ホンダシャトルがモデルチェンジで新型ハイブリッド搭載して2017年に発売!?

ホンダ新型シャトルのマイナーチェンジの内容!発売は2017年?

ホンダが発売する5ナンバーサイズのステーションワゴンのシャトルはそのスタイリシュなデザインと利便性の高さから人気があります。

2015年に発売されたシャトルですが、2017年にモデルチェンが行われるようです。当然ですがモデルチェンジといってもフルモデルチェンジではなくてマイナーチェンジになります。

今でも人気があるシャトルですが、新型となるマイナーチェンジのその内容はどの様なモノとなるのでしょうか?

今回はシャトルのその歴史と共に新型シャトルの内容の最新情報を見ていこうと思います。

スポンサーリンク

ホンダシャトルというと私の年代の人はシビック・シャトルを連想する人も多いのではないのでしょうか?今の人でもシャトル単体のネームではなくやはり、冠名アリのフィット・シャトルだと思っている人もまだ多くいると思います。

実はシャトルという車名はホンダの拘りの名前で歴史があったりもするんです。今回はそのシャトルの歴史も見てみましょう。

ホンダ・シャトル(2015年~)とは?

フィットをベースとして開発された5ナンバーのステーションワゴンです。前モデルは、フィット・シャトルフィットの冠名が付いていましたが、フィットとは違う価値観を提供できる車とすべく”趣味やレジャーを愉しむユーザーに合った独自の価値を最大限に反映させた車種”として開発されました。そのために敢えてフィットではなくなりました。

フィットの冠名を外したことでフィットとのデザイン面は大きく異なりフロントマスクのデザインなど独自のものとしてオリジナルのものとはしていますが、ドアのパネルやフロントフェンダー等は3代目フィットと共通のものだったりもします。

因みに5ナンバーハイブリッドタイプのステーションワゴンで初の4輪駆動車でもあります。

実際にそれまでのフィットと弄りましたというデザインだったものを独自性のある押しのあるバランスの取れたスタイリシュな車となりましたよね。CMもカッコ良さを前面にアピールしたものです。

フィット・シャトル(2011年から2015年)

ssssssssssssss (640x498)現行のシャトルの前モデルとなります。2代目フィットをベースとしてCピラー以降のオーバーハングを延ばすことで車載スペースを拡張してステーションワゴンとしたモデルです。元々フィットと同じユーザー層に対して車載性を上げることで利便性を求めるより多くの人へと開発されたモデルです。

ただしホイールベースがフィットと同じということもありデザインのまとまりの良さと言う意味では少しバランスが悪かったのは否定できないでしょうね。ちょっと後付けで造らせたような印象があるんですよねぇ。

CMは流石ホンダフィット・シャトルの良いところを引き出したものになってますね。

初代ワンダーシビック・シャトル (1983 – 1987年)

sssssssssssssssss (640x385)ホンダがシャトルの名前を初めに使ったのはフィットではなく30年以上前の3代目シビックであるワンダーシビックの5ドアハッチバック車です。ただデザインとして他の5ドアハッチバック全高が高く全長が短いのが特徴でショートワゴンの先駆けのようなデザインでした。

しかしシャトルのベースモデルに対する後付けしたようなアンバランスなデザインはこのモデルもなんですよね。ワンダーシビックバラードCR-Xのデザインの完成度が高いことを考えると、わざとなん?と思えてしまったりもしますね。

ワンダーシビック・シャトルのCMです。覚えている人はいますか?

2代目グランドシビック・シャトル(1987 – 1996年)

ssssssssssssssssss (640x401)シビックが4代目へとフルモデルチェンジすることを受けてシビック・シャトルもモデルチェンジしました。この2代目シビック・シャトルにおいてもアンバランスなデザインは健在です。

そして4WDのモデルにRV風に外装を整えたビーグルが発売となりシビックとはまるで違ったイメージであり新たなユーザーの取り込みに成功したモデルです。今の日本では見ることが出来なくなったカンガルーバーが装着されています。

ビーグルのCMは私も印象的で良く覚えています。

因みにシャトルとジェイドのデザインに関して

シャトルのデザインで思うことなんですけど、ホンダジェイドは5ドアのミニバンで日本仕様車は3列シート車の6人乗りの車です。

でも見て下さい。このエクステリアデザインを⇩!とても3列シートのミニバンとは思えないですよね。ssssssssssssssss (640x385)で、これがシャトルのデザインですよね、2列シートのステーションワゴンなんですが、背の高い印象が高く厚みも感じつのでこっちの方がミニバンのようなデザインですよね。

ミニバンのジェイドとステーションワゴンのシャトルのデザインはまるで逆みたいですよね。これを可能とするコンポーネントのホンダの技術が凄いですね。 ssssss (633x380)

最近のホンダのデザインはガンダム!?

