トヨタ新型ランクル・プラドのモデルチェンジ予定と値引きや納車情報

トヨタ新型ランドクルーザー・プラドのモデルチェンジ情報

トヨタのプラドはミツビシのパジェロが日本で大ブームとなった時代にトヨタが対抗するモデルとして本格的最高級SUVであるランドクルーザーから派生する形で誕生したモデルです。

しかしランドクルーザープラドはランドクルーザーもそうであるように、オフロードでの性能にも拘った本格的なSUVです。

ランドクルーザーが日本の道理事情を考えるとボディーサイズが大きすぎるので、プラドの方が日本のマーケットには合っていると言えます。

そのため本家のランドクルーザーよりもプラドの方が日本では有名になっていたりもして、ランドクルーザーってプラドの事と思っている人もいます。

ミツビシのパジェロが販売数に伸び悩んでいる中でもプラドは現在でも安定的な人気を維持し続けるモデルです。

今回はランドクルーザー・プラドの安定した人気の秘密やその歴史とモデルチェンジの最新情報を見ていきましょう。

スポンサーリンク

トヨタ新型ランクル・プラドの歴史

トヨタ ランドクルーザープラドは、当時爆発的な人気を誇ったミツビシのパジェロに対抗すべく造られたモデルでランドクルーザーと基本構造を同一としながら、1クラス小さいボディーサイズのSUVとして誕生しました。

ランドクルーザーのライトモデルと言われたのですが、その基本部分は今の流行りのフレームを乗用車と共通化するクロスオーバーSUVではなく本格的なSUVとしてオフロードの性能を重視したラダーフレーム構造で造られたモデルです。

そのオフロード性能においてもデザインにおいてもライバルのパジェロを意識しまくって造られたモデルであり後発モデルだからこそライバルに対して全ての面で上回ることを目指して設計されていました。

この戦略はトヨタがこれまでの歴史の中で時々取るモノで他のメーカーが大ヒットさせたモデルと同じコンセプトのモノを当ててくる大メーカーのだからこその戦略です。

しかもトヨタはこれが非常に得意で、非常に短い開発期間になるにも関わらず高い完成度のモデルを発売することが出来るので、実に憎たらしかったりもします。

トヨタ初代プラド  70系 販売期間 1990年 – 1996年

i (640x383)初代プラドはランドクルーザーのライト版モデルと言うことでフレームに関してもランドクルーザーのモノを改良して軽量化して使用しました。

エンジンに関してはハイラックスサーフのモノを搭載してトヨタの評価の高い2車種の根幹を使用して造られました。

このモデルからプラドのサブネームが使用されるようになりましたが、前モデルはランドクルーザーワゴンと言います。

しかしこのモデルからコンセプトがハッキリしたモデルとなりエクステリアデザインや高い運動性能やサブネームのプラドが受けてヒットモデルとなりました。

トヨタ2代目プラド 90系 販売期間 1996年 – 2002年

ii (640x390)初代モデルが人気となったことでプラドのコンセプトの方向性が定まったことと社内的な予算も増えたことを受けてより完成度の高いモデルとして2代目プラドが登場します。

このモデルはエンジンだけでなく、フレームに関してもハイラックスサーフと共有するモデルとなりました。

これによりランドクルーザー程の高いオフロード性能は無くなり、乗りやすく快適性の高いモデルとなりハイラックスサーフ・プラドなどと心無い人には呼ばれたりもしました。

しかし実際の人気は高く販売台数に関しても好調ということで、プラドはマーケットから受け入れられました。

その人気の理由にはエクステリアデザインが武骨なSUVの独特のモノからスマートな都会的なデザインへと変わったことも大きな要素でした。

この2代目プラドのデザインの方向性がランドクルーザーから独立した現在へと流れるプラドのコンセプトデザインになりました。

トヨタ3代目プラド  120系 販売期間 2002年 – 2009年

iii (640x453)3代目プラドはランドクルーザーとは異なる方向性を明確に示して、内装の質感の向上と乗り心地と快適性の改善そしてスタイリシュなデザインとなります。

