2019年の自動車モデルチェンジスケジュール&新車発売カレンダー

2019年の自動車モデルチェンジスケジュール&新車発売カレンダー

日本の自動車業界は東京モーターショーが開催されることもあり多くの注目の新型車やフルモデルチェンジとなる車が続々と登場してきます。

そして技術的にもハイブリッドシステムやクリーンディーゼル・EVといった動力ユニットに関する新技術や事故予防システムなどの先進技術が新しく登場してきています。

2019年もこれらの新技術を搭載したニューモデルが発売となるので、その予想モデルを年間スケジュールとしてまとめてみました。

この年間スケジュールの記事の中では各社の説明に関しては詳細が述べていませんが、その誘導先となるモデルの記事において詳しく説明していますので、気になるモデルがあった際にはそちらの記事で読んでみてください。

では、2019年の年間モデルチェンジのスケジュールを見ていきましょう

スポンサーリンク

トヨタ新型アクア フルモデルチェンジ

adddddddddddddddd (640x439)2017年にフルモデルチェンジと予想されていたのですが、大幅に変更になり2019年予定となりました。日本国内で絶大な人気を誇ったアクアもモデル末期となり性能面でライバルが追い付き人気に陰りが出てきました。

これにより2代目へフルモデルチェンジをして、新世代プラットフォームのTNGAを採用することで次期ヴィッツと共通のプラットフォームとなりこの2台は共通項の多いモデルとなります。

気になる燃費ですが、JC08モード45km/Lを実現されるのではとも言われています。

トヨタ新型アクアの詳しい内容は⇩の記事を読んでみて下さい。

2017年に登場するトヨタ新型アクアの燃費に驚愕!フルモデルチェンジの内容とは?

トヨタ新型ハリアー

現行モデルからレクサスRXとは別のモデルとなり日本専用の車となっています。

昔ながらのトヨタ車のようにエクステリアデザインの豪華さとインテリアの高級感が売りの車で走行性能に関しては、あまり特色がない代わりにマイナス点も少ないある意味では日本車らしい日本車といえるのではないでしょうか。

新型ハリアーにおいても日本専用車種という数少ないモデルとなりますから、開発の方向性に関しては同じコンセプトで開発されているものと見られます。

日本人の考える高級車のSUV を具現化したモデルとなることでしょう。詳しくは下の記事をご覧になってください。

トヨタ新型ハリアーのモデルチェンジのスケジュール内容:高級車のもう1つの形!

トヨタ新型ノア/ヴォクシー/エスクアイヤ

トヨタが誇る販売的に好調なミドルクラス・ミニバンの3兄弟になります。

現行モデルはエスクアイヤが追加発売となる時期が遅れたために様々なタイミングがずれていたのですが、次のフルモデルチェンジに関しては3車同時となります。

3兄弟の車種ですがエクステリアデザインとインテリアに関してはそれぞれテーマを持って、さらなる差別化が行われます。

しかし基本的には現在のミニバンの売れ筋である迫力のある大柄なグリルとフロントマスクそして豪華な内装という点では変わりがありません。

詳しくは3車それぞれ別の記事に書いてありますので、そちらをご覧ください。

トヨタ新型ヴォクシーのZS 煌きらめき2がお勧めな理由とモデルチェンジ情報

トヨタ新型ノアの歴史とモデルチェンジ予定そして特別仕様車W×Bとは?

エスクァイアの新型へモデルチェンジ情報!トヨタの真打ミニバンの進化

トヨタ新型ヴィッツ

トヨタの世界戦略車であるヴィッツはB セグメントにおける最重要車種の1台です。

日本ではアクアの成功があり少し影が薄くなった感がありますが、海外特にヨーロッパではヤリスと名前を変えて大人気の1台です。

トヨタはWRC のベースに復帰しましたが、これもベース車両にはヤリスを選びトヨタ自動車自身のスポーツイメージを向上させるために参戦したものになります。

新型のヴィッツにおいては室内空間の拡大での快適性の向上と走行性能を重視したモデルとなるでしょう。

詳しくは下の記事でご覧ください

トヨタ新型ヴィッツがモデルチェンジで大改革へ!WRC参戦ヤリスの理由とは?

