEも発売予定なので従来の様には販売台数も伸ばせなくなることが予想されています。

このテコ入れ策としてマイナーチェンジではヴェゼルの性格も適したエンジンとも言われるクリーディーゼルを搭載するのと同時に一部のファンから要望のあるマニュアルミッション車も出すとみられています。

車の完成度を上げると同時にコアなファンも掴みより多くの支持を集めようとしているようです。

ホンダ新型ヴェゼルの詳しい内容は⇩の記事を読んでみて下さい。

ホンダ新型ヴェゼルのモデルチェンジ情報!ディーゼルや6MTが搭載か?

マツダ新型アクセラ フルモデルチェンジ

zrrrrrrrrrrrr-640x3812016年に発売の新型CX-5はマツダ社内事情により開発を急いだために新開発のプラットフォームが間に合わなかったためにスカイアクティブ1.5世代と言えるモデルとなりました。

そのためにプラットフォームも新型を使ったスカイアクティブ第2世代はこの新型アクセラが初のモデルとなります。

現行モデルでも評判の良いスカイアクティブ技術ですが、この新型アクセラでは更なる進化を見せてくれるでしょう。

マツダ新型アクセラの詳しい内容は⇩の記事を読んでみて下さい。

新型アクセラが開くマツダの新時代!フルモデルチェンジの詳細情報

ニッサン新型エルグランド フルモデルチェンジ

yyyyyyyy (640x482)新型エルグランドの命題それは、ずばり大座奪還っ!ヴェルファイヤ・アルファードに奪われた高級ミニバンの王者の座をこの新型で取り戻します。

そのために最も大きな改善点は燃費です。現在のエルグランドの燃費はJC08モード燃費10.8km/LアルファードJC08モード燃費19.4km/Lの半分程度という大負けをしています。

それをハイブリッドシステムを搭載することでJC08モード燃費20.0km/Lとしライバルを超えてきます。そしてフロントマスクも大型グリルとメッキを多用して今の売れ筋のセオリーのフロントマスクへと変更し、全高を上げてクラス最大の室内空間にします。

更にパイロットドライブシステム等の最新技術も搭載して万全の状態で登場します。正にニッサンの技術とプライドの結晶といえるモデルになります。

ニッサン新型エルグランドの詳しい内容は⇩の記事を読んでみて下さい。

2018年に日産エルグランドがモデルチェンジ!新型の内容とは?

2018年後半に登場が予定されているモデル

トヨタ新型クラウン フルモデルチェンジ

ZZZZZZZZZZZZZZZZ (640x359)トヨタの新型クラウンシリーズもTNGA新開発プラットフォームが採用されてワイド&ローなボディースタイルとなりボディー剛性のアップと低重心化から走行性能を上げてきます。

エンジンはダウンサイジングターボとハイブリッドエンジンが用意されて高い運動性能と燃費性能を両立されたモデルとなります。

更にこの新型クラウンにはPHVモデルが存在します。これはプリウスのPHVを大型化改良したしたものであり現在のプリウスPHVと並行して開発されています。

トヨタ新型クラウンの詳しい内容は⇩の記事を読んでみて下さい。

トヨタ新型クラウンにFCVを搭載!2018年のモデルチェンジにて高級車の向かう先

ダイハツ新型タント フルモデルチェンジ

スーパートールワゴンをというジャンルを切り開き人気の高かったタントもホンダのNシリーズが発売と同時に人気を得て状況が大きく変わりました。

フルモデルチェンジをする新型タントは基本的にはキープコンセプトとしてフロントマスクのデザインやミラクルオープンドア等は大きく変更されません。

但しその基本部分はパーツ一つ一つネジ一つ一つを見直し徹底した軽量化とボディー剛性そして室内空間の拡大と利便性の向上に努めます。

これぞスーパーハイトワゴンというモノを開拓者として示してくれるでしょう。

ダイハツ新型タントの詳しい内容は⇩の記事を読んでみて下さい。

ダイハツ新型タントのモデルチェンジは2018年?究極のトールワゴンへ!

