ホンダ新型ヴェゼルのモデルチェンジ情報!ディーゼルや6MTが搭載か?

ホンダ新型ヴェゼルの最新モデルチェンジ情報

世界的なSUVブームが起きてている中で日本ではホンダのヴェゼルが圧倒的な人気を誇り2014年と2015年で2年連続の販売台数でランキング1位となりました。

2013年に発売されて依頼、毎年の年次改良も行われて細かい部分の変更もされてきましたが、マイナーチェンジが2016年の2月にされてグレードのRSが追加されました。

最新の安全装置に関してがライバルに対して唯一の問題点と指摘されていましたが、そのマイナーチェンジでHonda SENSINGもオプションで選択できる様になり死角が無くなったとも言えるヴェゼルです。

しかしこれからヴェゼルの購入を考えると誰もが気になるのはモデルチェンジの時期とその変更内容ですよね。現行のヴェゼルを買ったのに、すぐにモデルチェンジされたら悲しいですからね。

今回はそんなヴェゼルの新型モデルに関する情報とヴェゼルとはどんな車なのかを合わせて見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

ホンダ・ヴェゼルとはどんな車か?

2013年に発売されたホンダの小型SUV(多目的ヴィ―グル)のヴェゼルは、ホンダの最新の技術が多く投入された上にスタイリッシュなエクステリアデザインとお得感のある車両価格で一気に人気車種となりました。

CMで見てそのスタイリングが気に入った人も多くいたと思います。

ホンダ・ヴェゼルの魅力

ホンダ・ヴェゼルは3代目フィットのプラットフォームを使ったBセグメントに属するコンパクトSUVです。

その売りは通常のセダンと変わらない取り回しの良さとワンクラス下にも迫る車両価格の低さとセンタータンクレイアウトという構造を活用して実現したワンクラス上のモデルにも迫る車内空間の広さと積載スペースの広さ、それにインテリアに関してもホンダにしては珍しく高級感を演出したものです。

装備に関してもワンクラス上とも言えるものを贅沢に搭載させています。

追突低減オートブレーキやリアアクティブフォースペダルもそうですし、電動パーキングブレーキは今でも高級車にしか搭載されていないことも多い中すでに装備されています。

エンジンにしても動力性能を重視したガソリンエンジンと経済性を重視したハイブリッドエンジンの2種類を用意した上に車両価格と燃費性能を重視したFF車と雪道等での走破性を重視した4WDモデルを用意して万全の布陣を用意してホンダの本気の姿勢が見えるものでした。

その努力もありヴェゼルは世界でも有力視されるコンパクトSUV市場でも有数の人気のグローバルモデルとなりました。そのためにホンダもヴェゼルに対して年次改定を含めて改善と最新装備の追加を惜しみなく投入して車の完成度をさらに向上させて世界で戦える車として育てていきました。

その結果、ヴェゼルはクラスを超えてワンランク上の車種とライバルとして比較購入されることになりました。同クラスでは抜きんでた人気となりましたからね。h (640x341)

ライバル車種との燃費比較

今のユーザーは経済性が重要視されています。つまり燃費性能ですよね。ライバル車種となるニッサンのジュークとマツダのCX-3の燃費をヴェゼルと比較してみましょう。国産SUVと比較してみましょう。

ホンダ・ヴェゼルの燃費性能

  • ガソリン車   JC08モード燃費20.6km/L
  • ハイブリッド車 JC08モード燃費27.0km/L

ニッサン・ジュークの燃費性能

  • ガソリン車   JC08モード燃費18.0km/L
  • ターボ車    JC08モード燃費14.2km/L

マツダ・ CX-3の燃費性能

  • FF MT ディーゼル車    JC08モード燃費 25km/L
  • FF AT ディーゼル車    JC08モード燃費 23km/L
  • 4WD MT ディーゼル車   JC08モード燃費 23.4km/L
  • 4WD AT  ディーゼル車   JC08モード燃費 21km/L

マツダのCX-3はクリーンディーゼルですから、ガソリンのハイブリッドと同じように比較するのもどうかと思わなくはないのですが、実際に購入を検討される人は横並びにして検討するわけですから敢えて比較してみました。