オフロード性能に関しても決して低いモデルではないのですが、何をおいてもオフロード性能が優先する車でもなくなったのも事実です。

そしてこの方向性に関してはセールスの好調ということを考えると正しかったと言えます。

特にトヨタに関しては車屋ではなく商社と揶揄されるぐらい売り上げに拘りのある会社ですから大正解ということなのでしょう。

なんか少し寂しい気もするのですが、これがミツビシのパジェロとプラドの現在の状況を分ける要因だったのは間違いないですから、トヨタが正しいのも自明の理でしょう。

この高級化を象徴するようにプラドは北米市場ではレクサスブランドの車として販売されます。

トヨタ4代目プラド 150系 販売期間 2009年 – 現在

iiii (640x389)4代目プラドは2009年にフルモデルチェンジされて2013年にマイナーチェンジを施し、2015年にはクリーンディーゼルエンジンを搭載したモデルが追加されました。そしてライトモデルの象徴の3ドアモデルの国内販売は中止となります。

3代目プラドでコンセプトの正しさを証明したその方向性を更に強めて、ボディーサイズは大型化されて室内空間の拡大が図られ、運動性能においてもオフロードの走破性よりもオンロードの快適性の向上が重視された。

エクステリアデザインに関しても現在の売れ筋となる迫力のある押しの強いフロントマスクとなっています。

高級感も増してハリアーのライバルの様な立ち位置となっています。マーケティングからプラドの立ち位置を変更してきた結果なのですが、トヨタとしては少し皮肉なコンセプトになってしまっている面があるでしょうね。

トヨタ4代目プラドのスペック

それではトヨタ4代目プラドの詳細情報に関して見ていきましょう。

トヨタ4代目プラドのボディーサイズ

  • ボディーサイズ:全長4,760mm×全幅1,885mm×全高1,850mm
  • ホイールベース:2900mm 車両重量:1770kg

走破性を重視してうえで取り回しの良いバランスの取れたボディーサイズと重量となっています。

トヨタ4代目プラドのエンジン

ディーゼルエンジン:1GD-FTV型

  • 直列4気筒 2.8L
  • 最高出力  :130kW(177PS)/3,400rpm
  • 最大トルク :450N・m(45.9kgf・m)/1,600~2,400rpm

ガソリンエンジン:2TR-FE型

  • 直列4気筒DOHC 2.7L 
  • 最高出力  :120kW(163PS)/5,200rpm
  • 最大トルク :246N・m(25.1kgf・m)/3,900rpm

ランドクルーザープラドのメインエンジンと言えるのが、新型クリーンディーゼルです。

排出ガス浄化装置や尿素CSRシステムを搭載することで排出ガス規制の数字もクリアーしてクリーンモノとなっています。

高断熱ディーゼル燃焼技術ティーエスウィンにより燃費性能に関してもトップレベルとなります。

トヨタ4代目プラドのトランスミッション

  • スーパーインテリジェント6速AT

トランスミッションのスーパーインテリジェント6速ATはラフロードから市街地まで適切なパワーを引き出す優れものです。

トヨタ4代目プラドの駆動方式

4WD

ラフロードでも最高の性能を追求するプラドなので4WDのみとなります。

トヨタ4代目プラドのインテリアデザイン

高級感もありデザイン性も高いインテリアになります。

海外のメディアでプラドのインテリアを紹介しています。

トヨタ4代目プラドのボディーカラーカラー

トヨタ4代目プラドのボディーカラーカラーは全部で9色となります。

SUVでも車輛価格が高い高級車なのでボディーカラーに関してもメタリック系の高品質で塊感の強いボディーカラーが多いです。

ホワイトも通常のカラーとさらに光沢のあるメタリック系のカラーとミニバンと同じように2種類が用意されていますね。

スーパーホワイトⅡ 040ll (640x298)ホワイトパールクリスタルシャイン 070lll (640x295)ブラック 202lllllll (640x297)アティチュードブラックマイカ218lllllllll (640x297)グレーメタリック 1G3lllll (640x303)シルバーメタリック 1F7
llll (640x296)
ダークスチールマイカ 1H2llllll (640x299)レッドマイカメタリック 3R3llllllllll (640x301)ブロンズマイカメタリック 4T3
lllllllllll (640x297)