トヨタ新型ランドクルーザープラド フルモデルチェンジ

トヨタのランドクルーザープラドはミツビシのパジェロに対抗して開発したモデルでしたが現在はプラドが販売数・人気・知名度でもすべて勝ってしまいました。

先代からランドクルーザーのプラットフォームからハイラックスのものへと変更となり、オンロードの性能を重視した街乗りにも対応するSUV車となりましたが、それでも他のモデルと比べると本格的なオフロード性能を備えいます。

既に現行モデルは8年近くなっており10年の節目の前にフルモデルチェンジが予定されており、2018年に実施するとみられています。

詳しい詳細情報は下の記事をご覧ください。

トヨタ新型ランクル・プラドのモデルチェンジ予定と値引きや納車情報

ホンダ新型ヴェゼル フルモデルチェンジ

ミドルクラスのSUV としては絶大なる人気を誇ったヴェゼルですがトヨタのC-HRの登場によって首位の座から転落してしまいました。

この状況にホンダとして良しとするわけにはいきませんので、打倒C-HRを目指してホンダのあらゆる最新技術を搭載した新型ヴェゼルが登場します。

2019年後半か2020年の登場となります。

詳しくは下の記事をご覧になってください。

ホンダ新型ヴェゼルのモデルチェンジ情報!ディーゼルや6MTが搭載か?

ホンダ新型オデッセイ

日本の車の歴史の中で日本のマーケットにミニバンを定着させた革新的モデルといえばオデッセイです。それでも最近は他社のライバルであるミニバンの攻勢が激しく少し影が薄くなっています。

新型オデッセイではこの王座お奪還すべくフルモデルチェンジが施されます。

詳しくは下の記事からご覧になってください。

ミニバンの開拓車!ホンダ新型オデッセイの魅力とモデルチェンジの内容

ホンダ新型N‐VAN:エヌバン 新型車

今はバモスやアクティーは別モデルとして販売されていますが、ホンダとしては軽自動車のブランドはNシリーズに統一する予定です。

フルモデルチェンジの際にはN‐VAN:エヌバンと車名変更することでバモスよりもより多くのユーザーに選んでもらえることでしょう。

これは今のN-BOXの人気を考えると当然の戦略だと思います。でも実はその中身の方も大きな変更点があります。

詳しくは下の記事を読んでみて下さい。

ホンダが新型N‐VAN:エヌバンを発売!バモス・アクティのモデルチェンジの後継車

ニッサン新型デイズ

ニッサンのデイズはミツビシとの共同開発プロジェクトの第1弾の車です。ミツビシの燃費不正問題から一時期は新型モデルの開発に関して棚上げとの憶測が飛び交っていました。

しかしこの問題もルノー・ニッサングループがミツビシを傘下に置くことで落ち着きましたので、より強力な体制で新型デイズのフルモデルチェンジへ向かうことになりました。

ニッサン独自の軽自動車として発売されたデイズは、車の完成度も高く販売も好調でしたので新型にも大きな期待がかかっています。

詳しくは下の記事からご覧になぅて下さい。

ニッサンデイズ・ハイウェイスターのモデルチェンジが確定!新型への予定と内容

ニッサン新型デイズ・ルークス フルモデルチェンジ

日産のルークスはデイズと同時進行で開発された三菱との共同開発プロジェクトの第1弾として発売された車です。

三菱がルノー日産グループの傘下に入ったことによりパ新型モデルもデイズと同時に開発が行われています。

ただ今回の開発に関してはより日産の影響力が強く、三菱の軽自動車のノウハウを使って日産が企画開発を行うスタイルとなっているようです。

販売に関しては事実上同じ車でも日産と三菱で大きな差が出たように営業力販売力も大きな影響が出ることがわかったモデルでもあります。

デイズと時を同じくしてフルモデルチェンジが行われる可能性が高いのですが、今回は3ヶ月から半年時期をずらしたタイミングとなる可能性も十分あります。

詳しくは下の記事に書きましたので、よろしければご覧になってください。

開発が決定したニッサン新型デイズルークスのモデルチェンジ情報とその歴史!

