スズキの歴史アルトやワークスのモデルチェンジ情報とその軌跡を振り返る

スズキ新型アルトとワークスのマイナーチェンジとフルモデルチェンジ情報

スズキのアルトの現行モデルが登場してその完成度の高さとエクステリアデザインの印象が高評価を得ています。

ここ最近はアルトはモデルチェンジをしても方向性に迷いがあり本来のアルトらしさがすっかり影を潜めてしまっていました。

日本の自動車業界を表すような迷走ぶりがアルトの現状でした。

それが現モデルでは嘘のように個性的で主張があり革新的で本当に元気なモデルに生まれ変わりました。

やはり日本を代表する車が元気を取りも出してくれるのは明るい未来を感じることにもなるので本当に嬉しいです。

明るい未来を感じるアルトの今までの歴史とモデルチェンジ情報を今回は見ていきましょう。

スポンサーリンク

スズキ・アルトとはどの様なモデル?歴史を振り返る

スズキの歴史はアルトの歴史と言って良いほどスズキの中核を担ってきたモデルでありそして歴史のあるモデルで現行モデルで8代目にもあります。

しかしそのコンセプトは時代時代の要望にこたえる形で変革を続けてその時のスズキを表しているかの様な車です。

先ずは時代を反映し続けてきたアルトの歴史を簡単に振り返ってみましょう。

スズキ初代アルト 販売期間 1979年 – 1984年

型式 SS30V/40V型aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa-599x416アルトは現鈴木修会長が社長となって初めて企画した新型車で、47万円という低価格戦略によりヒットし、当時の車の購入層のニーズを鑑みて事質的には2人乗りと割り切って構成されている車内空間のコンセプトもが当たったモデルです。

徹底したコスト管理が今後の鈴木修会長の経営の方法を見出した車とも言えるかもしれません。

スズキ2代目 アルト 販売期間1984年 – 1988年

型式 CA71V/72V / CC71V/72V型aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa-640x398フルモデルチェンジしてだいぶ現代的になった2代目アルトです。ボディータイプは3ドアハッチバッグでスポーティーなイメージは変わらずです。

この世代で初めてワークスが登場します。3気筒の4バルブDOHCにインタークーラーターボを付けた550ccエンジンを搭載したモデルで、最高出力は驚異の64馬力を叩き出しました。これにより業界での協定により軽自動車では64馬力が上限とされました。

スズキ3代目アルト 販売期間 1988年 – 1994年

型式 CL11V/21V/22V/CM11V/21V/22V/CN11S/21S/CR22S/CP11S/21S/CS22S型aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa-640x355この3代目のアルトの時代が私が個人的にアルトの一番印象の強い時代です。それはやはりワークスの凄さが強烈だったからだと思います。

それまではお買い物車としか軽自動車をみていなかった人達が軽自動車も侮れないと知らしめたモデルが、アルト・ワークスでした。

丸目のフロントランプにボンネットのエアインテークが印象的でありそれ以上にインパクト大だったのはとにかく速いっ!それも上品は走りの質が高いという話ではなく安っぽいチューニングマシンの様な過激な速さでした。

誰もが驚きましたよね。

スズキ4代目アルト 販売期間 1994年 – 1998年

型式 HA11S/21S/HB11S/21S/HC11V/HD11V型aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa-640x370前モデルの印象が強く徹底したキープコンセプトだったのでモデルチェンジした印象も薄いモデルでした。

というよりも、3代目の強いイメージのまま存在し続けていた感じですネ。

スズキ5代目アルト 販売期間 1998年 – 2005年

型式 HA12S/22S/23S型12V/23V型aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa-640x4195代目にフルモデルチェンジします。車の完成度は上がったのですが、3代目のインパクトが強すぎたためにどうしても印象が薄くなってしまったモデルです。

ワークスのデザインも上手に昇華させたものとなっていましたが、過激さは薄れてしまいました。排気規制の問題もありこの5代目で時代を創ったワークスは廃止となります。

スズキ6代目アルト 販売期間 2004年 – 2009年

型式 HA24S/24V型aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa-640x3405代目から大きなコンセプト変更をして登場したアルトはレトロ調の自然派デザインとなり女性からも受け入れられたモデルとなりました。