トヨタ4代目プラドの車両価格

  • TX CBA-TRJ150W 2700cc  5名 3,349,963円
  • TX CBA-TRJ150W 2700cc  7名 3,504,109円
  • TX LDA-GDJ150W 2800cc  5名 3,964,582円
  • TX Lパッケージ CBA-TRJ150W 2700cc 5名 3,802,582円
  • TX Lパッケージ LDA-GDJ150W 2800cc 7名 4,696,037円
  • TX Lパッケージ CBA-TRJ150W 2700cc  7名 3,956,727円
  • TZ-G LDA-GDJ151W 2800cc 7名 5,133,927円
  • TX Lパッケージ・G-フロンティア LDA-GDJ150W 2800cc 7名  4,775,760円
  • TX Lパッケージ・G-フロンティア  CBA-TRJ150W 2700cc 7名 4,037,040円

トヨタのランクルプラドのグレード構成と車両価格となります。

結構複雑な構成となっています。

トヨタ4代目プラドの試乗インプレッション動画

プラドの試乗インプレッション動画になります。

先ずはプラドのエクステリア・インテリアや装備などの機能紹介となります。

そして走行してのインプレションの動画になっています。

トヨタ新型ランクル・プラドの値引きと納車情報

ここではランクル・プラドの値引きや納車情報をみて、そして値引きを最大にするために対プラドの具体的な対策を考えていきたいと思います。皆さんも良く考えて1万円でも安くプラドを買ってください。

プラドの販売状況はモデル末期ということを全く感じさせない程好調で推移しています。それもこれからのメインパワーユニットとなるクリーンディーゼルエンジンが2015年に新しく追加されたことが大きく影響しています。

これにより元から人気が高い上に決定的なユニットを得て、メーカーが考える理想的な状況にある車と言えます。

トヨタ新型ランクル・プラドの値引き目標と納車状況

値引き傾向:拡大傾向  目標 車両値引き:25万  用品値引き含み:30万円  

予想納車期間:2か月 やや遅い ディーゼルは2か月から4か月

値引きに関してはかなり緩い状況です。元々の車両価格も低めの設定ですが、値引きは拡大傾向にあり交渉はそれほど苦労しないでしょう。最初に車両の本体値引きをしっかり引き出したうえで、ディーラーオプションである商品値引きを交渉しましょう。

納車期間に関しては2015年のマイナーチェンジからの人気が継続されていてやや遅い傾向にあります。特にクリーンディーゼルエンジンを積んだモデルは人気が高く2か月から4か月待ちが通常という傾向になります。

しかもランドクルーザー・プラドは人気が継続する寝強いモデルであり、この状況は当分の間は改善されないことが予想されます。

プラドが欲しい人は気長に待つ覚悟は必要ですね。

効果的ライバル車種:トヨタ・ハリアー  ミツビシ・パジェロ 

ライバル車種はこの2車種が良いと思います。現在の抜群人気で室内が広いヴェゼルとハイブリッドエンジンと先進的なデザインのC-HRも良いと思います。

本来の同じクラス・同じコンセプトという意味ではミツビシのパジェロになりますが、現在は人気が余りない点が足元を見られるので気になる点です。

ハリアーに関してはトヨタの車になりますが、系列の違うディーラーであれば問題はありませんの値引き交渉に集中してください。

更に言えばボディーサイズは大きくなりますがオフロードの性能を考えて本家のラウンドクルーザーをライバルとするもの良いと思います。

トヨタ新型ランクル・プラドを安く買うための具体的な手順

ただし値引き交渉をする上で訪問の順序は気を付けて下さい。

最大値引きを勝ち取るには販売店同士で競合させるのがベストなのは有名ですよね。本命のディーラーに新車を見に行く前に必ず競合させる車種と販売店を想定して下さい。

ランクルプラドの場合は上記の様にトヨタのハリアーとミツビシのパジェロになります。

先ずはライバル店に訪問して見積りを出して貰いましょう。そしてそのライバル車の見積りと情報を持って必ず最後に本命の販売店に行きましょう。

この流れでトヨタのディーラーへ行きランクルプラドの交渉を始めて下さい。

ただしここで重要なことが一つあります。

”重要なのは値引きより下取り!そしてディーラー下取りは安いという現実”

これは非常に大切なことなのでもう1度書きます。

車を安く買うのに大事なことは、値引き額よりも下取り査定額の方が重要と言うのは車両値引き10万円を引き出すのは本当に大変なんです。でも買取りの専門業者の下取り価格ならディーラーと比べて10万円どころか2・30万円以上も高額なことも普通だからです。