実際に数字的に1番良いヴェゼルハイブリッド車のJC08モード燃費27.0km/L事実ですしね。

レンジローバー・イヴォーグとヴェゼルの関係性

実はヴェゼルはベンチマークして開発されたと言われる車種があります。通常は同クラスの優秀なライバル車種を目標に造るものですが、ヴェゼルはその車種をレンジローバーのイヴォーグを意識して(コピーして!?)造られた車だと言われています。

車両価格で言えば、約3倍という差もある車種ですが車の完成度に関しては同レベルとなることを目指したということです。

この考え方は昔のホンダの様な熱いスピリッツを感じますね。そんなホンダの本気度もあり大ヒットモデルとなったわけです。因みにレンジローバーのイヴォーグがどの様な車か知っていますか?

下の動画はイヴォーグの紹介動画ですが、確かにエクステリアデザインは細部は全く違うのですが全体のスタイリッシュさは似通ったものを感じますね。

ヴェゼルが初公開されたのは2013年の北米国際自動車ショーで発表された”アーバンSUVコンセプト”でした。

この時にホンダはイメージ映像を世界初披露しました。その洗礼されたスタイリングでインパクトを残しました。

ヴェゼルはこの”アーバンSUVコンセプト”をベースとして開発されたモデルです。

ホンダ・ヴェゼルの最新安全装備

ホンダセンシング(HONDA SENSING)

ヴェゼルにはホンダが誇る先進の安全運転支援システム・ホンダセンシング(HONDA SENSING)が搭載されています。

ホンダセンシング(HONDA SENSING)は、事故を回避・予防して人を守るという概念から考え出された”事故に遭わない社会”というコンセプトを基に開発された技術であり、個別の技術としては、衝突軽減ブレーキ ・歩行者事故低減ステアリング ・アダプティブクルーズコントロール ・車線維持支援システム ・路外逸脱抑制機能 ・誤発進抑制機能 ・先行車発進お知らせ機能 ・標識認識機能を装備して実際の機能はこの技術を組み合わせることで、自動ブレーキや車間・車速制御機能や高速道路運転支援システムを実現するものです。

そしてその真の目的は、多くの人が高度な運転技術を用いなくとも車自体のアシストにより高度な事故の予防や回避策を行うことを可能としています。

ホンダ・ヴェゼルのリコールは大丈夫なのか?

ホンダは近年リコールが多く発生していて業績や新車開発の不振に響くほどの影響を出しています。ただそれはホンダが真摯にリコール対応をしていることでもあり、売り上げよりもリコールを優先した方針だったことの表れだとも言えます。

ヴェゼルもホンダのリコール対象車となりました。

本田技研工業は2016年4月4日、アイドリングストップシステムに使用される電気装置(昇降圧充放電コンバータ)に不具合があるとして「フィット」「ヴェゼル」の2車種、計16万4388台のリコールを国土交通省に届け出た。リコール対象車の製作期間は、2013年8月2日~2016年2月13日。

ホンダの正式の通知は下の様な内容になっています。

不具合の部位(部品名):電気装置(昇降圧充放電コンバーター)

基準不適合状態にあると認める構造装置又は性能の状態及びその原因

キャパシター電源を使用しているアイドリングストップシステムにおいて、キャパシターの充放電電圧を制御する昇降圧充放電コンバーター内部素子の過電流保護が不十分なため、アイドリングストップからの再始動時等に生じた過電流が当該コンバーターへ流れ、内部素子が損傷することがあります。そのため、そのままの状態で使用を続けると素子が発熱し、素子周辺の樹脂材が炭化し電流が流れ続け、発煙・発熱し、最悪の場合、火災に至るおそれがあります。

改善措置の内容: 昇降圧充放電コンバーターを対策品と交換します。

自動車使用者及び自動車分解整備 事業者に周知させるための措置

・使用者:ダイレクトメール等で通知します。
・自動車分解整備事業者:日整連発行の機関誌に掲載します。

・改善実施済車には、運転者席側ドア開口部のドアストライカー付近にNo.3797の
ステッカーを貼付します。

簡単にいえば、ヴェゼル(ガソリン仕様車)とフィット13G(ガソリン仕様車)の2車種を対象に電気系部品の不具合がありアイドリングストップを行い、エンジンが再起動するときに過電流となることにより助手席の下部付近から発煙または発火する危険があるということです。

