スバル新型レガシーB4のモデルチェンジ情報!ワゴンから引き継がれるイズム

スバル新型レガシーB4のモデルチェンジ情報:その目指す未来とは?

スバルは元々技術力のある会社として評価が高い反面一般ユーザー受けするモデルが無ない現実の打破に苦労していました。

その問題点を最初に突き破ったのがレガシーであり商用車というイメージしかなかった5ドアのバンタイプのボディースタイルをツーリングワゴンを乗用車として認識させた日本の車の歴史を変えることになったモデルでした。

これまでのワゴンの持つ積載スペースの広さはそのままに、乗用車に4WDシステムを採用した走破性にスバル自慢の水平対向エンジンは280PSのビッグパワーという商用のバンとは異なる技術内容で圧倒的な走行性能を実現したモデルでした。

そんなレガシーがアウトドアを趣味とする人たちを発端に大流行りをして若者や都会の人にも定着してセダンよりもオシャレで便利なボディータイプとしてワゴンが好まれるようになりました。

そしてレガシーが乗用車として認知されると同時にスバルというメーカーも一般のユーザーからも選択される自動車メーカーへと成長しました。

そんなスバルの看板モデルとも言えるレガシーもその時代の流れの中でワゴンが廃止となり、ボディーサイズが大きくなり日本よりもアメリカに大きくアピールするモデルへと変貌しています。

今回はスバルの代表車種レガシーの歴史と今後の方向性をモデルチェンジから読み取っていこうと思います。

スポンサーリンク

スバルのレガシーとB4いう車とは?

スバルのレガシーは日本にワゴンというジャンルを乗用車として認識させた歴史的車種で同時にスバルというメーカーを一般的に知らしめたモデルでもあります。

そのために昔はスバルのレガシーと言ったらツーリングワゴンを連想し、セダンは販売していることも忘れられるほどの存在感の薄いモデルでした。

それをセダンにB4というペットネームをつけて大々的に宣伝をしてレガシーにはセダンもありますよと世間にアピールをしました。

現在のインプレッサがセダンをG4と呼び宣伝しているのはこのレガシーの成功例があるからです。

そのおかげでレガシーはセダンのB4も人気となり時代の流れからツーリングワゴンはレガシーブランドから独立をしてレヴォーグとして発売されました。

レガシィの意味とは?

レガシィとは、英語でLEGACYとなりその意味は伝統を継承するということです。それは独自技術にこだわりを持つスバルに相応しい名前と言え、実際にレガシィにはスバル伝統の水平対向エンジンと乗用車への4WDシステムの登用を軸としその技術を継承し円熟の技術として世界から称賛されています。

正にレガシィとは相応しい名前ですね。

レガシィを歴代の中で振り返るとボディ形状は3つのタイプのモデルが存在しています。

ツーリングワゴン

レガシィと言えばツーリングワゴンという時代があり、日本の定番だったジャンルのセダンから多くのユーザーをワゴンに移らせたエポックメイキングなモデルです。

セダンはオジサン臭くワゴンは家庭的でオシャレというイメージを造りあげただけでなく、ワゴンというボディー形状でもスポーツカー以上の動力性能がありドライブすることが好きなユーザーからも圧倒的な支持を得ていたモデルです。

B4

ボディー形状は4ドアのセダンです。

B4というネーミングはスバル伝統のBOXERの水平対向エンジンの頭文字のBに、知名度のあるツーリングワゴンが5ドアであるのに対してセダンの4ドアの4を組み合わせてB4という呼び名になっています。

4に関してはそれだけの意味ではなく、スバルのもう一つの伝統技術4WDの4からもきています。

アウトバック

ツーリングワゴンのボディーを使って車高を上げてラフロードにより対応可能としたモデルです。

アウトバックの意味は、オーストラリアで使われる英語の方言で未開の場所というものです。

セダンやワゴンでは行けないアウトドアの土地に入っていくそんなモデルとなっています。

スバル・レオーネ

レガシィには前モデルが存在していてそれがスバルの前フラッグシップモデルであるレオーネになります。レオーネの時代から水平対向エンジンと4WDシステムを採用していてボデイー形状もセダンとワゴンの2つのボディー形状がラインナップされており、既にスバルの乗用車の基本思想は出来上がっていました。