 ニッサン新型フェアレディーZ フルモデルチェンジ

xxxxxxxxxxx (640x285)日本の自動車メーカーは一時的にスポーツカー市場はは縮小傾向で厳しい時代を過ごしていました。

その中でもニッサンがフェアレディーZの生産を続けていたのは、利益を考えてというよりも伝統のあるZカーのブランドを守るというニッサンの情熱だったと思います。

ここでやっと世界の市場がスポーツカーへと流れだし、ライバルであったトヨタのスープラやマツダのRX-7も復活する中で、フェアレディーZも他のライバルに後れを取らないフルモデルチェンジを施します。

トヨタのスープラがBMWとの共同開発となる様に、フェアレディーZもメルセデスとの共同開発となります。そのために同時進行で開発のすすむ新型スカイラインと共通のプラットフォームとなり、2シーターのスポーツカーはフェアレディーZ、2プラス2のクーペスタイルのモデルがスカイラインクーペとして発売します。

そしてその心臓はメルセデスベンツの直噴V型6気筒3Lエンジンにツインターボの強力なユニットを搭載する可能性や新開発のハイブリッドシステムを搭載する可能性もあります。

共同開発だけに多くの選択肢がありまだまだその姿が見えきれていない新型フェアレディーZですが、凄いモデルになることは間違いなさそうです。

ニッサン新型フェアレディーZの詳しい内容は⇩の記事を読んでみて下さい。

ニッサン新型フェアレディーZ35の最新情報!モデルチェンジは17年か18年!

トヨタ新型ランクル フルモデルチェンジ

ztttttttttt-640x451トヨタの本格的クロスカントリーであるランドクルーザーもモデルチェンジします。そのボディーサイズから日本では人気は高くても販売台数が多くなはいのですが、オフロードの走破性能の高さと快適性の高さもあり海外では非常に人気の高いもですです。

そのために日本国内でも最も盗難にあいやすい車という嫌なことでも知られています。

そのランドクルーザーも時代に合わせて安全技術や快適性を向上させたうえで、オフロードの走破性も落としていない性能の高いモデルとなるようです。

日本を代表するカリスマ的モデルだけにトヨタも中途半端な車は出せないでしょうから、王者としてどれほどの車を発売するのか楽しみですね。

トヨタ新型ランクルの詳しい内容は⇩の記事を読んでみて下さい。

陸の王者トヨタ・ランクルがモデルチェンジ!その内容とは?ディーゼルを搭載か?

ホンダ新型エヌワゴン&N-WGN フルモデルチェンジ

bbbbbbbbbb-640x349ホンダが本気で造った軽自動車のNシリーズですが、第二世代に入ります。先行してN-BOXがフルモデルチェンジをしてからN-WGNも第二世代の第二弾として登場します。

基本的にはキープコンセプトとなり現行モデルのブラッシュアップ版となり各部分をより良化した程度の改定となるでしょう。

特にエクステリアデザインに関しては遠目には新型か旧型か見分けがつきにくい程度の変更に留まる可能性もあります。

但し大きな変更点としては燃費性能の向上でパワーはそのままで2・3割は良くなる見込みですね。

ホンダ新型エヌワゴン&N-WGNの詳しい内容は⇩の記事を読んでみて下さい。

ホンダのエヌワゴン&N-WGNカスタムが新型へモデルチェンジして第2世代へ

ミツビシ新型アウトランダー フルモデルチェンジ

ggggggggggggggggggg-598x406RVRの所でも書いたのですが、ミツビシの車のモデルチェンジスケジュールに関しては予想の域を出ないのですが、アウトランダーに関しては何とか2018年内に間に合うのではないのかと予想します。