ただ期待ほどの販売台数や話題性は得ることは出来ませんでした。

スズキ7代目アルト 販売期間 2009年 – 2014年

型式 HA25S/25V/35S型aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa-640x3847代目にフルモデルチェンジしたアルトは更に女性向けに可愛らしいデザインとなりある意味普通の車となります。女性向けのお買い物車というポジションとなり迷走している感がありありでアルトらしさが感じられないモデルです。

ただしここまでのデザインとすると男性は敬遠せざる負えないモデルとなってしまいました。

スズキ8代目アルト 販売期間 2014年 –

型式 HA36S/36V型 aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa-496x323そしてここの所アルトらしさが感じられずに印象の薄かったアルトでしたが、8代目の現行モデルで久しぶりのアルトらしさが爆発しました。

個性あるエクステリアデザインに革新的な技術の搭載し軽自動車の中で燃費No.1の看板も掲げています。

やっぱりアルトはこうでないとっ!個性があって主張があるっ!それでこそアルトです。

スズキ現行アルトの魅力とは?

2014年に発売された現行モデルの8代目アルトのグレード構成は大きく分けて3つのグレードに分かれます。

ただしRSターボとワークスは走りに興味がある人の専用モデルとも言えるグレードなので普通の人は標準車を選ぶことになるでしょう。

アルト 標準モデル

aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa-560x438新型プラットフォームを採用しライバル車より100キロから150キロも軽く仕上げたことによりどのグレードのモデルも高い走行性能とJC08モード37,0km/Lという軽自動車の中で燃費No.1となりました。

しかもデザインに関しても非常にインパクトのある個性的で眼鏡をかけた様なフロントマスクでクラスを超えた素晴らしく魅力的な外観となりました。

これにより男女を問わず多くの支持を集めます。

そしてCMのキャラクターもベッキーが採用されてイメージがドンピシャで本当に良いCMだと思いました、、、、、

しかし皆さんもご存知のようにべッキ―さんには非常に大きな人生の試練が訪れてしまい、もう2度とテレビでは見れないCMとなってしまいましたね。

でも実はベッキーを最後まで降板させなかったのはこのスズキのアルトのCMでした。

鈴木会長!男気があります。

そしてベッキーは居なくなりました、、、、、、

 アルト RS

aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa-640x310

RSターボの特別装備

  • カラードドアミラー・”TURBO RS”ロゴ入りのボディサイドデカール・バンパーロアガーニッシュ(フロント・リア)・赤いアクセントのルーフエンドスポイラー
  • ターボチャージャーとシリンダーヘッドを新設計して最大トルクは3N·m向上したR06A型のターボエンジンが搭載
  • ストラットタワーバーの採用や高剛性フロントメンバーの採用、スポット28点増し打ち
  • 樹脂フェンダーの採用などの軽量化策もとられており、従来比で60kgの軽量化
  • トランスミッションには5速AGSのみが設定
  • フロントブレーキは、ベンチレーテッドディスクブレーキ
  • カヤバ工業製の専用ショックアブソーバーが採用
  • 15インチタイヤ装着車にはENKEI製アルミホイールが装着
  • ブリヂストン POTENZA RE050Aが装着
  • サイドサポートを追加し専用表皮としたRS専用シート

本当はアルトの中でターボエンジンを積むのはRSでアルトのスポーツモデルの看板を背負うはずだったのですが、アルトの評判が良く更に過激なモデルを望む声が大きかったためにワークスが発売となってしまい、影が薄くなってしまった感があるのは、誰も否定できないでしょう。

アルト WORKS

aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa-640x324

ワークスの特別装備

  • ブラックメッキヘッドランプ・ガンメタリックのバンパーロアガーニッシュ・レッド塗装済みフロントブレーキキャリパー・”WORKS”ロゴ入りのボディサイドデカール・フロントバンパーにカーボン調アッパーガーニッシュ
  • ターボチャージャーとシリンダーヘッドを新設計して最大トルクは3N·m向上したR06A型のターボエンジンが搭載にワークス専用のエンジン制御プログラムを採用したチューニング版のR06A型ターボエンジンを搭載
  • トランスミッションは1速から4速をクロスレシオ化し専用設計のショートストロークシフトを採用した5速MTか変速制御プログラムに専用チューニングし変速スピードを短縮した5速AGSの2種類
  • フロントブレーキは、ベンチレーテッドディスクブレーキ
  • カヤバ工業製の専用ショックアブソーバーが採用
  • 15インチタイヤ装着車にはENKEI製アルミホイールが装着
  • ブリヂストン POTENZA RE050Aが装着
  • フロントは7専用設計のレカロシート