モデルとしては5世代にわたって販売期間は1971年から2001年のもでるではありますが、後期に関しては日産自動車からのOEM供給されたモデルであり自社生産していたモデルとしては1994年までとなります。

スバル初代レガシー BC/BF系 販売期間1989年-1993年

レオーネからの大変革ですべてが新設計と言っていいモデルで正にスバルの渾身の作品と言えるモデルでした。

プラットフォームと水平対向エンジンともに新設計となり新エンジンは220馬力とクラス最高出力を実現しただけでなく発売前からアメリカで10万km耐久走行をした際の走行平均速度を競う挑戦で国際記録を達成しその速さだけでなく耐久性が高いことも証明して話題となりました。

そのエクステリアデザインと走行性能で新しいスバルを十分アピールできる車でした。

スバル2代目レガシー BD/BG系 販売期間1993年-1998年

2代目レガシィの大きな特徴は各社が日本経済のバブルに合わせて大型化と高級化が常套手段のフルモデルチェンジが行われていた時に敢えてキープコンセプトとしてボディーサイズを変更せずに5ナンバーボディーとして発売したうえで、パッケージングにより室内空間を拡大に成功し運動性能に関しても同排気量のままで高出力化に成功したモデルです。

このレガシィが与えた印象は強くスバルというメーカーは時代の流行に流されることなく技術に拘った足腰の強い会社というモノでした。

このモデルがもたらしたものはスバルというメーカーの大きなイメージアップでした。

この2代目モデルに関しては私も乗ったことがあるのですが、4WDを感じさせないハンドリングと車体の軽さを感じさせる軽快なモデルである上にパワーがあり非常に走りが楽しいモデルでした。

スバル3代目レガシー BE/BH系 販売期間1998年-2003年

キープコンセプトで成熟が進んだモデルであり、エクステリアデザインは重厚感のあるものとなったことで同じ5ナンバーの車格であったにもかかわらず高級感を感じさせるものとなりました。

そして駆動方式も4WDのみとなりFFは廃止となります。

そしてこの3代目からセダンボディーのRSKとRSのスポーティグレードを初めてB4と呼びました。

大々的な宣伝もありこのセダンボディーのB4が人気となりレガシィにはツーリングワゴンとB4のセダンという2ブランドあるという認識が広がりました。

スバル4代目レガシー BL/BP系 販売期間2003年-2009年

4代目のモデルにて遂に3ナンバーのボディーサイズへと拡大されました。このことによりエクステリアデザインに自由度が増えたこともあり非常に伸びやかで艶やかなものとなっています。

走行性能技術的には円熟の領域となり欠点の少ない高い完成度をしましたことも相成り歴代レガシィの中でもこの4代目が最高のレガシィと評価されることもあるモデルです。

スバル5代目レガシー BM/BR系 販売期間2009年-2014年

2005年から始まったスバルとトヨタの提携関係が強まりスバルのモデルにも大きな影響を与えだしたと言われたモデルがこのモデルからです。

スバルの技術屋としての拘りを抑え込みマーケティングから売れる車を造るトヨタ流に照らし合わせたレガシーは世界最大のマーケットであるアメリカでのニーズを取り込むべくボディーサイズを大型化してツアラー色を強めます。

しかし逆に日本で乗るには持て余すサイズとなったのも事実です。

エクステリアデザインに関しても評判の良かった4代目とは大きく変わりアメリカ受けする押しの強いモノとなりました。

スバル6代目レガシー BN/BS系 販売期間2014年 – 現在

そして現行モデルでは完全にアメリカ市場向けの仕様となるだけでなくレガシィの看板であったツーリングワゴンは事実上レヴォーグへと独立を果たし、B4のセダンボディーとSUV風のアウトランダーの2ブランドモデルになりました。

エクステリアデザインに関してはアメリカを意識し過ぎた5代目モデルの装飾チックなフロントマスクを抑え気味してなかなかスマートなものとなりカッコよくなりました。

デザインは振り子が戻ったので良いのですが、ボディーサイズは6代目と同じアメリカ市場向けのサイズであり、日本向けはあくまでWRXが担うという住み分けとなっています。

