三菱アウトランダーのモデルチェンジで新型PHEV搭載へ!

ggggggggggggggggggg-598x406

ミツビシ・アウトランダーのモデルチェンジで新型PHEVへ

色々と問題が起きて不安の多いミツビシですが、車だけを見ると良い車があるのも事実です。

経営と技術部門では話が異なるということなんでしょうね。

そのミツビシの車の中で光る車の1台はアウトランダーだと思います。アウトランダーは世界各国で販売されるグローバルスタンダードカーでありアジアを中心とした中進国ではSUVが高い人気を誇るためにアウトランダーとパジェロスポーツはファンも多い車です。

また経済性と環境性能を重視するヨーロッパではクリーンディーゼルやダウンサイジングターボと並びEV(電気自動車)化も積極的に進める中でアウトランダーのPHEVはミツビシ自慢の技術として世界最高峰でありその評価も高く完成度も高いモデルです。

その先進技術を前に進めるフルモデルチェンジがアウトランダーにも迫ってきました。今回は世界が注目する技術革新と共にモデルチェンジするその内容を見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

ミツビシ・アウトランダーとは

ミドルクラスのSUVでありエアトレックの後継車種になります。

”スマートオールラウンダー”をキャッチコピーとしてデビューしたエアトレックはそのコンセプトはSUVともミニバンともステーションワゴンとも異なる全ての要素を兼ね備えた新しいクロスオーバーSUVということで開発された車です。全高に関しては1,550mm以下とすることで機械式駐車場が利用できるように設計されたことも特徴です。

またアウトランダーの多様性を表すものとしてランサーエボリューションのエンジンである4G63型のターボエンジンを搭載して足回りも専用チューンした4WDモデルの”ターボR”が存在していのも特徴でした。

アウトランダーのサイズは車名変更の際のモデルチェンジ時にサイズアップを計り、エアトレックの乗車人数5人から7人乗りを選択できるように社内空間の拡大を行いました。

エアトレック CU2W/4W/5W型 販売期間 2001年-2005年

cccccccccccccccccccccccccccccccccccccc-640x331ミツビシが不正問題に苦しむ中で新ミツビシをアピールすべく新コンセプトとして考案された次世代型クロスオーバーSUVです。ステーションワゴン・ミニバン・ハッチバックその全ての要素を含んだ新しいコンセプトの車ということで『スマートオールラウンダー』がキャッチフレーズでした。

特に印象的なのは、ランサーエボリューションのチューンドターボエンジンである4G63型を搭載した”ターボR”はSUVながら強力なパワーを誇る刺激的なモデルでした。

こういう遊び心溢れるモデルは最近は少なくなりましたね。

初代アウトランダー 販売期間 2005年 – 2012年

ggggggg-640x442開発時はミツビシとダイムラー・クライスラーが提携関係にあったために共同開発されている部分が多くあります。プラットフォームはダイムラー・クライスラーとの共同開発のGSプラットフォームでありエンジンはダイムラー・クライスラーと現代自動車とで共同開発したワールドエンジンをベースにしていました。

今から考えても当時のミツビシの事情を良く表わした車だったと言えます。

テールゲートは珍しい上下開き式であったり、乗車人数の5人乗りと7人乗りの選択が可能だったりすることも特徴の1つです。

2代目アウトランダー 販売期間 2012年 -現在

下の写真は前期型のフロントマスクですが、旧世代のミツビシ顔をしています。gggggggg-640x338こっちの写真は新世代のミツビシの統一マスクであるダイナミックシールドデザインのフロントマスクとなった後期型の写真となります。同じ車とは思えない程印象が変わりました。
ggggggggg-640x389衝突安全強化ボディ”RISE(ライズ)”、電子制御4WD、アイドリングストップ機能”オートストップ&ゴー(AS&G)”を全車で標準装備とし、更に一部のグレードやオプション装備として、予防安全技術”e-Assist(イーアシスト)”や、S-AWC(Super All Wheel Control)を搭載可能となり先進性技術を前面に出したモデルとなりました。

そしてその先進性を顕著に表したモデルがアウトランダーPHEVとなるわけです。

衝突安全強化ボディ”RISE(ライズ)”

高エネルギー吸収構造と高耐力キャビン構造を持つボディ形状であり全方向に対して高い衝突安全性を誇ります。また室内変形に対しても補強強化がされており衝突時のエンジンルーム内エネルギー吸収も高い数字となっています。

