トヨタ新型カローラハッチバッグの凄い性能!打倒ゴルフGTI

トヨタ新型カローラハッチバッグGTIターボの予想スペック

現在のカローラはセダンタイプのアクシオとステーションワゴンのフィールダーの2種類のボディータイプが売られています。

そのカローラも2018年にはフルモデルチェンジを迎え12代目となる新型が発売となります。

その新型カローラには3番目のボディ形状となる5ドアハッチバックがラインナップされ然もカローラのフランクシップモデルとしてターボエンジンを積んだカローラ5ドアハッチバックGTIターボが発売となる予定です。

この名前を聞いても分かる様にこのカローラハッチバックは、世界のCセグメントの車の基準ともいわれるフォルクスワーゲンのゴルフに正面から対抗したモデルとなります。

そしてGTIターボはそのトップグレードとなるスポーティーモデルのゴルフGTIの対抗モデルというわけです。

今回はそんな意欲作となるトヨタ新型カローラハッチバックの予想スペックと戦略を見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

実は今もカローラハッチバッグは売っている???

12代目カローラではハッチバックがニューモデルとして発売になるようですが、実は現在でもカローラハッチバックは販売しています。

そのモデルこそがオーリスです。オーリスは日本ではあまり存在感がありませんが、ハッチバックの人気の高いヨーロッパでは常に販売上位となるモデルです。

そして元々はカローラの派生車種として始まったモデルが独立をしてカローラの名前を外して販売している車です。

ただしオーリスはコンセプト的にも走りを売りにしたモデルというよりは、スタイリッシュなオシャレなモデルとして少しニッチなマーケットをターゲットにしたものです。

今回のカローラに5ドアハッチバックが出来るということにより、オーリスは名前を廃止にしてカローラに統合するか、もしくはオーリスは別ブランドとして販売を継続するのか、気になるとことですがハッキリしていません。

ただカローラハッチバックとはコンセプトは明確で激戦区であるCセグメントにおいてゴルフと明確に対抗するモデルとして足腰の強いモデルを開発したということになります。

しかも長い歴史を持つゴルフのブランドの中でもスポーツモデルとして名が通っているGTIに明確に対抗するモデルをカローラハッチバックにも用意します。

大衆車としては2台トップともいえるトヨタのカローラとフォルクスワーゲンのゴルフですから、5ドアハッチバックでもガッチリ四つの戦いをトヨタが仕掛けるということになるわけです。

では、そのライバルのゴルフも少し見てみましょう。

ゴルフGTI

フォルクスワーゲンのゴルフはCセグメントのハッチバックモデルであり、世界における総生産台数車種別ランキングでは第2位となるモデルです。

そしてその第一位こそトヨタのカローラでもあります。

ゴルフは世界の大衆車の基準とも呼ばれ非常に完成度の高い車です。

初代モデルのゴルフ1は、1974年に発売となりフロントエンジンフロントドライブのFF公式を採用し効率的なパッケージングにより小型なボディながら快適な室内空間を実現しただけではなく横置きをしたエンジンにより力強くきびきびした運動性能実現しました。

そしてコストパフォーマンスが高いことやジウジアーロのデザインということもあり世界中でヒットを記録したモデルとなりました。

現在は7代目となるゴルフVII まで進化していますが、今でも世界の基準であることには変わらないという驚異のモデルです。

そしてゴルフの中でもスポーツモデルとして有名なのがGTIと名付けられたグレードです。

GTIとはグランドツーリングインジェクションの略で運動性能を向上させるためにチューンされた足回りとひとクラス上のパワーを持つエンジンが搭載されているモデルです。

GTIはゴルフ1の時代から必ず設定されているスポーツグレードであり、モータージャーナリストを唸らせる性能を持つモデルでもあります。

オーリス

オーリスは事実上のカローラハッチバックでありヨーロッパをしたいとして販売されているモデルです。

ボディー形状は5ドアハッチバックとステーションワゴンの2タイプがあり日本でこそあまり人気がありませんが、ヨーロッパやオーストラリアなどでは非常に人気の高いモデルです。