知人のレクサスでは70万円以上も高かったです。でもこれは車両価格の高いレクサスだからですけどね。

実際の買取り専門業者への依頼方法とはインターネットで簡単な必要事項を入力するだけです。その後に電話があり向こうから車を見に来てくれます。

高額査定を引き出すコツは、依頼する買取りサイトは複数社の見積りが一括で取れる査定サイトを選ぶこと、そして最低2社へ依頼することです。これは1社の一括査定で複数社に依頼しても業者同士が顔なじみで談合されることもあるからです。

2社に同時に依頼をして競争原理を確実に働かせて買取り額を高めて下さい。私のおススメの買取り査定はかんたん車査定ガイドカーセンサーネット査定です。

おススメの理由は、どちらもガリバー等の大手を含めて一括で依頼出来る点と更にかんたん車査定ガイドは入力と同時に下の画面の様にあなたの車の相場額が表示される点にあります。

もし今すぐに売る予定はなくても自分の車がいくらの価値なのかは今後を考える上で知っておいて損はないでしょう。予想以上に高額な査定額だったから今すぐに好きな新車に買い替えることにしたという嬉しい話も珍しくないんです。

かんたん車査定ならその場で入力するだけで価格が分かりますからね。

あなたの車も調べてみたら予想以上に高額な値がついて驚くかもしれませんよ?

dddddddddddddddd

この2つのサイトでの見積り依頼をすれば競争原理が働き高額査定が出る可能性はかなり高いです。更に確実とするなら業界で評価の高いズバット車買取比較にも頼めば確率は上がります。

でも査定業者が多くなり過ぎると対応が大変ですからかんたん車査定ガイドカーセンサーネット査定だけで十分だとは思いますよ。

そして見積書を持ってディーラーに行って下さい。そうすれば買取り業者の見積額を基準に下取り価格を提案してきます。その額と比較して高い方に売れば良い訳です。基準がないとディーラーが安い見積りを出しても分からないですからね。

この様に万全な準備をして値引きと下取りの両方から最大値引きを引き出しましょう。

特に下取りはディーラーの見積もりだけでは違いも分かりませんし、カーナビやエアロ・海外旅行の代金ぐらいは簡単に差が出ますから試してみることをおススメします。

おススメはこの2社⇒かんたん車査定ガイドカーセンサーネット査定

トヨタのランクル・プラドの自動車保険

自動車保険は昔とは異なり保険会社ごとに保険料は異なります。これは保険の内容自体が同じだったとしても保険会社の考え方や計算式が異なるために差が生まれています。

もし同じ保険内容で最も安い保険に入りたいのなら多くの保険会社から見積もりを取るしかありません。これまでは1社1社に依頼しましたからそれにも限界がありました。

今は一括サイトで17社の保険料が一回の手続きで分かる様になりました。これもインターネットのおかげですね。

平均で5万円前後も年間保険料が異なりますので、現在の保険料とまず見比べてみるのが良いと思います。見積もりを取るのは当然無料ですし、加入しないといけないなんてことはないので、見積もりだけ取ってどれくらい安いかを実感してから保険を切り替えるかを考えるので良いと思います。

ここで見積もりが取れます⇒最大17社の自動車保険を一括見積もりでは整理しましょう。

プラドを安く買うための基本情報です。

1.値引き傾向:拡大傾向  目標値引き:30万  予想納車期間:2か月 やや遅い

2.効果的ライバル車種:トヨタ・ハリアー   ミツビシ・パジェロ

3.車を安く買うのに大事なことは、値引き額よりも下取り査定額の方が重要

4.自動車保険は比較して最も安い保険料にして支払いを抑える

このポイント抑えて値段交渉に臨んで下さいね。

トヨタ新型ランクル・プラドのモデルチェンジ情報

それではここからはトヨタ新型ランクル・プラドの直近のマイナーチェンジの情報とフルモデルチェンジの内容を見ていきましょう。

先ずはマイナーチェンジ情報を見ていきましょう。

トヨタ新型ランクル・プラドのマイナーチェンジ情報

今回のマイナーチェンジの目玉はなんといってもセーフティーセンスPの標準装備化です。

予防安全機能:トヨタセーフティセンスPの搭載

現在のプラドの予防安全装備に関しては残念ながら最新の物とは言えません。

プリクラッシュセーフティシステムとレーダークルーズコントロールに関してだけはTZ-Gグレードだけはオプションで搭載することは可能ですが、他のグレードでは選択できません。

