ホンダN-ONE(エヌワン)のスペック内容と新型のモデルチェンジ情報と方向性

現行N-ONE(エヌワン)の内容と新型へモデルチェンジ情報

N-ONE(エヌワン)はホンダが本気で軽自動車でナンバーワンになろうとして開発したNシリーズの象徴的なモデルで他のシリーズに対してエクステリアデザインや走行性能に拘った正に現代に復活したN360と言った車になります。

ホンダの人気シリーズNの名前が付くモデルの中でもBMWのMINIやフィアットの500と同じようなポジションを狙ったプレミアムカーになります。

エクステリアデザインに関してもホンダの伝説的な名車となるN360をモチーフに現代風に書き起こされたデザインとし、コンパクトなボディサイズではあるもののパイクカーの様なそのいで立ちはN-ONE(エヌワン)を所有するだけで喜びを感じることができる人生のアイデンティティーの象徴となる車を目指したものです。

今回はそんなホンダのN-ONE(エヌワン)のデザインやスペックなどを見ると共に次期N-ONE(エヌワン)のモデルチェンジ内容を見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

ホンダN-ONE(エヌワン)とはどの様なモデルか?

世界のホンダが本気で軽自動車においてもナンバーワンを取るべく構築した戦略が車体の基本的なコンポーネンツを共通にすることで高性能で車両価格を抑えたモデルを開発することでした。

更にブランド名をNシリーズで統一することで大々的に展開し、新型モデルの知名度を高める戦略でもありました。

そんなNシリーズを有名にしたのが、CMで何度も耳にしたキャッチコピーの”New・Next・Nippon・Norimono”と言うフレーズでした。

このキャッチコピーの意味は、ホンダが提案する日本の新しい次の乗り物つまり車という意味です。実はこのキャッチコピーはホンダの創業者である亡くなった本田宗一郎が名づけたものになります。

つまり今回の軽自動車のNシリーズ用に考えられたコンセプトではなく、N360のNが持つ意味こそがこの”New・Next・Nippon・Norimono”の意味だったのです。

このキャッチコピーを考えた本田宗一郎は当時の日本は高度経済成長でこれから生活が豊かになっていく日本人に対してより多くの人に利用してもらって生活を豊かにする新しい乗り物を提供したいそんな思いを込めた車だったそうです。

現代のホンダがNシリーズを展開するにあたってそのニューモデルに込めたコンセプトが正に当時の本田宗一郎が考えたN360と同じだったということです。

N360はバイクのメーカーとして知名度はあっても自動車の開発に関しては始めたばかりのホンダが初めて4輪の乗用車を本格的に販売したモデルでした。

N360は天才の本田宗一郎が考えた新しい発想のモデルでした。

ホンダ・N360

aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa-498x318N360は当時は小型車においてもフロントエンジン・リアドライブのFR がメインであるのに対して、軽量化と室内空間の確保を重視しフロントエンジン・フロントドライブのFFを採用しています。

これにホンダが製造していたオートバイのCB450のエンジンをボアダウンするだけでなく内部の仕様変更して車用にチューンして搭載しています。エンジンは最高出力31馬力と当時のライバル車種の中でも最も高いパワーを持ったエンジンとなりました。

そのボディに載せるミッションも自社開発に拘りホンダマチックと呼ばれるホンダ製ミッションを搭載します。

これによりN360は日本の小型車において革新的なモデルとなり自動車メーカーのホンダとしての名前を世に知らしめた大成功モデルとなりました。

ホンダとしてもこの本田宗一郎のスピリッツと日本の自動車業界に革新をもたらしたN360の再現を狙ったモデルとしてNシリーズを開発しました。

そのシリーズの中でも象徴的なモデルフラッグシップモデルとしてN-ONE(エヌワン)を発売しました。

これは当時のN360のCMです。

N360の簡単なスペックは下の様になります。

N360 販売期間  1967年-1972年

  • 通称 Nっころ
  • 3ドアハッチバッグ・2ドアクーペ
  • 4サイクル2気筒 SOHC354ccエンジン
  • 最高出力 31ps/8500rpm
  • トランスミッション 4速マニュアルミッション OR 3速オートマチック
  • 駆動方式 FF
  • サスペンション 前:ストラット 後:半楕円板バネ式固定軸
  • 全長 2995mm 全幅 1295mm 全高 1345mm  車両重量 475kg

輸出向けモデルとして排気量をアップしたN400やN600も開発して、1970年にフルモデルチェンジも施されてNⅢ360と呼ばれるモデルが登場します。

そんなホンダスピリッツ溢れるモデルであるN360の後継モデルがNシリーズというわけです。

下のCMはN360からNシリーズが始まっていることを表現したものとなっています。

ホンダNシリーズとは?

