スズキ新型スイフトスポーツに4WDの隠し玉?モデルチェンジは2017年?18年?

フルモデルチェンジのスズキ新型スイフト・スポーツ(スイスポ)の実力!

スイフトの前進のカルタス時代からその軽快な走りは評価が高かったのですが、カルタスがスイフトへとモデルチェンジをして、走りに降ったスイフトスポーツの登場で小型車におけるスイフトスポーツの性能は絶賛されました。

少し前の日本は1.6Lを中心にスポーツモデルが数多く売られていましたが、その代表だったカローラ レビン・トレノやシビック・CR-XそしてインテグラのタイプRなどが利益率の低さを理由に販売中止となり、走りを感じさせる小型車はすっかり少なくなってしまいました。

こんな状況下でしたのでスイフトスポーツの登場はその性能とともに歓迎されたものでした。

今回は2017年にモデルチェンジして登場する新型スイフトスポーツの詳細情報になります。

スポンサーリンク

スズキのスイフトスポーツとはどのようなモデルなのか?

スイフトスポーツはエンジンパワーこそそれほど大きくはありませんでしたが、ストレスなく吹け上がるエンジンは気持ち良く、足回りもヨーロッパ車の様な粘る足回りを実現し、素直なハンドリングと相まって車好きの心をとらえました。

それに車内の居住性も貸して広いとは言えませんが大人4人が乗ることは十分可能ですし、車載性能も悪くはないために家族持ちのお父さん方にも選択可能な現実的な車として評価されました。

またスイフトスポーツという専用のグレードとなるために運転席を囲む内装に関してはスポーツカーに近い演出がなされていて走りを感じさせる雰囲気が漂いファミリーカーのものとは明らかに異なる特別感を感じさせるもので所有満足度の高いものでした。

下の写真が運転席の写真ですが、コンパクトカーとは思えないカッコ良さがありますね。kkkkkkkkkkkkシートやシフトに施された赤いステッチが泣かせますね。
kkkkkkkkkkkkk私の好きな河口まなぶさんが現行のスイフトスポーツの本質を突くインプレッションを動画で解説しています。

スズキ・スイフト・スポーツの歴史

スイフト・スポーツの歴史を振り返る上でその歴史はスイフトの歴史よりも更に遡らないといけません。

それはスイフト・スポーツのコンセプトは前モデルであるカルタスのGTiそのままを引き継いでいるからです。

カルタス GTi

カルタスはスズキが普通車の第2弾として発売し2度のフルモデルチェンジを施して3世代に渡り、1983年から2002年まで販売していた小型車です。

日本では舘ひろしがCMに起用されてそのキャッチコピー”オレ・タチ、カルタス”が記憶に残っている人も多くいると思います。

実際にはスズキは軽自動車では実績がありますが、普通車では挑戦者であり販売台数は振るわず苦労したモデルでした。

しかし車の性能は大手メーカーと変わらないどころかそれ以上なのではないかと思い知らされたのがカルタスのGTiでした。

初代カルタスは1300ccでツインカム16バルブ直列4気筒を搭載してマイナーチェンジ前で97PSマイナーチャン時後には110PSを叩き出し、2代目カルタスGTIにおいては更にチューニングが施され実にNAエンジンにして115PSにもなります。

そのエンジンフィールもチューンエンジンの様な高回転型のカムに乗るタイプでスポーツ系のくモデルを愛するユーザーからは絶賛されます。

しかもその戦闘力も高くダートトライアルやジムカーナの全日本選手権だけでなく、ラリー選手権のWRCやパイクスピークヒルクライムなどの国際選手権でも大手メーカーのスポーツモデルを打ち倒す活躍をしてその実力を国内外に見せつけました。