電子制御4WD

ミツビシ得意の電子制御4WDは、燃費を重視した”4WD ECO”と通常走行時に使われる”4WD AUTO”、トラクションを重視して悪路に強い”4WD LOCK”の3つのモードをプッシュ式ドライブモードセレクターで選択することが可能となっています。

アイドリングストップ機能”オートストップ&ゴー(AS&G)

車速の低下を検知してエンジンを停して発進時には再始動を自動で行い停止時にエンジンが使用していたガソリンを節約することで燃費向上をする技術です。

防安全技術”e-Assist(イーアシスト)

レーダークルーズコントロールシステム・衝突被害軽減ブレーキシステム・車線逸脱警報システムをカメラユニットと電波レーダーで実現した事故予防技術です。

S-AWC(Super All Wheel Control)

4輪の駆動力と制動力の制御を行い”意のままの操縦性”と”卓越した安定性”を実現するための運動統合制御システムです。

ミツビシ・アウトランダーPHEV

gggggggggg-640x401日本で発売されたPHEV搭載のモデル(プラグインハイブリッド車)としてはプリウスPHVに次ぐ2車種目となります。V2Hに対応した初のモデルであり、通常のアウトランダーに対してエクステリアをPHEVの専用の装飾を行い判別できるようになっています。

PHEVとは

通常はガソリンエンジンとバッテリーを搭載していて、電気によるモーターだけでも走行することが可能となっています。そしてハイブリッドエンジンとは異なりバッテリーに直接的に外部から充電することを可能とする設備を持つものをPHEVと言います。

つまりハイブリッドエンジンは自車内で発電と蓄電をすることはあっても外部から電気を充電することはできませんが、PHEVは外部から電気を充電で出来るというこの点でハイブリッドエンジンと違いがあります。

更にもう一つのハイブリッドカーと違うのは基本はあくまでもバッテリーと電気モーターによるEV走行を主体として、バッテリーの電気が少なくなってしまった時や走行の状況から高出力を必要と判断された時に、ガソリンエンジンを始動して発電機として使うもので、走行も電気モーターが主体でガソリンエンジンが補助というEV車に近いものになります。

プログラム制御としては3つのモードがあり、”EV走行モード”では電気モーターのみで走行し、”シリーズ走行モード”は走行は電気モーターで行い発電に関してはガソリンエンジンを使用するモード、”パラレル走行モード”ではガソリンエンジンでの走行をメインとして電気モーターがアシストするというものです。

この3つの走行状況やバッテリー残量に応じて自動切換することで燃費性能だけでなく継続走行距離の最大化を図っています。

アウトランダーの4WDシステムは前後のそれぞれの車輪にモーターを設置するツインモーター4WDで、そのパワーは82psとなります。

ミツビシ新型アウトランダーのエクステリアデザイン

どうしてもフルモデルチェンジをする車はその性能だけでなく外観、エクステリアデザインは誰でも気になりますよね。

実は新型アウトランダーに関してはその基となると見られているコンセプトモデルがあります。コンセプトモデルですからそのまま市販モデルとなることは当然ないですが、可能な限りコンセプトモデルのままでの発売となる様にメーカーが努力することは多いですし、変更箇所が多くなっても全体のイメージは同じだったりもします。

そういう意味で基となるコンセプトモデルはエクステリアデザインを想像する上で非常に参考になるものです。

新型アウトランダーのコンセプトモデルと思われるモデルというのは、”MITSUBISHI XM Concept”で2016年8月11日から開催されたインドネシア国際オートショーで世界初公開された7人乗りのクロスオーバーSUVコンセプトモデルです。