スバル新型レガシーB4のスペック

スバル新型レガシーB4のボディーサイズ

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4795×1840×1500mm

ホイールベース:2750mm

車重:1550kg

セダンとして考えると日本向けとは言えない大型サイズであり、同じくアメリカ市場をメインターゲットとするトヨタのカムリやニッサンのティアナと同クラスとなります。

スバル新型レガシーB4のエンジンに関して

スバル新型レガシーB4のエンジン性能

エンジン 2.5リッター水平対向4 DOHC 16バルブ

最高出力[ネット] 129kW(175PS)/5800rpm

最大トルク[ネット] 235N・m(24.0kgf・m)/4000rpm

このエンジン特性からも分かるように従来のレガシィの伝統である2Lの280馬力という高出力エンジンに裏付けされたスポーツカーにも負けないスポーツセダンというポジションではなくなり、高級で上質なミドル級サルーンへと変わりました。

少し暴力的なパワーユニットではなくフィーリングとトルク特性に拘ったエンジンとなっています。

このエンジンの採用がもうレガシィが昔とは違う車になったのだとハッキリ感じさせるものでしたね。

スバル新型レガシーB4の燃費性能

JC08モード燃費 14.8km/ℓ

アメリカ向けということもあり燃費性能に関しては最優先事項ではないにしてもライバル車と明確に劣るものでいいはずがありません。

エンジンのフィールを実現する上でも今の時代燃費に関しても忘れられない性能です。

駆動方式  AWD(常時全輪駆動)

水平対向エンジンと左右対称(シメントリー)のパワーユニットから生み出されるスバルの独自技術であるシメントリカルAWDシステムが全車で採用されています。

レガシィーのシメントリカルAWDシステムは、アクティブトルクスプリットAWDであり路面状況や天候により最適なトルクを前後の車輪に配分するタイプのものです。

トランスミッション

自動無段変速機(CVT)「リニアトロニック」(マニュアルモード付)

伝達性能だけでなく上質な走行フィールに拘ったモノを採用しています。WRXのS4のトランスミッションの様な大きなパワーを受け止めスポーツ性能を向上させたものとはまた別の方向性で突き詰めた高級感のあるものです。

昔はレガシィも5MTがありフィールも良かったのですが、それはスポーツセダンだからこその装備でした。

プレミアムセダンとなったレガシィにはもうマニュアルミッションンが搭載されることはないでしょう。

安全性能予防技術

アイサイトver.3

スバル・レガシィは、アイサイトの最新バージョン3が搭載されています。

アイサイトというのは、安全性能向上を狙った自動運転支援システムのことでスバルが日立製作所と日立オートモティブシステムズの2社の協力のもとに進めるプロジェクトになります。

車体に取り付けたステレオカメラとセンサーにより外部環境状況を三次元データとして検知して自動運転技術のクルーズコントロールや自動ブレーキなどを行い事故回避を主体的な目的として車体コントロールをするシステムです。

このアイサイトの素晴らしい点は、社外機関での評価テストにおいても非常に高い性能を示しスバルの技術力の高さを証明しています。

アイサイトバージョン3の具体的な代表機能は下のものになります。

プリクラッシュブレーキ

追突事故の危険性が高い時には先ずは警報でドライバーに危険を促し、その後軽いブレーキでの警告、そして追突事故の危険が高まった際には自動的にブレーキを掛けて停車もします。

全車速追従機能付きクルーズコントロール

全車速追従機能付きクルーズコントロールは高速道路や自動車専用道路で先行車を認識することで設定状態を自動的に維持し、車速や車間距離の情報をドライバーに伝えることで、快適なドライブにして疲労感の軽減を実現するもです。

AT誤発進防止制御

停車時や徐行走行中に前方にある障害物を感知して明らかの事故の可能性が高いアクセル操作が行われた際には、
システムが自動的に判断を行い警報音と警告表示で注意喚起を行いそしてエンジン出力を調整して不要な加速を抑制して障害物への衝突を回避します。

