エスクァイアの新型へモデルチェンジ情報!トヨタの真打ミニバンの進化

トヨタ新型エスクァイアのマイナーチェンジ内容とフルモデルチェンジ情報

トヨタのエスクァイアは、ボディースタイルからコンパクトキャブワゴンとも呼称される5ナンバーサイズのボディーサイズに3列シートのミニバンです。

ヴォクシーとノアの兄弟車であり、同じクラスのミニバンをラインナップに欲しい販売店サイドの要望から発売されたモデルです。

新モデルといこともありヴォクシーとノアに知名度こそは及びませんが、人気に関しては後発とは思えない程好調でトヨタ店とトヨペット店も非常に満足な結果となっています。

今回はそんな成功モデルと言えるトヨタのエスクァイアが2017年にモデルチェンジしましたのでその内容と次期エスクァイアのフルモデルチェンジ内容を見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

トヨタ・エスクァイアとは?

エスクァイアの開発は典型的な現場サイド営業サイドからの要望がスタートとなり開発された典型的なパターンで、今回はトヨタの販売店4系統のバランスを取ることが目的のモデルです。

日本の市場ではセダンが売れなくなり、人気商品がミニバンとSUVへと移り変わっていく中でヴォクシーとノアはトヨタを代表する人気モデルとなりました。

しかしこの5ナンバー枠のミドルクラスミニバンはトヨタではこの2車種しかなく、ノアのカローラ店とヴォクシーのネッツ店が全てのニーズを取り扱ってる状況となり、トヨタ店とトヨペット店から同ミニバンの開発が要望されたという訳です。このヴォクシー・ノア・エスクァイアの3兄弟はコンパクトキャブワゴンと分類もされる5ナンバーサイズの3列シートミニバンであり、昔のトヨタのマークⅡ兄弟と呼ばれた、マークⅡ・チェイサー・クレスタと同じ関係性の車という訳です。

当時の兄弟車は外装を少しだけ変えただけで車名が異なるコストを掛けずに車種を増やす手堅い手法というイメージがありました。

しかし最近はⅭ-HRの様に同一車名で異なる販売店で売ることも普通になりましたから、逆に兄弟車は開発コストを販売店のために投入した車ということになりお金を掛けたモデルになりました。

マーク2の3兄弟はコンセプトは少しずつ違うのですが正直何が違うのか良く分からないというのが本音でしたね。

今それぞれのcmWO見てもやはりコンセプトやターゲット層の違いは感じられません。やはり販売店ごとに異なる車名の車を供給することが前提だったのでしょう。

これが当時のマーク2のCMです。日本のミドルクラスのお父さんが安心して選択できるモデルというイメージです。

チェイサーはマーク2よりは少し尖がったスポーツモデルというイメージでした。

クレスタは、、、、、、、クラスタのイメージは、、、、、、、、、駒ちゃんがシャコタンにして乗っているイメージかな、、、、、、、、

ん?ネタが分からない?⇩ですが、、、、あっでも、やっぱり古すぎて分からないですか、、、、、、、

そのマークⅡ3兄弟と比べてもエスクァイア3兄弟はヒットモデルとして明確な理由があると思います。

それが明確なコンセプトの違いです。

ノアが暖かいファミリーの優しいパパのイメージのある意味王道のスタイルに対して、ヴォクシーはチョイワル親父のイメージで子供が出来てもオシャレを忘れないカッコいいパパが乗る車でした。

そして後発となるエスクァイアのコンセプトは高級感です。ノア:ヴォクシーのプラットフォームを使いエクステリアの高級感とインテリアの質感をアップさせてクラスを超えた高級感を持たせました。またトヨタというメーカーはインテリアの質感に関しては非常に高い評価を得ていて得意分野ですから、エスクァイアではこれが非常に良い形で完成したモデルとなりましたね。

ミドルクラスの大き過ぎないボディーサイズで3列シートのミニバンながら、クラスを超えた高級車に負けないインテリアの質感を備えたモデルとなり、ゴージャスな車が好きな人にはたまらい1台となりました。

