マツダ新型デミオのモデルチェンジ予定と最新情報:クラスを超えたコンパクトカー

wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww-640x323

マツダ新型デミオ モデルチェンジの内容は?

”車の価値というのはボディの大きさに比例する”と定説の様に言われる既成概念をあざ笑うようにデビューしたマツダのの新型デミオはクラスを超えた走りの質感や最新技術を搭載しさらに内装の上質感も今までにないモノを持っているモデルです。

経済性や居住性が重視されるコンパクトカークラスの車としては非常に異質でしたが車の本質を捉えた本物のくるまでした。

そのために今までの日本車のコンパクトカーを知っている人間は驚かされたものです。

またエクステリアデザインも”鼓動デザイン”の採用でマツダ車共通のデザインとなり海外の車に負けない個性と美しさを持ち合わせたもので、デミオという車の持っていたマイナスのチープなイメージを一新して、一気にプレミアムなブランドイメージを植え付けることになりました。

今回はそんな革新的な現行デミオのモデルチェンジの歴史とフルモデルチェンジの日程や内容を見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

マツダ・デミオとは?

4代目に当たる現行のデミオは、かなり戦略的に特化したモデルです。それは経済性に拘らずドライバーが運転していて楽しいと感じる走りの質を追求し、居住性に拘らずに純粋にカッコ良さを求めたエクステリアデザイン、そしてコンパクトカーという枠を超えた上質な内装を追求する車が好きな人には堪らないモデルです。

しかしこれは上記に書いたようにコンパクトカークラスの最も重要を考えられている要素の経済性と居住性という2大要素を犠牲にするという非常に思い切ったモデルです。

経済性を追求したモデルの代表はコンパクトカーの売り上げNO1のトヨタのハイブリッドエンジンを積み高い燃費性能を誇るアクアですし、居住性を追求したモデルはトールスタイルで両側スライドドアを持つ究極の室内空間と乗車性を併せ持つスズキのソリオと言えます。この2台はその点で優れていることで人気となっているモデルです。

そこを敢えて捨てて車を使い勝手の良い道具と考えずに人生を豊かにするものと再定義して勝負してきたモデルがデミオです。www-640x357これはマツダというメーカーが自身の存在意義を考えた上での答えでもあり、トヨタやホンダと同じことをするのではなく自分たちの取柄を伸ばす形で全てのモデル統一に持たせている価値です。

好きな人には本当に堪らないモデルがデミオです。ロードスターを2台持っていた私も大好きな車です。

しかし惜しむべくはなぜ現行モデルにフルモデルチェンジする際に車名を変更しなかったのでしょうか?大幅値引きを含めた車両価格安さを第1の魅力にしていた初代デミオとはまるっきり異なる価値観のモデルなので、車名を変更しなかったことがイメージが引きずられてマイナスに作用していると思うんですよね。

カペラはアテンザへ、ファミリアはアクセラへと変更して車格が上がったイメージに成功したようにデミオも変更すれば良かったと思います。車の内容やアイデンティテイーを考えると同じ車とは呼べないぐらい違いますからね。

初代デミオ  DW系 販売期間 1996年 – 2002年

v-640x3741996年に初代デミオはデビューします。4ドアハッチバックのボディー形状で全長は3.8mとコンパクトな車体でしたが、室内の広さとユーティリティの高いモデルで特にリアシートによる快適性とカーゴスペースの大きさから悪くない評価をうけました。しかしライバルと比べてこれといった特徴がなく性能的には埋もれてしまう部分があったのも事実です。

しかし今振り返るとヒットモデルと言われる初代デミオにはその理由がありました。それは他のライバル車と比べて非常に安かったんです。それも営業マンが提示する値引き額が尋常でない程の額だったので裏では話題になっていました。

安いという理由で販売台数が伸びヒットモデルということになっていますが、販売台数の数字だけを積み上げ利益率は低くマツダ社内でも”これでほんとうにいいのかっ!”と戦略的に問題になったモデルです。

この頃のマツダはまだまだ安かろう悪かろうのブランドイメージがありましたね。

この初代モデルの問題定義があったからこそ現行モデルのアイデンティテイーが出来上がったとも言えます。

2代目デミオ  DY系 販売期間 2002年 – 2007年

vv-640x3162代目モデルはキープコンセプトとなりましたがエクステリアデザインはイタリア風ということでオシャレ度が随分上がり、女性をターゲットとしても意識したモデルでした。快適な乗り心地と高い運動性能、車内空間の拡大と充実した進歩をしますが、ライバルと比べてウリになるものが少なかったのも事実です。

キャンバストップを装備したコージーが発売になり話題になりました。

CMキャラクターは伊東美咲なんですね、結婚してテレビに出ていないので非常に懐かしいですね。この頃にうなぎ上りで人気が出てきていたモデルでした。今見ても確かに、可愛いっ!