確認されている不具合の件数32件であり、実際に発火事故も2件確認されています。対応策は電動パワーステアリング制御コンピュータとエンジン制御コンピュータのプログラムを改善策を施された新プログラムに変更することで対応可能とのことです。。

修理費に関してはリコールですから当然無料であり、修理時間時間に関しても1時間から2時間程度で済みます。

リコールはキチンとメーカーが対応しさえすれば問題はありません。その点で今回のホンダの対応は誠実なものと言え安心して良いと思います。hhh (640x382)

リコールで注意すべきこと

ただしリコールでは別の意味で気を付けないといけないことがあります。

工業製品でのリコールは無くすことの出来ないもの(多すぎるのは勿論問題ですが)でありその対応こそが真価を問われるものだと思いますが、ユーザーにおいて大切なことがあります。リコールの通知を受けても面倒くさいということでディーラーに行かない人がいたりします。

しかしこれって大きな危険を含むことになります。

それはリコールの対象個所が原因で事故が起きる可能性があるのは勿論ですが、もしリコールの内容を原因とした事故が起きた時にはその賠償に関しては使用者の過失になる可能性があるということです。

オーナー自身が危険を知っていながら放置をしたという責任が生じてしまうということですね。気を付けましょう。

ホンダHR-V

aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa (640x337)ホンダのヴェゼルは前モデルが無いと言われていますが、実はホンダは嘗てはこのクラスの小型SUVを生産していたことがあります。デザインやコンポーネンツが全く異なるので、関係性が無いように見えますが、実際はHR-Vの後継車とされていてもおかしくないと思います。

HR-Vは1998年から2006年までホンダが販売していた小型SUVで、ハイライダースタイルという独自のスタイルを提案して、ドライブの楽しさ・車の使い勝手の良さ、安全制の向上、環境対策などの全ての要素を盛り込んだ既存のカテゴリであるSUVとは異なる新ジャンルのクルマであるとして”ジェットフィール・ハイライダー”と呼びました。

ただしそのコンセプトが時代を先取りし過ぎたのかヴェゼルとは異なり販売の方は良くありませんでした。その販売不振もありイメージがヴェゼルに継承されないように後継車とは公には言わないのでしょう。

実際に海外ではヴィゼルという名前ではなくHR-Vの2代目として販売されています。下の動画はタイでHR-Vとして売られているCMです。

こっちはインドネシアのHR-VのCMです。

ホンダ新型ヴェゼルの予想スペック

ヴェゼルのモデルチェンジですが、2017年か2018年にマイナーチェンジがあることは予想されていますが、まだまだその詳細内容に関しては見えてきていません。その中でも噂されている内容になります。

ただし外観を中心として現行モデルが人気車種であるために基本的にはキープコンセプトとなりデザイン上の大幅な変更は行われないでしょう。

機能面か技術面での改善がマイナーチェンジでの中心となることは間違いないでしょう。

ダウンサイジングターボの搭載

世界的なトレンドを受けてダウンサイジングターボの搭載が予想されています。ですがこれはダウンサイジングターボの本場であるヨーロッパ市場を意識してのもので海外モデルの搭載は確実ですが、日本のヴェゼルに導入されるかは微妙なところでしょう。

それはハイブリッドモデルがヴェゼルには用意されているので、日本の道路事情の渋滞や信号での停止と発進を繰り返すことを考えればダウンサイジングターボよりハイブリッドエンジンの方が向いていることを考えるとどうなるでしょうか?

クリーンディーゼルエンジンの搭載

ディーゼルエンジンに関しても同じで日本市場よりもヨーロッパ市場を見据えたものとなります。

ただし日本でのマーケットでもマツダがディーゼルエンジンを搭載することで成功して、クリーンディーゼルも認識されてきていますのでこのままクリーンディーゼルをマツダに独占させる訳もいきません。

これは販売台数を狙ってというよりもホンダのディーゼルエンジンのイメージ戦略として販売する可能性が高いです。

マツダイコールクリーンディーゼルというイメージ戦略に対抗していくという考え方ですね。

6速MTの搭載車

ドライブを積極的に楽しむことを目的としたミッションをマニュアルミッションとする可能性があります。しかもスポーツ走行に向いた6速マニュアルを搭載すると言われています。