現在のミツビシのコンセプトモデルが持つ特徴を持つモデルですが、7人乗りのSUVということでアウトランダーらしいデザインが感じられます。

可能な限りこのコンセプトモデル”MITSUBISHI XM Concept”に近いイメージで発売なると思われます。下にその画像を集めましたのでご覧になって下さい。 xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx (640x430)出典 http://www.mitsubishi-motors.com/jp/events/motorshow/2016/ims2016/conceptcar/gggggggggggggggggggggggggggg-593x404 出典 http://www.mitsubishi-motors.com/jp/events/motorshow/2016/ims2016/conceptcar/ ggggggggggggggggggggggggggggg-596x406 出典 http://www.mitsubishi-motors.com/jp/events/motorshow/2016/ims2016/conceptcar/ gggggggggggggggggggggggggggggg-594x406 出典 http://www.mitsubishi-motors.com/jp/events/motorshow/2016/ims2016/conceptcar/ ggggggggggggggggggggggggggggggg-596x404 出典 http://www.mitsubishi-motors.com/jp/events/motorshow/2016/ims2016/conceptcar/ gggggggggggggggggggggg-591x405 出典 http://www.mitsubishi-motors.com/jp/events/motorshow/2016/ims2016/conceptcar/ ggggggggggggggggggggggg-596x404 出典 http://www.mitsubishi-motors.com/jp/events/motorshow/2016/ims2016/conceptcar/ gggggggggggggggggggggggg-597x403 出典 http://www.mitsubishi-motors.com/jp/events/motorshow/2016/ims2016/conceptcar/ ggggggggggggggggggggggggg-591x402 出典 http://www.mitsubishi-motors.com/jp/events/motorshow/2016/ims2016/conceptcar/ gggggggggggggggggggggggggg-599x399 出典 http://www.mitsubishi-motors.com/jp/events/motorshow/2016/ims2016/conceptcar/ ggggggggggggggggggggggggggg-599x408 出典 http://www.mitsubishi-motors.com/jp/events/motorshow/2016/ims2016/conceptcar/ ggggggggggggggggggggg-595x417 出典 http://www.mitsubishi-motors.com/jp/events/motorshow/2016/ims2016/conceptcar/ gggggggggggggggggggg-588x403出典 http://www.mitsubishi-motors.com/jp/events/motorshow/2016/ims2016/conceptcar/

ミツビシが公開しているコンセプトモデルが走行する動画もあります。動いている姿が見れるとイメージしやすいかもしれませんね。

ミツビシ新型アウトランダーの予想基本スペック

ミツビシ新型アウトランダーのプラットフォーム

ミツビシ中型車向けFF車専用プラットフォームgggggggggggggg-640x478上の資料にある様にミツビシは製造する全ての車を基本的に4つのプラットフォームに分けてコストコントロールを行う事としています。

アウトランダーに関しては駆動方式はFF若しくは4WDであり、ボディーサイズは中型車ということとなりデリカD:5と同じ大きさのプラットフォームとなります。

ミツビシ新型アウトランダーのボディーサイズ

ggggggggggggggggggg-598x406全長 4700mm x 全幅 1850mm x 全高 1720mm

ホイールベース  2670mm

ボディーサイズに関しては現行モデルのサイズが全長4695mm×全幅1800mm×全高1710mmであり本当にわずかに大型化されますが現実的にはほぼ同じサイズと考えていいと思います。

この程度の拡張であれば現行モデルのユーザーもボディーサイズを気にせず買い替えることが出来るでしょう。

ミツビシ新型アウトランダーのトランスミッション

CVT

ヨーロッパ市場においては人気の高い6速マニュアルミッションモデルが用意されるようですが、日本への導入に関しては不確定で、CVTのみとなる可能性の方が高いと見られています。

ミツビシ新型アウトランダーの駆動方式

4WD(4輪駆動) と FF (フロントエンジン・フロントドライブ)

使用されるプラットフォームの特質上FF (フロントエンジン・フロントドライブ)4WDとなります。高性能モデルが4WDとなり通常モデルや燃費重視のモデルはFFとなります。

ミツビシ新型アウトランダーの搭載エンジン

ggggggggggg-640x449

PHEVエンジン:直4DOHC 1998cc 4B11型

最大出力:118psps/回転   最大トルク:19.0kgmf.m/回転

2モーター: モーター/90ps+90ps モーター/15.0kgm+20.0kgm

新型大容量リチウムイオンバッテリー+新駆動用バッテリー

新型アウトランダーはPHEVがメインのパワートレインとなり新型のエンジンも現行型で積んでいた4B11型エンジンを改良して搭載します。

新開発のリチウムイオンバッテリーが搭載され現行モデルよりも容量が大きくなり、駆動用バッテリーも改良型へと変更されます。

これによりEV走行距離は現行の60.8km/Lから大きく伸ばし100.0km/Lを超えてくると言われてます。

ガソリンエンジンに関しても現行のアウトランダーと同じように2Lから2.5L程度のエンジンを搭載する予定のようです。基本的に新型アウトランダーはPHEVをメインとした車種となるためにガソリンエンジンはそこまで力を入れてないとも言えます。

燃費性能を重視した2Lから2.5Lぐらいの直列4気筒エンジンが搭載のしやすから選んで載せてくると思います。おそらくアウトランダー用に新型エンジンを開発する可能性は低いと思います。