新型のランクル・プラドでは、プリクラッシュセーフティシステム・レーンディパーチャーアラート・オートマチックハイビーム・レーダークルーズコントロールを組み合わせたトヨタ自慢のトヨタセーフティセンスPを全グレードに標準装備となります。

これによりランクル・プラドは全てのモデルで最高の安全技術で守られた車となります。ランクル・プラドの現行車種はモデル末期とは言っても完成度が高いモデルでしたから、最大の不満点がなくなり最終モデルが最良となるそんなモデルとなります。

エクステリアとインテリアの変更

その他の変更点ではエクステリアも化粧直しが施されます。

その内容は、フロントライトの形状変更により新採用の導光LEDポジションランプを内蔵した横長のモノに変更、LEDフォグランプの形状を丸形から四角型へ、ウィンドウモールをメッキ加工、バンパーの形状変更、車速感応ドアロックの採用、高級グレードには19インチアルミホイールを装着、センターコンソールのデザインの変更となります。

そして最近流行りの走行モード切り替えシステムであるドライブモード・セレクト機能が搭載されて、ノーマル・エコ・コンフォート・スポーツS・スポーツSプラスの5つの走行モードからセレクト出来る様になります。

最上級グレードのTZ-Gには更なる高級感を充実させて、インテリアの質感の向上を狙って装備が採用されます。革巻きシフトレバー・前席送風機能・助手席ドアミラーリバース連動機能・トラクションモニター等が採用となり他のグレードとの差を明確にします。

グレード構成の変更

グレード構成も変更があり、G-フロンティアは販売を終了します。

5人乗りのモデル設定を増やすことで、TX・TX Lパッケージにはガソリンエンジンとディーゼルエンジンにも5人乗りと7人乗りのモデルがラインナップされて、TX-Gだけがディーゼルエンジンに7人乗りという組み合わせとなります。

ボディーカラーの変更

ボディーカラーに関しては人気の低い下の2つのカラーは廃止となります。

ダークスチールマイカllllll (640x299)ブロンズマイカメタリックlllllllllll (640x297)そして新色として2色採用となりました。ブラッキッシュアゲハガラスフレークはハリアーやヴォクシーなどに採用のスペシャルカラーで満を持しての隠し玉という感じのカラーです。

ブラッキッシュアゲハガラスフレークアバンギャルドブロンズマイカsy

車両価格の変更

車両価格はセーフティセンスPが全グレードで標準装備されますから、全グレードで10万円から15万円は最低でも値上がりします。

ただしこのクラスを買う購入層であればセーフティセンスPが搭載されることの方が値上がりよりも価値のある事と判断されるでしょう。

マイナーチェンジの日程

マイナーチェンジの時期は2017年9月12日で決定したようです。

そして予約受付が8月に開始されるのは確実と言えます。

トヨタ新型ランクル・プラドのフルモデルチェンジ情報

トヨタ新型ランクル・プラドの予想スペック

新型ランクルプラドも高級感のある高性能SUVという方向性は変わりありません。オフローダーとしての走破性に関しても平均以上のものを維持しつつ、オンロードでの乗りやすさや高速道路での快適性を向上させます。

更に装備やエクステリアデザインにおいても高級車として魅力ある車として更に磨きをかけてきます。

トヨタ新型ランクル・プラドのエクステリアデザイン

新型ランクルプラドのエクステリアデザインは、日本でのミニバンと同じ方向性での変更となるでしょう。つまりはフロントグリルを大きくしてメッキパーツを使い押しの強い迫力のあるものとなります。