しかし3代目モデルにはGTIグレードが設定されなかったために、このコンセプトはそのままの形でスイフト・スポーツとして復活することを待つことになります。

スズキ初代スイフト・スポーツ(HT81S) 販売期間 2003年ー2005年

aaaaaaaaaaa (640x413)カルタスから車名をスイフトに変えての初代モデルでしたが、その甲斐もなく正にカルタスと同じイメージで車の出来は良くレースシーンなどでは評価は高いのですが、やはりスズキのブランド力がまだ低く販売の方は振るわないモデルでした。

スズキもこの時代はまだまだ小型車というより軽自動車のメーカーと言うイメージが強くトヨタ・ニッサンと言った総合自動車メーカーと比べると格下のメーカーと認識されていたことも販売数に影響があったと言えます。

この頃のスズキは我慢の時でした。

スズキ2代目スイフト・スポーツ(ZC31S) 販売期間 2005年ー2010年

aaaaaaaaaaaa (597x437)そして遂に時代が到来します。そうです!2代目のスイフトが発売になります。

カルタス時代から定評のあった運動性能に更に磨きをかけスポーツカー顔負けのハンドリングを手に入れクラスナンバー1と言えるファンな車に仕上げてきました。

そして外観も世界戦略車としての役割もありヨーロッパでも認められるモダンなデザインへと変わり多くの人から支持されました。

あまり車を知らない人はこの2代目スイフトが初代だと思っている人も多いと思います。

スズキ3代目スイフト・スポーツ(ZC32S) 販売期間 2011年ー現在

aaaaaaaaaaaaa (640x361)2代目のスイフトが大成功を収めたので、3代目はキープコンセプトとなりました。

2代目の評価を考えると当然の方針とも言えるのですが、ユーザー目線としては遠目には2代目か3代目かの見分けが付かないほど似ているデザインなのは新鮮味に欠けるのは事実だと思います。

性能的にも2代目の特質をそのまま良化した素晴らしいものでしたが、新しい提案がないのはやはり少し寂しく感じるフルモデルチェンジだったと思います。

その分次の新型スイフトは大きな変革を行うモデルとなるのは確実なので、実質的にスイフトの正常進化を10年ぶりに見れることになりますから楽しみです。

スズキ新型スイフト・スポーツ(スイスポ)のエクステリアデザイン

スズキのスイフトは世界戦略車のために多くの国でのテストが行われています。そのためにスパイショットが比較的撮影されることが多い車種でもあります。

多くあるカモフラージュされたテスト車両の写真を1種類見てみましょう。細かい部分はカバーがありますから分かりませんが全体のシルエットとフロントライト・フロントグリルの形状が見て取れますね。aaaaaaaaaaaaaa (640x354) 出典 http://www.carscoops.com/ aaaaaaaaaaaaaaa (640x357) 出典 http://www.carscoops.com/ aaaaaaaaaaaaaaaa (640x340) 出典 http://www.carscoops.com/ aaaaaaaaaaaaaaaaa (640x326) 出典 http://www.carscoops.com/ aaaaaaaaaaaaaaaaaaa (640x348) 出典 http://www.carscoops.com/

海外でロードテストが行われている動画も撮影されています。

そして海外ではそのスパイショットを基にエクステリアの予想イラストも多く作成されています。その中でも信憑性が高い2つのイラストを下に紹介しておきます。

どちらのデザインだとしても今のスイフトよりもヨーロッパ調のデザインとなり高級感がありますね。これだとヨーロッパでは特に売れそうな予感がします。aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa (640x402) 出典 www.indianautosblog.com/ aaaaaaaaaaaaaaaaaaaa (640x431)出典 www.indianautosblog.com/

恐らく新型スイフトスポーツのイメージカラーはイエローだと思います。nnnnnnnnnnnn (640x366)出典引用 http://indianautosblog.com/

