ハスラーがマイナーチェンジされて新色登場!イエローは採用されたのか?

ハスラーがマイナーチェンジで新色登場

ハスラーが2015年12月遂にマイナーチェンジをしました。但しハスラーの人気は全く衰えていないのでキープコンセプトで最小限の変更のみに留まっています。

大きな変更点は無かったとはいえいくつか注目される変更点の中でもやはり注目はボディーカラーの新色と言えるでしょう。新色のために購入を待っていた人もいるのではないでしょうか?

では、新ハスラーの新色のボディーカラーをチェックしましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

マイナーチェンジの新しいボディーカラー

今回のマイナーチェンジで新色のボディーカラーは3色登場です。それに合わせて2色のボディーカラーは廃止になりました。

したがって合計で選択可能なボディーカラーは1色増えて11色となりました。

そのボディーカラーのルーフはホワイト2トーンルーフは3色・ブラック2トーンルーフが3色・ボディー同色のルーフが4色です。

元々ハスラーは2トーンルーフが人気ですし、今回はブラック2トーンルーフが2色新色ですか力の入れようが分かりますね。

では先ずは選択可能なすべてのボディーカラーを見てみましょう。

zaaaaaaa

そしてこの中で新色となった3色のボディーカラーはこの色です。

アクティブイエロー ブラック2トーンルーフ

遂に登場のイエローとブラックルーフの2トーンカラーです。

いやーやっぱりこの色が一番カッコいいですね。

モーターショウでJスタイルⅡの専用色かとも言われていましたが、標準色での登場となりましたね。

イエローは車のボディーカラーとしては趣味の色と言われていますからね。

スポーツカーの色は赤というイメージの人もいますが、本当はイエローの方がスポーツカーを体現している色と言う業界の人は多いです。

遊びの車のハスラーにはぴったりの色と言えます。

しかもこのイエローは少しパステルぽい色合いでルーフのブラックと相性もぴったりですね。

zaaaaaaaaa

ポジティブグリーンメタリック ブラック2トーンルーフ

このグリーンも採用が噂されていた色ですね。

満を持しての登場ではないでしょうか?

今自動車業界ではこの色が流行色でハスラーのライバルと言われるダイハツのキャストにも採用されています。

このポジティブグリーンメタリックは絶妙な色合いでポップな色合いともシックな印象とも感じる不思議なカラーです。

このボディーカラーも人気がでるでしょうね。

zaaaaaaaaaa

シフォンアイボリーメタリック

これは意外な色の登場ですね、アイボリーですか。

この色って何気にオフロード車っぽい色なのでいいかもしれないですね。

オフ車っぽい色で個性がある上に派手な色ではないですから、年配者層で少し遊び心がある色を考えた時にベストマッチではないでしょうか?

意外と人気色になるんではないでしょうか?

zaaaaaaaaaaa

無くなってしまった色

このマイナーチェンジで廃止になってしまった色も見てみましょうね。

クリスタルホワイトパール ブラック2トーンルーフ

売り上げ人気7位のクリスタルホワイトパール ブラック2トーンルーフが退場と相成りました。

悪くはないと思うんですけどね。

ブラックルーフというファッショナブルなスタイルにしては地味な印象という不思議な立ち位置でしたからねぇ。

人気でいえば、キャンディピンクメタリック ホワイト2トーンルーフやブルーイッシュブラックパールの方が低いんですけどね。

でもキャンディピンクメタリック ホワイト2トーンルーフはハスラーのイメージカラーなのでどんなに人気が無くても廃止にするわけもいかないでしょうし、ブルーイッシュブラックパールもボディーカラーのラインナップとして黒が無いのは流石に良くないということなんでしょうね。

それともやっぱりパンダカラーだから無くなっちゃった!?

zzzzzzz

アーバンブラウンパールメタリック

このアーバンブラウンパールメタリックも廃止ですか、都会的で他では余り見ないスタイリッシュな良い色だと思うんですけどねぇ。

まぁ実際に売れて無いみたいですから仕方ないですね。

良い色ですがハスラーのイメージには合わない色であることが最大の理由ですね。

zzzzzzzzz

まとめ

今回のマイナーチェンジで登場したボディーカラーはどれも良い色なので人気になるのではないでしょうか?