このモデルは、2016年のパリモーターショーで発表された”GT-PHEVコンセプト”が新型アウトランダーなのではという話もあります。

エクステリアデザインは、最近のミツビシの潮流であるダイナミックシールドデザインを採用しインテリアも質感だけでなく近未来的な先進的なものへと変わります。

そしてこのモデルではハイブリッドモデルというよりもEV車ということを前提に造られたモデルとなりメインのパワーユニットもPHEVとなります。

新開発の大型大容量バッテリーを搭載してEVのみでの走行で100kmを超えてくるとみられています。

更に実際の走行性能でもミツビシの自慢のフルタイム4WDを搭載し更に車両運動統合制御システムの”S-AWC”をも使用してSUVとしても高性能なモデルとなります。

ミツビシ新型アウトランダーの詳しい内容は⇩の記事を読んでみて下さい。

三菱アウトランダーのモデルチェンジで新型PHEV搭載へ!

マツダ新型アテンザ フルモデルチェンジ

zqqqqq (640x381)

2018年に間に合うか、2019年になるのか、おそらく2018年を目標に開発はされているのがズレ込んで2019年の発売になるのではないでしょうか。

アテンザは今回のフルモデルチェンジによりボディーサイズだけでなく名実共にマツダの最上級セダンとして生まれ変わります。

モデルチェンジの内容はマツダの第二世代となる最新のスカイアクティブ技術(SKYACTIVジェネラル2)を搭載します。

現在のマツダの方針としては基本的な技術は車の排気量や車格に関係なく全ての車に搭載する方針であり、そのこともありアテンザに関しては現在のマツダの全ての車種に搭載されている技術は全て搭載されます。

その上でアテンザで初搭載となる可能性が高い新技術が2種類あります。

1つ目は着火システムの技術でHCCIとよばれる予混合自己着火技術でガソリンエンジンで自己着火させることによりパワーをロスなく引き出し燃費を向上させるというものです。

2つ目はクリーンディーゼルエンジンにマイルドハイブリッドシステムを組み合わせて燃費を向上させるだけでなくエンジンを止めてモーターで走行することによりディーゼルエンジンの不快音を減らすことを可能とします。

ただしこの技術に関しては新型アテンザのフルモデルチェンジのタイミングによっては新型アクセラか新型CX-5のマイナーチェンジに追加モデルとして先に搭載される可能性があります。

そしてまだ確定的な話としては聞こえてこないのですが、アテンザがマツダのフラッグシップカーとしてヨーロッパでプレミアムカーを互角の戦いをするためにFRかするという話もあります。

確かにスポーツセダンとして上質な走りを追求していくとFRという駆動方式は大きなアドバンテージになるでしょう。

マツダがどの様な決断をするのか、大注目です。

マツダ新型アテンザの詳しい内容は⇩の記事を読んでみて下さい。

マツダ新型アテンザのモデルチェンジ予定!FR化やハイブリッドディーゼル搭載か?

2017のスケジュールカレンダーに関して

2017年のモデルチェンジと新車スケジュールに関しては下⇩の記事をご覧ください。

”2017年の自動車モデルチェンジスケジュール&新車発売カレンダー”

2018年のモデルチェンジ予定と新車発売のスケジュールのまとめ

どうでしたか?全ての車とはいきませんが、注目の車は掲載出来ていると思います。

最近の日本の車はグローバルスタンダードに合わせることになり技術的な進展は目覚ましいものがあります。

その中でも注目は2018年には自動車メーカー各社が現在開発が進めている次世代型プラットフォームを搭載したモデルで、その多くが発売となるので日本車は次のステージに上がった走りの質を示すでしょう。

ちょうどロングスパンの人気モデルが続々とフルモデルチェンジする年でもありますから、日本車の全体のベースがアップする年になるでしょう。

素晴らしいモデルと驚くべき技術を日本の自動車メーカーが発売するのは楽しみですね。

新車を買おうか考えている人に必ず読んで貰いたい車が安く買える方法があります。簡単な方法ですので是非実行して大好きな新車を安く買って快適なカーライフを手に入れて下さいね。

”車を買うときに得する方法”を紹介をしたいと思います。

新しい車が欲しいなぁって思ったら欲しい車をディーラーに見に行って試乗したりしますよね?その時は好きな車を目の前にして本当にワクワクして楽しいものです。そして殆どの人はそのハイテンションのまま見積りを受け取り値引き交渉を始めていると思います。

これっ、絶対に止めて下さいっ!

