スズキ新型ジムニーの登場は2018年のモデルチェンジで!その内容とハイブリッドは?

k (640x441)

ジムニーのフルモデルチェンジは2018年を予定!その内容とは?

スズキジムニーは軟弱化する日本のオフロード車の中で軽自動車とは言え武骨な硬派な車として多くのファンを日本のみならず世界中に持つ素晴らしい車です。

そんなスズキジムニーも現行モデルは既に20年近く現役でもう永遠にモデルチェンジしないのかとも思われていました(笑)

そのジムニーが遂に待望のモデルチェンジを行います。そうなると気になるのはその内容です。20年前とは時代も環境も変わった中でジムニーはどのように変わるのでしょうか?

世界中に存在するジムニーファンを納得させられるような性能を持った車となるのか?

今回はそんな新型ジムニーのフルモデルチェンジの内容に迫りたいと思います。

スポンサーリンク

スズキ・ジムニーとはどのような車なのか?

軽自動車のボディーサイズをオフロード性能を最優先したラダーフレーム(梯子型フレーム)に伝統的な四輪駆動としてパートタイム4WDを採用して、足回りはリジットアクスル式サスペンションという世の中のSUVが快適性を求めていく中、反抗するかの如く硬派な本格的オフロード車として世界的に評価の高い車です。

実際に世界中に多くのファンがジムニーにはいることも有名で、そのジムニー愛好家のことをジムニストと呼びます。それぐらいこの車のファンが多くいるということです。

初代ジムニー 販売期間 1970年 – 1981年

oooooooooooooo (640x454)ジムニーは1970年に軽自動車初の本格四輪駆動オフロード車として発表されたモデルでした。この車を製造するにあたりスズキ自動車は、ホープ自動車の不整地用万能車と言われるほどの走破性を有したON型4WDの製造権を買い取ることで自社開発できたという経緯がありました。

しかし車体の基本構造をON型4WDと同じとしたためにジープ同様の本格的な構成ではありましたが、エクステリアに関してはスポーツ性を感じさせるものとして販売面も意識した車として成立させることで成功させました。

実はスズキ社内の反対を押し切ってON型4WDを買い取りジムニーを販売させたのが、現スズキ会長の鈴木修氏です。

流石にこのCMを懐かしいと思う人は少ないですよね。

2代目 1981年 – 1998年

ooooooooooooooo (640x461)

ジムニーの名前を有名にしたのはこの2代目に当たるモデルです。基本構造はそのままで本格的オフロード性能に対するこだわりは変わらなかったものの、エクステリアデザインは勿論のこと乗り心地や操縦性も全てをソフトな方向にシフトして一般受けを狙ったモデルとなり、多くの人から愛されるモデルとなりました。

まぁそうは言っても、あくまで前モデルと比べてという話であって普通の車から見れば男っぽい車でしたよね。

3代目 販売期間 1998年-

oooooooooooooooo (640x450)

軽自動車規格の改正に伴いボディーサイズを拡大してフルモデルチェンジした新型が1998年に登場しました。エクステリアデザインは丸く可愛い雰囲気となりだいぶ男っぽい武骨なイメージは無くなりました。

しかしオフロード性能のためのラダーフレーム(梯子型フレーム)や走破性能を重視したリジットアクスル式サスペンションの基本思想はそのままに、新設計のものを採用しています。

ガイコツ!なんて揶揄されたりもしていましたが、やっぱりジムニーはいつの時代もジムニーなんだと見せつけた性能の車でした。

スズキ新型ジムニーのエクステリアデザイン

さぁでは新型ジムニーのエクステリア・デザインですが、ジムニーのイメージは古臭くて無骨なデザインということに拘りがある様に感じますが、上記にも書いたようにスズキが行ってきた3世代のジムニー(ある意味ではホープ自動車のON型4WDから4世代)のモデルチェンジでも方向性が分かる様にオフロードの走破性能に関しては強いこだわりを貫き通しているのに対して、エクステリアデザインや乗車時の快適性などは時代に合わせた臨機応変な対応をしています。

世界に広がるジムニーファンは従来のジムニーのイメージを脱しない敢えて時代遅れな軍用車の様なエクステリアデザインを期待しているとは思いますが、新型は現代の流行りを多く取り入れた一般人からみてカッコいいと素直に受け入れられるようなスタイリッシュなデザインとなることでしょう。

