ハスラーは高速道路での性能はどうなのか?

zaaaaaaaaaaaaaaaa

ハスラーは高速道路での性能はどうなのか?

スズキのハスラーは軽自動車とは思えない存在感と走行性能でデザインで車を選ぶ人から雪道やラフロードを走りたい走行性能を求める人まで多くの人に人気です。

ラフロードの走行性能はジムニー譲りで折り紙付きなのですが、軽自動自体が余り得意としない高速道路の性能はどうなんでしょう。

実際にはハスラーを購入予定の人でも高速を頻繁に使う人もいると思いますので参考にしてください。

スポンサーリンク

ハスラーに限った話ではないですが、軽自動車で高速道路を運転したことがある人は普通車とのその安定性の差に驚いた人もいると思います。

私も初めて軽自動車で高速道路を走行した時に驚かされた1人です。

街中では車体の小ささや軽さによりキビキビしたハンドリングと気楽さで軽快に走ることが出来た長所が、高速道路を走るとシビアなハンドリングと車体の小ささが心理的な怖さを生みます。

軽自動車の長所の車重の軽さも直進安定性を欠くことに繋がってしまい高速道路ではデメリットになってしまいます。

そう考えるとハスラーが欲しい人も実際にハスラーで高速道路を走った時の状態が気になりますよね。

ハスラーの主要緒元で高速道路の性能に関係がある項目のチェック

先ずは走行性能ではなく高速道路を走る時に関係するハスラーの主要緒元を見ていきたいと思います。

ハスラー自体の高速道路での走行性能もそうですが、同じハスラーでもどのバージョンのハスラーが高速道路向きなのかを検証していきます。

ハスラーのエンジンは2種類、ターボエンジンと自然吸気エンジン

高速道路を走る上でエンジンの性能は大きく関わりますよね。ハスラーに搭載されるエンジンには2種類あります。

ターボの付いているエンジンとターボが無い自然吸気のエンジンになります。

ターボエンジン:水冷4サイクル直列3気筒インタークーラーターボエンジン

最高出力 64馬力/6000  最大トルク  9.7kg・ⅿ/3000

自然吸気(NA)エンジン:水冷4サイクル直列3気筒エンジン

最高出力 52馬力/6500   最大トルク  6.4kg・ⅿ/4000

この2つのエンジンの違いは、最高出力12馬力・最大トルク3.3もの差があります。

これは街中を走行している分にはそれほど違いが感じられないかもしれませんが、急な坂道や多くの人数を乗せて走行する時には差が出るでしょう。

特にトルクに関してはターボエンジンは約1.5倍になるわけですから、違いが出ないわけはないですよね。

zzzza

ミッション・大きさ・車重の違い

ハスラーはミッションや車の大きさに関しては違いはありません。

車重はターボ車と自然吸気エンジン車とでは異なりますが、20キロ程度ですから大きな差を生む要素にはなりません。

この項目では高速道路に関する向き不向きの違いは特にないでしょう。

zzzzaa

ブレーキとサスペンションの違い

ブレーキに関してはターボ車と自然吸気エンジンにではフロントがベンチレーテッドディスクかディスクの違いになりますが、これもその違いは大きくはなく影響は少ないでしょう。

サスペンションも同じ仕組みのものですね。

ただしターボ車と自然吸気エンジンはパワーもそうですが、車の方向性が違うためにスプリングのレートが違ったりダンパーのセッティングを変えていることは普通にある話です。

ハスラーも実際のサスペンションのセッティングが異なる可能性が大いにありますね。

zzzzaaa

こうして見てくるとハスラーの主要諸元の中で高速走行に大きな違いが出そうなのは、エンジンがターボエンジンか自然吸気エンジンかという事とそのエンジンの違いに合わせたサスペンションの味付けがどのように異なるかという事ですね。