遂にワークスの復活です。アルトの過激なスポーツモデルと言ったらワークスに決まっています。

世のお父さん方でも待っていた人も多いのではないでしょうか?走りを感じさせられる軽自動車って現代は多くないですからね。S660やコペンでは搭乗可能人数に問題がありますしね。

すこし欠点となる面もあるのですが、兎に角ここまでのスポーツマインドに溢れる4シーター軽自動車は長い間なかったですからねぇ。

ワークスの復活は嬉しいですし、興奮しますね。

アルトワークスの欠点とは?

アルトワークスは評論家も含めて非常に評判の良いモデルですね。

しかし辛口に悪い面として指摘されることが2点ほどあります。

1つ目はレカロシートに関しててです。しかもこれはレカロシート自体の問題ではなくシートレールの取り付け位置が標準シートよりも高いために座った時の視点が高くなってしまっている点です。

これは実はレカロシートあるあるなんです。後付けでレカロシートを付ける時にもこの現象が起きやすいのでシートレールには細心の注意が必要なんです。

でもスズキはメーカーですからね、早急に何とかしてください。

2つ目は高すぎるということです。ベース車両からするとちょっと割高なんです。確かにスポーツカーとして考えると格安とも言えるのですがベース車両から考えるとすこし、、、、、、

せめてシートをレカロではないRSと同じシートで10万円安いモデルを出すべきだと思いますね。若い子の味方となって車の楽しみを知ってもらえるような役割の車になって貰いたいですからね。

スズキ新型アルトのモデルチェンジの予想内容と時期

それではアルトのモデルチェンジのこれからの時期とその予想内容を紹介していきましょう。

スズキ新型アルトのマイナーチェンジの内容

2017年にアルトはマイナーチェンジが行われる予定です。スズキに関しては燃費計測に関しての不正行為があったためにその対応とペナルティーによりモデルチェンジのスケジュールがズレ込んでいます。

それでもアルトのマイナーチェンジに関しては2017年内は確実でおそらく前半に行われるでしょう。

その変更点ですがフルモデルチェンジをしたアルトは大きな技術革新を行ったモデルであり今回のモデルチェンジに関しては、バンパーの形状やウィンカーデザインの変更などの申し訳程度の変更に留まるのではと予想されていました。

しかし予想以上の変更が行われるという話が入ってきています。

それがSエネチャージの搭載です。

Sエネチャージつまりマイルドハイブリッドシステムはスズキの他の軽自動車(ワゴンR・スペーシア・ハスラー)には既に搭載されている技術ですが、アルトはこれを使わずに新開発プラットフォームの軽量化などによりJC08モード燃費37.0km/Lを誇り軽自動車トップの低燃費を実現しています。

しかしアルトのライバルであるダイハツのミライースがフルモデルチェンジされて、なんとJC08モード燃費40.0km/L以上にのせてくるという話だからです。

このミライースに対応するためにスズキはアルトにSエネチャージを搭載して、同じくJC08モード燃費40.0km/L以上を実現する予定です。

新型アルトではJC08モード燃費40.0km/L以上となるでしょう。

この他は小変更に留まりエクステリアデザインの細部の変更とインテリアの質感と使い勝手の向上を行います。

まぁ単的に言えばSエネチャージの搭載によるJC08モード燃費40.0km/L以上の実現が、次回のマイナーチェンジの全てといっても良い内容になります。aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa-640x247ところでSエネチャージとはどの様な技術か知っていますか?

