スズキのモデルチェンジスケジュール&新車発売カレンダー2017-2018-2019

スズキのフルモデルチェンジ&マイナーチェンジ&新型車の最新情報

2017・2018・2019・2020の予定スケジュール表

今回はスズキの2017年から2020年までに発売が予定されているフルモデルチェンジ・マイナーチェンジそしてニューモデルの発売予定の車種を見てみたいと思います。

ご存知の通りスズキはインドでのマーケットシェアがナンバー1という強い地盤もありますが、ヨーロッパでもその小型車の基本性能の評価は高く、新しいプラットホームが軽量で高剛性なことからくる高性能な車作りに成功しています。

スズキという会社はある意味現代に残るワンマン社長経営の中小企業の雰囲気を残した日本で唯一の自動車メーカーとも言えるその良い面と悪い面を含めた企業といえるでしょう。

では、これから2017年から2020年までの発売が予定されているモデルの公式による発表済みの内容から予想の域を出ない情報までを含めて見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

スズキ自動車の今後の将来展望

スズキの最近の車造りは非常に業界的には評価の高いものだと言えます。

決してお金のかかった技術ではないですが、職人気質の拘りの技術や地道な経営努力から生まれたコンセプトは確かなものであるといえます。

特にスズキで評価が高いのは新開発のプラットホームのハーテクトの軽量化いう面に拘って開発されたことにあります。

このプラットフォームを使うことで100キロ前後軽くなったスズキのニューモデルは燃費性能が向上するだけでなく車重の軽さが功を奏した走行性能や運動性能の高さも注目を集めました。

更にスズキはマイルドハイブリッドシステムだけでなくストロングハイブリッドシステムも開発に成功し、エンジンのラインナップは、自然吸気エンジン・ダウンサイジングターボエンジン・マイルドハイブリッドエンジン・ストロングハイブリッドエンジンと、これらをすべて取り揃えています。

これはスズキの企業規模を考えると非常に素晴らしいことだと思います。ただしその技術や車の完成度の評価ほど販売台数に結びついていないのも現実で、スズキの虎の子である軽自動車のワゴンRそしてコンパクトカーのスイフトのどちらのモデルも2017年にフルモデルチェンジをしたにしては寂しい販売台数となってしまっています。

自動車業界では良く評論家に評判の良い車は売れないと言うのですが、現在のスズキが正にそんなイメージだと思いますね。まぁ、これに関してはマツダも同じような状況だと思いますが。

スズキ自身でも自社の状況は良く把握していてその打開策として長年のライバルであるダイハツを子会社にするトヨタとの提携を発表しました。

その提携内容に関しては、環境技術・安全技術・情報技術・商品ユニット保管などとなっており、全面提携に近い内容だと思います。実際にスズキがトヨタから技術の提供を望んでいるのは、おそらくEV 技術を中心としたハイブリッド関係の技術やトヨタでいうところのトヨタセーフティセンスを代表とする事故回避予防技術や自動運転技術と言ったところだと思います。

この手の技術に関してはスズキの企業規模では自社独自の開発を続けるには現状厳しいことは明確であるそのために提携先を探していたのは間違いありません。

技術力や資本力という意味で、トヨタは全く問題のない企業であるのは間違いないのですが、なんせ長年のライバルダイハツを子会社に抱える企業との提携というのは誰が見ても驚き以外の何物でもありませんでした。

これからトヨタの関係が強まることでスズキや間違いなく完成度のより高い車をリリースすることは可能となりますが、
そのトヨタのコンパクトカー部門や軽自動車部門は現実はダイハツが担っていますから、スズキはダイハツのノウハウと技術を使ってニューモデルを開発することになる可能性は高いです。日本の軽自動車の2大メーカーが提携してしまったということは、それだけ独自色の薄まったモデルしか誕生しなくなるということです。

それにより独創的な発想が狭まり選択肢も狭まっていき、日本車として完成度は高くなるかもしれませんが面白みに欠ける発想力のあるモデルはなくなってしまうのかもしれません。

トヨタとの提携はスズキにとって非常に大きなメリットのあるモノなのは間違いないことですからこれからのスズキがどうなっていくのかは今後発売される車を見ながらゆっくりと判断していきたいところです。

