新型プリウスのトヨタセーフティーセンスPは必要なのか?

新型プリウスのトヨタセーフティーセンスPは必要か?その内容とは

新型プリウスではどうしても燃費性能が話題になりがちです。しかし新型プリウスはの魅力はそれだけではありません。

先代のプリウスでハイブリットカーとしての業界標準を作り上げたトヨタでしたが、新型プリウスで目指したのでハイブリッドカーの標準ではなくこのクラスの車造りの基準車を作りあげてきました。

これによりフレームから見直して走行性能や静寂性も数段にレベルアップしましたが、それと同等以上にトヨタが力を入れていたのが、新型プリウスの安全性能の向上です。

��������

トヨタの最新の安全システム・トヨタ・セーフティー・センス Pをプリウスに装備

トヨタは自慢の最新の安全性能のトヨタ・セーフティー・センス Pを新型プリウスに搭載してきました。

これはトヨタが最も力を入れている技術の1つです。

このことが今度の新型プリウスがハイブリッド車として考えられているわけではなく、日本で最も多く売れるグローバルスタンダードとして世界の基準となる車を造ろうとした表れです。

そんな”トヨタ・セーフティー・センス P”とはどのような技術なのでしょうか?

トヨタ・セーフティー・センス Pとはなんなのか?

トヨタ自慢の最新安全装置のパッケージシステムになります。まぁ要は事故を起こさないための技術を集めたものですね。

ではその具体的なシステムと効果がどんなものなのかも見てみましょう。

”トヨタ・セーフティー・センス P”とは4つの最新技術で構成されています。その4つの技術は下記のものになります。

  • プリクラッシュセーフティシステム
  • レーンディバーチャーアラート
  • オートマチックハイビーム
  • レーダークルーズコントロール

この4つの技術をパッケージにしたものなので、1つ1つのその技術内容を見ていきましょう。

プリクラッシュセーフティシステム

非常に分かりにくいネーミングですが、要は自動ブレーキシステムです。

最近は自動ブレーキシステムを搭載しているモデルも増えてきましたが、さすがトヨタの最新技術です、歩行者さえも感知できるほどの高性能です。

プリウスには2種類のセンサーがあり、フロントにあるトヨタのロゴマークに内蔵されているミリ波レーダーと車内にある単眼のカメラの二つのレーダーを用いて走行車両はもちろん障害物、歩行者なども感知して捉える高性能なものです。

d

そのうえで人的なコントロールでブレーキが掛からなかった時にはコンピューター制御で自動的にブレーキが掛かり危険を回避し事故にならないようにします。

なんか一昔前の人間から見ると自動でブレーキが掛かるなんて不思議で怖い感じもしますね。

レーンディバーチャーアラート

これは、道路に掛かれている左右の車線をセンサーで認識して、ウィンカーを点けずに車線から外れそうになった時には、マルチインフォメーションディスプレイに警告の表示をしてアラートのブザーなるという機能です。

これは非常に良いシステムだと思いますね。良いこととは言えませんが、現実的に高速で居眠りをしたりよそ見をしたりして、ヒヤッとする思いは誰でも経験があると思うんです。

それを事前に防止できるのは良いですね。

常に稼働しているわけではなくハンドルに取り付けられているボタンでコントロールします。

レーダークルーズコントロール

これは速度を設定すると自分でアクセルコントロールをしなくても自動でその速度を維持してくれるというものです。

この機能は割と昔からある技術ですね。

それだけに技術の成熟も進み問題点が改善されて実用的な技術と言えます。高速道路では実際に一定の速度でクルーズすることが多いので運転は楽で便利なシステムです。

このプリウスのクルーズコントロールシステムはレーダーとあるように前を走行する車との車間距離も感知していて、設定速度よりも車間距離を優先して速度を自動調整します。

これによりプリウスのレーダークルーズコントロールシステムではアクセル操作をすることなく長距離を走ることも可能で、ドライバーの疲労を確実軽減します。

このクルーズコントロールシステムは特に高速を頻繁に利用されるドライバーの人にとっては本当に便利な機能だと思います。

これはおススメです。

オートマチックハイビーム

これはネーミングの通りですね。センサーで外の明るさを感知して自動的にハイビームとロービームを自動で切り替えてくれるというシステムです。

トヨタ最新技術と言う割にはこれは普通な感じですね。しかもハイビームって選択を間違えると対向車は非常に眩しくて視界を奪ってしまい最悪事故を引き起こしかねない代物です。

暗かったとしても上り坂がなどで対向車の目線にライトが飛ぶ時にはロービームに切り替えないといけなかったりもしますので、意外と実用化が難しいと思います。

”トヨタ・セーフティー・センス P”のオプションの価格と標準装備車は?

トヨタ・セーフティー・センス Pを標準装備しているグレードは4グレードになります。標準装備ですからこのグレードを選べばトヨタ・セーフティー・センス Pは付いています。

  • グレードA
  • グレードA・ツーリングセレクション
  • グレードAプレミアム
  • グレードAプレミアム・ツーリングセレクション

その他のグレードには標準では付いていませんが、オプションでの選択は可能ですので、プリウスの全てのグレードにトヨタ・セーフティー・センス Pを装着することが可能ということです。

  • グレードE
  • グレードS
  • グレードSツーリングセレクション

トヨタ・セーフティー・センス Pのオプション価格は86,400円になります。

トヨタ・セーフティー・センス Pのまとめ

トヨタ・セーフティー・センス Pはさすが世界のトヨタという内容の技術ですね。これなら是非装備しておきたいものだと思います。

プリウスの価値は最新技術の塊ということにもあると思いますので、もしトヨタ・セーフティー・センス Pが標準装備されていないグレードだとしてもオプションで装備したいですね。

それにこの最新技術が86,400円で付くなんて、凄い時代になったもんだと感心します。

しかし危険があるからって勝手にブレーキが効いて止まったりしたら、”おまえはナイト2000かっ!”って、車に突っ込んでしまいそうです。(古っ!)

絶対知っていた方が良い!車を安く買う簡単なコツとは?

車を安く買うのには値引き交渉は必ず必要ですが、それにはちょっとしたコツがあるんです。

知らないと後で”ディーラーに騙されたぁ!”って悔しがる人もいるんですよ。

その詳しい内容は右の記事で説明ましたので参考にして下さい⇒”誰でもできる車を20万円以上安く買う方法”

簡単な方法ですので是非実行して大好きな新車を安く買って快適なカーライフを手に入れて下さいね。

スポンサーリンク




スポンサーリンク