その上でトヨタの統一フロントマスクであるキーンルックが色濃く出たものとなると言われています。

レクサスGXが兄弟車として発売する可能性が高いためにランクルプラドはよりトヨタ色を強く出したデザインとなります。

トヨタ新型ランクル・プラドのエンジン

エンジンに関しては新開発のものは搭載されず現行のプラドに搭載されているディーゼルエンジンとガソリンエンジンを改良して搭載されます。

コモンレール式燃料噴射システム、ターボチャージャー、尿素SCRシステム、排出ガス浄化装置といった付属装備も改善されて性能を上げてきます。

●ディーゼルエンジン:直列4気筒  2.8L 1GD-FTV型エンジン

最高出力:177ps(130kW)/3400rpm/最大トルク:45.9kgf-m(450N・m)/1600-2400rpm

●ガソリンエンジン:直列4気筒  2.7L 2TR-FE型エンジン

最高出力:163ps(120 kW)/5200rpm/最大トルク25.1 kgf・m(246 N・m)/3900 r.p.m

高級SUVということもあってトヨタのハイブリッドシステムの搭載を期待する声もありますが、トヨタは全体の方針として同じ車種にハイブリッドエンジンとクリーンディーゼルエンジンを搭載することはないとしています。

この基本方針が変更されない限りはハイブリッドエンジンの搭載はないと言えます。

ランクルプラドのキャラクターを考えてもディーゼルエンジンが最も相性の良いパワーユニットだと思いますしね。

ハイブリッドやFVCなど先進的なパワートレインが採用されるという情報もないわけではないのですが、私は個人的にはディーゼルエンジンを改良したものとなり他のユニットの採用はないと思います。

トヨタ新型ランクルのプラットフォーム

ランドクルーザー・プラドは初代はランドクルーザーのプラットフォームを使用していましたが、2代目からはハイラックスサーフのプラットフォームを採用してランドクルーザーの持つ走破性レベルよりは一段落とすことでオンロードでの快適性やコストパフォーマンスに重点をおいたモデルとなりました。

ただし走破性レベルが落ちたといっても世界最高レベルのランドクルーザーに比べてという話であって他のモデルと比べれば高性能でありフルモデルチェンジでも高い悪路の走破性能が求められることには変わりありません。

現在のトヨタ車は次世代型主力プラットフォームであるTNGAを採用しているのですが、恐らくC-HRの様なシティーオフローダーには採用は出来ても本格的なクロスカントリーモデルには採用はされないと思われます。