イメージ的には車の基本性能が高いという事ではなく、スマートでおしゃれなイメージのモデルです。

カローラから独立することでこのイメージを定着させることに成功したと言えます。

今回カローラに5ドアハッチバックができることでオーリスが廃止となるという話も予想されているのですが、私は個人的にはまだ不透明だと思っています。

オーリスはカローラハッチバッグとは別の車種としてヨーロッパなどでは販売する可能性があると思っています。

カローラランクス・アレックス

初代 E120H型 販売期間2001年-2006年

オーリスの前モデルはカローラの派生車種であったランクスとアレックスになります。

コンセプト的にはこのときすでにオーリスに近いものとなっていますが、カローラという大衆色の強い名前もあり少し中途半端なモデルとなっていました。

ランクスとアレックスを一代限りで廃止してコンセプトを更に純化させたオーリスへとバトンタッチすることになりました。

トヨタ・カローラFX

初代 AE80/AE81/AE82/CE80/EE80型 販売期間1984年-1987年

2代目 EE90/AE91/AE92型  販売期間1987年-1992年

3代目  AE101型  販売期間1992年-1995年

実はランクスとアレックスの前はカローラFXという名前で、3ドアと5ドアのハッチバックを販売していました。

3代目の頃にはオーリスに近いコンセプトとなっていましたが、初代のカローラFXは正にこれから登場するカローラの新型5ドアハッチバックのコンセプトそのままだと言えます。

初代カローラFXの時代は同じカローラファミリーに名車のAE86がラインナップされていました。

AE86がFRの走りを売りにしたのに対して、カローラFX はFFではありましたが、スポーツグレードのGTではAE86と同じ4AGのエンジンを積み軽い車重を武器に実際の速さはAE86以上という実力でした 。

この初代カローラFXのGTの再現がカローラ新型5ドアハッチバックGTIターボと言えるでしょう。

ちょっと☕コーヒーブレイク☕

車が興味がある人にここで少し耳よりな情報があります。
ちょっとしたコツを知っているだけで、車を20万円以上も安く購入することが可能です。
誰にでも出来る簡単な方法ですので、詳しい内容は下の記事を読んで参考にしてみて下さい。

誰でも出来る!20万円以上新車を安く買う4つの法則

2016.03.23

新型カローラハッチバッグGTIターボの予想基本スペック

では新型カローラハッチバックの予想スペックを見ていこうと思うのですが、このモデルは通常のグレードとGTIターボのスポーツグレードの2種類に大きく分かれます。

特にGTIターボは通常ラインナップモデルとなるのか、限定モデルとしての発売となるかまだ明確でない点もあります。

その方向性により生産に関しても違いが出てくるとは思うのですが、基本的にはトヨタが進めている統一スポーツブランドであるGRMN と同じラインでの生産となる可能性が高く、おそらくトヨタGAZOO Racingが手がけるモデルとして発売になると思われます。

トヨタGAZOO Racingのモデルとして登場する代表的なモノには、東京オートサロンに出展されたコンセプトカー”ヴィッツTGR”と” アクアTGR”は2017年の秋に発売予定です。

このモデルは現在トヨタが参戦しているWRC のヤリスのノウハウを持って開発されている限定モデルとなります。

この様なモデル販売を通してトヨタとしてもスポーツモデルのイメージをPRしていきたいと考えているようです。

カローラハッチバックGTIに関しても、この一連の流れから生み出されてきたスポーツグレードということになります。

新型カローラハッチバッグGTIターボのエクステリアデザイン

エクステリアデザインは、あくまでカローラセダンとステーションワゴンと共通のフロントマスク・サイドラインのものとなります。

これはカローラファミリーの中の1台ということを今回は強く打ち出したものとなるからです。

下の写真は海外のスパイショットと言われる発売前モデルの走行テスト中の写真です。

新型オーリスもしくはカローラ5ドアハッチバックであると予想されているモデルで、ダミーが施されているのでイメージが湧きにくいのですが、全体のシルエットは現在のオーリスの流れるような美しいラインではないためにカローラハッチバックの可能性が高い思割れています。 出典 https://www.autoevolution.com

新型カローラハッチバッグGTIターボのプラットフォーム

TNGA-Cプラットフォーム

プラットフォームはプリウスで初採用となったトヨタのスタンダードプラットフォームとなるTNGAのC プラットホームが採用となります。

TNGAと言えばトヨタが次世代型プラットホームとして開発した最新のプラットフォームで、ミドルクラスだけでなくコンパクトカーやラージクラスにも対応可能なフレキシブル設計となっています。

その特徴は低重心であること、高剛性を実現していること、軽量化により運動性能や燃費を追求していること、最新の電子プラットフォームであること、そしてコストパフォーマンスが高いこと、これらをすべて実現したプラットホームになります。