結局のところ、エンジンがターボか自然吸気かの違いでどちらが高速道路に向いているかという事になります。

Jスタイル2などの特別仕様車もエクステリアや快適装備の違いはありますが、走行性能に違いのある装備はありませんからね。

では実際の走行しての感想です。

ハスラーの実際の走行に関する感想

ハスラーの走行性のは軽自動車としては勿論そのフィールドに寄っては小型車のレベルと言えるぐらい出来のいいものでした。

そして市街地を走っている分には良い車であることもあり、ターボエンジンでも自然吸気エンジンでもそれほどの差は感じられません。

しかしこれが高速道路を走行してみると明確に違いが出ます。

追い抜きや加速時にはパワーやトルクの差からくる余裕がターボ車との明確な差になった現れます。市街地ではそれほど気にならなっかった加速力は高速道路では大きな差になってしまいます。

また軽自動車の排気量は660ccと小型のためにパワーやトルクが高くてもそれはどうしても高回転にすることで出力しています。

このために高速道路での走行時はエンジンを高回転に維持することになり、これにより室内にエンジンの音がうるさくこもることになり快適性を損ないます。

エンジンを高回転にすると緊張感があるために精神的にどうしても疲れるんですよね。これが長時間の運転に悪影響を及ぼします。

そして高回転にエンジンを回すという事は燃費でも不利になります。これも高速道路の利用時には大きな差になって現れます。

但しサスペンションの味付けに関しては特別大きな差は感じませんでした。

そのためにハスラーのターボ車・自然吸気エンジン車共に持つ特徴になりますが、高速道路の継ぎ目を乗り越える時の振動に関しては割と大きめでした。

スプリングを固めた感じでもダンパーで吸収する感じでもなく少しチープな感じの動きです。これはタイヤが大きいことも影響しているようです。

それに車高が高い分横風に対する影響も受けやすくハンドルによる修正は必要です。これはハスラーのハンドリングの味付けが元々軽いことも関係していると思います。

普段の街乗りに関してはそのハンドリングも悪くないのですから、やはりハスラーは高速道路の走行を得意としないという事なのかもしれません。

ターボエンジンと自然吸気エンジンの価格差

では実際のターボエンジンと自然吸気エンジンの価格の差を見てみましょう。

例えばXターボの4WDでCVTノーマルトップの価格は1,674,000円です。

これがXの自然吸気、4WD・CVT・ノーマルトップの価格は1,587,600円となります。

この差は86,400円です。

これを高いとみるか安いとみるか、ですが、、、、、

私は安いと思いますよ。

というか、格安だと思います。

zzzzaaaa

ハスラーは高速道路での性能のまとめ

結論から言うと高速道路を主体で走る人はハスラーならターボ車を選んだ方が良いと思います。

最高出力の差もありますが、その出力やトルクを出すためにターボのないエンジンではどうしても回転数を上げる必要があるために室内に音がこもり疲れてしまいます。

しかもエンジンの回転数が高いと緊張感が出てしまい特に長時間の走行では疲れてしまいます。

価格差の86,400円を考えてもハスラーに関しては高速道路を多く使う人はターボエンジンを選ぶ方が良いと思います。

しかしターボエンジンの方が自然吸気のエンジンよりも向いているのは事実ですが、ハスラーと言う車の性質上高速道路を走るのは得意なステージとは言えません。

これはハスラーは非常に良い車なのですが、軽自動車もオフロード車もどちらジャンルの車も高速道路を走ることには向いていませんので仕方がないことではないでしょうか?

そう考えると高速道路を主体で利用される人は1000ccや1300ccのクラスの車にされた方がベストな選択になると思います。

まぁそこは餅は餅屋という事ですね。

とは言え、ハスラーも軽自動車と言うジャンル内の車と考えた時には平均以上の性能だと思いますので、普段は街中の走行でたまに高速を使う程度なら快適に乗れると思いますよ。

その時はハスラーのターボエンジンを選択されることをおススメします。

ハスラーなどの新車を買おうか考えている人に必ず車が安く買える方法があります。簡単な方法ですので是非実行して大好きな新車を安く買って快適なカーライフを手に入れて下さいね。

”車を買うときに得する方法”を紹介をしたいと思います。

新しい車が欲しいなぁって思ったら欲しい車をディーラーに見に行って試乗したりしますよね?その時は好きな車を目の前にして本当にワクワクして楽しいものです。そして殆どの人はそのハイテンションのまま見積りを受け取り値引き交渉を始めていると思います。

これっ、絶対に止めて下さいっ!

