トヨタ新型ヴィッツがモデルチェンジで大改革へ!WRC参戦ヤリスの理由とは?

トヨタの新型ヴィッツがマイナーチェンジでハイブリッド搭載へ

ヴィッツはトヨタの看板車種の1台で小型車の指針となる様な時代がありました。それが同じトヨタのハイブリッド専用車アクアの登場ですっかり存在感が薄くなってしまいました。

ただしそれはトヨタも臨んだ姿ではないようです。

これからかつての栄光を取り戻すために欧州での売り上げを伸ばすために大きな改良となるフルモデルチェンジの計画が進められています。

しかしその前におそらく2017年早々にマイナーチェンジが行われることが確定しています。今回はそんなヴィッツのマイナーチェンジの内容を見てみようと思います。

スポンサーリンク

トヨタヴィッツの歴史

トヨタのコンパクトカーのスターレットから車名を変更して大きくコンセプトを変更した車で、コスト重視・価格重視の傾向が強かったこのクラスで、エクステリアデザイン性の高さやインテリアの品質を重視した上で、クラスを超えた安全性能や環境性能や燃費性能の高さなど明確なコンセプトの基にコンパクトカー新時代の扉を開けた車です。

初代 ヴィッツ SCP/NCP1#型 販売期間 1999年 – 2005年

g-640x415日本カーオブザイヤー、ヨーロッパカーオブザイヤーを受賞し関係者からの評価が高い上にカローラの販売台数を上回り評価・実績共に日本の歴史に残る車です。

実際に見下されていた感のあるコンパクトかだったのが、オシャレだからヴィッツを買ったというユーザーが増えました。このヴィッツがコンパクトカーが経済的でファミリーに優しい車というイメージを定着させましたね。

2代目ヴィッツ  KSP/SCP/NCP9#型 販売期間2005年 – 2010年

gg-640x404基本的に大ヒットした先代のキープコンセプトでのフルモデルチェンンジでした。しかし多くの意味で質の向上は目覚ましいものがあり正にクラスを超えたプレミアムコンパクトカーという車になりました。

エクステリアに関しても今までのコンパクトカーの様な安っぽさが無く塊り感のある艶めかしい高級感のあるもので他のライバル車に差を付けました。

3代目 ヴィッツ KSP/NSP/NCP13#/NSP15#型 販売期間 2010年-現在

ホンダ・フィットの大ヒットを受けて少し路線変更をして室内の大型化を行いました。そのこともありエクステリアの塊り感のある艶めかしい感じは薄れてデザイン的に2代目に比べて普通なモノになりました。

トヨタとしてもアクアやシエンタ等の計画やアジア戦略の問題もありコンセプトに迷いが見えるモデルの様な気がします。

下のCMですが、トヨタのこういったCMって私はあまり好きじゃないんですよねぇ。これみてヴィッツ買いたいって思いますかね?どうせならニッサンの様に遠くにいっちゃうぐらいぐらいの方が良いんでは?

2017年にマイナーチェンジでハイブリッドモデルの追加

2017年のマイナーチェンジの変更で外観上のデザイン変更はトヨタのキーンルックが更に強調されるフロントマスクとなりライト・グリルがⅩを描くようなデザインに変更されました。

ただ登場が確実されていたルーフカラーをボディーカラーと異なるカラーにする2トーンルーフは採用されませんでした。

2トーンルーフは今の自動車業界のトレンドでスズキの軽自動車ハスラーなどで一般的になりました。トヨタでもシエンタが採用をして都会的でオシャレだとして評判は上々のようですので、ヴィッツにも採用と期待されたのですが、なぜでしょうね。

下の画像が期待された2トーンルーフのヴィッツです。ちょっと日本人には派手すぎと判断したんですかね。オシャレで良いと思うんですけどね。TTTTTTTTT (640x358)そしてエンジンに関しては、ハイブリッドエンジンが搭載されました。

実はヴィッツの海外販売名のヤリスにはハイブリッドモデルは前から存在しています。しかし日本ではハイブリッド専用車であるアクアが同じクラスに存在していて、更にアクアは年間販売台数第1位を争うというモデルでしたので、敢えてヴィッツのハイブリッドモデルを投入してユーザーを迷わすような行為は避けるべきという経営判断がされていました。

しかしアクアの人気も少し落ち着き、ヴィッツをマイナーチェンジする意味で何か目玉が必要となるために今回そのヨーロッパのヤリスの搭載するハイブリッドシステムを改良する形で搭載したわけです。

