トヨタ・パッソとダイハツ・ブーンのフルモデルチェンジは2016年4月11日!

zzaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa

トヨタ・パッソとダイハツ・ブーンのフルモデルチェンジは2016年4月11日に決定

トヨタ・パッソとダイハツ・ブーンは小型車ながら軽快な走りと快適な室内空間でしかも価格が手頃という事もあり意外と人気な車です。人気車の多いトヨタでも小型車では息の長いモデルです。

パッソはトヨタはマーケティング調査や企画立案といったところのみで、開発や生産はダイハツが担当しているという現実的にはダイハツからのOEMの様な車です。

デザインにも表れていますが、ヴィッツよりも女性ユーザーを意識した車になっていて人気になっています。

そんなパッソも6年目となり流石に古さを隠せない面もあり、2016年4月11日の発売が決定したようです。

スポンサーリンク

新型パッソのエンジン

現行の2代目パッソには1000ccと1300ccの2種類のガソリンエンジンが搭載されていますが、新型パッソにはこの内の1000㏄のエンジンのみとなるようです。

これはパッソは元々販売台数の多くを1000㏄のエンジンが占めていることとパッソは軽自動車とヴィッツの間の小型車セグメントの車とするためですね。

この1000㏄のエンジンはトヨタとダイハツの共同で開発されたエンジンで燃費性能に優れたエンジンなのですが、新型パッソでは、2020年燃費基準+20%を達成して2017年からの新免税の対象車となるようにするようです。

現在のこのエンジンの燃費は27.6km/Lと優秀ですが、新型パッソ搭載時には30km/L以上にはしてくるとみられています。

実際に軽自動車がライバルとなることが多いパッソですからセールスポイントとしては30km/L以上は今の基準でいえば必ず欲しい数字ですね。

zaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa

ダイハツの新システム(衝突安全技術)の搭載?

新型パッソに搭載が予定されると言われている最大の変更点はダイハツの衝突安全技術である低速域衝突回避支援システム”スマートアシストⅡ”を搭載するということです。

トヨタの衝突安全技術”トヨタセーフティセンス”ではなく同じグループとはいえダイハツのものを載せてしまうあたりは、トヨタ自動車らしい判断ですねぇ。

トヨタは自動車メーカーと言うより商社と揶揄する人がいるように職人としての拘りよりもビジネスの感覚を重視してますからね。

ダイハツだろうとヤマハだろうと自社ブランド・自社開発に拘らずに利益やコスト重視で採用していくんでしょうね。

新型パッソは大型化?

元々室内空間の広さにも定評があるパッソですが、今回のモデルチェンジには大型化は無いようです。現行のパッソと同じ全長は3665mm・全幅は1665mmとなるようですが、全高だけは1535mmから10mmほど下げるようです。

しかし室内空間に関しては更に広げられているようです。

このパッソを大型化しないのには明確な理由があります。それは派生モデルとして新型車の販売が半年後に予定されているために住み分けがおこなわれているためです。

zzaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa

パッソベースの新型コンパクトトールワゴンの登場

新型パッソと同時に開発が進んでいるのはパッソよりもファミリー層を対象とする2BOXトールワゴンです。

この新型パッソの派生車種はファミリー層を狙ったモデルとなるため室内空間を広げるために背の高いトールスタイルにして子供のいるお母さんたちの使い勝手を考えて後部席はスライドドアを採用するモデルでシートは2列です。

発売は2016年の秋を予定していて販売の系列店は全販売チャネルのディーラーで扱われるようです。

これは現在人気の高いスズキのソリオに対抗するためのニューモデルという事ですよね。まぁトヨタとしてはスズキにばかり良い思いはさせないぞという事なんでしょう。

トヨタ・パッソとダイハツ・ブーンのフルモデルチェンジのまとめ

新型パッソはそのコンセプトが明確になります。1000ccの排気量で軽自動車とヴィッツの間のセグメントの小型車となり命題は軽自動車イーターです。

それに対象者は女性ユーザーで、個人ユースの人はパッソをお子さんも一緒に乗る人は新型パッソ派生車種トールタイプとします。

こういった明確なコンセプトの車は人気モデルとなることが多いですからね。

良い車になる予感がしますね。

小さいお子さんのいる若いお母さんから絶大な人気が出そうな気がします。

”車を買うときに得する方法”を紹介をしたいと思います。

新しい車が欲しいなぁって思ったら欲しい車をディーラーに見に行って試乗したりしますよね?その時は好きな車を目の前にして本当にワクワクして楽しいものです。そして殆どの人はそのハイテンションのまま見積りを受け取り値引き交渉を始めていると思います。

これっ、絶対に止めて下さいっ!