これでは丸腰のままで戦に出るようなものです。車の購入の値引き交渉は戦いなんです。戦というものは戦いが始まる前に8割は結果は決まっています。必ず準備をして臨むようにしましょう。

準備をして交渉に臨むこれ正に勝つべくして勝つです。

1.最大値引きを勝ち取るには販売店同士で競合させるのがベスト

本命のディーラーに新車を見に行く前に必ず競合させる車種と販売店を想定して下さい。同じ車で違う系列店ならベストですし他社のライバル車と販売店でも良いです。

先ずはライバル店に訪問して見積りを出して貰いましょう。そしてその見積りと情報を持って必ず最後に本命の販売店に行きましょう。

2.重要なのは値引きより下取り!そしてディーラー下取りは安いという現実

大切なことなのでもう1度書きます。

車を安く買うのに大事なことは、値引き額よりも下取り査定額の方が重要

と言うのは車両値引き10万円を引き出すのは本当に大変なんです。でも買取りの専門業者の下取り価格ならディーラーと比べて10万円どころか2・30万円以上も高額なことも普通だからです。

知人のレクサスでは70万円以上も高かったです。でもこれは車両価格の高いレクサスだからですけどね。

実際の買取り専門業者への依頼方法とはインターネットで簡単な必要事項を入力するだけです。その後に電話があり向こうから車を見に来てくれます。

高額査定を引き出すコツは、依頼する買取りサイトは複数社の見積りが一括で取れる査定サイトを選ぶこと、そして最低2社へ依頼することです。これは1社の一括査定で複数社に依頼しても業者同士が顔なじみで談合されることもあるからです。

2社に同時に依頼をして競争原理を確実に働かせて買取り額を高めて下さい。私のおススメの買取り査定はかんたん車査定ガイドカーセンサーネット査定です。

おススメの理由は、どちらもガリバー等の大手を含めて一括で依頼出来る点と更にかんたん車査定ガイドは入力と同時に下の画面の様にあなたの車の相場額が表示される点にあります。

もし今すぐに売る予定はなくても自分の車がいくらの価値なのかは今後を考える上で知っておいて損はないでしょう。予想以上に高額な査定額だったから今すぐに好きな新車に買い替えることにしたという嬉しい話も珍しくないんです。

かんたん車査定ならその場で入力するだけで価格が分かりますからね。

あなたの車も調べてみたら予想以上に高額な値がついて驚くかもしれませんよ?

dddddddddddddddd

この2つのサイトでの見積り依頼をすれば競争原理が働き高額査定が出る可能性はかなり高いです。更に確実とするなら業界で評価の高いズバット車買取比較にも頼めば確率は上がります。

でも査定業者が多くなり過ぎると対応が大変ですからかんたん車査定ガイドカーセンサーネット査定だけで十分だとは思いますよ。

そして見積書を持ってディーラーに行って下さい。そうすれば買取り業者の見積額を基準に下取り価格を提案してきます。その額と比較して高い方に売れば良い訳です。基準がないとディーラーが安い見積りを出しても分からないですからね。

この様に万全な準備をして値引きと下取りの両方から最大値引きを引き出しましょう。

特に下取りはディーラーの見積もりだけでは違いも分かりませんし、カーナビやエアロや海外旅行の代金ぐらいは簡単に差が出ますから試してみることをおススメします。

おススメはこの2社⇒かんたん車査定ガイドカーセンサーネット査定

スポンサーリンク




値引き交渉の詳しいテクニックを知りたい人には⇩の記事で説明しています。

誰でも出来る!20万円以上新車を安く買う4つの法則


スポンサーリンク