ただしヴェゼルハイブリッドのi-DCDシステムに関しては一体型の仕組みのためにマニュアルミッションの搭載は不可能とは言わないですが販売台数を考えるとコストパフォーマンスに合いません。

そのためにハイブリッドモデルにはマニュアルは搭載されないでしょう。

RSの様なスポーツモデルの専用ガソリンエンジンの搭載車に、燃費よりもドライブを楽しむユーザーのためにマニュアルミッションを用意する可能性が高いですね。hh (640x307)

ヴェゼルのライバルの最近のモデルチェンジ車種

ヴェゼルの購入を考える上でライバル車や同じジャンルの車のフルモデルチェンジも気になる所ですよね。直接的なライバルであるニッサンのジュークはもうすぐフルモデルチェンジが行われますが、マツダのCX-3に関しては当面の予定はありません。

それに同じSUVでクラスの近いモデルも3車種フルモデルチェンジの予定があります。ヴェゼルは人気もあり質感も高いので実際に購入候補としてはミドルクラスSUVとで悩まれる人が多い様です。

ニッサン新型ジューク

nnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnn (640x340)ヴェゼル最大のライバルとなるのがニッサンのジュークです。今でこそ販売数でも人気でも大きな差を付けていますが、ジュークも発売当初はとても話題になった車種です。フルモデルチェンジを迎えることでヴェゼルとの立場が逆転する可能性も十分にあります。

その気になる内容は↓の記事に詳しく書いてありますので読んで下さい。

日産ジュークJUKEの新型のスペック!モデルチェンジは2016年から17年へ変更

マツダ新型CX-5

zggggggggggggg-640x464今、ノリにノッテいるマツダのSUVの代表車です。本来のライバルはCX-3ですが、マツダのCX-5も同価格帯であり、しかもフルモデルチェンジが2月に行われましたから、競争力が増しています。

実はこのフルモデルチェンジでは、スカイアクティブのセカンドステージが初めて搭載されるのではと注目されていたのですが、残念ながら1.5世代と言える内容ではありました。

それによりスカイアクティブのセカンドステージのマツダの渾身作であるクリーンディーゼルにハイブリッドシステムを組み合わせた新エンジンを搭載は間に合いませんでした。

それでも今現在の最新技術を搭載した魅力あるモデルとなり、完成度が非常に高いモデルとなったので玄人受けの評判も良いです。新型CX-5のモデルチェンジ内容は詳しくは⇩の記事でご覧ください。

2017年CX-5が新型にフルモデルチェンジ!ハイブリッドディーゼル搭載か?

スバル新型フォレスター

zaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa (627x414)フォレスターも今勢いのあるスバル車だけあって強力なライバルです。ボクサーエンジンに4WDの車で走破性能は言っ級品です。

スバルの4WDシステムは長い時間をかけて成熟の技術ですから安心して乗ることが出来ます。

フォレスターの新型のモデルチェンジ内容は下の記事で特集してあります。

スバル・フォレスターが新型へモデルチェンジ!プラグインハイブリッドは?

ニッサン新型エクストレイル

bbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbb (611x323)初代の頃から引き継がれるスタイリッシュでスポーティーな外観と高性能な走行性能に環境対策もされている点などから多くの支持を集めているSUVです。

そのモデルチェンジの内容は↓の記事に詳しく書いてあります。

2016年のニッサンの新型エクストレイルのモデルチェンジの内容とは?

ホンダ新型ヴィゼルの最新モデルチェンジ情報のまとめ

ヴェゼルのクラスを超えた人気は今だ衰える気配はありません。この流れの中ではマイナーチェンジでは外観は殆ど変更はされないと思われますし、おそらくフルモデルに関してもキープコンセプトとなりデザインの大きな変更は行われないと思います。特にホンダは人気モデルのフルモデルが得意ではないので安全策でキープコンセプトとなることが予想されます。

逆に言えば最新技術や高級装備などで話題と魅力を増すことが必須となることとなるために、ダウンサイジングターボやクリーンディーゼルといったものが搭載される可能性が高いと言えます。今のヴェゼルが守りの論理でマイナスの少ないことが売りのモデルだとすれば、攻めの改定が行われるということです。

車好きには現行モデルの評価はそういう意味で高くはなかったのですが、マイナーチェンジ・フルモデルチェンジではより魅力的で多くの層から高い評価を得れるグローバルモデルとなることが予想でき楽しみでもあります。