これにより3兄弟は本当の意味でそれぞれが異なるマーケットをターゲットとしたモデルとして完成したことで成功をしたと言えます。

そして後発であるために低い知名度を上げるためにテレビCMには力が入っていましたね。

非常にインパクトのあるイメージ戦略のCMだったと思います。

しかしバットマンとはっ!印象深いですよね。

しかもバットマンの持つインテリで力強く正義感のあるイメージをそのままサラリーマンのお父さんのイメージに被られる狙いですね。

なんか世の中の企業戦士のお父さんが胸を張って乗りたくなるイメージが良く出来ています。

そしてマイナーチェンジ後の最新のエスクァイアのCMです。

ミュージカル調とは珍しい雰囲気のCMになっています。

そしてCMの主演は長谷川博之さんとなりました。近年のトップ俳優の一人ですね。

ドラマの小さな巨人や映画ゴジラの主演などノリにノッテいる演技派俳優ですね。

また渋いところを突いてきましたね。

 ちょっと☕コーヒーブレイク☕

車が好きな人にここで少し耳寄りな情報があります。
それは車を購入するのにちょっとしたコツを知っているだけで20万円以上安く買えたりします。
ディーラーとの交渉前の準備や下取り車の売却方法だったりします。
誰にでも出来る簡単な方法ですので、下の記事を読んで参考にしてみて下さい。

誰でも出来る!20万円以上新車を安く買う4つの法則

2017.09.08

トヨタ新型エスクァイアの基本スペック

では、エスクァイアの基本スペックを見てみましょう。

今回の2017年のマイナーチェンジ後の変更点に注目していきたいと思います。

トヨタ新型エスクァイアの動力ユニット

エスクァイアのエンジンは、ガソリンエンジンとハイブリッドシステムの2種類のユニットになります。

エスクァイアのハイブリッドシステム

トヨタ自慢のTHS IIユニットを使いハイブリッドエンジンとしています。

1.8リッター直列4気筒ガソリンエンジン”2ZR-FXE”+電気モーター”5JM”

  • ガソリンエンジン出力
  • 最高出力ネットkW(PS)/r.p.m. 73(99)/5,200 最大トルクネットN・m(kgf・m)/r.p.m. 142(14.5)/4,000
  • モーター出力
  • 最高出力 kW(PS) 60(82) 最大トルク N・m(kgf・m) 207(21.1)
  • ニッケル水素電池:容量6.5Ah
  • 使用燃料 無鉛レギュラーガソリン
  • 燃料消費率 JC08モード23.8km/L

エスクァイアのガソリンエンジン

2.0リッター直列4気筒”3ZR-FAE”エンジン

  • 最高出力ネットkW(PS)/r.p.m. 112(152)/6,100 最大トルクネットN・m(kgf・m)/r.p.m. 193(19.7)/3,800
  • 使用燃料 無鉛レギュラーガソリン

燃料消費率 JC08モード16.0km/Lエンジンに関しては変更点がありませんでした。現在話題の燃費なのですが敢えて全く変更なしでのカタログ数字です。

憶測ですが購入者が実際に買った際の実燃費に関しては向上していると思われます。

カタログ数字と実燃費の乖離が問題となっていますから、トヨタとしてもマイナーチェンジで雑誌等でテストされることを予想して実燃費を上げてカタログ数字に近づけたんだと思います。

トヨタ新型エスクァイアのボディーサイズ

全長 4,695mm × 全幅 1,695mm × 全高 1,825mm

ホイールベース  2,850mm

当然ですが、ボディーサイズに関しては3車共通となります。

トヨタ新型エスクァイアのトランスミッション

ハイブリッド車:電気式無段変速機

ガソリン車:Super CVT-i(自動無段変速機/7速スポーツシーケンシャルシフトマチック付)

トヨタ新型エスクァイアの駆動方式

FF(前輪駆動方式)と4WD(4輪駆動方式)

トヨタ新型エスクァイアのサスペンション

フロント: マクファーソン・ストラット式コイルスプリング(スタビライザー付)

リヤ :トーションビーム式コイルスプリング(スタビライザー付)

下の動画がエスクァイアの販売用のイメージ動画となります。

そしてこの動画はエスクァイアのデザインに関するトヨタのデザイナーの想いを語ったものになります。

マイナーチェンジの最大の目玉はフロントマスクの変更

今回のマイナーチェンジではエンジンや安全性能技術には変更がありませんでしたから、最大の目玉はフロントマスクの化粧直しです。

メッキ部分も更に広がりフロントグリルも大きくなり迫力と高級感が増しています。ヘッドランプからエアロスカートを通してフォグランプまで一体感のあるデザインが他にはない独自の雰囲気を持たせています。    

 

 