そしてそのデザインイメージは2013年に開催された東京モーターショーで公開されたコンセプトカー”エックスランダー”です。ベース車両をジムニーとしたこの車両はコンセプトカーらしくルーフを取っ払ったオープンカースタイルのSUVですが、フロントマスクやサイドの処理などはかなり近いものになるのではないかと思われています。

実際にこのフロントマスクはかなりカッコいいですよね。このイメージのジムニーが出てきたら新しいユーザーを獲得して新しいステージにジムニーが進む可能性さえもあるんじゃないでしょうか。k (640x441)リアデザインに関しても現代風で良いですよねぇ。
kk (640x436)

下の動画は東京モーターショーでスズキのブースで紹介される”エックスランダー”の動画です。ボディーを構成するグラマラスな曲線が良く見て分かります。

流石にここまでのボディーはプレスの技術的な面から市販車のジムニーでは望めないでしょうが、可能な限り再現して貰いたいと思えるほどカッコいいです。

スズキの新型ジムニーの予想基本スペック

スズキ新型ジムニーのプラットフォーム

フレームも現行型と同じラダ―フレームを採用

1番注目されるのは新型ジムニーのフレームがラダーフレームなのかどうかでした。時代の多くのSUVはオフロード性能よりもコストを優先してクロスオーバーとなり乗用車と同じモノコック構造へと切り替わっていきましたが、拘りのラダーフレームを新設計して使用します。

ラダーフレームは、これぞジムニーという象徴です。kkkkk (546x390)

スズキ新型ジムニーのボディーサイズ

全長 3395mm x 全幅 1475mm x 全高 1700mm

ホイールベース  2250mm

車体重量 1000kg前後

現行モデルから採用となったフルフローティングボディは新型でも採用になります。ボディーサイズに関しては軽自動車枠なので現行モデルと基本的には変わりはありません。

車体車重に関しては1000kg前後と現行モデルと変わらないことが予想されていますが、大きなメリットがあるとしてプラットフォームの軽量化を進めているスズキですから新型ラダーフレームに関しても軽量化に成功するかもしれません。

ただしラダーフレームはジムニーの走行性能の根幹なので優先順位は軽量化よりも剛性と判断しているでしょうから、流石に他のモデルの様にはいかない可能性も十分にあり現行モデルと同じレベルとなる可能性の方が高いと言えます。

因みに噂となった4ドア化若しくは2ドアモデルと別に4ドアモデルが新型ジムニーに存在するという話もありましたが、ボディータイプは従来と同じ2ドア(3ドアハッチ)のみとなります。

スズキ新型ジムニーのトランスミッション

5速MTとCVT か 5速MTと5AGS

基本的には従来と同じ5速MTとCTVとなると思われます。ただ今も5AGSのテストを繰り返していてその性能の向上次第ではCVTに変わり搭載される可能性があります。

ただしジムニー5AGSに求めれる性能もレベルの高いものとなるために新型ジムニーの発売に間に合うかはまだ未定のようです。しかしコスト的にはCVTよりも5ASGの方が有利なためにスズキとしても期待を寄せていることは確かです。

スズキ新型ジムニーの駆動方式

現行型と同じくパートタイム4WDとなります。これも初代から続くジムニーの走破性を支える基本技術です。

ここが変更がなく安心しました。

しかもソフトシステムは大きな進化を遂げてコンピューター制御によりパートタイムの4WD駆動方式の”2WDと4WDの切り替えに関してはかなり細かく走行状況により適切な制御を可能として走破性の向上をしています。

またエンジンのアクセル操作に関してもコンピューター制御が入るのでタイヤのグリップの限界を引き出せるようになっているようです。

スズキ新型ジムニーの搭載予測エンジン

kkkkkkkkk (473x235)

搭載予想エンジン:R06A型の直列3気筒ターボエンジン+Sエネチャージ

最大出力:64ps/6500回転   最大トルク:10.5kgf.m/3500回転

モーター WA04A型

モーター最高出力 2.2ps/1000回転 モーター最大トルク 4.1kg.m/100回転

目標燃費はJC08モード燃費 20.0km/L~23.0km/L

スズキの現在の主力エンジンであるR型エンジンスズキ自慢のSエネチャージと組み合わせてパワフルかつ高燃費なものに仕上げてきます。

R型エンジンは嘗ての主力エンジンのK型の後継エンジンんで軽量化とコンパクト化を重視した設計ロングストロークでパワフルな上に軽量という今のスズキの象徴の様なエンジンです。