では、これからモデルチェンジを予定している個別のモデルを見ていきましょう

2017年スズキのモデルチェンジ予定&モデルチェンジ済みモデル

スズキのすべてのモデルの基本となる新型プラットホームはハーテクトが採用されたモデルが続々と登場しています。

しかし本来発売予定は2016年だったスイフトやワゴンの発売も2017年にずれ込んでしまいました。

これは燃費偽装問題でスズキに不正があったということでのペナルティをクリアするために時間が掛かり予定していたモデルチェンジのスケジュールがずれ込んでしまったためです。

実はこれが今回紹介する2020年までの全てのモデルに影響を及ぼしていて予定よりも発売が遅れてしまっています。

スズキは元々細かくコスト管理した会社ですので、予想外のことがあるとなかなか取り戻す余裕がないのが現状です。

まぁこれは逆に言えば、普段しっかりと仕事をしているということの現れですから仕方のないことのかなとも思います。

では実際に2017年にモデルチェンジする車を見ていきましょう。因みに2017年はまだトヨタの技術を使ったモデルは発売にはなっていませんね。

2017年1月に登場のモデル

スズキ新型スイフト フルモデルチェンジ 発売済み

2017年1月4日に正式に発売となりました。

大きな目玉はエンジンです。

4代目になる新型スイフトに搭載されるダウンサイジングエンジンを含み3種類あります。

  • 総排気量996cc直列3気筒DOHCインタークーラーターボKC10型 プレミアムガソリン仕様 最高出力75kW(102PS)/5,500rpm 最大トルク150N・m(15.3kg・m)/1,700-4,500rpm
  • 総排気量1.242cc水冷4サイクル直列4気筒 K12C型 無鉛レギュラーガソリン仕様 最高出力 67kW(91PS)/6,000rpm 最大トルク 118N・m(12.0kg・m)/4,400rpm
  • 総排気量1.242cc水冷4サイクル直列4気筒+ハイブリッドシステム K12C型 無鉛レギュラーガソリン仕様 最高出力 67kW(91PS)/6,000rpm 最大トルク 118N・m(12.0kg・m)/4,400rpm

K12C型エンジンに組み合わされるハイブリッドシステムは、マイルドハイブリッドでこれにリチウムイオン電池を搭載します。

そして最高燃費はJC08モード27.4km/Lです。これにトランスミッションは新設計の5MTと副変速機構付CVTを組み合わせます。このエンジンライナップだとターボとは言え排気量の小さいモデルがパワーがあり燃費も悪くなることになりますね。

そしてもう一つの目玉が次世代軽量プラットフォーム”HEARTECT(ハーテクト)”の採用

コストパフォーマンスを追求しただけでなく軽量化により燃費性能と走りの性能を同時に向上させることに成功しています。

ミッションッは3種類あり、5MT・6AT・CVTが採用されAGSは見送られました。

これは少し驚きです。

AGSはマニュアルミッションをベースとする2ペダルミッションでMTに近い乗り方が出来るスポーティーさとATのルーズに扱える利点が良い意味で両立されていてしかも低コストなので、スイフトには搭載確実と見られてました。

アルトのAGSは性能的にあと一歩足りない面があったので、スイフトに搭載される改良型のAGSを見たかったです。

スズキ新型スイフトの詳しい内容は⇩の記事を読んでみて下さい。

スズキ新型スイフトのフルモデルチェンジは2017年1月4日!その内容とデザインは?

スズキ新型ワゴンR フルモデルチェンジ

fffffffffffffff軽自動車のトールワゴンを広めたスズキの代表車でありスズキと言えば、アルトかワゴンRを思い浮かべる人が多いほどの知名度のあるモデルです。

スズキの新世代プラットフォームの採用で大幅な軽量化(700KG~)をこのモデルで実現しました。

アルトと同じようにこのプラットフォームの恩恵は大きく車の運動性能と燃費性能の向上に繋がります。

更なるモデルチェンジの飛び道具はハイブリッドエンジンの搭載で、Sエネチャージは勿論のことストロングハイブリッドの搭載のモデルも要してフロントデザインも変更する凝りようです。

これでライバルに差をつけたいところでしょう。

スズキ新型ワゴンRの詳しい内容は⇩の記事を読んでみて下さい。

新型ワゴンRがフルモデルチェンジして2017年発売へ:その内容が凄い!