新型アウトランダーにおいてはPHEVがメインのパワートレインとなることを書きましたがこの方針の決定によりクリーンディーゼルの搭載は無くなりました。これはミツビシとしては会社全体の統一施策としてEVおよびPHEVに特化することによる集中と選択の結果と言えます。

アウトランダーののインテリア

インテリアに関してはまだまだ予想出来ない面がありますが、やはり新型アウトランダーの”MITSUBISHI XM Concept”のインテリアがかなり色濃く出るものと考えられています。

しかしそこはコンセプトモデルのインテリアですから参考程度に見ておきましょう。ggggggggggggggg-597x408  gggggggggggggggg-595x407  gggggggggggggggggg-596x403  ggggggggggggggggg-600x406

ミツビシ新型アウトランダーの発売時期

2015年度第四半期の決算発表会の場にて公開された中期経営計画にてミツビシのメイン車種のモデルチェンジおよび新発売に関してのスケジュールの記載があります。eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee (640x448)この様に新型アウトランダーの市場投入は2018年なっています。この後にミツビシは例の燃費問題で激震がありましたから、このスケジュール通りに運べるかどうかは疑問もありますが、この頃の予定では2018年の11月を予定していたようです。

しかし上記したように”MITSUBISHI XM Concept”は2016年8月のインドネシア国際オートショーで公開されました様に予定通りのフルモデルチェンジとなる可能性も十分にあり得ます。

ミツビシ新型アウトランダーのの予想価格

現在の風潮ではモデルチェンジを受けて車両価格のアップが通例となっていますが恐らく新型アウトランダーに関しても例外とはならないでしょう。

特にPHEVに関しては技術革新が優先となるモデルなためにコストパフォーマンスに関しては良いとは言えません。

その点を考慮した上での予想車両価格は、PHEVモデルのスタート価格は約460万から、ガソリンモデルは約340万円からと考えます。

ただし特にPHEVは戦略的価格となる可能性も今後あり得ますので大きく異なる可能性もあります。

特にミツビシはEV市場は今後5倍までマーケット規模が広がると考えておりそのマーケットを先に抑えてしまう重要性や規模によるコストの低下を織り込んだ価格を打ち出してくることも十分あるからです。

ミツビシ新型アウトランダーのライバルの動向

新型アウトランダーにも強力なライバルが多く存在します。その車もモデルチェンジを控えていたりして更なる向上を目指しています。他のライバル車の動向も要注目です。

ニッサン新型エクストレイル

bbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbb (611x323)初代の頃から引き継がれるスタイリッシュでスポーティーな外観と高性能な走行性能に環境対策もされている点などから多くの支持を集めているSUVです。

そのモデルチェンジの内容は↓の記事に詳しく書いてあります。

2016年のニッサンの新型エクストレイルのモデルチェンジの内容とは?

スバル新型フォレスター

zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz (640x466)フォレスターも今勢いのあるスバル車だけあって強力なライバルです。ボクサーエンジンに4WDの車で走破性能は1級品です。

スバリスト以外からも支持の多い車のモデルチェンジです。その内容はどの様なものになるのでしょう。

スバル・フォレスターが新型へモデルチェンジ!プラグインハイブリッドは?

マツダ新型CX-5

zg-640x424今、ノリにノッテいるマツダのSUVの代表車のマツダのCX-5もフルモデルチェンジの話が出ています。

そしてその内容はスカイアクティブのセカンドステージが初めて搭載されるのではと注目されています。セカンドステージではマツダの渾身作であるクリーンディーゼルにハイブリッドシステムを組み合わせた新エンジンを搭載するとも言われています。

現行車種も人気なだけに新型の内容は気になりますよね。詳しくは⇩の記事で読んで下さい。

2017年CX-5が新型にフルモデルチェンジ!ハイブリッドディーゼル搭載か?