これでは丸腰のままで戦に出るようなものです。車の購入の値引き交渉は戦いなんです。戦というものは戦いが始まる前に8割は結果は決まっています。必ず準備をして臨むようにしましょう。

準備をして交渉に臨むこれ正に勝つべくして勝つです。

1.最大値引きを勝ち取るには販売店同士で競合させるのがベスト

本命のディーラーに新車を見に行く前に必ず競合させる車種と販売店を想定して下さい。同じ車で違う系列店ならベストですし他社のライバル車と販売店でも良いです。

先ずはライバル店に訪問して見積りを出して貰いましょう。そしてその見積りと情報を持って必ず最後に本命の販売店に行きましょう。

2.重要なのは値引きより下取り!そしてディーラー下取りは安いという現実

大切なことなのでもう1度書きます。

車を安く買うのに大事なことは、値引き額よりも下取り査定額の方が重要

と言うのは車両値引き10万円を引き出すのは本当に大変なんです。でも買取りの専門業者の下取り価格ならディーラーと比べて10万円どころか2・30万円以上も高額なことも普通だからです。

知人のレクサスでは70万円以上も高かったです。でもこれは車両価格の高いレクサスだからですけどね。

実際の買取り専門業者への依頼方法とはインターネットで簡単な必要事項を入力するだけです。その後に電話があり向こうから車を見に来てくれます。

高額査定を引き出すコツは、依頼する買取りサイトは複数社の見積りが一括で取れる査定サイトを選ぶこと、そして最低2社へ依頼することです。これは1社の一括査定で複数社に依頼しても業者同士が顔なじみで談合されることもあるからです。

2社に同時に依頼をして競争原理を確実に働かせて買取り額を高めて下さい。私のおススメの買取り査定はかんたん車査定ガイドカーセンサーネット査定です。

おススメの理由は、どちらもガリバー等の大手を含めて一括で依頼出来る点と更にかんたん車査定ガイドは入力と同時に下の画面の様にあなたの車の相場額が表示される点にあります。

もし今すぐに売る予定はなくても自分の車がいくらの価値なのかは今後を考える上で知っておいて損はないでしょう。予想以上に高額な査定額だったから今すぐに好きな新車に買い替えることにしたという嬉しい話も珍しくないんです。

かんたん車査定ならその場で入力するだけで価格が分かりますからね。

あなたの車も調べてみたら予想以上に高額な値がついて驚くかもしれませんよ?

dddddddddddddddd

この2つのサイトでの見積り依頼をすれば競争原理が働き高額査定が出る可能性はかなり高いです。更に確実とするなら業界で評価の高いズバット車買取比較にも頼めば確率は上がります。

でも査定業者が多くなり過ぎると対応が大変ですからかんたん車査定ガイドカーセンサーネット査定だけで十分だとは思いますよ。

そして見積書を持ってディーラーに行って下さい。そうすれば買取り業者の見積額を基準に下取り価格を提案してきます。その額と比較して高い方に売れば良い訳です。基準がないとディーラーが安い見積りを出しても分からないですからね。

この様に万全な準備をして値引きと下取りの両方から最大値引きを引き出しましょう。

特に下取りはディーラーの見積もりだけでは違いも分かりませんし、カーナビやエアロや海外旅行の代金ぐらいは簡単に差が出ますから試してみることをおススメします。

おススメはこの2社⇒かんたん車査定ガイドカーセンサーネット査定

スポンサーリンク




値引き交渉の詳しいテクニックを知りたい人には⇩の記事で説明しています。

誰でも出来る!20万円以上新車を安く買う4つの法則


スポンサーリンク