自然吸気・ターボのどちらも実用的で、ワゴンR 、ハスラー、エブリィー、アルト、スペーシア、ラパンそしてアルトワークスと経済性の高いモデルからスポーツモデルまで多くのタイプの車に搭載されているエンジンになります。

ただジムニーに搭載の場合はオフロードの走破性も重視するために中低速での粘る様なトルク特性のエンジンに仕上げてくることが予測され、同じ高性能エンジンでも高回転型のアルトワークスの仕上がりとは正反対のものとなるでしょう。

またこれにSエネチャージを組み合わせることで、燃費に関してもJC08モード燃費 20.0km/L~23.0km/Lを目標に開発されているとされ今から楽しみです。

kkkk (615x472)

スズキのS-エネチャージとは?

スズキは先ず初めにエネチャージというシステムを開発します。エネチャージ は従来の車が使う電力はガソリンを使いエンジンの動力を利用して発電していました。これをエネチャージでは発電に関してはガソリンを使うことなく動力を再利用することで電気を回収・貯蓄していますので、その分の消費ガソリンが必要なくなるので燃費が向上するというものでした。

これは良いところに目を付けたグッドアイディアですよね。

そしてSエネチャージは、このエネチャージを更に発展させたものでガソリンを使うことなく電気を回収・貯蓄していることで燃費の改善をするだけでなく、走行中においても電気モーターが利用出来るようにすることで、そのパワーをエンジンの出力にアシストをするようにしたものです。

ん?この仕組みって聞いたことがありますよね?

そう!これは普通にハイブリットシステムです。

これはどうもスズキ自動車が軽自動車の広告活動でエネチャージの知名度があるので、自社独自の言い方としてハイブリッドシステムとは呼ばずエネチャージを搭載していた軽自動車に関してだけ”Sエネチャージ”と呼ぶことにしたようです。

分かりにくいですね、、、、、スズキの軽自動車だけ”Sエネチャージ”なんです。

実際にスズキ自動車が販売する小型車のソリオは同じ機構を搭載していますが、”ハイブリッドシステム”と呼んでいます。

ちょっと不思議な感じがしますし、いくらエネチャージが浸透しているといっても、やっぱり”ハイブリッド”と呼んだ方が売れるんじゃないかって思うんですけどね。

Sエネチャージ搭載車種メリット

燃費向上

基本的には減速の時に発生するエネルギーを利用することでISG(モーター機能付発電機)により発電をおこないS-エネチャージ用のリチウムイオンバッテリーに充電し電気をためることでガソリンの消費を発電に使いません。

またその充電した電気を使いISG(モーター機能付発電機)でエンジンをアシストし、特に燃料を多く必要とするとされる加速時に電気のエネルギーを再利用することで燃費の向上へと繋げています。

これにより低燃費を実現しているということですね。

エンジンの始動音の低減

もう一つの特徴がエンジンの始動時の音の低減にあります。

これが意外と重要でエンジンを掛ける際にギアの噛みこみ音のキュルルルという音が耳障りと言う人が多く、今の車はアイドリングストップですから重要な要素になっていました。

これがSエネチャージではプーリーとベルトとなり(簡単に言えばゴムの紐)エンジン再始動をする時にも静かな再始動が可能になっているということです。

なんせアイドリングストップですから赤信号のたびになんてこともあるので、意外とこれは良いメリットです。

Sエネチャージ搭載車種デメリット

ではSエネチャージには、デメリットってあるんでしょうか?

残念ながらありますっ!

と言っても、全てのハイブリッドシステムに共通するデメリットなんですが、それはシステム分だけ価格が高くなるということです。

新車購入時もそうですし故障した際の修理費も通常の車よりは高額になります。

ただこれは新技術なので仕方がないところですね。最近は普及してきて価格も抑えられてきましたし、低燃費によりガソリン代が安いわけですから当然なのかもしれないですし。

それでもマイルドハイブリッドSエネチャージであればストロングハイブリットほどは高価ではないですし、燃費向上分で元は取れるでしょうから実用的な技術だと思います。

Sエネチャージ搭載車種

Sエネチャージの搭載車種に関してはまだ多くはありません、派生車種のスティングレーを1車種とカウントしてもまだ5車種のみです。まだまだこれからということなのでしょう。