これでは丸腰のままで戦に出るようなものです。車の購入の値引き交渉は戦いなんです。戦というものは戦いが始まる前に8割は結果は決まっています。必ず準備をして臨むようにしましょう。

準備をして交渉に臨むこれ正に勝つべくして勝つです。

1.最大値引きを勝ち取るには販売店同士で競合させるのがベスト

本命のディーラーに新車を見に行く前に必ず競合させる車種と販売店を想定して下さい。同じ車で違う系列店ならベストですし他社のライバル車と販売店でも良いです。

先ずはライバル店に訪問して見積りを出して貰いましょう。そしてその見積りと情報を持って必ず最後に本命の販売店に行きましょう。

2.重要なのは値引きより下取り!そしてディーラー下取りは安いという現実

大切なことなのでもう1度書きます。

車を安く買うのに大事なことは、値引き額よりも下取り査定額の方が重要

と言うのは車両値引き10万円を引き出すのは本当に大変なんです。でも買取りの専門業者の下取り価格ならディーラーと比べて10万円どころか2・30万円以上も高額なことも普通だからです。

知人のレクサスでは70万円以上も高かったです。でもこれは車両価格の高いレクサスだからですけどね。

実際の買取り専門業者への依頼方法とはインターネットで簡単な必要事項を入力するだけです。その後に電話があり向こうから車を見に来てくれます。

高額査定を引き出すコツは、依頼する買取りサイトは複数社の見積りが一括で取れる査定サイトを選ぶこと、そして最低2社へ依頼することです。これは1社の一括査定で複数社に依頼しても業者同士が顔なじみで談合されることもあるからです。

2社に同時に依頼をして競争原理を確実に働かせて買取り額を高めて下さい。私のおススメの買取り査定はかんたん車査定ガイドカーセンサーネット査定です。

おススメの理由は、どちらもガリバー等の大手を含めて一括で依頼出来る点と更にかんたん車査定ガイドは入力と同時に下の画面の様にあなたの車の相場額が表示される点にあります。

もし今すぐに売る予定はなくても自分の車がいくらの価値なのかは今後を考える上で知っておいて損はないでしょう。予想以上に高額な査定額だったから今すぐに好きな新車に買い替えることにしたという嬉しい話も珍しくないんです。

かんたん車査定ならその場で入力するだけで価格が分かりますからね。

あなたの車も調べてみたら予想以上に高額な値がついて驚くかもしれませんよ?

dddddddddddddddd

この2つのサイトでの見積り依頼をすれば競争原理が働き高額査定が出る可能性はかなり高いです。更に確実とするなら業界で評価の高いズバット車買取比較にも頼めば確率は上がります。

でも査定業者が多くなり過ぎると対応が大変ですからかんたん車査定ガイドカーセンサーネット査定だけで十分だとは思いますよ。

そして見積書を持ってディーラーに行って下さい。そうすれば買取り業者の見積額を基準に下取り価格を提案してきます。その額と比較して高い方に売れば良い訳です。基準がないとディーラーが安い見積りを出しても分からないですからね。

この様に万全な準備をして値引きと下取りの両方から最大値引きを引き出しましょう。

特に下取りはディーラーの見積もりだけでは違いも分かりませんし、カーナビやエアロや海外旅行の代金ぐらいは簡単に差が出ますから試してみることをおススメします。

おススメはこの2社⇒かんたん車査定ガイドカーセンサーネット査定

スポンサーリンク




値引き交渉の詳しいテクニックを知りたい人には⇩の記事で説明しています。

誰でも出来る!20万円以上新車を安く買う4つの法則


スポンサーリンク