ちょっと話がそれるのですが、最近のホンダのデザインって日本のアニメ系のデザインだと思うんですよね。それはガンダムの外観で、厳密に言えば連邦軍のモビルスーツのデザインにしていると思うんですよね。まぁマツダはジオン系のデザインなんですが。

そのホンダのガンダム系デザインが爆発しているのがシャトルです。

これが⇩シャトルのデザインですよね。ssssssssssss (635x453)これがガンダムSEEDのストライク・フリーダム! どうですか?なんかこうゴテゴテ感が似てると思いません。sssssssssssssssssss (640x405) (2)私だけかなぁ、、、、、って実は他の国では結構言われています。ホンダのデザインはバイクも含めてアニメ系デザインで子供っぽいって。

これはこれで確かにカッコいいのは事実ですが、子供っぽいのは否定できないかなぁ、、、、APLLEの製品なんかと比べると明確だし、ヨーロッパ車と比べると確かに良い意味でも悪い意味でも日本車って感じですよね、ホンダは。

ホンダ新型シャトルの人気ボディーカラー

シャトルのボディーカラーは全7色です。

そのボディーカラーの中で人気色ランキングとなります。ベスト1位のホワイトは予想通りですが、それ以外はダーク系が強いです。

もう少しファミリィーカー風のカラーが人気かと思っていました。

ベスト1位 ホワイトオーキッド・パール

32,400円(消費税8%抜き30,000円)高

ooooooo (640x294)

ベスト2位 クリスタルブラック・パール

oooooooooo (640x304)

 

ベスト3位 ミッドナイトブルービーム・メタリック

32,400円(消費税8%抜き30,000円)高

ooooooooooo (640x313)

 

ベスト4位 ミスティックガーネット・パール

32,400円(消費税8%抜き30,000円)高

oooooooooooo (640x303)

ベスト5位 ルーセブラック・メタリック

32,400円(消費税8%抜き30,000円)高

ooooooooo (640x313)

ベスト6位 ルナシルバー・メタリック

oooooooo (640x309)

ベスト7位 プレミアムクリスタルレッド・メタリック

54,000円(消費税8%抜き50,000円)高

ooooooooooooo (640x304)

ホンダ新型シャトルの予想基本スペック

ホンダ新型シャトルのプラットフォーム

アコードのプラットフォームの改良型

ホンダ新型シャトルのボディーサイズ

全長  4400mm x 全幅 1695mm x 全高 1570mm

ホイールベース  2530mm

トレッド幅 前1475 後 1465mm

室内長1925mm×室内幅1925mm×室内高 1290mm

車体重量  1300kg

ホンダ新型シャトルのトランスミッション

7速オートマック

ホンダ新型シャトルの駆動方式

FF の2輪駆動と4WD(フルタイム4WD)

ホンダ新型シャトルの足回り

ステアリング形式 パワーアシスト付きのラック&ピニオン

前部サスペンション形式 マクファーソン式 後部サスペンション形式  ド・ディオン式

前部ブレーキ形式  ベンチレーテッドディスク 後部ブレーキ形式 リーディングトレーディング・ドラム

タイヤサイズ(前) 185/55R16 83V  タイヤサイズ(後) 185/55R16 83Voooooo (640x278)

ホンダ新型シャトルの搭載エンジン

ハイブリッドエンジン:i-DCDスポーツハイブリッドシステム LEB型

最大出力:110ps/6000回転   最大トルク:13.7kgf.m/5000回転

モーター:H1型

最大出力:29.5ps/1313-2000回転   最大トルク:16.3kg.m/0-1313回転

目標燃費はJC08モード燃費 36.0km/L

今回のマイナーチェンジの目玉である新型のi-DCDスポーツハイブリッドシステムが搭載されます。このハイブリッドシステムのエンジンは従来のものと比べてパワフルでありトルクフルなのでワゴンとして登場人数が多い場面や荷物を積んだ場面では違いが実感できる程の差があると言われています。

そして燃費に関しても向上してJC08モード燃費36.0km/Lを超えてくるということです。ファミリー層が多く購入するステーションワゴンですからエンジンの出力向上よりもこの燃費向上の方が大きなメリットとなるかもしれませんね。

これでライバルであるトヨタカローラ・フィールダーJC08モード燃費33.8km/Lと比べて大きく向上しているために販売面でもかなり有利になると思われます。oooo (640x256)