  • ハスラー
  • ワゴンR
  • ワゴンR スティングレー
  • スペーシア
  • スペーシア スティングレー

質実剛健なイメージのジムニーも時代を反映するような技術を搭載するということですね。

スズキSエネチャージを説明した動画はこちらになります。

スズキ新型ジムニーの定員人数

店員数は変わらずに4名となります。5名にはならない様です。こういったマイナスの計算により優れた走破性などの性能を得ることが出来ているということです。

スズキ新型ジムニーのインテリア

インテリアに関しては現代風の乗用車的なデザインとなることが予想されています。ただしハスラーの様なポップなものではなく黒を基調とした落ち着いたものとなるようです。

誰もが気軽に乗れる車の印象を狙ったものではありますが、性能的には本格的なオフロード車ですからSUVの中でも重厚なイメージを受けるものとなるようです。

確かにコンセプトモデルの”エックスランダー”の内装はその方向性と合致したものとなっていますね。メーター類は流石にコンセプトカーというものですが、このインテリアは良いですよね。kkk (640x417)

スズキ新型ジムニーの発売時期

そして気になる新型ジムニーの発売時期ですが、1時期には2017年5月頃にモデルチェンジすると言われていました。しかし2018年は現行の3代目モデルが発売されて20周年となるため、発売時期は2018年の方が有力と言われています。

ジムニーの普通車版である”ジムニー・シエラ”に関しても同時にフルモデルチェンジしての発表となります。

日刊工業新聞で2018年との記事が出たことでもそのように予想されています。ooooooooooooooooo (353x479)

スズキ新型ジムニーの予想価格

基本的には現行ジムニーと同価格帯を目指して開発されている様で価格の上昇分は純粋に新搭載となるマイルドハイブリットのSエナチャージのコスト分となるようです。

最安のグレードのモデルが140万円前後から始まり最上級モデルが200万円前後とみられています。最多販売予想モデルの価格は170万円となるようです。

性能と実用性を両立したモデルとしては車両価格はかなり抑えてあると思います。

スズキによる”エックスランダー”の説明動画

これは新型ジムニーのコンセプトモデルと思われている”エックスランダー”の紹介動画です。

スズキ新型ジムニーのライバル車種の動向

軽自動車のクロスカントリーモデルは残念ながらジムニーしかありません。そのためにジムニーはライバル不在という状況が長く続いています。そのこともあり現行のジムニーはモデルチェンジを延ばすことが出来たモデルとも言えます。

ライバルが不在なのですが、敢えて言うなら復活するミツビシ新型パジェロミニでしょう。

ミツビシ新型パジェロミニ

xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx (540x382)嘗てのジムニーのライバルであるパジェロ・ミニが2017年にも復活すると予想されています。しかしその中身はジムニーのライバルとはならないかもしれません。

それは従来のクロスカントリーの車ではなくクロスオーバーとなるようです。つまりライバルはジムニーではなく、ハスラーを想定してのニューモデルとなるようです。

詳しくは下の記事を読んで下さい。

新型パジェロミニがフルモデルチェンジをして、2017年に復活!

スズキ新型ハスラー

tttt-585x342同じメーカーのスズキでジャンルもクロスカントリーとクロスオーバーと異なるのですが、オフロード系の軽自動車はハスラーしかないですから、結局一番比較検討される車かもしれません。

ハスラーはどのような車なのでしょうか?ジムニーとどこが違うのか下の記事に書いてありますので興味があれば読んで下さい。

スズキ新型ハスラーのモデルチェンジ予定と人気の理由を説明!

2017年のジムニーのフルモデルチェンジの内容のまとめ

いやいやいや、ジムニーの男気溢れる性能に対する拘りは確かに共感するものがありましたし支持していました。それなのにエクステリアデザインが現代風で文句なくカッコ良くなってしまったら反則ではないでしょうか?