Sエネチャージとは、電気の再回収と貯蓄による燃費の改善だけでなく走行中でも電気モーターがガソリンエンジンの出力をアシストして走行の助力も行うシステムです。

つまりSエネチャージはハイブリットシステムです。

スズキ自動車が自社独自の言い方として軽自動車においては”Sエネチャージ”と呼んでいるというだけです。しかもスズキの車種でも軽自動車以外は普通にハイブリッドと呼んでいる点が分かりにくくしているとも言えます。

しかも分かりにくい理由は、実はハイブリッドシステムと言うのは2種類あるんです。

Sエネチャージはハイブリットシステムではありますが、プリウスのハイブリッドシステムとは異なるものでもあります。

つまりプリウスのハイブリッドシステムはストロングハイブリッド、ハスラーやワゴンR・スペーシアのSエネチャージはマイルドハイブリッドと分類されるモノだからです。

2種類にシステムを分類したのはトヨタがプリウスとクラウンのハイブリッドシステムの違いを説明するために使いだした言葉です。それが今は業界全体で使われる共通語となりました。

では、一般的に言われるその定義と代表的な車を見てみましょう。

ストロングハイブリッド

ストロングハイブリッドシステムはエンジンと電動モーター共に高出力の大型のものとなりの走行状況から最も効率の良い方を選択して出力配分を決めているものです。つまり電気モーターのみの単独での通常走行や発進も可能としています。

ストロングハイブリッドシステムではどうしても複雑な仕組みになることにより技術的に難しくなることや高価になることがデメリットになりますが、大幅な燃費向上が可能になります。

ストロングハイブリッド搭載の代表車種は、プリウス・アクア・エスティマ・アコード等になります。

マイルドハイブリッド

マイルドハイブリッドシステムはガソリンエンジンをメインの動力源としていて電気モーターはあくまで補助的なアシストのみに限られます。停止からの発進や加速時に電動モーターをアシストとして活用していることが多いです。

このマイルドハイブリッドシステムでは基本的に1つの電気モーターであることも多く小型の物でも良いのでシンプルな仕組みで実現可能なために技術的のもコスト的にも高くはならないのが大きなメリットです。

その分燃費改善に関してはストロングハイブリッドシステム程の効果は期待できません。

ストロングハイブリッド搭載の代表車種は、Sエネチャージ搭載のハスラーやワゴンR・スペーシア・インサイト・ソリオ等になります。

つまりハスラーの低燃費はマイルドハイブリットと言う技術により実現したものになります。

フルモデルチェンジの内容

フルモデルチェンジに関しては世代が1つ変わるためにまだ情報が入ってきていません。

特にこのことに大きく関係するのはトヨタとの提携関係に寄ると思います。トヨタと共同開発が実現している可能性もありますし、それこそダイハツの技術が使われる可能性さえあるからです。

とは言えまだまだこれからの話であり、スズキもヴォルクスワーゲンとの提携解消の話等もありますのでどうなっていくのか注目したいところです。aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa-640x405

スズキ新型アルトの値引き情報と納車状況

スズキ新型アルトの値引き情報

スズキの新型アルトの標準車・RSターボ・ワークスすべてのモデルにおいても値引きが渋い訳でも良い訳でもなく、スズキの車としては標準的と言えます。これはアルトは高コストパフォーマンスを誇る車であり利益率が低いために値引きをしたくても出来ない車だからです。

簡単に言えば車両価格が元々安いということです。

目標値引きは現金値引きで10万円を目指し、これにオプション値引きで5万円のせることが出来れば大成功と言えるでしょう。ただし値引きに関しては徐々に拡大傾向にはあります。

ライバル想定車は標準車は、ミライースとして燃費性能からの経済性の高さを話題にしていきましょう。RSターボとワークスに関しては、S660を引き合いに出して走りの質感の高さを比べる形で値引き交渉を行いましょう。

またスズキは同地域に別資本の販売店がありますから、そこで同じアルトで相見積もりを取るようにして時間を掛けて最大値引きを引き出すようにして下さい。

更にもし車がある場合は、車体値引きだけでなく下取り価格を高く売ることも努力しましょう。ハッキリ言ってアルトは値引きは難しい車種ですから、下取り価格を上げる方が2・30万円も差が出たりもしますから。