アイサイトのテスト試乗動画

アイサイトの試乗動画となります。

アドバンスドセイフティパッケージ

車の構造上どうしても出来てしまう肉眼での死角をカメラやセンサーを使い捉えることでより安全性の高い運転補助を目的とした機能です。

その具体的な機能は、スバルリヤビークルディテクション(後側方警戒支援機能)、サイドビューモニター、ハイビームアシスト、アイサイトアシストモニターの4つになります。

電動パーキングブレーキ

2006年にレクサスLS460が国産車で初採用したこのシステムをレガシィも搭載して、アイサイトとの連動をさせてありアイサイト停止された後に自動で電動パーキングブレーキが掛かる様にチューンされています。

スバル新型レガシーB4のボディーカラー

レガシィのボディーカラーは全7色となります。

クリスタルホワイト・パール(32,400円高・消費税8%込)アイスシルバー・メタリックダークグレー・メタリッククリスタルブラック・シリカラピスブルー・パールヴェネチアンレッド・パール(32,400円高・消費税8%込)ダークブルー・パール

スバル新型レガシーB4の車両価格

レガシィの車両価格は非常にシンプルなものとなり標準グレードと装備を充実させたLimitedの2種類のみとなります。

  • LEGACY B4 2,937,600円
  • LEGACY B4 Limited 3,153,600円

これにその都度限定で発売される特別仕様車が追加されます。

  • スポルヴィータ 特別限定車 3,402,000円

イタリアの老舗革製品サプライヤーMALIO LEVI(マリオ・レヴィ)社とのコラボレーションの限定300台特別仕様車

スバル新型レガシーB4のモデルチェンジ予定

スバル新型レガシーB4の年次改定

2017年10月に年次改定を行いD型へとチェンジします。今回は年次改定に関しても大きな変更のある年ではなく、エクステリアの細かな変更と機能に関しての改善が中心となるようです。

スバル新型レガシーB4のフルモデルチェンジの予想内容

 

⇩の画像はスバルが株主総会でのIR資料として発表した中期計画です。2016年に新型プラットフォームを初採用する新型インプレッサを発売後、毎年1モデルのフルモデルチェンジを行っていく計画となっています。

この資料では車名は書かれていないのですが、今までのスバルのモデルチェンジスケジュールからその車種が予想されています。

そのモデルの予定は、2017年は新型XV、2018年は新型フォレスター、2019年には新型WRXと新型レヴォーグ、2020年は新型レガシィと新型アウトバックという順序です。

スバル新型レガシーB4のプラットフォーム

2020年に登場予定の新型レガシィにはスバルの根幹である新型プラットフォームが他のニューモデルと同じように使用されます。

新世代プラットフォームSGP

2016年に新型インプレッサで初めて採用されたSGP”SUBARU GLOBAL PLATFORM(スバル グローバルプラットフォーム)”は、スバルの新世代プラットフォームです。

これからのスバルのミドルクラスモデルは全てこのプラットフォームが採用されることとなっています。

SGPの性能の評価が高く新型インプレッサを”レオーネ が レガシィ になった時以来の大変化”と表現したほどですね。

汎用性に優れた設計となっていてスバルのほぼ全てのモデルで使用することが可能であり、またハイブリッドシステムの搭載を前提として設計されているので、スバル車は事実上全てのモデルでハイブリッドシステムを動力源とすることが可能となります。

更にプラットフォームの基本性能をブラシュアップしているので、高剛性化や軽量化も行われていることで性能が飛躍的に上がっています。

スバル新型レガシーB4の搭載予想エンジン

エンジンに関してはまだ確定してい内容でが、候補がいくつか上っています。

現在の水平対向4気筒2.5リッターDOHCエンジン(FB25型)自然吸気エンジンが引き続き搭載されることはほぼ確実と言えます。

これにアメリカ向けのモデルには、この水平対向4気筒2.5リッターDOHCエンジン(FB25型)の自然吸気をターボ化してフィーリングを重視した上でパワーを引き出したユニットを搭載します。

これに対して日本モデルには、WRXで搭載される水平対向4気筒2.0リッター直噴ターボエンジン(FA20型)が搭載される可能性があると言われています。

これには日本のマーケットにはやはりスポーツ色がある方が売れるという販促的な意味合いからプレミアムセダンという位置付けからズレるのは分かったうえで日本限定の導入が検討されているという話です。