ヴェゼルやジュークなどの新車を買おうか考えている人に必ず車が安く買える方法があります。簡単な方法ですので是非実行して大好きな新車を安く買って快適なカーライフを手に入れて下さいね。

”車を買うときに得する方法”を紹介をしたいと思います。

新しい車が欲しいなぁって思ったら欲しい車をディーラーに見に行って試乗したりしますよね?その時は好きな車を目の前にして本当にワクワクして楽しいものです。そして殆どの人はそのハイテンションのまま見積りを受け取り値引き交渉を始めていると思います。

これっ、絶対に止めて下さいっ!

これでは丸腰のままで戦に出るようなものです。車の購入の値引き交渉は戦いなんです。戦というものは戦いが始まる前に8割は結果は決まっています。必ず準備をして臨むようにしましょう。

準備をして交渉に臨むこれ正に勝つべくして勝つです。

1.最大値引きを勝ち取るには販売店同士で競合させるのがベスト

本命のディーラーに新車を見に行く前に必ず競合させる車種と販売店を想定して下さい。同じ車で違う系列店ならベストですし他社のライバル車と販売店でも良いです。

先ずはライバル店に訪問して見積りを出して貰いましょう。そしてその見積りと情報を持って必ず最後に本命の販売店に行きましょう。

2.重要なのは値引きより下取り!そしてディーラー下取りは安いという現実

大切なことなのでもう1度書きます。

車を安く買うのに大事なことは、値引き額よりも下取り査定額の方が重要

と言うのは車両値引き10万円を引き出すのは本当に大変なんです。でも買取りの専門業者の下取り価格ならディーラーと比べて10万円どころか2・30万円以上も高額なことも普通だからです。

知人のレクサスでは70万円以上も高かったです。でもこれは車両価格の高いレクサスだからですけどね。

実際の買取り専門業者への依頼方法とはインターネットで簡単な必要事項を入力するだけです。その後に電話があり向こうから車を見に来てくれます。

高額査定を引き出すコツは、依頼する買取りサイトは複数社の見積りが一括で取れる査定サイトを選ぶこと、そして最低2社へ依頼することです。これは1社の一括査定で複数社に依頼しても業者同士が顔なじみで談合されることもあるからです。

2社に同時に依頼をして競争原理を確実に働かせて買取り額を高めて下さい。私のおススメの買取り査定はかんたん車査定ガイドカーセンサーネット査定です。

おススメの理由は、どちらもガリバー等の大手を含めて一括で依頼出来る点と更にかんたん車査定ガイドは入力と同時に下の画面の様にあなたの車の相場額が表示される点にあります。

もし今すぐに売る予定はなくても自分の車がいくらの価値なのかは今後を考える上で知っておいて損はないでしょう。予想以上に高額な査定額だったから今すぐに好きな新車に買い替えることにしたという嬉しい話も珍しくないんです。

かんたん車査定ならその場で入力するだけで価格が分かりますからね。

あなたの車も調べてみたら予想以上に高額な値がついて驚くかもしれませんよ?

dddddddddddddddd

この2つのサイトでの見積り依頼をすれば競争原理が働き高額査定が出る可能性はかなり高いです。更に確実とするなら業界で評価の高いズバット車買取比較にも頼めば確率は上がります。

でも査定業者が多くなり過ぎると対応が大変ですからかんたん車査定ガイドカーセンサーネット査定だけで十分だとは思いますよ。

そして見積書を持ってディーラーに行って下さい。そうすれば買取り業者の見積額を基準に下取り価格を提案してきます。その額と比較して高い方に売れば良い訳です。基準がないとディーラーが安い見積りを出しても分からないですからね。

この様に万全な準備をして値引きと下取りの両方から最大値引きを引き出しましょう。

特に下取りはディーラーの見積もりだけでは違いも分かりませんし、カーナビやエアロや海外旅行の代金ぐらいは簡単に差が出ますから試してみることをおススメします。

おススメはこの2社⇒かんたん車査定ガイドカーセンサーネット査定

スポンサーリンク




値引き交渉の詳しいテクニックを知りたい人には⇩の記事で説明しています。

誰でも出来る!20万円以上新車を安く買う4つの法則


スポンサーリンク