3代目デミオ  DE系 販売期間 2007年 – 2014年

vvvvvv-640x415そして転機となる3代目のデミオの登場です。背の高いトール系のデザインが中心となっているコンパクトカーの定説を外してスポーティなハッチバックスタイルというエクステリアデザインとシティーコミューターとして特化することで世界戦略車に生まれ変わります。

この低いデザインは他社のライバルとは方向性の異なるものとなりました。この心意気は素晴らしかったのですが、しかし、、、、、、ちょっと問題が、、、

それはフランスの自動車会社プジョーが1998年から2012 年まで生産していた乗用車プジョー206シリーズにそっくりなデザインだったことです。

いあや、真似たなんて思ってませんよ、でも似ているのは事実で、多くの世界の人たちも同じように感じてしまうわけで、なんでこのデザインを採用してしまったのでしょうね、マツダさんっ!

下の写真がプジョーの206です。似てますよねぇ、、、、、xxxxx-640x432”コンパクトカーへの原点回帰”というコンセプトも良かったし、車の性能を追求した姿勢も良かったのですが、残念です。

4代目 デミオ DJ系販売期間 2014年 – 現在

vvv-640x461そして遂に4代目デミオが登場します。これまでのデミオの抱えてきたすべての問題をクリアーしてコンパクトカーの中で存在感のある名車となります。

全長も4m台に拡張して現代のマツダの共通のデザインにより躍動的な造形を表現しています。パワートレーンにも従来の1.3L直4ガソリンエンジンだけでなく、マツダ自慢の1.5Lクリーンディーゼルターボエンジンをクラスを超えて搭載しました。

2015年には日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞しました。

これまでの失敗の歴史がこの4代目デミオという名車を生み出したといえます。

マツダ2 4ドアセダン

日本には5ドアハッチバッグしかないデミオですが海外のマツダ2には4ドアセダンも売られています。日本ではセダンは不人気で売れないですが、アジアを中心に世界的には人気がありますので、コンパクトカーでも4ドアセダンタイプのボディー形状が用意されていることが多いです。

コンパクトクラスセダンは昔で言うところのサニーのセダンやブルーバードセダンの様な走りを感じさせる車としてのいめーじですね。ちょっと4ドアセダンンのマツダ2を見てみましょう。

思っているよりもセダンのリアのデザインは美しいですよ。vvvvvvvvvvvv-640x343  vvvvvvvv-622x362Cピラーからリアのトランクへのラインが高くてダッグテールみたいになりセクシーですね。 vvvvvvvvv-619x342ホワイトのボディカラーでも良い後姿ですね。 vvvvvvvvvvvvvv-640x400トランクルームの中も広いですね。 vvvvvvvvvv-625x412  vvvvvvvvvvv-625x324これはマツダ2セダンのタイのCMです。

これはバンコクのモーターショーでのデミオの4ドアセダンの動画です。リアのトランクスペースも良く映してありますね。やはりなかなか魅力的なモデルですね。

マツダ新型デミオのマイナーチェンジ

新型デミオは2016年の11月17日にマイナーチェンジです。マイナーチェンジとは言ってもマツダは最近は毎年の年次改良の様に行っていますので、毎年の改善です。これはマツダが進めるクラスにより導入される技術に差を付けずに、どのクラスのモデルでも同じように導入するという方針を取っているからですね。

そのために今回のデミオのモデルチェンジは大きな変更点があります。それは先行してアクセラ・アテンザで採用された技術を最小クラスのデミオにも搭載させるということです。

先ずは新型デミオのイメージビデオになります。

マツダ新型デミオのマイナーチェンジでの最新技術

今回のマイナーチェンジではデミオとしては多くの新技術の搭載となります。マツダの他の車ですでに搭載されていて評判の技術をマツダの最小モデルであるデミオにも当然のように搭載します。