ホンダ新型シャトルのエクステリアデザイン

エクステリアに関しては基本的に大きな変更は行なわれないと予想されています。バンパーやグリルの使用の変更程度に留まります。

今のシャトルのデザインは元々ホンダの肝いりのデザインですし、評判も良いものなので細部の変更で十分だと私も思います。

シャトル伝統のバランスの悪いデザインを捨てたわけですしね(笑)

ホンダ新型シャトルのインテリア

基本的にインテリアに関しては大きな変更は施されません。

変更点はUV対策のガラスを採用することとスマートフォン連動カーナビゲーションによりアップルカープレイがオプションで選択可能となります。ooo (640x261)

ホンダ新型シャトルの発売時期

基本的にはフィットのマイナーチェンジの時期が直接的に関係するのですが、2017年が予想されています。

それも前半が最有力とみられています。

それでも2017年の後半になってしまうことはあり得ますが、2018年にずれ込む可能性は流石にないでしょう。

ホンダ新型シャトルの予想車両価格

基本的に現行車種とほぼ同じ車両価格での発売となります。最安値がガソリン車の170万円前後、最高級のグレードがハイブリッドの250万円前後となります。

最多販売予想グレードは220万円程度のハイブリッドモデルとなります。ooooo (640x232)

RSグレードの追加は?

フィットのグレードの1つであるRSはホンダにおける”タイプR”がサーキット走行を基準に開発されているのに対して公道でのスポーツ性能を突き詰めたモデルになります。

RSグレードは、RS専用のサスペンションセッティングやタワーバー等により剛性強化を施して大径タイヤと大型ブレーキと走りの質感の向上を行うと同時に専用のエアロパーツやエンブレム等で外観上の独自性も出してあります。

新型シャトルには、走りの質を求めることでエンジンは、1.5リッターi-VTECターボエンジンを搭載するのではとも噂されていますが、車の性格上ターボ車というよりもハイブリッド車でRSグレードが設定される可能性が高いのではないでしょうか?

というより、新型シャトルでのRSグレード自体が設定されるかどうかは微妙だと思います。元々ファミリー層を狙ったワゴン車ですからスポーツグレードは必要ないと見るか、それともトヨタヴォクシーの様に家庭の事情でワゴン車を選択せざる負えないお父さんが最後の砦としてRSを選ぶような層が多いと見るかでしょう。

さぁ、ホンダの判断はRSグレードを発売するのでしょうか?

ホンダ新型シャトルの安全装備

マイナーチェンジでホンダの先進技術:総合安全運転支援システム「HondaSENSING」を搭載します。

  • 対人対車両
  • ミリ波レーダー
  • 単眼カメラ
  • 脇見運転防止
  • 道路交通標識認識時速80km/h以下で動作

これらのの装備が総合的に作動することで最新の安全装置が実現することとなります。

ホンダ「HondaSENSING」を動画で説明しています。

ホンダ新型シャトルのライバルの動向

ホンダ新型シャトルのライバルと言うとやはりこの3車種となるでしょう。強力なライバルだけにこの3台のモデルチェンジのタイミングでもシャトルの販売台数は大きく変わります。

シャトルが気になる人ならこの3台が気にならない人はいませんよね。

スバル新型インプレッサ

iiiiiiiiiiiiiii-640x305新型インプレッサは車の完成度が高く非常に魅力的な車となっています。安全性能はもちろん走りの部分でもこのクラスのベンチマークの車となっています。

モデルチェンジの新型インプレッサの装備が凄い!スバルの新時代スタンダード

トヨタ新型カローラフィールダー

qqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqq-640x421世界の名車カローラのフルモデルチェンジが迫っています。次のモデルは意外と3ナンバー・ダウンサイジングターボとかなり挑戦的なモデルになりそうです。詳しくは下の記事を読んで下さい。

トヨタ新型カローラ・フィールダーの歴史とモデルチェンジ最新情報

マツダ新型アクセラ

zrrrrrrrrrrrr-640x381スカイアクティブの第1世代が新型CX-5とCX-6の登場で終了して、今後は第2世代が始まります。その第1弾となるのが新型アクセラかアテンザだと予想されています。

その内容はプラットフォームやエンジン・先進安全技術の全てが新しくなります。期待しないのは無理ってものです。

詳しくは下の記事を読んで下さい。

新型アクセラが開くマツダの新時代!フルモデルチェンジの詳細情報

ホンダ新型シャトルがマイナーチェンジのまとめ

今回はホンダのマイナーチェンジによる新型シャトルの内容とシャトルの歴史を見てみました。

不思議なものでホンダとしてはシャトルという車名には拘りがあるんですね。

プレリュードストリームの様に1時代を創るほどの新しい提案がありしかも販売台数も多かった車種であってもあっさりと販売終了となっているモデルがホンダにも多くあります。