現在随時新型への切り替え時に切り替えが行われていて、2020年にはトヨタの販売車種の半分はTNGAプラットホームを使用したモデルとなる予定です。

そしてカローラとカローラ5ドアハッチバックにも採用されます。

新型カローラハッチバッグGTIターボのボディーサイズ

全長 4300mm x 全幅 1800mm x 全高 1480mm

ホイールベース  2700mm

ボディサイズに関しては12世代モデルのカローラシリーズ全てのモデルが3ナンバーサイズとなります。

これによりホイールベースも広がるので室内空間に関しては歴代カローラの中でも最大のものとなる予定です。

新型カローラハッチバッグGTIターボの搭載エンジン

カローラハッチバックでも他のカローラと同じように通常モデルには3つのエンジンがラインナップされます。

ダウンサイジングターボとなる1.2リッターの直列4気筒エンジン、スタンダードエンジンの1.5リッター直列4気筒自然吸気エンジン、そしてこの直列4気筒の1NZ FE 型エンジンにモーターを装着したハイブリッドエンジンになります。

基本的にはハッチバックモデルでも、この3つのエンジンが搭載される予定です。

8NR-FTS型エンジン

  • 1.2リッターDOHC直列4気筒ターボ 
  • 最高出力 116ps/5200-5600回転 最大トルク 18.9kg.m/1500-4000回転

1NZ-FE型エンジン 

  • 1.5リッターDOHC直列4気筒
  •  109ps/6000回転   13.9kg.m/4400回転 

1NZ-FE型+モーター 

  • 1.5リッターDOHC直列4気筒 74ps/4800回転 11.3kg.m/3600-4400回転
  • モーター – 1LM モーター最高出力 61ps モーター最大トルク 17.2kg.m

ただカローラハッチバックの中のトップグレードとなり、カローラシリーズのフラッグシップとなるGTIターボに関しては別のエンジンが搭載されます。

それはトヨタの最新エンジンである8AR-FTS型のターボエンジンとなり、排気量は2リッターで、最高出力260馬力最大トルクは36.5kgmという大パワー・大トルクのエンジンを搭載します。

これは現在のクラウンのアスリートに搭載しているエンジンを更に強化したものです。

それをコンパクトカーであるカローラに搭載するということですから、その性能に期待するなというほうが無理ですよね。

  • エンジン:8AR-FTS改 直4DOHCターボ 排気量:1998cc
  • 最高出力:260ps/5200-5800rpm 最大トルク:36.5kgm/1800-4400rpm

新型カローラハッチバッグGTIターボのトランスミッション

CVT & マニュアルミッション

トランスミッションはCVTとマニュアルミッションが用意されます。

スタンダードエンジンとハイブリッドエンジンはCVTとの組み合わせとなり、ダウンサイジングターボにはCVTとマニュアルミッションとなります。

そしてGTIターボにはマニアルミッションが搭載予定です。

新型カローラハッチバッグGTIターボの駆動方式

FF & 4WD

駆動方式はフロントエンジンフロント駆動のFFと4WDの2種類となります。

1.2リッターのダウンサイジングターボはFFと4WDの2つのラインナップとなり、ハイブリッドモデルはFFのみとなります。そしてGTIターボなのですが、これが私の予想を裏切り4WDではなくFF のみという話です。

しかしこれだけの大パワーをFF受け止めるのは難しい面がありますから、情報が間違っていて実は4WDではないのかと今もいぶかしげに思っています。

新型カローラハッチバッグGTIターボの最新技術の装備

当然の話ですがトヨタの最新の事故予防システムであるToyota Safety Sense Pも搭載されます。

下の動画は何度クルーザーに搭載されたトヨタセーフティセンスP の昨日紹介になります。基本的にはこれと同じ機能が搭載されることになります。

新型カローラハッチバッグGTIターボの発売時期

ハッチバックの発売時期ですが、カローラのフルモデルチェンジのラインナップとして発表される予定です。

おそらく2018年には発売となるでしょう。

コンセプトモデルの発表は2017年の9月のフランクフルトモーターショーか、10月の東京モーターショーとなる予定です。

市販モデルの発表は、2018年3月のジュネーブモーターショーが予定されていて、そこから遅れること数ヶ月での販売となる流れです。

新型カローラハッチバッグGTIターボの予想価格

車両販売価格は通常のハッチバックモデルが250万前後からのスタートとなり、GTIターボは350万円から400万円程度の金額となると予想します。

これは同じエンジンを積むクラウンはアスリートが500万円以上することを考えるとある意味かなりのお値打ち価格とも言えますよね。

 