エクステリアデザインや内装だけでなく車の技術においてもクラスを超えたモデルにするということでデミオにも搭載されます。

では新しく搭載されるその新技術・機能を見ていきましょう。

ナチュラルサウンドスムーザー

ディーゼルエンジン特有のピストンとコンロッドが振動することで発生するディーゼルノック音を抑制する装置です。

中空となっているピストンピンの中にダイナミックダンパー機構を持ったパーツを圧入してこのパーツが上下に振れることで振動がぶつかり合いピストンの振動の発生を抑えるというものです。同じ周波数の振動物を加えることで、元の振動を打ち消すという原理を利用した技術になります。

もともとマツダの新世代クリーンディーゼルエンジンは振動対策に関してもかなり進んでいて昔のディーゼルエンジンと比べて驚くほど静かになっていました。そこにこの新技術ですからCX-3などではアイドリングなどの低い回転数であれば本当に静かと評判の良かったものをデミオにも搭載です。

Gベクタリングコントロール

”エンジンでシャシー性能を高める”という新発想により、ステアリング操作のボディーの挙動に合わせてコンピューターがエンジンの出力を調整して微妙にエンジンブレーキをかけて、ボディーのコントロールを行いスムーズなコーナリングをサポート技術です。

下の動画はGベクタリングコントロールを使用したテストを行っています。予想以上の効果が出ていますね。

アダプティブ・LED・ヘッドライト

アダプティブ・ヘッドライトとは、走行中のコーナリング時にステアリングを切った方向にライトの光軸を向けて進行方向を照らし視界をより鮮明にするという技術です。さらにライト自体をLEDにすることでハロゲンやキセノンよりも明るくハッキリと照らすことが出来、しかもライトの寿命が長いのでバルブ交換も不要に近くメンテナンスという意味でも大きなメリットがあるものとなっています。

この進行方向を照らすライトの呼び名に関しては各自動車メーカーが独自に読んでいて、アダプティブ・ハイビーム・システム、アダプティブ・フロントライティング・システム、アダプティブ・ヘッド・ライトなどと呼ばれていたりもします。

そしてもう一つのこのライトの恩恵が最近の夜間走行で話題になっているハイビーム走行に関してです。自動的にハイビームとロービームの切り替えも行われますので、ドライバーの操作の手間やハイビームによる視界の確保に貢献しますのでより安全な走行が可能となります。。

スマート・ブレーキ・サポートとスマート・シティ・ブレーキ・サポート(オプション)

今回デミオで採用になる自動ブレーキシステムは2種類あり、1つはスマート・ブレーキ・サポートといい標準装備ですが、もう1つのスマート・シティ・ブレーキ・サポートはオプションでの装備になります。

どちらもレーダー検知により自動的にブレーキが掛かり減速するシステムなので違いが分かりにくいで少し説明したいと思います。

この2つの違いは技術的に使われているレーダーが異なる点と範囲となる速度域が異なります。

スマート・ブレーキ・サポートの検知システムにはミリ波レーダーが使用されています。そのために15km/h 以上での発動となり約200m先からの先行車や障害物を捉えて対応するものです。

スマート・シティ・ブレーキ・サポートは、近赤外線レーダーが使用されていて近距離から約6m程度の障害物を感知して対応するものです。

スマート・ブレーキ・サポートは中長距離、スマート・シティ・ブレーキ・サポート至近距離での自動ブレーキを行う技術となります。

そしてデミオでの注意点は、先ほども書きましたが、スマート・ブレーキ・サポートといい標準装備でスマート・シティ・ブレーキ・サポートはオプションでの装備となる点です。

スマート・ブレーキ・サポートの説明動画です。

スマート・シティ・ブレーキ・サポート(オプション)の説明動画です。

マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(オプション)

スマート・シティ・ブレーキ・サポートとマツダ・レーダー・クルーズ・コントロールはオプションで選択可能です。

これは特に長距離走行時のドライバーの負担を減らすことが目的で、車速を設定すれば車間距離を自動で維持してドライバーはアクセル・ブレーキなどの操作から解放されて疲労感を低減します。

システム的には、ミリ波レーダーを使い先行車を感知して自動で走行速度をコントロールしています。

マツダ新型デミオのエクステリアデザインの変更点

今回のマイナーチェンジではエクステリアに関しては正直に言ってどこが変更されたのか分からない程度です。逆に言えばこれは元々のエクステリアデザインが優秀ということであり評判も良く今でも色あせることなく魅力的なものであるということですね。