スズキ新型スイフト 追加モデル

新型スイフトに搭載されるダウンサイジングエンジンを含み3種類でしたが、ストロングハイブリッドエンジンが2017年7月12日に追加発売となりました。

本来はマイナーチェンジのタイミングでの追加が予定されていたのですが、予想よりも新型スイフトの売れ行きが芳しくなくそのテコ入れとして前倒しになった形です。

最高燃費はJC08モード32.0km/Lに伸びてトランスミッションは2ペダルマニュアルとなる5GSを採用してきました。

出力はガソリンエンジンが、最高出力91ps/6000rpm最大トルク12.0kgm/1000-3185rpm、モーターは最高出力13.6ps/3185-8000rpm、最大トルク3.1kgm/1000-3185rpmになります。

さぁこれでスズキは虎の子の技術を出したわけですが、どうでしょうか販売は好転するのでしょうか?

スズキ新型スイフトの詳しい内容は⇩の記事を読んでみて下さい。

スズキ新型スイフトのフルモデルチェンジは2017年1月4日!その内容とデザインは?

スズキ新型スイフトスポーツ フルモデルチェンジ

aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa (603x336)2017年に発売となったスイフトをベースに1.4Lターボ搭載してスイフト・スポーツは発売になりました。

アルトにワークスが復活したのでスイフトは実力をワンクラス上げての登場です。

さらに徹底したスポーツ性能を手に入れたモデルとなり、1.4Lターボは150psを叩き出すだけではなくそのフィーリングにも拘った専用チューニングが施されています。

そして実は追加モデルとして、4WDモデルが開発中との情報も入っています。

これはもう完全なピュアスポーツカーと呼べる代物になっている可能性が大きく期待できるモデルですね。

スズキ新型スイフトスポーツの詳しい内容は⇩の記事を読んでみて下さい。

スズキ新型スイフトスポーツに4WDの隠し玉?モデルチェンジは2017年

スズキ新型ハスラーワイド:クロスビー ニューモデル

 

ハスラーはスズキの製造するモデルの中でも予想以上の人気を長くキープしているSUV型軽自動車です。

SUVながら丸みを帯びたそのエクステリアデザインは可愛らしいともいえるものであり男女を問わずに気軽に乗れるデザインでした。しかも車両価格が抑えられていたにも関わらず高い運動性能を実現したいたのもヒットの理由です。

そしてこの手の軽自動車のヒットモデルでは良くある話でもあるのですが、ハスラーも軽自動車の縛りにとらわれない本来の性能を手に入れたモデルの企画が立ち上がっています。

その名もズバリ”ハスラーワイド”クロスビーです。

しかし驚くのは、この手の軽自動車から発売する大型化モデルと異なり、エンジンを1.0L直列3気筒エンジンに変更して搭載してボディーはワイド化するという定番の方式ではなく、小型車専用のプラットフォームを使用するという話です。

これはコンセプトだけ同じくして新型車を造るのに等しいわけですから期待できる新型車になると思いますよ。

<strong>ちょっと☕コーヒーブレイク☕</strong>

車が好きな人にここで少し耳寄りな情報があります。
それは車を購入するのにちょっとしたコツを知っているだけで20万円以上安く買えたりします。
ディーラーとの交渉前の準備や下取り車の売却方法だったりします。
誰にでも出来る簡単な方法ですので、下の記事を読んで参考にしてみて下さい。

誰でも出来る!20万円以上新車を安く買う4つの法則

2017.09.08

2018年スズキのフルモデルチェンジ&マイナーチェンジ予定モデル

2018年もかなり有力なモデルが登場します。これはモデルチェンジの発売予定がずれ込んでしまったことにも起因しています。

そのラインナップを簡単に見てみるとスズキとしても、本来は大本命としてホンダのN-BOXとダイハツのタントを打ち負かして、軽ナンバーワ1の座を取りたいスペーシア、コンパクトカーの世界ではスポーツモデルとしてナンバー1の実力を示したいスイフトスポーツそして世界中にファンを持つ軽自動車唯一の本格派SUVジムニー更に軽自動車オープンスポーツカーであるカプチーノの復活も予定されています。

それぞれ特定のジャンルでナンバー1を狙うべくして開発されているモデルチェンジなだけにスズキとしても大きな期待を寄せるモデルばかりです。

スズキ新型スペーシア フルモデルチェンジ

aaaaaaaaaaaa-578x522新型ワゴンRも採用される新開発プラットフォームをベースに開発されて軽量化と燃費向上を目指した上にS-エネチャージを搭載したモデルも用意されて性能面で大幅に向上します。

このクラスはホンダのN-BOXとダイハツのタントが2強で抜群の人気を誇るので、スズキとしては新型スペーシアでこの2台に割って入りたいところです。

スーパーハイトワゴンが軽自動車の最も人気のあるジャンルなのでスズキとしてはスペーシアでは社運を掛けて勝負してきます。

スズキ新型スペーシアの詳しい内容は⇩の記事を読んでみて下さい。

対タントNBOXの新型スペーシアが渾身のモデルチェンジの内容?カスタムZとは?

