新型プリウスで人気の新色スティールブロンドメタリックの理由に迫る!

新型プリウスの新色スティールブロンドメタリックとは

新型プリウスには専用に開発されたボディーカラーは3色

新型プリウスには専用に開発されたボディーカラーが3色あります。

その3色はこのカラーになります。

  • エモーショナルレッド
  • サーモテクトライムグリーン
  • スティールブロンドメタリック
スポンサーリンク

この3色は新型プリウスのカラーコンセプト”アイコニック・ヒューマンテック”の下で開発されたボディーカラーです。

え?アイコニック・ヒューマンテックって意味は?って思いましたよね。

アイコニックは”目にすると瞬時にプリウスと印象が浮かぶような”となり、ヒューマンテックは”人間的な直感や感覚で感じることの出来る先進性”といことだそうです。

うーーーん、分ったような、分からないような。

まぁ、つまりは一目見ただけで、”あっプリウスだ”って思いつくような先進性を表現するという事なのでしょうね。

確かにこの3色からはそういう印象は受けますね。

エモーショナルレッドは、トヨタ初となる技術を用いて開発された深みのある立体感のある独自性のあるレッドですし、サーモテクトライムグリーンは世界初の技術により遮熱機能を持たせた車体表面温度が上がりにくい新色ということで、インパクトのある色と言うだけではなく最新の技術により生まれた色ですからね。

そのコンセプトの中生まれた最後の色が密かに人気のスティールブロンドメタリックなんです。

zza

スティールブロンドメタリックの特徴と選択理由

スティールブロンドメタリックも”アイコニック・ヒューマンテック”を表現するボディーカラーとして開発されましたので、先進性とプレミアムな印象を受ける色であり他の2色に負けないほど新型プリウスを表現していると思います。

実際の色合いに関してはグレーとシルバーの中間にある色合いでライトな黒鉄色というイメージに光の加減でゴールドや赤み掛かった光沢のある深い色です。

シルバーやグレーは別に設定されていますので、それよりも裏にある金色(ブロンド)が見え隠れする高級感のある色だと思います。

少し渋すぎるかなとも思うのですが、新型プリウスのデザインはかなり先鋭的なものですからボディーカラーは渋い方が調整出来て丁度いいかもしれないです。

私が新型プリウスを購入するのであれば新色ということもありますし、第一候補とするボディーカラーです。

実際にセールスマンの人と話してみてスティールブロンドメタリックを購入されるユーザーさんの声からスティールブロンドメタリックを選んだ理由をまとめてみました。

zzaaa

ユーザーさんがスティールブロンドメタリックを選んだ理由

  • 新型プリウスの塊り感のあるズッシリとした質感が良く表現されているカラーだから
  • 普通のシルバーやゴールドとは異なる珍しい色で派手ではないのに目を引くから
  • 珍しい色なのにシルバー系なので下取りは悪くないことが予想されるから
  • 汚れが目立たない色なので洗車が少なくても問題ないから
  • 傷が目立たないので洗車機に掛けても劣化が少ない色だから

意外と堅実な理由が並びますね。

でも洗車が少なくて良い汚れが目立たない色って重要ですよね。私は営業で外を回っていた時は基本的に自分の車だったので洗車には困りましたね。

営業が忙しいから洗車には余り時間が取れないし、かといって汚い車でお客さんのところに行って見られると印象良くないですしね。

それに洗車機にかけるとボディーに小さい傷が付いていくのであまり使いたくなかったんですよね。なので少し離れたところに駐車して歩いてお客さんの家に訪問していました。

汚れが目立たないって車のボディーカラーを決めるうえで重要な要素ですよね。

zzaa 出典 トヨタ・ホームページ http://toyota.jp/prius/style/top/

実際の車はカタログなどで見るよりは明るいシルバーに見えます。

それにゴールドというか赤みがかる色は光の反射が起きた時に光沢として見える感じでベースは明るいシルバー路言う感じですね。

zzaaaaa淡い光の下では普通の白っぽいシルバーの様な感じですね。 zzaaaa光が当たるとゴールドが光沢とともに色を帯びます。

これは良い色ですね。私はこの色がやはり一押しですね。 zzaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaしかもプリウスの複雑な造形に良く合っている良い色ですよね。

この曲線が彫刻のようですね。 zzaaaaaaaa  zzaaaaaaaaaaaa  zzaaaaaaaaaaaaaaこれは太陽の下の写真です。

やはり太陽の下だとゴールドの色合いが室内より出ていますね。 zzaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa zzaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa  zzaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa

新型プリウスの新色スティールブロンドメタリックまとめ

私は非常にこのスティールブロンドメタリックが気に入りましたね。

静かに人気があるのも分かりますね。

新色の3色の内2色が強いインパクトのある2色でしたから印象が薄いですが非常に良い仕事をしたボディーカラーだと思いますね。

この色をイメージカラーにしても良かったんじゃないかと思うぐらいです。

渋いカラーですが地味ではないですし、年配者層はもちろん若い人にも意外と似合うんじゃないかと思います。

個性があるのに派手じゃないって難しいですからね。

今のプリウスの立ち位置や主張にぴったりだと思います。

それと光の当たり方で色合いを変えてくるボディーカラーですから、実物を見て色々な角度から眺めてみることをおススメします。

プリウスなどの新車を買おうか考えている人に必ず車が安く買える方法があります。簡単な方法ですので是非実行して大好きな新車を安く買って快適なカーライフを手に入れて下さいね。

”車を買うときに得する方法”を紹介をしたいと思います。

新しい車が欲しいなぁって思ったら欲しい車をディーラーに見に行って試乗したりしますよね?その時は好きな車を目の前にして本当にワクワクして楽しいものです。そして殆どの人はそのハイテンションのまま見積りを受け取り値引き交渉を始めていると思います。

これっ、絶対に止めて下さいっ!

これでは丸腰のままで戦に出るようなものです。車の購入の値引き交渉は戦いなんです。戦というものは戦いが始まる前に8割は結果は決まっています。必ず準備をして臨むようにしましょう。

準備をして交渉に臨むこれ正に勝つべくして勝つです。

1.最大値引きを勝ち取るには販売店同士で競合させるのがベスト

本命のディーラーに新車を見に行く前に必ず競合させる車種と販売店を想定して下さい。同じ車で違う系列店ならベストですし他社のライバル車と販売店でも良いです。

先ずはライバル店に訪問して見積りを出して貰いましょう。そしてその見積りと情報を持って必ず最後に本命の販売店に行きましょう。

2.重要なのは値引きより下取り!そしてディーラー下取りは安いという現実

大切なことなのでもう1度書きます。

車を安く買うのに大事なことは、値引き額よりも下取り査定額の方が重要

と言うのは車両値引き10万円を引き出すのは本当に大変なんです。でも買取りの専門業者の下取り価格ならディーラーと比べて10万円どころか2・30万円以上も高額なことも普通だからです。

知人のレクサスでは70万円以上も高かったです。でもこれは車両価格の高いレクサスだからですけどね。

実際の買取り専門業者への依頼方法とはインターネットで簡単な必要事項を入力するだけです。その後に電話があり向こうから車を見に来てくれます。

高額査定を引き出すコツは、依頼する買取りサイトは複数社の見積りが一括で取れる査定サイトを選ぶこと、そして最低2社へ依頼することです。これは1社の一括査定で複数社に依頼しても業者同士が顔なじみで談合されることもあるからです。

2社に同時に依頼をして競争原理を確実に働かせて買取り額を高めて下さい。私のおススメの買取り査定はかんたん車査定ガイドカーセンサーネット査定です。

おススメの理由は、どちらもガリバー等の大手を含めて一括で依頼出来る点と更にかんたん車査定ガイドは入力と同時に下の画面の様にあなたの車の相場額が表示される点にあります。

もし今すぐに売る予定はなくても自分の車がいくらの価値なのかは今後を考える上で知っておいて損はないでしょう。予想以上に高額な査定額だったから今すぐに好きな新車に買い替えることにしたという嬉しい話も珍しくないんです。

かんたん車査定ならその場で入力するだけで価格が分かりますからね。

あなたの車も調べてみたら予想以上に高額な値がついて驚くかもしれませんよ?

dddddddddddddddd

この2つのサイトでの見積り依頼をすれば競争原理が働き高額査定が出る可能性はかなり高いです。更に確実とするなら業界で評価の高いズバット車買取比較にも頼めば確率は上がります。

でも査定業者が多くなり過ぎると対応が大変ですからかんたん車査定ガイドカーセンサーネット査定だけで十分だとは思いますよ。

そして見積書を持ってディーラーに行って下さい。そうすれば買取り業者の見積額を基準に下取り価格を提案してきます。その額と比較して高い方に売れば良い訳です。基準がないとディーラーが安い見積りを出しても分からないですからね。

この様に万全な準備をして値引きと下取りの両方から最大値引きを引き出しましょう。

特に下取りはディーラーの見積もりだけでは違いも分かりませんし、カーナビやエアロや海外旅行の代金ぐらいは簡単に差が出ますから試してみることをおススメします。

おススメはこの2社⇒かんたん車査定ガイドカーセンサーネット査定

スポンサーリンク




値引き交渉の詳しいテクニックを知りたい人には⇩の記事で説明しています。

誰でも出来る!20万円以上新車を安く買う4つの法則


スポンサーリンク