トヨタ新型エスクァイヤのボディーカラー全色

エスクァイヤのボディーカラーは全部で7色となります。その中で6色は兄弟車のノア・ヴォクシーと共通になります。

マイナーチェンジでの追加の新色が、ブラッキッシュアゲハガラスフレークとアバンギャルドブロンズメタリックとなります。

そこでおススメは兄弟車で唯一選ぶことが出来るスパークリングブラックパールクリスタルシャインとなります。

このボディカラーは3代目ハリアーで初採用されたブラックで青みがかった深みがあり大型グリルのエスクァイヤと良く合います。

リセールバリューを考えてもこのスパークリングブラックパールクリスタルシャインはオプションカラーとしての追加料金を払う以上の価値のあるボディーカラーと言えます。

ホワイトパールクリスタルシャイン 1070シルバーメタリック 1F7ブラック 202スーパークリングブラックパールクリスタルシャイン 220ボルドーマイカメタリック 3R9ブラッキッシュアゲハガラスフレーク 221アバンギャルドブロンズメタリック 4V8

トヨタ新型エスクァイヤの最新安全性能技術

Toyota Safety Sense Cが搭載されています。予定通りマイナーチェンジには新装備はありませんでした。

下の動画はシエンタに搭載されたToyota Safety Sense Cの説明です。

2017年のマイナナーチェンジで追加された装備

エスクァイヤの専用装備として後続車のライトの明るさを抑えて見やすくする自動防眩インナーミラーや進行方向に自動でライトを向かせるLEDコーナリングランプ等も装備されてヴォクシーやノアとの差別化を計りますが、今回のマイナーチェンジでの目玉装備は電動スライドドアのロックをドアが閉まるのを待った上で自動でロックされる予約ロック機能ですね。

この機能は電動スライドドアを使用する人は便利だと思うでしょう。機能説明は下の動画で見て下さい。

トヨタ・エスクァイアの販売店

エスクァイアの販売店は、トヨタ店とトヨペット店となります。

元々人気の高いノアとヴォクシーがカローラ店・ネッツ店のみが販売可能ということで販売店サイドからの要望から開発されたモデルがエスクァイアです。

ノアのカローラ店とヴォクシーのネッツ店と合わせて兄弟車のコンパクトキャブワゴンがトヨタ系列販売チャネル全店で購入可能となりました。

トヨタ・エスクァイアの試乗動画

そしてエスクァイアの試乗しての車両紹介動画になります。

中々参考になると思います。

この動画は試乗してのインプレッション動画となります。

トヨタ・エスクァイアのモデルチェンジ情報

エスクァイアのフルモデルチェンジ

エスクァイアのフルモデルチェンジには2つの大きな目玉があります。

その1つがトヨタが開発中の次世代型エンジン:ダイナミックフォースエンジンが搭載されることです。

このエンジンは2017年の1月のデトロイトショーで発表された新型カムリにも搭載が予定されているエンジンでありトヨタのメインとなるエンジンの1つです。

カムリに搭載される予定のダイナミックフォースエンジンの予想スペックは下の通りです。ハイブリッドエンジン:直列4気筒2.5L直噴ガソリンエンジン+2.5L用ハイブリッドシステム(THSⅡ)

ガソリンエンジン:直列4気筒2.5L直噴ガソリンエンジン

最高出力:238ps/5600rpm 最大トルク:35.7kgm/4000rpm

JC08モード燃費:18km/L

この2.5リッター直列4気筒エンジンは、直噴型のものであり熱効率に関しては世界トップレベルを実現することで高い燃費性能を誇り、更にドライビング性能の向上としてレスポンスやトルクを向上させたことで動力性能も同時に達成しているトヨタが考える次世代型グローバルエンジンの代表となる一基です。

ハイブリッドエンジンの注目の燃費は現行カムリのJC08モード燃費23.4km/Lでしたが、JC08モード燃費30km/L代に乗せてくるのでないかとも言われています。

子のカムリ向けのエンジンをミニバン向けにチューンして載せるか、2Ⅼにボアダウンして載せるのではないかと

そしてもう1つは衝突安全支援システム”Toyota Safety Sense P”トヨタセーフティーセンスP標準装備します。

マイナーチェンジでは見送られたトヨタセーフティーセンスのバージョンアップがフルモデルチェンジでの目玉として登場します。車体が大きくなった新型カムリには自動ブレーキサポート衝突軽減システムの標準化は嬉しいですね。

ではトヨタ・セーフティ・センスの代表的な機能を見ていきましょう。

1.プリクラッシュセーフティシステム(衝突回避と衝突時の被害軽減をサポート)

進路上の車をレーザーレーダーと単眼カメラで補足して衝突が予測されるケースにおいては、約15km/h~140km/hの車速域では警報を発して回避操作を推奨します。また約30km/h~80km/hで走行時にはブレーキを踏む場面では更に強力なブレーキが利くようにアシストが作動します。