トヨタ現行ヴィッツのスペック

ではマイナーチェンジ後のトヨタヴィッツの詳細内容を見てみましょう。

トヨタヴィッツのプラットフォーム

現行プラットフォームから変わりません。当然ですよね。マイナーチェンジですからね、プラットフォームを変更になればフルモデルチェンジということになりますからね。

トヨタ新型ヴィッツのボディーサイズ

全長3950mm x 全幅1695mm x 全高1510mm 

ホイールベース 2510mm

丁度良いサイズですね。

トヨタ新型ヴィッツのトランスミッション

ハイブリッドモデル:電気式無段変速機

ガソリンエンジンモデル:Super CVT-i

動力ユニットによって変速機も異なります。

トヨタ新型ヴィッツの駆動方式

FF(フロントエンジン・フロントドライブ)とAWD(4輪駆動車)

FFのフロントドライブとあまりイメージがないかもしれませんが、ヴィッツにも4輪駆動車があります。

トヨタ新型ヴィッツの動力システム

①ハイブリッドエンジン:1.5L直列4気筒DOHC・型式1NZ-FXE+電気モーター

  • 最高出力〈ネット〉 54kW(74PS)/4,800r.p.m
  • 最大トルク〈ネット〉 111N・m(11.3kgf・m)/3,600r.p.m.〜4,400r.p.m.
  • 燃料消費率 JC08モード 34.4km/L
  • 搭載バッテリー:ニッケル電池

②ガソリンエンジン:1.3L直列4気筒DOHC…型式1NR-FKE

  • 最高出力〈ネット〉  73kW(99PS) /6,000r.p.m
  • 最大トルク〈ネット〉  121N・m(12.3kgf・m) /4,400r.p.m.
  • 燃料消費率 JC08モード 25.0km/L

③ガソリンエンジン:1L直列3気筒DOHC・型式1KR-FE

  • 最高出力〈ネット〉  51kW(69PS)/6,000r.p.m
  • 最大トルク〈ネット〉  92N・m(9.4kgf・m)/4,300r.p.m.
  • 燃料消費率 JC08モード 21.6km/L

従来の1.3L と1Lのガソリンエンジンにハイブリッドエンジンが追加されて3種類のユニットになりました。

このハイブリッドシステムは基本的にヨーロッパで売られているヤリス・ハイブリッドと同じもので変更点はエンジンの中身の改良とあくまでセッティング等のソフトの面に限定されています。

日本としては初登場となりますが目新しい技術はなく、どちらかと言えば従来のものを時間をかけて熟成させて到達する結果のユニットです。

そしてハイブリッドユニットの燃費はJC08モード34.4km/Lであり1.3L と1Lの燃費の25.0km/L21.6km/Lを大きく上回るものでアクアには及ばないものの商品力が大きく向上しました。

トヨタ・ヴィッツのグレードと車両価格

ヴィッツハイブリッドモデルの各グレードの車両価格

  • HYBRID F  2WD(FF) 1,819,800円
  • HYBRID Jewela  2WD(FF) 1,983,960円
  • HYBRID U  2WD(FF) 2,087,640円
  • HYBRID U“Sportyパッケージ  2WD(FF) 2,237,760円

ヴィッツガソリンモデルの各グレードの車両価格

  • F“Mパッケージ”  2WD(FF) 1,181,520円
  • F         2WD(FF) 1,325,160円
  • F    (1.3L)  2WD(FF) 1,481,760円
  • F    (1.3L)  4WD 1,589,760円
  • F“SMART STOPパッケージ” (1.0L) 2WD(FF) 1,405,080円
  • Jewela  (1.0L)  2WD(FF) 1,473,120円
  • Jewela  (1.3L) 2WD(FF) 1,703,160円
  • Jewela  (1.3L)  4WD 1,811,160円
  • Jewela“SMART STOPパッケージ” (1.0L)  2WD(FF) 1,553,040円
  • U    (1.3L)  2WD(FF) 1,798,200円
  • U     (1.3L)  4WD 1,906,200円
  • U“Sportyパッケージ”(1.3L) 2WD(FF) 1,952,640円

ヴィッツハイブリッドは最も安いモデルでも約180万円します。ストロングハイブリッドシステムの搭載したモデルとしてはお買い得だと思います。

ただこれはヴィッツ自体の車両価格が安く設定されていることからくるものなので、ガソリンエンジンモデルの最も安いモデルは約120万円とかなりお買い得なのでその価格差を考えるとハイブリッドモデルを買うべきかは悩ましい選択となると思いますね。