プラットフォームTNGAの採用の噂も聞くのですが、私はないと考えています。

現在使用されているハイラックスサーフのプラットフォームを強化改良したモノが使用されると予想します。

トヨタ新型ランクル・プラドのインテリアデザイン

新型においても現在歩方向性を強めるものとなるために、高級感と快適性を高めたものとなります。

特に高級感に関してはレクサスGXと共有部分もあるために基本部分を丁寧に造り上げることになります。

トヨタ新型ランクル・プラドの最新走破性能技術

新型ランクルプラドは過酷なオフロードでも高い走破性能を持った車です。これはプラドの基本的な走行性能を発揮するために最先端の技術が引き出したものとなっています。

下の最先端の技術は現在のランクルプラドに搭載されているもので新型プラドにも勿論搭載されていて’プラドの根幹を支える技術でもあります。

この方向性の新技術の採用とこれらの技術の改良を進めます。

マルチテレインセレクト

クロールコントロール

AVS&リヤ電子制御エアサスペンション

マルチテレインモニター

トヨタ新型ランクル・プラドの発売時期

現行のランクルプラドは2009年の登場ですからもう8年経過しています。

歴代のランクルプラドは、6年から7年のスパンでモデルチェンジをしてきたので今年にもフルモデルチェンジが行われても不思議ではありません。

ただし現在の主力パワーユニットであるクリーンディ―ゼルエンジンが搭載されたマイナーチェンジは2015年に行なわれました。

現在の売れ行きもそうですし、ランクルプラドのキャラクターを考えるとこれからもこのクリーンディ―ゼルエンジンはメインとなるのは間違いないと思います。

マツダの新型CX-5の様に売れ行きが悪くテコ入れがあれば前倒しでモデルチェンジということもありますが、ランクルプラドの売れ行きは現在も好調です。

そう考えると通常のサイクルの3年の可能性が高く2018年がフルモデルチェンジのタイミングとなると予想されていたんです。

しかし2017年の9月にマイナーチェンジが決定しましたから、このことから逆算すると2018年ではなく2019年が最有力となりました。

若しくは更にずれ込んで2020年の可能性さえあります。

トヨタ新型ランクルの兄弟車レクサスGX

新型ランクルプラドを予想する上で忘れてならないモデルがあります。

それが3代目のランクルプラドが海外で販売する際にブランド変更されたレクサスのGXです。

細部に関してはアメリカ市場に合わせたものに変更されていますが、兄弟車というよりも同じ車と言って良いと思います。

そのレクサスGXが近いうちに日本にも導入されて、レクサスLXとレクサスRXの間のポジションの車となり車両価格も800万円前後となるのではないかと言われています。

この計画により新型ランクルプラドとレクサスGXは、現在の様な同一車種ではなくなり兄弟車ということになります。

しかもレクサスは特別なブランドですからこの2台の共通性を感じさせないレベルで異なる車となるでしょうね。

車の中身が同じだったとしてもサービスとしてのソフトとレクサスのブランドがありますから、新型ランクルプラドよりも200万は高くなることが予想されます。

下の画像は現行モデルのレクサスGXですが、デザインとしてはレクサスLXに近いものとなっています。新型レクサスGXではレクサスRXに近いデザインとなります。nnnnnnnnnnnnnnn (640x351) nnnnnnnnnnnnnnnn (640x373) nnnnnnnnnnnnnnnnnnn (640x352) nnnnnnnnnnnnnnnnn (640x346) nnnnnnnnnnnnnnnnnn (640x326)現在海外で売られているレクサスGXの動画になります。

トヨタ新型ランクル・プラドのライバルの動向

ランクルプラドのライバルもモデルチェンジをして魅力的な車へと進化していきます。

最近はランクルプラドは立場を守る側の車になりましたが、最大のライバルであるミツビシ新型パジェロも魅力溢れるモデルになりそうです。

ミツビシ新型パジェロ

hhhhhhhhhhh (640x406)ミツビシは会社として存続の関わる状況にあります。その状況下で開発されているフラッグシップモデルであるパジェロは正に社運が掛かったプロジェクトと言えます。

過去の事例が示す通り追い込まれた時のミツビシの開発力には目を見張るものがありますから、新型パジェロは素晴らしく良いモデルとなる可能性が高いでしょう。

その予想される内容は下の記事を読んで下さい。

ミツビシ新型パジェロがフルモデルチェンジの最新情報

トヨタ新型ハリアー

gg-640x371同じトヨタの車ですがコンセプト的にも価格的にも一番近いのはハリアーだと思います。本来はハリアーのポジションにマーケットの要望からランクルプラドが結果的に近くなってしまったためです。

だからこそトヨタがハリアーとプラド、そしてレクサスGXの3台がどの様な違いを打ち出してくるのかが注目です。

トヨタ新型ハリアーのモデルチェンジのスケジュール内容:高級車のもう1つの形!

トヨタ新型ランドクルーザー

aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa-640x353本家のランドクルーザーもほぼ同じタイミングでフルモデルチェンジとなるようです。

日本のマーケットというよりも世界的に人気の高いモデルだけに多くの人から注目されていますよね。

陸の王者トヨタ・ランクルがモデルチェンジ!その内容とは?ディーゼルを搭載か?

トヨタ新型ランクル・プラドのまとめ

新型ラウンドクルーザー・プラドは、更に高級感を増してハリアーのライバルの様な立ち位置となっていきます。

マーケティングリサーチと販売実績からプラドの立ち位置を変更してきた結果ではあるのですが、メーカーとしてのトヨタとしては少し皮肉なライバル関係になってしまっている面があるでしょう。

しかし新型ラウンドクルーザー・プラドの強みは以前ほどの拘りはなくなったとはいえ平均以上のオフロード性能だと思います。

ハリアーが都会的で泥が似合わず得意でもないのに対して、新型ラウンドクルーザー・プラドの方は最近垢抜けたとはいえ生まれも育ちも荒野を走り回るための車です。クルマとしての足腰の強さが違います。

新型ラウンドクルーザー・プラドは、本物が分かる男の車となるでしょう。楽しみですね。

新車を買おうか考えている人のための必ず車が安く買える方法を下の記事に書きました。簡単な方法ですので是非実行して快適なカーライフを手に入れて下さいね。

”誰でも出来る!20万円以上新車を安く買う4つの法則”

もし車の買い替えを考えているならディーラー訪問前に下取り価格を調べて下さい。おススメはこの2社⇒かんたん車査定ガイドカーセンサーネット査定

自動車保険に関してのおススメは⇒最大17社の自動車保険を一括見積もり

スポンサーリンク