ニッサン新型ティアナ フルモデルチェンジ

日産の高級大型セダン・ティアナがフルモデルチェンジします。

現在のモダンリビングを謳った落ち着いたデザインからVモーションを全前面に出した若々しく躍動的なスポーティなデザインへと変更が予定されています。

技術的にも自動運転技術プロパイロットの採用とEV技術を応用したe-POWERの進化系のユニットが搭載されるといわれています。

日産の最高級セダンですから最新の技術を搭載してライバルモデルを唸らせるような新型セダンとなることを目指しています。

マツダ新型デミオ

www-640x357SKYACTIV技術と鼓動デザインが好評なデミオですが、フルモデルチェンジを迎えることでSKYACTIV第2世代へと進化します。

デザイン的には現在の鼓動デザインを更に凝縮した形で塊感のあるものとなり、新開発のプラットホームから変更になった走りはワンクラス上の走行性能を発揮するとみられています。

現在のデミオと同じように居住性に関しては他のライバルモデルよりは劣るもののその美しいエクステリアデザインと高級感のあるインテリアそして重厚感のある乗り味と言った点はさらに磨かれると予想されます。

世界に誇れるコンパクトカーになってくれることを切に願います。

詳しくは下記の記事をご覧ください。

マツダ新型デミオのモデルチェンジ内容と時期は?:クラスを超えたコンパクトカー

スバル新型レヴォーグ

zqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqq-640x282インプレッサに搭載された次世代型プラットホームの評判が良く少し型遅れなイメージとなってしまったレヴォーグが同じ新型のプラットフォームを使用した新型にフルモデルチェンジします。

新型インプレッサの完成度がすべて底上げされたようにレヴォーグに関しても全ての性能がワンクラス上スライドされるとみられます。

そして設計の段階からSTIスポーツを意識した高い走行性能を目指したものとなるでしょう。

欧州の車に引けを取らない素晴らしいレベルの車となることが期待できます。

詳しくは下の記事をご覧になってください。

スバル新型レヴォーグのモデルチェンジの進化の内容!新型エンジン搭載か?

スバル新型レガシィ

アメリカ市場に向けて大きなボディサイズとなり日本ではあまり注目されなくなったレガシィですが、アメリカでの販売が好調であり予定通り大きな進化を遂げてきます。

昔のスポーツセダンとしてのポジションはWRXに譲り現在のレガシィはラグジュアリープレミアムセダンとしてさらなる進化を遂げます。

詳しい詳細は下記の記事に書いてありますので、そちらをご覧になってください。

スバル新型レガシーB4のモデルチェンジ情報!ワゴンから引き継がれるイズム

ダイハツ新型ムーヴ

誰もが知っているダイハツの看板車種であるムーブもここでモデルチェンジとなります。

ダイハツは多くの派生車種を販売することで様々なユーザー層の取り込みをしてきていますが、やはりその主軸がムーブであることには変わりありません。

現在のダイハツの持つ全ての技術を使い史上最高の軽自動車を造ってくることは間違いありません。

この年にライバルであるスズキのアルトも同時にモデルチェンジの予定があり、その意味でも絶対に負けられない戦いがここにあります。

ダイハツ技術陣のプライドと心意気を感じるモデルが開発されることでしょう。

詳しい内容は下記の記事でご覧になってください。

ダイハツ新型ムーヴのモデルチェンジする未来は?その歴史から予測する

スズキ新型アルト

aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa-640x310スズキの主力車種であるアルトもここで発売になります。