それなのにベース車両を変えて時代を跨いでもシャトルという車名は引き継がれています。

そして現モデルの新型シャトルこそやっと実現できたシャトルの本当の姿のように思えます。マイナーチェンジが施され完成度が上がり成熟度があがり更に良い車になるでしょう。

今や少なくなった5ナンバーのステーションワゴンですからいつまでも魅了あるモデルとして輝いていて貰いたいですね。

シャトルやカローラ・フィールダーなどの新車を買おうか考えている人に必ず車が安く買える方法があります。簡単な方法ですので是非実行して大好きな新車を安く買って快適なカーライフを手に入れて下さいね。

”車を買うときに得する方法”を紹介をしたいと思います。

新しい車が欲しいなぁって思ったら欲しい車をディーラーに見に行って試乗したりしますよね?その時は好きな車を目の前にして本当にワクワクして楽しいものです。そして殆どの人はそのハイテンションのまま見積りを受け取り値引き交渉を始めていると思います。

これっ、絶対に止めて下さいっ!

これでは丸腰のままで戦に出るようなものです。車の購入の値引き交渉は戦いなんです。戦というものは戦いが始まる前に8割は結果は決まっています。必ず準備をして臨むようにしましょう。

準備をして交渉に臨むこれ正に勝つべくして勝つです。

1.最大値引きを勝ち取るには販売店同士で競合させるのがベスト

本命のディーラーに新車を見に行く前に必ず競合させる車種と販売店を想定して下さい。同じ車で違う系列店ならベストですし他社のライバル車と販売店でも良いです。

先ずはライバル店に訪問して見積りを出して貰いましょう。そしてその見積りと情報を持って必ず最後に本命の販売店に行きましょう。

2.重要なのは値引きより下取り!そしてディーラー下取りは安いという現実

大切なことなのでもう1度書きます。

車を安く買うのに大事なことは、値引き額よりも下取り査定額の方が重要

と言うのは車両値引き10万円を引き出すのは本当に大変なんです。でも買取りの専門業者の下取り価格ならディーラーと比べて10万円どころか2・30万円以上も高額なことも普通だからです。

知人のレクサスでは70万円以上も高かったです。でもこれは車両価格の高いレクサスだからですけどね。

実際の買取り専門業者への依頼方法とはインターネットで簡単な必要事項を入力するだけです。その後に電話があり向こうから車を見に来てくれます。

高額査定を引き出すコツは、依頼する買取りサイトは複数社の見積りが一括で取れる査定サイトを選ぶこと、そして最低2社へ依頼することです。これは1社の一括査定で複数社に依頼しても業者同士が顔なじみで談合されることもあるからです。

2社に同時に依頼をして競争原理を確実に働かせて買取り額を高めて下さい。私のおススメの買取り査定はかんたん車査定ガイドカーセンサーネット査定です。

おススメの理由は、どちらもガリバー等の大手を含めて一括で依頼出来る点と更にかんたん車査定ガイドは入力と同時に下の画面の様にあなたの車の相場額が表示される点にあります。

もし今すぐに売る予定はなくても自分の車がいくらの価値なのかは今後を考える上で知っておいて損はないでしょう。予想以上に高額な査定額だったから今すぐに好きな新車に買い替えることにしたという嬉しい話も珍しくないんです。

かんたん車査定ならその場で入力するだけで価格が分かりますからね。

あなたの車も調べてみたら予想以上に高額な値がついて驚くかもしれませんよ?

dddddddddddddddd

この2つのサイトでの見積り依頼をすれば競争原理が働き高額査定が出る可能性はかなり高いです。更に確実とするなら業界で評価の高いズバット車買取比較にも頼めば確率は上がります。

でも査定業者が多くなり過ぎると対応が大変ですからかんたん車査定ガイドカーセンサーネット査定だけで十分だとは思いますよ。

そして見積書を持ってディーラーに行って下さい。そうすれば買取り業者の見積額を基準に下取り価格を提案してきます。その額と比較して高い方に売れば良い訳です。基準がないとディーラーが安い見積りを出しても分からないですからね。

この様に万全な準備をして値引きと下取りの両方から最大値引きを引き出しましょう。

特に下取りはディーラーの見積もりだけでは違いも分かりませんし、カーナビやエアロや海外旅行の代金ぐらいは簡単に差が出ますから試してみることをおススメします。

おススメはこの2社⇒かんたん車査定ガイドカーセンサーネット査定

スポンサーリンク




値引き交渉の詳しいテクニックを知りたい人には⇩の記事で説明しています。

誰でも出来る!20万円以上新車を安く買う4つの法則


スポンサーリンク