日本人はハイブリッド好きですがガソリンモデルでも十分魅力的な車がヴィッツだと思いますので。

トヨタ・ヴィッツのボディーカラー

2トーンカラーは見送られましたが、ボディーカラーの全種類は17色と驚きの多さです。

これだけあれば誰もが好きなボディーカラーが見つかることでしょう。

  • ホワイトパールクリスタルシャイン
  • シルバーメタリック
  • ブラックマイカ
  • ボルドーマイカメタリック
  • グレーメタリック
  • クリアブルークリスタルシャイン
  • スーパーレッドⅤ
  • チェリーパールクリスタルシャイン
  • ブルーメタリック
  • オレンジメタリック
  • ルミナスイエロー
  • ダークレッドマイカメタリック
  • ジェイドグリーンメタリック
  • スーパーホワイトⅡ
  • アバンギャルドブロンズメタリック
  • オリーブマイカメタリック
  • ダークブルーマイカ

トヨタ・ヴィッツの試乗インプレッション動画

グローバルスタンダードモデルのヴィッツはアクアが発売となるまではトヨタというよりも日本車のコンパクトカーの基準とも言えるモデルでした。

全てのメーカーがコンパクトカーを造るうえでヴィッツに対してどのレベルにあるのかを計って造っている様なモデルです。

その為に新型ヴィッツの発売は大注目となります。

下の動画は現行ヴィッツが新発売されたときに私の好きなモータージャーナリストの河口まなぶさんによる試乗インプレッション動画となります。

雑誌の様な広告主から縛られた奥歯に挟まった様な表現ではなく本音で話してくれるので、参考になるんですよね。

各メーカーが本気で造ったモデルでもやはり完成度には差が出るんですよね。

こちらの動画は最大のライバルであるホンダのフィットとの直接対決での比較になります。

GAZOOはトヨタの関連会社ですから、この企画を考えた時点でフィットに対しては自信を持っているということですよね。

しかしフィットもリコール問題があり暗いイメージとなりはしましたが、車の完成度は一級品です。

やはりコンパクトカーは日本のメーカーが得意とするジャンルですよね。

トヨタ・ヴィッツのモータースポーツ活動

2017年のWRCに1999年から18年ぶりにWRCに参戦しました。従来のセリカはもう市販されていないこともありWRカーのベース車両は”Yaris WRC”(日本名ヴィッツ)が選ばれました。

その参戦するチーム体制は、総代表がトヨタの豊田章男社長そしてチーム代表は、WRCで4年連続王者となったトミ・マキネンとなり、チームは”TOYOTA GAZOO Racing WRT ”となりました。

下はその”Yaris WRC”の開発映像です。

”Yaris WRC”が実際にレースに参戦した走る映像です。エギゾーストノートが最高にかっこいいです。

そして驚いたことに2017年のWRCに参戦して第2戦目となる第2戦ラリー・スウェーデンで、なんと!ラトバラが優勝しました。

トヨタもまさかたった2戦で優勝できるとは思ったなかったでしょう。F1ではホンダが苦戦をしている現状としては日本人としては本当にうれしい話ですっ!

トヨタ・ヴィッツのスポーツグレード

このYaris WRCの活躍の受ける形でそのイメージのスポーツモデルを発売することが決まっています。

トヨタでは従来のチューンモデルブランドのG’sシリーズが廃止となり、新ブランドのスポーツモデルとしてGRMNへと切り替わることとなります。

そのスポーツモデルの企画・監督を担当するのが、トヨタの社内で分社化されたモータースポーツ部門も担当するGAZOO Racingです。

ヴィッツとしては2017年に発売するスポーツモデルヴィッツTGRもしくはヴィッツ GRMN2が初モデルとなります。

これは新型ヴィッツに専用のパーツを組み込みチューニングしたGRシリーズのGRMNの第2弾であり、限定200台というスペシャルモデルです。

ヨーロッパでも同時発売の予定で下の写真のようにテスト走行のスクープ写真が撮影されています。出典:http://www.caradvice.com.au

このモデルは東京オートサロン2017でコンセプトモデルとして公開した”Vitz TGR Concept”であり、事実上の2013年に限定発売したヴィッツ GRMN Turboの第2弾なので、ネーミングがヴィッツTGRとなるのか、ヴィッツGRMN2となるのか、正式発表を待つことになっています。

ヴィッツ GRMN Turboとは、GAZOO Racingがチューンにングしたコンバージョンモデルでディーラーを通さずにWeb限定での申込みを受け付け、ネッツ店のAREA86から200台のみの限定で発売した革新的モデルです。