ミツビシ・アウトランダーのモデルチェンジで新型PHEVのまとめ

ミツビシの最近の話題はどうしても燃費問題となってしまいますが、アウトランダーのPHEVの様に技術力もスピリッツも世界に胸を張れるような車が存在しているのも事実です。

現に現行のアウトランダーの評価は、車の運動性能や動力性能はもちろん経済性や先進技術においても非常に高いモノを得ています。そして新型においても更にその先を見せてくれる予定があります。

純粋に車好きとして新型アウトランダーPHEVは日本の車業界の未来を占う重要なカギとなる車の可能性があるので予定通りフルモデルチェンジして貰いたいモデルです。

色々な意味で新型アウトランダーがフルモデルチェンジして登場してくる日をお待ちしています。

アウトランダーやCX-5などの新車を買おうか考えている人に必ず車が安く買える方法があります。簡単な方法ですので是非実行して大好きな新車を安く買って快適なカーライフを手に入れて下さいね。

”車を買うときに得する方法”を紹介をしたいと思います。

新しい車が欲しいなぁって思ったら欲しい車をディーラーに見に行って試乗したりしますよね?その時は好きな車を目の前にして本当にワクワクして楽しいものです。そして殆どの人はそのハイテンションのまま見積りを受け取り値引き交渉を始めていると思います。

これっ、絶対に止めて下さいっ!

これでは丸腰のままで戦に出るようなものです。車の購入の値引き交渉は戦いなんです。戦というものは戦いが始まる前に8割は結果は決まっています。必ず準備をして臨むようにしましょう。

準備をして交渉に臨むこれ正に勝つべくして勝つです。

1.最大値引きを勝ち取るには販売店同士で競合させるのがベスト

本命のディーラーに新車を見に行く前に必ず競合させる車種と販売店を想定して下さい。同じ車で違う系列店ならベストですし他社のライバル車と販売店でも良いです。

先ずはライバル店に訪問して見積りを出して貰いましょう。そしてその見積りと情報を持って必ず最後に本命の販売店に行きましょう。

2.重要なのは値引きより下取り!そしてディーラー下取りは安いという現実

大切なことなのでもう1度書きます。

車を安く買うのに大事なことは、値引き額よりも下取り査定額の方が重要

と言うのは車両値引き10万円を引き出すのは本当に大変なんです。でも買取りの専門業者の下取り価格ならディーラーと比べて10万円どころか2・30万円以上も高額なことも普通だからです。

知人のレクサスでは70万円以上も高かったです。でもこれは車両価格の高いレクサスだからですけどね。

実際の買取り専門業者への依頼方法とはインターネットで簡単な必要事項を入力するだけです。その後に電話があり向こうから車を見に来てくれます。

高額査定を引き出すコツは、依頼する買取りサイトは複数社の見積りが一括で取れる査定サイトを選ぶこと、そして最低2社へ依頼することです。これは1社の一括査定で複数社に依頼しても業者同士が顔なじみで談合されることもあるからです。

2社に同時に依頼をして競争原理を確実に働かせて買取り額を高めて下さい。私のおススメの買取り査定はかんたん車査定ガイドカーセンサーネット査定です。

おススメの理由は、どちらもガリバー等の大手を含めて一括で依頼出来る点と更にかんたん車査定ガイドは入力と同時に下の画面の様にあなたの車の相場額が表示される点にあります。

もし今すぐに売る予定はなくても自分の車がいくらの価値なのかは今後を考える上で知っておいて損はないでしょう。予想以上に高額な査定額だったから今すぐに好きな新車に買い替えることにしたという嬉しい話も珍しくないんです。

かんたん車査定ならその場で入力するだけで価格が分かりますからね。

あなたの車も調べてみたら予想以上に高額な値がついて驚くかもしれませんよ?

dddddddddddddddd

この2つのサイトでの見積り依頼をすれば競争原理が働き高額査定が出る可能性はかなり高いです。更に確実とするなら業界で評価の高いズバット車買取比較にも頼めば確率は上がります。

でも査定業者が多くなり過ぎると対応が大変ですからかんたん車査定ガイドカーセンサーネット査定だけで十分だとは思いますよ。

そして見積書を持ってディーラーに行って下さい。そうすれば買取り業者の見積額を基準に下取り価格を提案してきます。その額と比較して高い方に売れば良い訳です。基準がないとディーラーが安い見積りを出しても分からないですからね。

この様に万全な準備をして値引きと下取りの両方から最大値引きを引き出しましょう。

特に下取りはディーラーの見積もりだけでは違いも分かりませんし、カーナビやエアロや海外旅行の代金ぐらいは簡単に差が出ますから試してみることをおススメします。

おススメはこの2社⇒かんたん車査定ガイドカーセンサーネット査定

スポンサーリンク




値引き交渉の詳しいテクニックを知りたい人には⇩の記事で説明しています。

誰でも出来る!20万円以上新車を安く買う4つの法則


スポンサーリンク