スズキ新型ジムニー フルモデルチェンジ

スズキのジムニーも長いサイクルからのフルモデルチェンジされる予定です。世界中にファンを持つ車なだけにユーザーの厳しい目に晒されるでしょうね。

それは現実的に見て今のモデルの実力が高く評価されて深く愛されているからである意味仕方のないことなのかもしれません。

それでも車の進化の歩みは止められませんから、メーカーからすると嬉しい苦悩なんでしょうね、

その苦悩の先にこそアイディアがあるのでしょうから、新型ジムニーは楽しみですね。

スズキ新型ジムニーの詳しい内容は⇩の記事を読んでみて下さい。

スズキ新型ジムニーの登場は2018年のモデルチェンジで!その内容とハイブリッドは?

スズキ新型カプチーノ

カプチーノはスズキが昔に生産していた軽自動車ながらFRというレイアウトでしかもアルミの収納可能なルーフを持ったオープンスポーツカーでした。

当時はちょうど今のスポーツカーに対する盛り上がりのような熱があり、ホンダがミッドシップオープンのビートを、そしてマツダがミッドシップのピュアスポーツカーAZ-1を発売して軽自動車でありながら非常に贅沢な状況でした。

そのカプチーノをスズキが復活させようとしているという話なのですが、流石にFRを開発するほどは余裕がないようでアルトのワークスの基本コンポーネンツを使用する様です。

それでもワークスの評価も高いだけに楽しみな車となりそうです。

詳しいカプチーノの情報は下の記事でご覧になってください。

スズキ・カプチーノ復活!新型モデルの予想内容と発売日

2019年スズキのフルモデルチェンジ&マイナーチェンジ予定モデル

2019年は予想外に人気モデルとなったハスラーのフルモデルチェンジが施されて、最新の新技術で造り直され運動性能や燃費性能が大幅に向上することが予想されています。

そして更にアルトがフルモデルチェンジをします。これは現在使われているスズキの新プラットホームハーテクトを採用した第1弾のモデルのアルトが第2世代へと生まれ変わるということです。

新型アルトによりスズキは次の新しいステージへの幕開けを示します。

この年に同じくフルモデルチェンジが予定されているライバルのダイハツのムーヴと因縁の対決という事になるでしょう。

そしてアルトでもう一つ注目なのはその因縁のライバル・ダイハツの親会社となるトヨタとの提携による技術提供を受けたモデルが早ければこの2019年に登場することになります。

スズキのモデルの人気や歴史そして車の役割から考えるとアルトに初採用される可能性が高いと思われます。

そういった意味でもダイハツのムーヴとどのような違いがあるのかが非常に興味あるフルモデルチェンジとなることでしょう

スズキ新型ハスラー フルモデルチェンジ

ttt-640x350大人気のハスラーが遂にモデルチェンジを迎えます。ハスラーはスズキの予想を超えたヒットモデルとなったわけですが、こういった車のモデルチェンジって難しいんですよねぇ。

とは言え流石にここまでのヒットモデルであるしかも長い期間人気を維持しているモデルですから、今回はキープコンセプトであることが確実視されています。

特にそのエクステリアデザインは遠くから見たときには見分けが付かないレベルとなると思われます。

しかし中身の技術の所では最新のプラットフォームを使用して燃費は勿論のこと走行性能もかなり向上してくることが予想されます。

場合によってはトヨタの安全性能技術が搭載される最初のモデルとなる可能性もあるでしょう。

難しいホットモデルのフルモデルチェンジなだけに慎重に堅実なモデルが登場することでしょう。

詳しいモデルチェンジの予想に関しては下の記事からご覧になって下さい。

スズキ新型ハスラーのモデルチェンジ予定と人気の理由を説明!