人気がないモデル程マイナーチェンジでエクステリアデザインを変更する傾向がありますからね。

  • フロントバンパーのメッキ装飾の追加変更
  • フォグランプガーニッシュにメッキ装飾
  • アダプティブLEDヘッドライトへ変更

マツダ新型デミオのボディーカラー

新型デミオのボディーカラーはぜん10色になります。新色はディープクリスタルブルーマイカが1色、新設定色は、

ソニックシルバーメタリック・エターナルブルーマイカの2色になります。

ソウルレッドプレミアムメタリック

メーカー希望小売価格43,200円(消費税抜き価格40,000円)高wwwww-640x451

マシーングレープレミアムメタリック

メーカー希望小売価格43,200円(消費税抜き価格40,000円)高wwwwww-640x420

エターナルブルーマイカ 新設定

wwwwwww-640x394

ディープクリムゾンマイカ

wwwwwwww-640x394

ソニックシルバーメタリック 新設定

wwwwwwwww-640x405

ダイナミックブルーマイカ

wwwwwwwwww-640x407

ディープクリスタルブルーマイカ 新色

wwwwwwwwwww-640x401

スノーフレイクホワイトパールマイカ

メーカー希望小売価格32,400円(消費税抜き価格30,000円)高wwwwwwwwwwww-640x390

チタニウムフラッシュマイカ

wwwwwwwwwwwww-640x384

ジェットブラックマイカ

wwwwwwwwwwwwww-640x399

マツダ新型デミオのインテリアデザインの変更点

エクステリアに対してインテリアは予想以上に変更点があります。それでもデザインだけを変更するというよりも質感の向上を目指したものとなっており好感が持てる変更になっています。

  • 全周で一貫した握り心地を提供する新型ステアリングホイールを採用
  • レッド・サテンクローム・ピアノブラックといったカラーでの加飾
  • アクティブ・ドライビング・ディスプレイとメーターの視認性向上
  • 13S Touring L PackageとXD Touring L Packageの内装のカラーをオフホワイトからピュアホワイトへと変更
  • 13S Touring L PackageとXD Touring L Packageに精悍なブラックに深みのあるディープレッドのアクセントを加えたシートとしてその座面には手触りのよいグランリュクスの黒革内装を新設定
  • 13S TouringとXD Touringは、モノトーンでフォーマルさとスポーティさをクールに表現した黒布内装を採用
  • 13SとXDは車内をブラック基調として、インパネ・コンソール・ドアに千鳥格子パターンのグロスブラックのデコレーションパネルを採用

特別仕様車Tailored Brown(テーラード・ブラウン)

wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww-640x3572016年のデミオのマイナーチェンジで同時に追加された特別仕様車”Tailored Brown(テーラード・ブラウン)”は、

”XD Touring””13S Touring”のATをベース車両としたライトブラウンの専用インテリアを施し上質で明るい空間を演出したモデルです。

内装はライトブラウンとブラックを基調として刺し色にオレンジのアクセントを加えた高級感のあるオシャレなモノとなっておりクラスを超えた質感を目指すデミオにはピッタリの内装といえます。

キルティング加工を施したスエード調人工皮革素材のシートを使いその肌触りにも拘っています。

エクステリアに関しては高輝度ダーク塗装を施したアルミホイールのみの変更ではありますが、足元が引き締まることで精悍なスタイルが強調されてボディーデザインがよりスタイリッシュになっています。wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww-640x355   wwwwwwwwwwwwwwwwww-640x292 wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww-640x352細部に至っても拘りの変更点がありますね。wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww-640x166 wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww-640x166

特別仕様車Tailored Brown(テーラード・ブラウン)のボディーカラー

ボディーカラーは全部で9色になります。

  • エターナルブルーマイカ
  • ソニックシルバーメタリック
  • マシーングレープレミアムメタリック +特別価格43,200円(消費税抜き価格40,000円)
  • ジェットブラックマイカ
  • ディープクリスタルブルーマイカ
  • チタニウムフラッシュマイカ
  • スノーフレイクホワイトパールマイカ +特別価格32,400円(消費税抜き価格30,000円)
  • ディープクリムゾンマイカ
  • ソウルレッドプレミアムメタリック  +特別価格43,200円(消費税抜き価格40,000円)
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww-640x281 wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww-640x144

マツダ新型デミオのフルモデルチェンジ

では、現行4代目のデミオですが、フルモデルチェンジはいつになるのでしょうか?