ただこのエンジンに関しては通常のレガシィと住み分けの意味もあり、STIスポーツを発売することも予定されておりSTIブランドに水平対向4気筒2.0リッター直噴ターボエンジン(FA20型)最高出力300psというスポーツセダンが新型レガシィの中で復活する可能性があるということです。

スバル新型レガシーB4の駆動方式

駆動方式はスバル伝統のメカニカル4WDと電子制御式センターデフコントローラーを使い走破性はもとより走行時の安定性に拘った仕様としてあります。

スバル新型レガシーB4のトランスミッション

プレミアムセダンということで新型レガシィにもトランスミッションは、自動無段変速機(CVT)「リニアトロニック」(マニュアルモード付)が継続して採用されます。残念ながらコンセプト変更なしですからマニュアルミッションの予定はありません。

ただし新型レガシィにはレヴォーグと同じSTIスポーツのグレードがあるとも言われており、そのグレードには通常のマニュアルミッションはなくS4と同一の2ペダルシフトミッションが用意されるという噂です。

アイサイトver4の搭載

アイサイトver4に関してはスバルの他の車種への搭載が早ければ2017年内遅くとも2018年にはリリースされることが確実視されています。

そしてアイサイトver5に関しては早くても2020年となるので新型レガシィに搭載されるかは微妙なところです。

恐らく新型レガシィのフルモデルチェンジの時点ではアイサイトver4での登場となるのではないかと予想します。

スバル新型レガシーB4の新デザイン

新型レガシィのエクステリアデザインに関しては、2017年10月に開催される東京モーターショー2017にて”レガシィB4コンセプト”として出展することを発表しています。

基本的には現行モデルのキープコンセプトとなることが予想されていて、プラットフォームとエンジンを一新するのに対して大きな変更はないと思われます。

スバル新型レガシーB4のライバル

現在のレガシィは大型化されてアメリカ市場をターゲットにしたグローバルスタンダードセダンとなりました。これによりライバルも同じく海外市場をにらんだモデルとなりました。

日本人としては寂しい話ではありますが、日本市場の成長が望めない以上これが正常進化なのかもしれませんね。

トヨタ新型カムリ

jjjjjj (640x270)カムリは昔からアメリカ市場をターゲットにした日本車の成功例の代表的なモデルでした。そんな確固たる地位を得ているカムリでも生き残るために大きな挑戦をしています。

新型カムリのその挑戦を見てみましょう。

トヨタ新型カムリがスタイリッシュにモデルチェンジ!その理由とは?

マツダ新型アテンザ

zqqqqqqqqqqqqqqq (640x382)マツダのアテンザもフラッグシップモデルとなると同時に日本よりも世界市場を意識したモデルへ変わりました。

スカイアクティブ第二世代となる新型アテンザでは更にグローバルモデルとしての変化を加速します。

マツダ新型アテンザのモデルチェンジ予定!FR化やハイブリッドディーゼル搭載か?

スバル新型レガシーB4のモデルチェンジ情報のまとめ

従来のレガシィファンからすると現在のレガシィのプレミアムセダンという立ち位置は寂しさを感じるものですよね。

欧州車以上の車になるのだとしてそれはレガシィなのかもしれないと言われていたりもしました。

その最大のライバルはBMWの3シリーズでありシルキーシックスエンジンにFRという伝統あるスポーツセダンにも、水平対向ボクサーエンジンに4WDを搭載して五分五分とも言える戦いをしていました。

それが今はアメリア市場でカムリやアコードのライバルというは不思議な感じがしても仕方ないと思います。

しかし新型モデルのレガシィは、標準モデルは現行と同じコンセプトのモデルとなりますが、特別グレードとしてSTIブランドのSTIスポ―ツを設定して、エンジンも水平対向4気筒2.0リッター直噴ターボエンジン(FA20型)が搭載される可能性があります。

これは何とも新型レガシィの登場が待ち遠しくなってきました。早くその姿を見てみたいものです。

レガシィやレヴォーグなどの新車を買おうか考えている人に必ず車が安く買える方法があります。簡単な方法ですので是非実行して大好きな新車を安く買って快適なカーライフを手に入れて下さいね。

”車を買うときに得する方法”を紹介をしたいと思います。

新しい車が欲しいなぁって思ったら欲しい車をディーラーに見に行って試乗したりしますよね?その時は好きな車を目の前にして本当にワクワクして楽しいものです。そして殆どの人はそのハイテンションのまま見積りを受け取り値引き交渉を始めていると思います。

これっ、絶対に止めて下さいっ!