ベースモデルであるスズキ新型スイフトのフルモデルチェンジ

ベースモデルであるスイフトに関してはフルモデルチェンジが2017年の1月となり既に発売されています。

当然ですが新型スイフト・スポーツはこの新型スイフトをベースとしてカスタムした姿となります。

下の写真は新型スイフトになります。ここから大型化したフロントグリルとフロントエアロバンパーにサイドスカートと大型リアウィング、大口径ホイールが装着されると予想します。ddddddddddd-607x426 ddddddddddddddd-622x421 dddddddddddddddd-640x333

ddddddddddddddddddddddddddddddd-640x348 dddddddddddddddddddddddddd-640x316 ddddddddddddddddddddddddddddd-640x334 ddddddddddddddddddddddddddd-640x350

スズキ新型スイフト・スポーツ(スイスポ)の予想基本スペック

そんな新型スイフトスポーツのスペックが大分判明してきていますので、ここでは項目ごとに見ていきましょう。

スズキ新型スイフトスポーツのプラットフォーム

新開発次世代プラットフォーム”HEARTECT”の採用 

軽量・高剛性をテーマとする新開発の次世代プラットフォーム”HEARTECT”がスイフトと同じく採用されます。これはアルトやソリオ等の軽自動車に採用されているもので新型スイフトはBセグメントでの採用となります。

アルトで実現した時と同じコンセプトとなり剛性などの性能だけでなく軽量化に重点を置かれて開発されたもので、アンダーボディの主な構造や部品の配置に関しても最適化を行い、剛性を高めながら軽量化も同時に追求され、低燃費化と安全性の向上、操縦性能の追求に室内の静粛性の改善が達成されています。

この次世代プラットフォームが採用されることで、新型スイフトの車重は900㎏代を実現します。

新型アルトでは車が軽いというメリットが存分に生かされていましたので、新型スイフトスポーツでも今までのスイフトスポーツとは異なるレベルの軽快な走りを味わえると思います。ddddddddddddddddddddddd-558x308

スズキ新型スイフトスポーツのボディーサイズ

全長4020mm x 全幅1720mm x 全高1450mm 

ホイールベース 2430mm

ボディーサイズに関してはキープコンセプトということでほぼ現行スイフトスポーツと同じになります。

スズキ新型スイフトスポーツのエンジン

ガソリンエンジン:1.4リッター直列4気筒DOHCターボブースタージェットエンジン

最高出力:150ps/5500rpm 最大トルク:25.0kgm/4000rpmkkkkkkkkkkkkkkkkk2015年4月の上海モーターショーで、1.4リッター直列4気筒DOHCターボブースタージェットエンジンを公開しました。

これが現行新型スイフトスポーツに搭載しているエンジンの最高出力136馬力/6900回転・16.3kg-m/4400回転を200㏄ 排気量が下がるにも関わらず超えてくるようです。

この1.4リッター直列4気筒DOHCターボブースタージェットエンジンは新型スイフトスポーツ専用エンジンではありませんが、スイフトスポーツ様のチューニングが施され最高出力は150ps/5500回転・最大トルクは25.0kgf.m/4000回転にもなると予想されています。

相当レーシーな味付けとなるようです。

新型スイフトスポーツのホイールとタイヤ

195/45R 17インチホイール

現行のスイフトスポーツのタイヤとホイールサイズは、195の45R17インチホイールで相当良いスペックとなっています。

タイヤもブリヂストンのポテンザRE050Aですから装着タイヤとしてはかなりハイグリップなものを履いています。さすがにこれ以上のスペックとなることは考えにくいので、新型スイフトスポーツも同じレベルのものになると思います。

スズキ新型スイフトスポーツの燃費

目標燃費 JC08モード25.0km/L

JC08モード25.0km/Lが目標ということで現行スイフトスポーツの燃費が15.6km/Lですからかなり高いハードルの様にも感じます。

次期搭載予定のエンジンはダウンサイジングエンジンのために達成の可能性が高いということなんでしょう。本当なら相反する出力と燃費の両方を求められるのですから開発者は大変でしょうね。

スズキ新型スイフトスポーツのトランスミッション

6速マニュアルミッションとASG(CTV)