スズキ新型アルト

aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa-640x310スズキの主力車種であるアルトもここで発売になります。

ダイハツのムーブも同じ年に発売になりますから両メーカーの看板車種同士がここで比較され優越を決する戦いになることでしょう。

ここのところのスズキは快進撃で、新開発のプラットホームを軽量化することで得たメリットを最大限に生かし様々な車の性能向上させてきました。

更にスズキはトヨタと提携しましたのでトヨタから提供された技術を使用することも当然ありえます。

ただしアルトに関しては、開発期間的にはギリギリのラインなのでこのモデルまではトヨタの影響のない純粋なスズキの技術でのモデルかもしれません。

そういう意味でもダイハツとの純粋な100%の勝負はこの世代のアルトとムーブが最後かもしれません。

大変楽しみな名勝負となるでしょ。詳しくは下記記事から内容をご覧になってください。

スズキの歴史アルトやワークスのモデルチェンジ情報とその軌跡を振り返る

2020年スズキのフルモデルチェンジ&マイナーチェンジ予定モデル

2020年はコンパクトカーのジャンルの中でもミニバンに近い使い勝手とスタイルを持つソリオのフルモデルチェンジが予定されています。

トヨタとの提携の中でスズキの独自のオリジナルモデルとなるのかは非常に注目がされます。

スズキ新型アルトラパン フルモデルチェンジ

アルトラパンの基本的なコンポーネンツはアルトと共通しています。そのためにフルモデルチェンジのタイミングはあるアルトのフルモデルチェンジに連動する形となります。

その本家のアルトのフルモデルチェンジから考えるとアルトラパンのフルモデルチェンジは2020年かの可能性が最も高いです。

その新型では提携が発表されたトヨタのノウハウを使ったモデルとなることが予想されます。

しかも状況によってはラパンは共同開発となるモデルの第一弾となる可能性もあります。

現行モデルの人気を考えると単独の開発コストをリスクととらえる可能性は高そうですからね。

詳しい内容は下の記事を読んでみてください。

スズキ新型アルトラパンのモデルチェンジ情報!究極にカワイイデザインとは?

スズキ新型ソリオ・バンデッド フルモデルチェンジ

ソリオのユーザーはスズキが独自で開発したマーケットということで独占して売り上げを伸ばしました。そこに現在の提携先のトヨタがダイハツと組んで同じコンセプトのタンク・ルーミーをぶつけてきたことも記憶に新しいですよね。

そのソリオのモデルチェンジはトヨタの技術を使って開発される可能性もあり、トヨタのルーミー・タンク、ダイハツのトール、スバルのジャスティ、スズキのソリオ、これらの車種が5兄弟のOEMなんてことも冗談ですが、ありえるということです。

いやいや、でも流石にそれは勘弁してもらいたいですねぇ。

詳しくは下の記事に書きましたのでそちらをご覧になってください。

スズキ新型ソリオとバンデッドのモデルチェンジ情報:ハイブリッド搭載!

スズキのフルモデルチェンジ&マイナーチェンジ情報のまとめ

スズキは今の日本の自動車メーカーの中でも中小企業上がりのワンマン経営の頑固オヤジの匂いのする数少ないメーカーです。

そして現在造られているモデルも技術力や開発力の高さや資本力を使った力技ではなく、大手企業とはアプローチの違う切り口で車を開発してきました。

その独自性のある車が実はなかなか評価も高く世界的にも認められたりしています。

それがこの時代の中でEVやハイブリッド技術事故防止技術・自動運転技術などどうしても開発費が莫大に掛かる様になり単独での生き残りが厳しくなってしまいました。

それによりトヨタとの提携という大ナタを振るったわけですが、もし続きの独創的な発想力が無くなってしまうのであれば、スズキというメーカーのその存在意義自体が消滅してしまう可能性もあります。

現実には企業としては生き残っていかなければ意味がないのも事実ですから、厳しい現状の中でスズキらしさをどのような形でユーザーに伝えることができるのか、それを真剣に考えてもらった上でスズキのニューモデルで不安視するユーザーを唸らせてもらいたいものです。

スズキが作る新しい車たち非常に楽しみにしています。

車を買おうか考えている人に必ず車が安く買える方法があります。

絶対知っていた方が良い!車を安く買う簡単なコツとは?

車を安く買うのには値引き交渉は必ず必要ですが、それにはちょっとしたコツがあるんです。

知らないと後で”ディーラーに騙されたぁ!”って悔しがる人もいるんですよ。

その詳しい内容は右の記事で説明ましたので参考にして下さい⇒”誰でもできる車を20万円以上安く買う方法”

簡単な方法ですので是非実行して大好きな新車を安く買って快適なカーライフを手に入れて下さいね。

スポンサーリンク




スポンサーリンク