これがヴィッツ GRMNの車両紹介動画です。

そしてこれがヴィッツ GRMNの走行インプレッション動画です。限定200台ですから貴重な話ですね。

2017年の発売予定の新型ヴィッツGRMN2(TGR)はロータス製のスーパーチャージャーを搭載するモデルでこのエンジンはロータスが手掛けるものでエリーゼにも搭載しているユニットです。

これはロータスがトヨタから2ZR-FE 1.8Lエンジンの供給を受けていて自社のスポーツモデルのエキシージやエボーラにも搭載しているモノと同じになります。

ヴィッツGRMN2(TGR)の予想スペック

  • 全長:3980mm×全幅:1695mm×全高:1490mm ホイールベース:2510mm
  • 乗車定員:5人2ZR-FE 1.8L 直列4気筒 DOHCエンジン イートン・スーパーチャージャー
  • 最高出力:162kw(220ps)/6,800rpm最大トルク:250Nm(25.4kg/m)/4600rpm
  • トランスミッション:6MT
  • 駆動方式:FF  ブレーキ:対向4ピストンキャリパー
  • ホイール&タイヤ:BBS製専用アルミホイール 215/45 R17タイヤ

 日本においてはWRCを連想させるデカールはオプションとなるようですが、ヨーロッパではデカールが張られた状態での販売となるようです。

もしWRCで総合優勝するようなら2017年のWRCチャンピオン記念モデルとして発売となる可能性が高いと思います。

トヨタ新型ヴィッツのモデルチェンジ情報

それではここからはヴィッツのフルモデルチェンジの情報を見ていきましょう。

トヨタ新型ヴィッツのフルモデルチェンジ

実は過去のモーターショーにおいて次期ヴィッツのコンセプトモデルととして話題なったことがあります。

そのモデルは2012年のジュネーブ・モーターショーで発表された”トヨタFT-Bhコンセプト”です。

当時の海外メディアではヤリスの新型モデルのベースであると騒がれました。下がその写真ですが流石にこの完成度では市販車モデルを想像もできないですよね。 その”トヨタFT-Bhコンセプト”を動画でも紹介しています。

今回のフルモデルチェンジでは大きな改革がされると言われるヴィッツですが、世界的にそのブランドを統一する予定です。それはブランド名も車体もグローバルスタンダードモデルとして統一してその知名度を上げ更にはコストダウンを徹底するというものです。

現在のヴィッツはその地域に適合した車名がありボディーに関しても同じ車では無かったりします。

この名前をヤリスにすると同時に同じ車体とします。

この戦略があるのでヤリスとしてのWRC参戦となるわけです。ヤリスがWRCに参戦して知名度を上げてもヤリスを売っていなかったり全く違うモデルだとしたら宣伝効果は半減しますからね。

次のフルモデルチェンジでヴィッツという名前ではなくヤリスとして販売されることでしょう。

下の写真は現在ヤリスとして売られているアジア専用のモデルです。より小さいエンジンに広い室内と車載性をヴィッツよりも追求したモデルとなります。

それとアジアモデルは中国人をはじめ見栄っ張りの多い国民性を反映してエアロなどで装飾してあることが多いですね。

なので、結構カッコ良かったりもします。

アジア向けヤリスのタイのCMです。

新型ヴィッツが搭載するエンジンは、新開発TNGAエンジンとネーミングされた新開発次世代型エンジンで直列3気筒1.0Lターボエンジン(ダウンサイジングターボ)と直列4気筒1.2Lエンジン、そして本命の新開発ハイブリッドユニットとして直列4気筒1.5Lエンジンに新世代THSⅡと組み合わされたユニットが用意されます。

従来だと地域ごとにエンジンのラインナップも異なりましたが、今回は世界共通となり日本でも最初からハイブリッドエンジンが搭載されます。

このハイブリッドエンジンの燃費はJC08燃費45.0km/Lを目標に開発されているとも言われており、流石に実現は難しいとは思いますが、登場時期が近いアクアの新型とどちらの方が高燃費となるのかは注目を集めることでしょう。これからのトヨタ車のBセグメント車全てでの採用となる次世代型プラットフォームTNGAのBプラットフォームがアクアと同じく使用されます。

これにより車輛重量・積載性・車体剛性・コストパフォーマンス・ハンドリング性能・静寂性と全てにおいてレベルが上がることが確実視されていますが、開発が遅れているのも事実です。

本来なら2017年にはフルモデルチェンジを予定していたのですが、開発が間に合わなかったために2017年にビッグマイナーチェンジを行いフルモデルチェンジを2020年まで延長することになりました。