鈴木修会長としてもジムニーは人生を掛けてきた肝いりの車ですしね。半端なものは造らないのは分かり切っていますから、凄いモデルになってしまうんでしょうね。

しかし鈴木修会長のビジネスセンスは素晴らしいですね。やはり車は売れることが正義なんですよね。性能や拘りだけでは結局独りよがりで消滅してしまいます。好きな車・良い車を造りたいからこそ販売台数を伸ばす努力を怠らないんですよね。

そしてそのバランスが絶妙で今のスズキは本当に良い車を造っていると思います。

このモデルチェンジする新型ジムニーは歴史に名前が残る様な名車になる予感がビンビンしますね。

ジムニーハスラーなどの新車を買おうか考えている人に必ず車が安く買える方法があります。簡単な方法ですので是非実行して大好きな新車を安く買って快適なカーライフを手に入れて下さいね。

”車を買うときに得する方法”を紹介をしたいと思います。

新しい車が欲しいなぁって思ったら欲しい車をディーラーに見に行って試乗したりしますよね?その時は好きな車を目の前にして本当にワクワクして楽しいものです。そして殆どの人はそのハイテンションのまま見積りを受け取り値引き交渉を始めていると思います。

これっ、絶対に止めて下さいっ!

これでは丸腰のままで戦に出るようなものです。車の購入の値引き交渉は戦いなんです。戦というものは戦いが始まる前に8割は結果は決まっています。必ず準備をして臨むようにしましょう。

準備をして交渉に臨むこれ正に勝つべくして勝つです。

1.最大値引きを勝ち取るには販売店同士で競合させるのがベスト

本命のディーラーに新車を見に行く前に必ず競合させる車種と販売店を想定して下さい。同じ車で違う系列店ならベストですし他社のライバル車と販売店でも良いです。

先ずはライバル店に訪問して見積りを出して貰いましょう。そしてその見積りと情報を持って必ず最後に本命の販売店に行きましょう。

2.重要なのは値引きより下取り!そしてディーラー下取りは安いという現実

大切なことなのでもう1度書きます。

車を安く買うのに大事なことは、値引き額よりも下取り査定額の方が重要

と言うのは車両値引き10万円を引き出すのは本当に大変なんです。でも買取りの専門業者の下取り価格ならディーラーと比べて10万円どころか2・30万円以上も高額なことも普通だからです。

知人のレクサスでは70万円以上も高かったです。でもこれは車両価格の高いレクサスだからですけどね。

実際の買取り専門業者への依頼方法とはインターネットで簡単な必要事項を入力するだけです。その後に電話があり向こうから車を見に来てくれます。

高額査定を引き出すコツは、依頼する買取りサイトは複数社の見積りが一括で取れる査定サイトを選ぶこと、そして最低2社へ依頼することです。これは1社の一括査定で複数社に依頼しても業者同士が顔なじみで談合されることもあるからです。

2社に同時に依頼をして競争原理を確実に働かせて買取り額を高めて下さい。私のおススメの買取り査定はかんたん車査定ガイドカーセンサーネット査定です。

おススメの理由は、どちらもガリバー等の大手を含めて一括で依頼出来る点と更にかんたん車査定ガイドは入力と同時に下の画面の様にあなたの車の相場額が表示される点にあります。

もし今すぐに売る予定はなくても自分の車がいくらの価値なのかは今後を考える上で知っておいて損はないでしょう。予想以上に高額な査定額だったから今すぐに好きな新車に買い替えることにしたという嬉しい話も珍しくないんです。

かんたん車査定ならその場で入力するだけで価格が分かりますからね。

あなたの車も調べてみたら予想以上に高額な値がついて驚くかもしれませんよ?

dddddddddddddddd

この2つのサイトでの見積り依頼をすれば競争原理が働き高額査定が出る可能性はかなり高いです。更に確実とするなら業界で評価の高いズバット車買取比較にも頼めば確率は上がります。

でも査定業者が多くなり過ぎると対応が大変ですからかんたん車査定ガイドカーセンサーネット査定だけで十分だとは思いますよ。

そして見積書を持ってディーラーに行って下さい。そうすれば買取り業者の見積額を基準に下取り価格を提案してきます。その額と比較して高い方に売れば良い訳です。基準がないとディーラーが安い見積りを出しても分からないですからね。

この様に万全な準備をして値引きと下取りの両方から最大値引きを引き出しましょう。

特に下取りはディーラーの見積もりだけでは違いも分かりませんし、カーナビやエアロや海外旅行の代金ぐらいは簡単に差が出ますから試してみることをおススメします。

おススメはこの2社⇒かんたん車査定ガイドカーセンサーネット査定

スポンサーリンク




値引き交渉の詳しいテクニックを知りたい人には⇩の記事で説明しています。

誰でも出来る!20万円以上新車を安く買う4つの法則


スポンサーリンク