トヨタ新型カローラハッチバッグターボのまとめ

今回のカローラハッチバックの登場は少し予想外のことでした。

日本ではオーリスはそれほど人気はありませんが、ヨーロッパなどの海外では人気モデルでありコンセプトも成功したモデルだと考えられていたからです。

Cセグメントクラスの5ドアハッチバックというのは世界的な激戦区であるだけでなく、絶対王者のゴルフが君臨している非常に難しいマーケットです。

オーリスはゴルフとは少し趣を異なるコンセプトにすることで、その地位を確立していました。

しかし今度のカローラハッチバックは、そのゴルフと正面から戦うモデルとなります。

非常に巧妙な戦略をとるトヨタが、このような手法をとること自体少し驚きなのですが、それが根拠のある自信なのか驕りなのか、来年には分かることになります。

しかもカローラハッチバックGTIターボは最新の2リッターエンジンを積んで最高出力260馬力ですから、最近は少なくなったなかなかのホットモデルです。

これをトヨタがどのような走りに仕上げてくるのか非常に楽しみですね。

カローラやインプレッサなどの新車を買おうか考えている人に必ず車が安く買える方法があります。簡単な方法ですので是非実行して大好きな新車を安く買って快適なカーライフを手に入れて下さいね。

”車を買うときに得する方法”を紹介をしたいと思います。

新しい車が欲しいなぁって思ったら欲しい車をディーラーに見に行って試乗したりしますよね?その時は好きな車を目の前にして本当にワクワクして楽しいものです。そして殆どの人はそのハイテンションのまま見積りを受け取り値引き交渉を始めていると思います。

これっ、絶対に止めて下さいっ!

これでは丸腰のままで戦に出るようなものです。車の購入の値引き交渉は戦いなんです。戦というものは戦いが始まる前に8割は結果は決まっています。必ず準備をして臨むようにしましょう。

準備をして交渉に臨むこれ正に勝つべくして勝つです。

1.最大値引きを勝ち取るには販売店同士で競合させるのがベスト

本命のディーラーに新車を見に行く前に必ず競合させる車種と販売店を想定して下さい。同じ車で違う系列店ならベストですし他社のライバル車と販売店でも良いです。

先ずはライバル店に訪問して見積りを出して貰いましょう。そしてその見積りと情報を持って必ず最後に本命の販売店に行きましょう。

2.重要なのは値引きより下取り!そしてディーラー下取りは安いという現実

大切なことなのでもう1度書きます。

車を安く買うのに大事なことは、値引き額よりも下取り査定額の方が重要

と言うのは車両値引き10万円を引き出すのは本当に大変なんです。でも買取りの専門業者の下取り価格ならディーラーと比べて10万円どころか2・30万円以上も高額なことも普通だからです。

知人のレクサスでは70万円以上も高かったです。でもこれは車両価格の高いレクサスだからですけどね。

実際の買取り専門業者への依頼方法とはインターネットで簡単な必要事項を入力するだけです。その後に電話があり向こうから車を見に来てくれます。

高額査定を引き出すコツは、依頼する買取りサイトは複数社の見積りが一括で取れる査定サイトを選ぶこと、そして最低2社へ依頼することです。これは1社の一括査定で複数社に依頼しても業者同士が顔なじみで談合されることもあるからです。

2社に同時に依頼をして競争原理を確実に働かせて買取り額を高めて下さい。私のおススメの買取り査定はかんたん車査定ガイドカーセンサーネット査定です。

おススメの理由は、どちらもガリバー等の大手を含めて一括で依頼出来る点と更にかんたん車査定ガイドは入力と同時に下の画面の様にあなたの車の相場額が表示される点にあります。

もし今すぐに売る予定はなくても自分の車がいくらの価値なのかは今後を考える上で知っておいて損はないでしょう。予想以上に高額な査定額だったから今すぐに好きな新車に買い替えることにしたという嬉しい話も珍しくないんです。

かんたん車査定ならその場で入力するだけで価格が分かりますからね。

あなたの車も調べてみたら予想以上に高額な値がついて驚くかもしれませんよ?

dddddddddddddddd

この2つのサイトでの見積り依頼をすれば競争原理が働き高額査定が出る可能性はかなり高いです。更に確実とするなら業界で評価の高いズバット車買取比較にも頼めば確率は上がります。

でも査定業者が多くなり過ぎると対応が大変ですからかんたん車査定ガイドカーセンサーネット査定だけで十分だとは思いますよ。

そして見積書を持ってディーラーに行って下さい。そうすれば買取り業者の見積額を基準に下取り価格を提案してきます。その額と比較して高い方に売れば良い訳です。基準がないとディーラーが安い見積りを出しても分からないですからね。

この様に万全な準備をして値引きと下取りの両方から最大値引きを引き出しましょう。

特に下取りはディーラーの見積もりだけでは違いも分かりませんし、カーナビやエアロや海外旅行の代金ぐらいは簡単に差が出ますから試してみることをおススメします。

おススメはこの2社⇒かんたん車査定ガイドカーセンサーネット査定

スポンサーリンク




値引き交渉の詳しいテクニックを知りたい人には⇩の記事で説明しています。

誰でも出来る!20万円以上新車を安く買う4つの法則


スポンサーリンク