詳しくは⇩の記事を読んで下さい。

誰でも出来る!20万円以上新車を安く買う4つの法則

aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa-640x342

スズキ新型アルトの下取り状況

アルトは下取りに関しては、標準的かもしくはやや弱い傾向の車です。これはアルトが歴史も長く常に人気のあるモデルだったためにどの年式のアルトでも流通量があるためです。

またグレードにより100万円を切る価格から150万円程度のグレードと様々な選択があることにより現行モデルだけでなく旧モデルは勿論新車と中古車と織り交ぜた選択が可能な事にも寄ります。

そのためにどのグレードどのボディーカラーが強いというよりも経年劣化による引き算での試算となる傾向の車となります。

下取り車の具体的な金額に関しては、かんたん車査定ガイドならネットで車の情報入力するだけで自分の車の価値がいくらなのが分かりますから調べてみるのも良いでしょう。

今後の買い替え計画が立てやすいですからね。aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa-640x286

スズキ新型アルトの納車状況

標準車のアルトとRSに関してはどのグレードでもそれほど納車待ちがある状態ではありません。2週間程度でも納車出来るケースも多い様です。

ワークスに関しては生産ラインが多くないこともあり選ぶグレードやボディーカラーやオプションによって大きく異なります。

1ヶ月前後から2か月程度待つこともあるのはこのモデルがスポーツモデルとしての特質を考えると仕方ないのかとも思えますね。aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa-640x377

スズキ新型アルトのライバル車とは?

新型アルトのライバル車は標準車とワークスで全く異なるものになりますね。標準車ではワゴン系全般の軽自動車が対象となりますが、特に燃費の経済性を売りとしたミライースが良いでしょう。

ワークスには昔のダイハツのミニカ・ダンガンの様な同じジャンルのライバルが今は居ません。そうするとスタンスは違っても同じスポーツ性を売りとしたホンダのS660でしょう。価格はだいぶ違いますが。

それと同じスズキで、軽自動車ではありませんがスイフト・スポーツと悩む人も多いと思います。スイスポはBセグメントなので経済性は落ちますが、車の高い完成度には定評がありますからね。

ダイハツ・ミラ・イース

zzaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa (640x389)第三のエコカーとして通常のエンジンながらハイブリッドカーと対等な燃費性能を誇る軽自動車がミライースです。子これフルモデルチェンジが予定されていて、また次の新型でも驚愕の性能という話ですから楽しみです。

詳しくは下の記事で見て下さい。

ダイハツ新型ミライースはモデルチェンジで燃費No1のエコカーに!

ホンダ・S660

aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa-640x238ワークスのライバルと呼べるような崇高な走りに対する思いが込められたモデルはS660ぐらいしか軽自動車には存在しませんね。

車両価格では200万円前後であり50万程度の差もあるので本当なら比較となる様なモデルではないのですが、ハンドルを握る楽しさにおいてはワークスも同じレベルと言えます。

こういったモデルがあることが日本の車を楽しくしてくれますね。

スズキ新型スイフトスポーツ

aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa (603x336)

軽自動車にワークスと同じような価値観のモデルが少ないので、コンセプトとして近いモデルと考えるとコンパクトカーのスイフトスポーツでしょう。

スズキ自身それを良く分かっていてワークスを約150万円で発売したために次期モデルの新型スイフト・スポーツは更に性能の向上を図り価格帯も上がるという話です。

更なるスポーツカーを突き詰める新型スイスポの話は下の記事となります。

スズキ新型スイフトスポーツに4WDの隠し玉?モデルチェンジは2017年?

スズキの歴史アルト・ワークスのモデルチェンジ情報とその軌跡のまとめ

アルトは日本の軽自動車を代表する1台ですから元気を取り戻してくれるのは本当に嬉しいですね。

この数年で日本の自動車業界は明るい雰囲気が戻ってきています。

ライナップから無くなっていたスポーツカーも復活するモデルも多く出てきましたし、フルモデルチェンジした車も主張造り手の思いを感じることが出来るモデルが多くなってきました。

もっと多くの日本車が元気を取り戻し輝かしい未来を感じさせる車をどんどん造って貰いたいです。

アルトは標準車では軽自動車の燃費NO1と達成してワークスではより心躍るスポーツカーを日本にしかない軽自動車という枠の中で実現して貰いたいものです。

アルトやミライースなどの新車を買おうか考えている人に必ず車が安く買える方法があります。簡単な方法ですので是非実行して大好きな新車を安く買って快適なカーライフを手に入れて下さいね。

”車を買うときに得する方法”を紹介をしたいと思います。

新しい車が欲しいなぁって思ったら欲しい車をディーラーに見に行って試乗したりしますよね?その時は好きな車を目の前にして本当にワクワクして楽しいものです。そして殆どの人はそのハイテンションのまま見積りを受け取り値引き交渉を始めていると思います。

これっ、絶対に止めて下さいっ!