これでは丸腰のままで戦に出るようなものです。車の購入の値引き交渉は戦いなんです。戦というものは戦いが始まる前に8割は結果は決まっています。必ず準備をして臨むようにしましょう。

準備をして交渉に臨むこれ正に勝つべくして勝つです。

1.最大値引きを勝ち取るには販売店同士で競合させるのがベスト

本命のディーラーに新車を見に行く前に必ず競合させる車種と販売店を想定して下さい。同じ車で違う系列店ならベストですし他社のライバル車と販売店でも良いです。

先ずはライバル店に訪問して見積りを出して貰いましょう。そしてその見積りと情報を持って必ず最後に本命の販売店に行きましょう。

2.重要なのは値引きより下取り!そしてディーラー下取りは安いという現実

大切なことなのでもう1度書きます。

車を安く買うのに大事なことは、値引き額よりも下取り査定額の方が重要

と言うのは車両値引き10万円を引き出すのは本当に大変なんです。でも買取りの専門業者の下取り価格ならディーラーと比べて10万円どころか2・30万円以上も高額なことも普通だからです。

知人のレクサスでは70万円以上も高かったです。でもこれは車両価格の高いレクサスだからですけどね。

実際の買取り専門業者への依頼方法とはインターネットで簡単な必要事項を入力するだけです。その後に電話があり向こうから車を見に来てくれます。

高額査定を引き出すコツは、依頼する買取りサイトは複数社の見積りが一括で取れる査定サイトを選ぶこと、そして最低2社へ依頼することです。これは1社の一括査定で複数社に依頼しても業者同士が顔なじみで談合されることもあるからです。

2社に同時に依頼をして競争原理を確実に働かせて買取り額を高めて下さい。私のおススメの買取り査定はかんたん車査定ガイドカーセンサーネット査定です。

おススメの理由は、どちらもガリバー等の大手を含めて一括で依頼出来る点と更にかんたん車査定ガイドは入力と同時に下の画面の様にあなたの車の相場額が表示される点にあります。

もし今すぐに売る予定はなくても自分の車がいくらの価値なのかは今後を考える上で知っておいて損はないでしょう。予想以上に高額な査定額だったから今すぐに好きな新車に買い替えることにしたという嬉しい話も珍しくないんです。

かんたん車査定ならその場で入力するだけで価格が分かりますからね。

あなたの車も調べてみたら予想以上に高額な値がついて驚くかもしれませんよ?

dddddddddddddddd

この2つのサイトでの見積り依頼をすれば競争原理が働き高額査定が出る可能性はかなり高いです。更に確実とするなら業界で評価の高いズバット車買取比較にも頼めば確率は上がります。

でも査定業者が多くなり過ぎると対応が大変ですからかんたん車査定ガイドカーセンサーネット査定だけで十分だとは思いますよ。

そして見積書を持ってディーラーに行って下さい。そうすれば買取り業者の見積額を基準に下取り価格を提案してきます。その額と比較して高い方に売れば良い訳です。基準がないとディーラーが安い見積りを出しても分からないですからね。

この様に万全な準備をして値引きと下取りの両方から最大値引きを引き出しましょう。

特に下取りはディーラーの見積もりだけでは違いも分かりませんし、カーナビやエアロや海外旅行の代金ぐらいは簡単に差が出ますから試してみることをおススメします。

おススメはこの2社⇒かんたん車査定ガイドカーセンサーネット査定

スポンサーリンク




値引き交渉の詳しいテクニックを知りたい人には⇩の記事で説明しています。

誰でも出来る!20万円以上新車を安く買う4つの法則


スポンサーリンク