新型スイフトスポーツでも勿論評価の高いスズキ自慢の6速MTを搭載します。シフトフィールも小気味いい動きをして剛性管もありスイフトスポーツに乗るならこの6速マニュアルミッションを積極的に選択して、スイフトスポーツの良いところを堪能すべきものでした。

新型スイフトスポーツでも6速マニュアルミッションの価値は変わらないのですが、アルトに投入されたマニュアルミッションベースの2ペダルセミオートマミッション・ASGがCVTに代わって搭載される予定です。

スズキの最新技術のASGは今までのCVTとは異なりかなりダイレクトに走りの本質を掴めるものとなっておりスポーツドライブをイージーに行いたい人には魅力的なものになるでしょう。しかし現時点ではシフトチェンジのショックが発生してしまうのも事実なために新型スイフトスポーツではどこまで改善されているかが注目となります。

スズキ新型スイフトスポーツの駆動方式

FF(フロントエンジン・フロントドライブ)

従来のスイフトスポーツと同じように駆動方式はFF(フロントエンジン・フロントドライブ)になります。スズキはFFでも後輪の接地感を出すのが上手いんですよね。

この駆動方式にはもう1つの噂があるのですが、下の詳しくは噂の隠し玉の項目で話したいと思います。

スズキ新型スイフトスポーツの予想価格

予想車両価格200万円以上!!

新型スイフトスポーツは内容がかなり変更になるために価格は上がることが予想されています。これには復活をした軽自動車のスポーツモデル・アルトワークスの存在が大きく関係していて従来のスイフトスポーツ価格帯だとほぼ同じとなってしまい住み分けが難しくなるからです。

そのために新型スイフトスポーツはより性能と高級感を増して車格を上げるということです。

スイフトスポーツの価格の推移で言えば、1代目は約120万円、2代目は約160万円、現行モデルは約170万円と時代に連動してベース車のスイフトの値上がりとリンクしたアップとなっています。

しかし今回は前出の事情によりベース車両のスイフトの値段とは関係なく、200万円以上は確実で予想では220万円前後となると見られています。aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa (603x336)

スズキ新型スイフト・スポーツには驚きの隠し玉!

実は新型スイフトスポーツには隠し玉が開発中とも言われています。

それは新型スイフトスポーツのハイブリッドエンジン搭載のAWDつまり4輪駆動のモデルが存在しているというものです。

エンジンは1.4リッター直列4気筒DOHCターボブースタージェットエンジンハイブリッド化させたもので、ソリオなどに搭載されているマイルドハイブリッドではなく、正真正銘のストロングハイブリッドとなります。

大容量のリチウムイオンバッテリーをフルに活用してS-エネチャージも組み合わせた強力なシステムです。
ストロングハイブリッドとなります。

そして新型スイフトスポーツ初の4輪駆動車が登場します。これは7SX4 S-CROSSのAWDに搭載されている最新のシステム・ALL GRIPを活用するようです。

これに新フレームによる軽量化の恩恵もあり、かなりの性能を発揮するでしょう。

それとAWDとなれば雪が降る地方の人でも新型スイフトスポーツを購入することが可能となるため、新しいユーザーの獲得に貢献するでしょう。

但しこの4WDモデルに関しては発売時期は通常のスイフトスポーツよりも更に遅れ半年から1年後となることが予想されています。dddddddddddddddddddddddddddd-640x333

スズキ新型スイフト・スポーツの発売時期

今までのスイフトスポーツのモデルチェンジは、ベース車両であるスイフトがモデルチェンジをしてから約1年後にモデルチェンジをしてきました。

次回のモデルチェンジではやはりスイフトのモデルチェンジから遅れることは確かなのですが、約半年程度での登場となるようです。そのため新型スイフトスポーツは2017年の前半となると思われていました。

しかしスイフト・スポーツのベースモデルの新型スイフトが発売が延期となったために新型スイフト・スポーツも2017年から2018年へ延期となると予想されています。

これは、スズキが燃費の測定で不適切な方法で計測していたために、国土交通省から指導があり基づき燃費の再測定を行ったうえで、これからの新車検査でも他社よりも厳しい審査基準での検査を行わないといけなくなったために新車の発売が遅れたためです。