新型ヴィッツのサイズは世界統一規格に向けてやや大型化されて、全長 3900mm×全幅 17000mm×全高 1460mm、そしてホイールベース 2560mmとなるようです。

そして現行モデルと同じくWRCを意識したスポーツモデルがGAZOO Racingから発売となりトヨタのスポーツモデルブランドを大きく前面に押し出して、BMWのMやメルセデスのAMGを意識した戦略を取っていくこととなります。

トヨタ新型ヴィッツのライバルの動向

コンパクトクラスは本当に強豪のライバルが多いクラスですよね。開発にもお金が掛かっていますし世界戦略車も多いのでメーカーの力の入れようが違います。

そんなライバルたちの動向も気になりますよね。

ニッサン新型ノート

ziiii-616x324ニッサンのハイブリッドe-POWERがマイナーチェンジで追加発売されると脅威の人気となり遂にアクアと新型プリウスを抜き去り国内販売台数NO1を獲得しました。

ニッサンもここまで人気となるとは思っていなかったのではないでしょうかね。そしてその人気がこのコンパクトカー部門の激戦に油を注ぐこととなりました。

ニッサン新型ノートがモデルチェンジでハイブリッドe-POWERを追加!価格と技術に注目

ホンダ新型フィット

uuuuuuuuuuuu (630x412)ホンダのフィットもリコール問題がありイメージが悪くなってしまいましたが、販売面では悪くはありません。今回のマイナーチェンジでも打倒アクアのための用意が進んでいます。

ホンダフィットがモデルチェンジ!新型は燃費の向上が軸

ニッサン新型マーチ

aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaニッサンのマーチは現行モデルが価格重視のコンセプトが外れて目立たない存在となっていました。しかし新型はニッサンの威信をかけてクラスに捕らわれないほどの質の高い車を開発しているという話です。

大者アクアを倒すのは新型マーチかもしれません。

2017年発売の日産新型マーチのモデルチェンジの内容が凄い!

トヨタ新型アクア

ddddddddddddd (640x320)

トヨタの敵はトヨタ、そんな言葉が似合うほどの関係がアクアとヴィッツにはあります。アクアに配慮してハイブリッドを敢えて搭載してなかったヴィッツはハンデを与えられてアクアと対決していたようなものです。

しかしハンデが必要ないほどのハイブリッドエンジンを得たヴィッツでも十分以上に魅力的なモデルへとアクアもチェンジするようですよ。

しかもフルモデルチェンジするアクアは驚愕の燃費のようです、詳しくは↓の記事を読んで下さい。

2017年に登場するトヨタ・新型アクアの燃費に驚愕!フルモデルチェンジの内容とは?

トヨタ新型ヴィッツがモデルチェンジで大改革のWRC参戦理由のまとめ

どうでしたか?マイナーチェンジが行われ現代風に化粧直しされるヴィッツ、そしてフルモデルチェンジして大きく変わる新型ヴィッツの話は。

現行モデルのエクステリアのX字を書くフロントデザインも迫力があり良いと思いますよね。

現行モデルではハイブリッドエンジンに関してはヤリスハイブリッドやアクアと比べても目新しい技術はないですが、基本から細かい部分を見直してセッティングを試して燃費の限界数字を上げてくるのもプロの仕事ですから好感が持てます。

ハイブリッドシステムになっても今のガソリン車のような芯のある走りの良さが保たれているなら意外と伏兵となる良いハイブリッドカーの誕生になるかもしれません。

ハイブリッドがなくともトヨタ・ヴィッツは世界に誇る良い車だと思います。

そしてWRC参戦としたトヨタのヴィッツをグローバルスタンダードとしてリニューアルする計画には少し驚きますがこれも時代なんでしょうね。

名前が変わったとしても良い車に生まれ変わるのなら応援したいものですね。

新型ヴィッツやアクアなどの新車を買おうか考えている人に必ず車が安く買える方法があります。

絶対知っていた方が良い!車を安く買う簡単なコツとは?

車を安く買うのには値引き交渉は必ず必要ですが、それにはちょっとしたコツがあるんです。

知らないと後で”ディーラーに騙されたぁ!”って悔しがる人もいるんですよ。

その詳しい内容は右の記事で説明ましたので参考にして下さい⇒”誰でもできる車を20万円以上安く買う方法”

簡単な方法ですので是非実行して大好きな新車を安く買って快適なカーライフを手に入れて下さいね。

スポンサーリンク




スポンサーリンク