これでは丸腰のままで戦に出るようなものです。車の購入の値引き交渉は戦いなんです。戦というものは戦いが始まる前に8割は結果は決まっています。必ず準備をして臨むようにしましょう。

準備をして交渉に臨むこれ正に勝つべくして勝つです。

1.最大値引きを勝ち取るには販売店同士で競合させるのがベスト

本命のディーラーに新車を見に行く前に必ず競合させる車種と販売店を想定して下さい。同じ車で違う系列店ならベストですし他社のライバル車と販売店でも良いです。

先ずはライバル店に訪問して見積りを出して貰いましょう。そしてその見積りと情報を持って必ず最後に本命の販売店に行きましょう。

2.重要なのは値引きより下取り!そしてディーラー下取りは安いという現実

大切なことなのでもう1度書きます。

車を安く買うのに大事なことは、値引き額よりも下取り査定額の方が重要

と言うのは車両値引き10万円を引き出すのは本当に大変なんです。でも買取りの専門業者の下取り価格ならディーラーと比べて10万円どころか2・30万円以上も高額なことも普通だからです。

知人のレクサスでは70万円以上も高かったです。でもこれは車両価格の高いレクサスだからですけどね。

実際の買取り専門業者への依頼方法とはインターネットで簡単な必要事項を入力するだけです。その後に電話があり向こうから車を見に来てくれます。

高額査定を引き出すコツは、依頼する買取りサイトは複数社の見積りが一括で取れる査定サイトを選ぶこと、そして最低2社へ依頼することです。これは1社の一括査定で複数社に依頼しても業者同士が顔なじみで談合されることもあるからです。

2社に同時に依頼をして競争原理を確実に働かせて買取り額を高めて下さい。私のおススメの買取り査定はかんたん車査定ガイドカーセンサーネット査定です。

おススメの理由は、どちらもガリバー等の大手を含めて一括で依頼出来る点と更にかんたん車査定ガイドは入力と同時に下の画面の様にあなたの車の相場額が表示される点にあります。

もし今すぐに売る予定はなくても自分の車がいくらの価値なのかは今後を考える上で知っておいて損はないでしょう。予想以上に高額な査定額だったから今すぐに好きな新車に買い替えることにしたという嬉しい話も珍しくないんです。

かんたん車査定ならその場で入力するだけで価格が分かりますからね。

あなたの車も調べてみたら予想以上に高額な値がついて驚くかもしれませんよ?

dddddddddddddddd

この2つのサイトでの見積り依頼をすれば競争原理が働き高額査定が出る可能性はかなり高いです。更に確実とするなら業界で評価の高いズバット車買取比較にも頼めば確率は上がります。

でも査定業者が多くなり過ぎると対応が大変ですからかんたん車査定ガイドカーセンサーネット査定だけで十分だとは思いますよ。

そして見積書を持ってディーラーに行って下さい。そうすれば買取り業者の見積額を基準に下取り価格を提案してきます。その額と比較して高い方に売れば良い訳です。基準がないとディーラーが安い見積りを出しても分からないですからね。

この様に万全な準備をして値引きと下取りの両方から最大値引きを引き出しましょう。

特に下取りはディーラーの見積もりだけでは違いも分かりませんし、カーナビやエアロや海外旅行の代金ぐらいは簡単に差が出ますから試してみることをおススメします。

おススメはこの2社⇒かんたん車査定ガイドカーセンサーネット査定

スポンサーリンク




値引き交渉の詳しいテクニックに関して知りたい人は⇩の記事で説明していますので読んでみて下さい。

誰でも出来る!20万円以上新車を安く買う4つの法則

BY KENJI

スポンサーリンク