計測の結果に関しては大きな誤差はなかったようですがルールを守らなかったのは事実ですから、スズキのペナルティーも已むを得ないことですね。ddddddddddddddddddddddddddd-640x350

スズキの新型スイフト・スポーツのライバル

スイフト・スポーツはベースモデルに走りに拘ったカスタムを施したモデルですが、他社にもコンパクトモデルをベースにして走りの質に拘った車があります。

購入時には比較することもあると思いますので見てみましょう。

トヨタ・アクア G’s

アクアはハイブリッド専用モデルで経済性を最優先に開発された車ですが、それをベースにトヨタがスポーツコンバージョン車としてオリジナルのエクステリアとインテリアデザインを施しスポーティな走りを実現するためのモデルで、正にスイフト・スポーツのライバルの1車種です。

アクアのモデルチェンジ記事は⇩で読んで下さい。

2017年に登場するトヨタ新型アクアの燃費に驚愕!フルモデルチェンジの内容とは?

ニッサン・ノート・ニスモ

ニッサンのレース部門のニスモが、エンジン・足回り・マニュアルトランスミッションにレースで培ったノウハウを投入してカスタムを施し、更にオリジナルのエアロパーツとレカロシートを装備させてドライビングを楽しむことに徹底したモデルとなります。

新型ノートに関する記事は⇩になります。

ニッサン新型ノートがモデルチェンジでハイブリッドe-POWERを追加!価格と技術に注目

マツダ・デミオXD

デミオに関してはスポーツ専用のモデルはないのですが、明らかに格上のエンジンとなるディーゼルエンジンを搭載したXDモデルの走りの質感はスポーツに特化したモデルよりも上と言っても過言ではないモデルです。

走りを楽しめて心がワクワクするという意味ではスイフト・スポーツと悩むモデルと言えます。

デミオのモデルチェンジに関する記事は⇩になります。

マツダ新型デミオのモデルチェンジ内容と時期は?:クラスを超えたコンパクトカー

スズキ新型アルトワークス

新型のスイフトは敢えてワークスと被らないように敢えて価格帯を上に押し上げてワンクラス上のスポーツモデルに生まれ変わります。

逆に言えば従来のスイフトスポーツの予算のユーザーはワークスが選択肢となってしまうのかもしれません。

実際にワークスの出来がいいだけにそれよりも高い価格差分の価値をスイフトスポーツが提供できるかで、ワークスを買うかスイフトスポーツにするかを検討されるお客さんが多くいるかもしれません。

最強のスイフトスポーツキラーは久しぶりに復活した同社のワークスなのかもしれません。

スズキの歴史アルトやワークスのモデルチェンジ情報とその軌跡を振り返る

スズキ新型スイフト・スポーツ(スイスポ)の実力のまとめ

今回はアルトワークスとの差別化のために従来よりも1ランク車格を上げることもあり大きな改善を施しますねぇ。現行のモデルの評判が良いにもかかわらずのこの選択は、攻めの企業姿勢が良く表れた事例ですね。

もし噂のモデルが本当に登場すれば、ダウンサイジングなのにパワーアップしたハイブリッドエンジンに軽量化されたボディー、そして最新の四輪駆動にセミオートマミッションのASGの組み合わせの新型スイフトスポーツが登場することになります。

これは今までのスイフトスポーツとは全く別のものとなりそうですね。小型版のランエボという感じの車になりそうですね。今ノリにノッているスズキの渾身作だけに期待大ですね。

スイフトやノートなどの新車を買おうか考えている人に必ず車が安く買える方法があります。簡単な方法ですので是非実行して大好きな新車を安く買って快適なカーライフを手に入れて下さいね。

”車を買うときに得する方法”を紹介をしたいと思います。

新しい車が欲しいなぁって思ったら欲しい車をディーラーに見に行って試乗したりしますよね?その時は好きな車を目の前にして本当にワクワクして楽しいものです。そして殆どの人はそのハイテンションのまま見積りを受け取り値引き交渉を始めていると思います。

これっ、絶対に止めて下さいっ!