ダイハツのムーブも同じ年に発売になりますから両メーカーの看板車種同士がここで比較され優越を決する戦いになることでしょう。

ここのところのスズキは快進撃で、新開発のプラットホームを軽量化することで得たメリットを最大限に生かし様々な車の性能向上させてきました。

更にスズキはトヨタと提携しましたのでトヨタから提供された技術を使用することも当然ありえます。

ただしアルトに関しては、開発期間的にはギリギリのラインなのでこのモデルまではトヨタの影響のない純粋なスズキの技術でのモデルかもしれません。

そういう意味でもダイハツとの純粋な100%の勝負はこの世代のアルトとムーブが最後かもしれません。

大変楽しみな名勝負となるでしょ。詳しくは下記記事から内容をご覧になってください。

スズキの歴史アルトやワークスのモデルチェンジ情報とその軌跡を振り返る

ホンダ新型S2000 フルモデルチェンジ

S2000は最近のホンダにない程の尖がったホンダイズムを体現したモデルでした。

量産モデルのコンポーネンツを共有化して造られているNSXよりもピュアスポーツとしては純な挑戦的な面を持っています。

基本的にFFのメーカーであったホンダがS2000だけのために開発したFRプラットフォームにオートマチックトランスミッションをあえて設定せずにマニュアルのみという拘りの選択。

そしてエンジンは驚異のレッドゾーン9,000回転という超高回転ユニットを搭載していました。

マイナーチェンジでは逆にマイルドな味付けに手直しされるという尖がりぶりです。

そんなS2000を復活させようとホンダでは開発が進んでいます。

しかしS2000というネーミングとはなりそうですが、流石にFRのプラットフォームを新開発する余力はなさそうです。

それでもホンダは現代の本物のスポーツカーを造ろうとしています。

詳しくは↓の記事を読んでみて下さい。

ホンダ新型S2000:ZSXが2019年に復活!320馬力エンジンとSH-AWD搭載か?

マツダ新型RX-7 フルモデルチェンジ

allllllllllllllllllllllllll (640x449)マツダの魂ともいえるロータリーエンジンがピュアスポーツカーの新型RX-7と共に復活をします。

2017年の東京モーターショーで、そのコンセプトモデルと市販化のスケジュールはワールドプレミアされる予定ですが、実際の市販モデルはそこから約2年後というスパンを経てのものとなるでしょう。

マツダが生み出す久しぶりのロータリーエンジンを搭載したピュアスポーツカーになるのは確実ですから、その期待度に応えるべく慎重に開発が進められると思います。

その分新しい時代のスポーツカーを名乗るにふさわしい車となることでしょう。

詳しい内容に関しては下の記事に書きましたのでそちらをご覧になってください。

新型RX-7のモデルチェンジを2017年に発表!マツダの夢再び!

2019年の自動車モデルチェンジスケジュール&新車発売カレンダーのまとめ

2019年にフルモデルチェンジをする主なモデルを見てきました。

日本の自動車界においても多くの影響力を持つメインの車がフルモデルチェンジしてきます。

特にトヨタの新型C-HRに泣かれてしまったホンダのヴェゼルの初のフルモデルチェンジやアクアとどう差別化してくるかが注目のヴィッツ、SKYACTIVの第2世代となるコンパクトカーの中でも独自の路線をとるデミオ、スバルの新しいプラットホームを終えてレベルアップが期待されるレヴォーグ、軽自動車の2枚看板ともいえるダイハツのムーヴとスズキのアルトのタイトルマッチのような戦いとこれらのモデルには大変注目が集まっています。

各メーカーがコストと誇りをかけた最新技術の塊のようなモデルを投入してくるわけですから、今から非常に楽しみなモデルが多くありますよね。

最近は日本では車があまり売れなくなり若者の車離れなども問題視されていますが、日本のメーカーはいい車を作り続けてもらいたいものです。

2019年に日本人として誇りが持てるような完成度の高い車の登場期待しています。

車を買おうか考えている人に必ず車が安く買える方法があります。

絶対知っていた方が良い!車を安く買う簡単なコツとは?

車を安く買うのには値引き交渉は必ず必要ですが、それにはちょっとしたコツがあるんです。

知らないと後で”ディーラーに騙されたぁ!”って悔しがる人もいるんですよ。

その詳しい内容は右の記事で説明ましたので参考にして下さい⇒”誰でもできる車を20万円以上安く買う方法”

簡単な方法ですので是非実行して大好きな新車を安く買って快適なカーライフを手に入れて下さいね。

スポンサーリンク




スポンサーリンク