マツダの全体としてはモデルチェンジのスケジュールが決まっているのでそこからデミオのフルモデルチェンジも予想が付きます。

マツダのスカイアクティブ技術は2018年にジェネレーション2が始まることが発表されています。これと同時にデザインも鼓動デザインも第2世代になります。大変評価の高い現行世代のマツダ車ですが、その先が始まるわけです。

スカイアクティブ・ジェネレーション2で採用されると予想される新技術

  • ”HCCI(予混合自己着火)”と名付けかれた燃焼技術の実用化で、エンジンの圧縮比を高め、混合気中のガソリンの比率を極めて少なくする”均質リーンバーン(希薄燃焼)”です。
  • ジェネレーション2のエンジンは現行のスカイアクティブのエンジンから約3割の燃費改善が可能と発表しています。
  • ハイブリッド・ディーゼルエンジンを実用化してアイドリングから低速走行時にはエンジンを制止させるので燃費の向上ディーゼル特有の不快音から解放させます。
  • トヨタのHVやPHV(プラグインHV)技術との組み合わせで、HVシステムの小型・軽量化の実現を目指す。

その第1弾となるのは、まだ確かではないのですがCX-5かアクセラだと予測されていますが、おそらくCX-5だと思われます。

この2台が2018年・2019年に発売となりその次がマツダのフラッグシップである集大成のアテンザが華々しくフルモデルチェンジとなります。

新型デミオに関してはその後のスケジュールですとなります。

予測としては新型デミオはフルモデルチェンジは2020年となると思います。

基本的に今のマツダは技術面に関してはクラスに関係なく搭載する方針ですからスカイアクティブ・ジェネレーション2も1.5Lのクリーンディーゼルを搭載したように最軽量のデミオにも惜しげもなく搭載してくれるものと思います。

スカイアクティブ・ジェネレーション2のどの技術が新型デミオに採用されるでしょう。楽しみですね。

マツダ新型デミオのライバルの動向

デミオという車は小型車の中でもニッチな市場を狙った大手メーカーとは異なるアプローチをした名車です。車の本質的な走りの質や内装の質にこだわってコストを掛けた異端児とも言える存在です。

それに対して日本の小型車の価値観としては、車内の広さによる利便性と経済性が最も重視されるものとされています。

ライバルの車は正にそれを体現した車といえます。

ホンダ・フィット

uuuuuuuuuuuu (630x412)ホンダのフィットもリコール問題がありイメージが悪くなってしまいましたが、実は販売台数という意味ではそこまで悪くはありません。

フィットは小型車とは思えない車内空間の広さを実現して人気となった車です。デミオとは真逆の価値観の車ですね。

ホンダフィットがモデルチェンジ!新型は燃費の向上が軸

トヨタ・アクア

aaaaaaaaaaaaaaaaトヨタが発売するハイブリッド専用コンパクトカーで現在のこのクラスの不動の王者と言えます。アクアのウリは何と言っても経済性です。その燃費を実現するために走行性能はもちろん居住性も犠牲にしています。

デミオとは全く異なる方向性で造られた車ですね。この車がうりあげNO1ですから、経済性が今は一番求められている性能ということです。

その経済性を更に進化させたモデルチェンジが行われるという話です。詳しくは下記記事を見て下さい。

2017年に登場するトヨタ・新型アクアの燃費に驚愕!フルモデルチェンジの内容とは?

マツダ新型デミオ モデルチェンジの内容のまとめ

現行のデミオは従来の日本のDセグメントのコンパクトカーにはない世界に通じるプレミアムカーとなりました。

これはマツダが掲げたクラスを超えたコンパクトカーの実現という目標を実現することで、今までの日本車にはない車となり、日本車は造りがチープだから外車しか乗らないと言っていた人も乗れるモデルになっています。

確かに経済性や居住性などは他のモデルに劣るので奥様方やファミリー層からはそれ程重宝されはしないのかもしれないですが、車の根幹がこれほどしっかり造り込まれたモデルはありませんでしたから、爆発的には売れなくても良いですが、この考え方が正しいと証明できる程には売れてほしいです。

デミオであれば欧米においても胸を張って日本車を褒めることが出来る車だと思います。

そして現行車種でこのレベルまできたデミオのフルモデルチェンジではスカイアクティブ・ジェネレーション2の技術が採用になります。クラスを超えたコンパクトカー・デミオには他のクラスのモデルと同じように採用されていくでしょうから、今からどの様なモデルに生まれ変わるのか本当に楽しみなモデルです。