2、レーンディパーチャーアラート(車線逸脱による事故を未然に防ぐための装置)

レーンディパーチャーアラートは、道路上の車線をセンサーで把握して自社の走行位置を捕捉したうえで、ドライバー車線からそれてしまうような場面では、ブザーとディスプレイ表示による警報を発する機能です。

3、オートマチックハイビーム(夜間の歩行者などの早期発見に貢献する自動切り替えシステム)

ハイビームロービームを自動で切り替えることで夜間の歩行者などの早期発見をサポートする機能です。

この2つの技術改革を軸として兄弟車のプラットフォームが形成されて、エクステリア・インテリアに関しては従来の3車のコンセプトを継承して造られることとなります。

車両価格に関しては基本的に現行モデルと同じレベルとなり出来る限り価格アップは抑えるようです。

これにはトヨタのミニバンのラインナップの問題がありエルグランド・ベルファイヤだけでなくエスティマという人気車種との住み分けをしておきたい思惑があります。

トヨタ・エスクァイアのライバル車種

今や日本の自動車マーケットにおいてミドルクラスミニバンは自動車メーカーにとって生命線とも言えるドル箱市場です。それだけに各メーカーが力を入れて開発しているだけに素晴らしいモデルが並びます。

特にセレナとステップワゴンはニッサンとホンダの看板とも言える車種ですからね。

ニッサン新型セレナ

t (606x401)ミドルクラスのミニバンにおいてステップワゴンが前王者とするなら今の現役王者は間違いなくセレナです。昨年はモデル末期にも関わらず人気に陰りを感じさせませんでした。

そんなセレナが畳みかける様にフルモデルチェンジしてノートと並び大人気となっています。

しかもセレナにはこれからe-POWER搭載という飛び道具まで用意されています。正直ステップワゴンで追随できるのか、心配になります。

ニッサン新型セレナのモデルチェンジ情報!ハイブリッドe-POWER搭載!

ホンダ・ステップワゴン

ahh (568x306)最大のライバルにして不振にあえぐホンダのステップワゴンも新型セレナのモデルチェンジ内容を見て異例のマイナーチェンジを施して挽回を狙っています。

e-POWERの搭載が予定されるセレナに対してステップワゴンもハイブリットでの一騎打ちを狙っているようです。

この結果はどうなるでしょうか?

ホンダ新型ステップワゴンが異例のモデルチェンジでハイブリッド搭載!

トヨタのミニバン・エスクァイアの新型へモデルチェンジ情報のまとめ

マイナーチェンジでフロントマスクの高級感を増したエスクァイアはさらに魅力が増して人気が出ることでしょう。

トヨタのエスクァイアは結果から見ると商品としてはコンセプトもシッカリと定められていて、しかもそのユーザーからの支持も受けて販売も好調なわけですから大成功です。

車の開発までのいきさつは色々なケースがあり技術者からの提案だったりマーケティングからの推察だったりもしますが、販売店の要望というある意味不純とも言える要因からスタートしたエスクァイアが名車の雰囲気さえ漂う車に仕上げたこの手のビジネスはトヨタが本当に上手だと思います。

ニッサンのセレナ・ホンダのステップワゴンという強力なライバルだけでなくノア・ヴォクシーといった歴史もある兄弟車と互角に戦っているのは凄いことだと思います。

バブル時代にはマークⅡ三兄弟が有名でしたが、ノア・ヴォクシー・エスクァイアの方が本当の意味で成功した兄弟車種だと思います。

トヨタの兄弟車種と言えばノア・ヴォクシー・エスクァイアを思い浮かべるようになるのも時間の問題かもしれないです。

そしてフルモデルチェンジをしてエスクァイアは歴史が歩まれ更なる名車へ向かうのでしょう。

エスクァイアやセレナなどの新車を買おうか考えている人に必ず車が安く買える方法があります。

絶対知っていた方が良い!車を安く買う簡単なコツとは?

車を安く買うのには値引き交渉は必ず必要ですが、それにはちょっとしたコツがあるんです。

知らないと後で”ディーラーに騙されたぁ!”って悔しがる人もいるんですよ。

その詳しい内容は右の記事で説明ましたので参考にして下さい⇒”誰でもできる車を20万円以上安く買う方法”

簡単な方法ですので是非実行して大好きな新車を安く買って快適なカーライフを手に入れて下さいね。

スポンサーリンク




スポンサーリンク