これでは丸腰のままで戦に出るようなものです。車の購入の値引き交渉は戦いなんです。戦というものは戦いが始まる前に8割は結果は決まっています。必ず準備をして臨むようにしましょう。

準備をして交渉に臨むこれ正に勝つべくして勝つです。

1.最大値引きを勝ち取るには販売店同士で競合させるのがベスト

本命のディーラーに新車を見に行く前に必ず競合させる車種と販売店を想定して下さい。同じ車で違う系列店ならベストですし他社のライバル車と販売店でも良いです。

先ずはライバル店に訪問して見積りを出して貰いましょう。そしてその見積りと情報を持って必ず最後に本命の販売店に行きましょう。

2.重要なのは値引きより下取り!そしてディーラー下取りは安いという現実

大切なことなのでもう1度書きます。

車を安く買うのに大事なことは、値引き額よりも下取り査定額の方が重要

と言うのは車両値引き10万円を引き出すのは本当に大変なんです。でも買取りの専門業者の下取り価格ならディーラーと比べて10万円どころか2・30万円以上も高額なことも普通だからです。

知人のレクサスでは70万円以上も高かったです。でもこれは車両価格の高いレクサスだからですけどね。

実際の買取り専門業者への依頼方法とはインターネットで簡単な必要事項を入力するだけです。その後に電話があり向こうから車を見に来てくれます。

高額査定を引き出すコツは、依頼する買取りサイトは複数社の見積りが一括で取れる査定サイトを選ぶこと、そして最低2社へ依頼することです。これは1社の一括査定で複数社に依頼しても業者同士が顔なじみで談合されることもあるからです。

2社に同時に依頼をして競争原理を確実に働かせて買取り額を高めて下さい。私のおススメの買取り査定はかんたん車査定ガイドカーセンサーネット査定です。

おススメの理由は、どちらもガリバー等の大手を含めて一括で依頼出来る点と更にかんたん車査定ガイドは入力と同時に下の画面の様にあなたの車の相場額が表示される点にあります。

もし今すぐに売る予定はなくても自分の車がいくらの価値なのかは今後を考える上で知っておいて損はないでしょう。予想以上に高額な査定額だったから今すぐに好きな新車に買い替えることにしたという嬉しい話も珍しくないんです。

かんたん車査定ならその場で入力するだけで価格が分かりますからね。

あなたの車も調べてみたら予想以上に高額な値がついて驚くかもしれませんよ?

dddddddddddddddd

この2つのサイトでの見積り依頼をすれば競争原理が働き高額査定が出る可能性はかなり高いです。更に確実とするなら業界で評価の高いズバット車買取比較にも頼めば確率は上がります。

でも査定業者が多くなり過ぎると対応が大変ですからかんたん車査定ガイドカーセンサーネット査定だけで十分だとは思いますよ。

そして見積書を持ってディーラーに行って下さい。そうすれば買取り業者の見積額を基準に下取り価格を提案してきます。その額と比較して高い方に売れば良い訳です。基準がないとディーラーが安い見積りを出しても分からないですからね。

この様に万全な準備をして値引きと下取りの両方から最大値引きを引き出しましょう。

特に下取りはディーラーの見積もりだけでは違いも分かりませんし、カーナビやエアロや海外旅行の代金ぐらいは簡単に差が出ますから試してみることをおススメします。

おススメはこの2社⇒かんたん車査定ガイドカーセンサーネット査定

スポンサーリンク




値引き交渉の詳しいテクニックを知りたい人には⇩の記事で説明しています。

誰でも出来る!20万円以上新車を安く買う4つの法則


スポンサーリンク