廃止になったカラーと照らし合わせてもハスラーで人気のある色はボディーカラー自体が良い色かどうかではなく、ハスラーに合っているかどうかのようですね。

つまり遊び心のあるおもちゃ箱のような色や趣味性の強いオフロードを連想させる色が人気になってます。

都会的なスタイリッシュなボディカラーは人気が無いようです。

ラインナップ上残されたブラックは都会色の代表ですから、この新色の中でも最下位になることが予想されます。

でも良いことですねぇ。

保守的で無難で下取りが高いから、ボディーカラーは白が人気の車なんて詰まらないですからね。

2トーンカラーが上位を占めるそんな車がこれからの日本を元気にしてくれる、そんな気がします。

”車を買うときに得する方法”を紹介をしたいと思います。

新しい車が欲しいなぁって思ったら欲しい車をディーラーに見に行って試乗したりしますよね?その時は好きな車を目の前にして本当にワクワクして楽しいものです。そして殆どの人はそのハイテンションのまま見積りを受け取り値引き交渉を始めていると思います。

これっ、絶対に止めて下さいっ!

これでは丸腰のままで戦に出るようなものです。車の購入の値引き交渉は戦いなんです。戦というものは戦いが始まる前に8割は結果は決まっています。必ず準備をして臨むようにしましょう。

準備をして交渉に臨むこれ正に勝つべくして勝つです。

1.最大値引きを勝ち取るには販売店同士で競合させるのがベスト

本命のディーラーに新車を見に行く前に必ず競合させる車種と販売店を想定して下さい。同じ車で違う系列店ならベストですし他社のライバル車と販売店でも良いです。

先ずはライバル店に訪問して見積りを出して貰いましょう。そしてその見積りと情報を持って必ず最後に本命の販売店に行きましょう。

2.重要なのは値引きより下取り!そしてディーラー下取りは安いという現実

大切なことなのでもう1度書きます。

車を安く買うのに大事なことは、値引き額よりも下取り査定額の方が重要

と言うのは車両値引き10万円を引き出すのは本当に大変なんです。でも買取りの専門業者の下取り価格ならディーラーと比べて10万円どころか2・30万円以上も高額なことも普通だからです。

知人のレクサスでは70万円以上も高かったです。でもこれは車両価格の高いレクサスだからですけどね。

実際の買取り専門業者への依頼方法とはインターネットで簡単な必要事項を入力するだけです。その後に電話があり向こうから車を見に来てくれます。

高額査定を引き出すコツは、依頼する買取りサイトは複数社の見積りが一括で取れる査定サイトを選ぶこと、そして最低2社へ依頼することです。これは1社の一括査定で複数社に依頼しても業者同士が顔なじみで談合されることもあるからです。

2社に同時に依頼をして競争原理を確実に働かせて買取り額を高めて下さい。私のおススメの買取り査定はかんたん車査定ガイドカーセンサーネット査定です。

おススメの理由は、どちらもガリバー等の大手を含めて一括で依頼出来る点と更にかんたん車査定ガイドは入力と同時に下の画面の様にあなたの車の相場額が表示される点にあります。

もし今すぐに売る予定はなくても自分の車がいくらの価値なのかは今後を考える上で知っておいて損はないでしょう。予想以上に高額な査定額だったから今すぐに好きな新車に買い替えることにしたという嬉しい話も珍しくないんです。

かんたん車査定ならその場で入力するだけで価格が分かりますからね。

あなたの車も調べてみたら予想以上に高額な値がついて驚くかもしれませんよ?

dddddddddddddddd

この2つのサイトでの見積り依頼をすれば競争原理が働き高額査定が出る可能性はかなり高いです。更に確実とするなら業界で評価の高いズバット車買取比較にも頼めば確率は上がります。

でも査定業者が多くなり過ぎると対応が大変ですからかんたん車査定ガイドカーセンサーネット査定だけで十分だとは思いますよ。

そして見積書を持ってディーラーに行って下さい。そうすれば買取り業者の見積額を基準に下取り価格を提案してきます。その額と比較して高い方に売れば良い訳です。基準がないとディーラーが安い見積りを出しても分からないですからね。

この様に万全な準備をして値引きと下取りの両方から最大値引きを引き出しましょう。

特に下取りはディーラーの見積もりだけでは違いも分かりませんし、カーナビやエアロや海外旅行の代金ぐらいは簡単に差が出ますから試してみることをおススメします。

おススメはこの2社⇒かんたん車査定ガイドカーセンサーネット査定

スポンサーリンク




値引き交渉の詳しいテクニックを知りたい人には⇩の記事で説明しています。

誰でも出来る!20万円以上新車を安く買う4つの法則


スポンサーリンク