デミオスイフトなどの新車を買おうか考えている人に必ず車が安く買える方法があります。簡単な方法ですので是非実行して大好きな新車を安く買って快適なカーライフを手に入れて下さいね。

”車を買うときに得する方法”を紹介をしたいと思います。

新しい車が欲しいなぁって思ったら欲しい車をディーラーに見に行って試乗したりしますよね?その時は好きな車を目の前にして本当にワクワクして楽しいものです。そして殆どの人はそのハイテンションのまま見積りを受け取り値引き交渉を始めていると思います。

これっ、絶対に止めて下さいっ!

これでは丸腰のままで戦に出るようなものです。車の購入の値引き交渉は戦いなんです。戦というものは戦いが始まる前に8割は結果は決まっています。必ず準備をして臨むようにしましょう。

準備をして交渉に臨むこれ正に勝つべくして勝つです。

1.最大値引きを勝ち取るには販売店同士で競合させるのがベスト

本命のディーラーに新車を見に行く前に必ず競合させる車種と販売店を想定して下さい。同じ車で違う系列店ならベストですし他社のライバル車と販売店でも良いです。

先ずはライバル店に訪問して見積りを出して貰いましょう。そしてその見積りと情報を持って必ず最後に本命の販売店に行きましょう。

2.重要なのは値引きより下取り!そしてディーラー下取りは安いという現実

大切なことなのでもう1度書きます。

車を安く買うのに大事なことは、値引き額よりも下取り査定額の方が重要

と言うのは車両値引き10万円を引き出すのは本当に大変なんです。でも買取りの専門業者の下取り価格ならディーラーと比べて10万円どころか2・30万円以上も高額なことも普通だからです。

知人のレクサスでは70万円以上も高かったです。でもこれは車両価格の高いレクサスだからですけどね。

実際の買取り専門業者への依頼方法とはインターネットで簡単な必要事項を入力するだけです。その後に電話があり向こうから車を見に来てくれます。

高額査定を引き出すコツは、依頼する買取りサイトは複数社の見積りが一括で取れる査定サイトを選ぶこと、そして最低2社へ依頼することです。これは1社の一括査定で複数社に依頼しても業者同士が顔なじみで談合されることもあるからです。

2社に同時に依頼をして競争原理を確実に働かせて買取り額を高めて下さい。私のおススメの買取り査定はかんたん車査定ガイドカーセンサーネット査定です。

おススメの理由は、どちらもガリバー等の大手を含めて一括で依頼出来る点と更にかんたん車査定ガイドは入力と同時に下の画面の様にあなたの車の相場額が表示される点にあります。

もし今すぐに売る予定はなくても自分の車がいくらの価値なのかは今後を考える上で知っておいて損はないでしょう。予想以上に高額な査定額だったから今すぐに好きな新車に買い替えることにしたという嬉しい話も珍しくないんです。

かんたん車査定ならその場で入力するだけで価格が分かりますからね。

あなたの車も調べてみたら予想以上に高額な値がついて驚くかもしれませんよ?

dddddddddddddddd

この2つのサイトでの見積り依頼をすれば競争原理が働き高額査定が出る可能性はかなり高いです。更に確実とするなら業界で評価の高いズバット車買取比較にも頼めば確率は上がります。

でも査定業者が多くなり過ぎると対応が大変ですからかんたん車査定ガイドカーセンサーネット査定だけで十分だとは思いますよ。

そして見積書を持ってディーラーに行って下さい。そうすれば買取り業者の見積額を基準に下取り価格を提案してきます。その額と比較して高い方に売れば良い訳です。基準がないとディーラーが安い見積りを出しても分からないですからね。

この様に万全な準備をして値引きと下取りの両方から最大値引きを引き出しましょう。

特に下取りはディーラーの見積もりだけでは違いも分かりませんし、カーナビやエアロや海外旅行の代金ぐらいは簡単に差が出ますから試してみることをおススメします。

おススメはこの2社⇒かんたん車査定ガイドカーセンサーネット査定

スポンサーリンク




値引き交渉の詳しいテクニックを知りたい人には⇩の記事で説明しています。

誰でも出来る!20万円以上新車を安く買う4つの法則


スポンサーリンク