Nシリーズは全て共通のプラットフォームを待つのですが、コンセプトやターゲットにより幅広く異なる仕様のモデルを誕生させています。

ホンダが本気で作った軽自動車のNシリーズは現在販売しているモデルは5種類あります。

それぞれにコンセプトが異なりますので、N-ONE(エヌワン)以外のNシリーズのモデルを見ていこうと思います。

N-BOX(エヌ-ボックス)

Nシリーズの中で最も多く販売数を持っているのがこのN-BOX(エヌ-ボックス)です。

現在の軽自動車で最も人気の高いジャンルであるスーパーハイト系ワゴンと呼ばれる室内空間を重視したジャンルの車になります。

ライバル車種はダイハツのタントやスズキのスペーシアとなり軽自動車のボディーサイズが規制された中で唯一自由に設定できる車高を不自然なぐらい高く取ることで驚くほど広い室内空間を実現しているモデルになります。

メリットとして室内空間の拡大を実現している代わりにデメリットも存在し走行性能や燃費性能は通常のモデルより不利な条件となっています。

またターゲットが小さいお子さんがいるファミリー層や主婦の方としていることもあり、リアのドアに関してはスライドドアを装備しています。

N-BOX(エヌ-ボックス)の大きな室内空間の実現に関してはホンダが長い時間培ってきた低床フロアを採用することで実現したモデルと言えます。

N-BOX(エヌ-ボックス)の最大のライバルがスズキやダイハツの車種なのに対して、やはり人F1まで参戦する総合自動車メーカーであるホンダが造るモデルであるという点は大きなアドバンテージとなっているのは事実だとも思います。

N-WGN(エヌ-ワゴン)

N-WGN(エヌ-ワゴン)はN-BOX(エヌ-ボックス)とN-ONE(エヌワン)の間に当たるモデルであり、ハイトワゴンと呼ばれるジャンルのモデルになります。

ライバル車種はダイハツのムーブやスズキのワゴンRであり、室内空間の広さや走行性能・燃費性能そしてエクステリアデザイン等全てにおいてバランスが取れているのが売りになります。

ターゲット層という意味で言えば割と幅広く設定されていて、経済性や走行性能を気にする単身者からファミリー層まで対応できるモデルです。

現在のN-WGN(エヌ-ワゴン)はライバルと比べると燃費性能に関しては少し劣るのが現状なのですが、それ以上の魅力を持ったモデルとなっています。

N-BOX+(エヌ-ボックス プラス)

N-BOX+(エヌ-ボックス プラス)はN-BOX(エヌ-ボックス)をベースにシートや2台の室内空間の使用を変更することで積載性と使い勝手を向上した利便性の高さに特化したモデルになります。

後部の床面をスロープ状に傾斜させる事が可能となっていて積載量さらに拡大するだけではなくシートアレンジにより重い物を積む際に荷台を使用したりすることも可能となっています。

ただ車両価格に関してはその仕様変更により10万円以上高くなていますので、これだけの積載性が本当に必要の方だけが購入される選択肢だと思います。

N-BOX /(SLASH)

N BOX /はN-BOX(エヌ-ボックス)のルーフを水平にカットする様に10センチほど低く設定しルーフラインを傾斜するラインにすることで、ウィンドーラインとのバランスを取り直したスタイリッシュでオシャレな車に生まれ変わったN-BOX(エヌ-ボックス)です。

スタイリッシュでオシャレな車にするという遊び心溢れるコンセプトなためボディーカラーもツートンルーフを採用したり色鮮やかな内装採用したりして若いユーザーがファッショナブルに使いこなすような工夫がされています。

実はこのモデルは、エクステリアデザイナーが書いたラフスケッチが元となっていて販売するために企画された車ではありませんでした。

たまたま書いたラフスケッチの出来が良くコンセプト的にも面白いということでホンダの中でも少し特異なモデルになります。

コストと売上に重きを置いた現代の車造りの中で遊び心あふれる希少なモデルと言えます。

ただフルモデルチェンジする新型となるN-BOX(エヌ-ボックス)にはこのスラッシュは開発されていないようですので欲しい方は現行モデルのうちに購入した方がいいと思います。

ホンダ新型N-ONE(エヌワン)の詳細スペック

ではここからはNO 1の詳細スペックを見ていきましょう

ホンダ新型N-ONE(エヌワン)のプラットフォームとボディーサイズ

  • 全長(m)×全幅(m)×全高(m):3.395×1.475×1.630(ローダウン仕様1.545)
  • ホイールベース(m):2.520
  • 最低地上高(m):0.140~0.155
  • 車両重量(kg):840~900

N-ONE(エヌワン)のプラットフォームはNシリーズ共通のものを使用していますので、軽自動車のボディサイズ規制もありそれ程個性的な数字がありません。

ただしN-ONE(エヌワン)にはノーマル車高仕様とローダウン仕様の2種類があり、ローダウン仕様は全高が1.545mmということでスタイリッシュなだけでなく立体駐車場にも止めることが可能となる高さとなっています。

ホンダ新型N-ONE(エヌワン)のエンジン

S07A型:水冷直列3気筒DOHC658ccエンジン

  • 内径×行程:64.0mm×68.2mm  圧縮比:11.8
  • 最高出力:43kW(58PS)/7,300rpm  最大トルク:65N·m(6.6kgf·m)/4,700rpm
  • 電子制御燃料噴射式(PGM-FI)
  • 使用燃料種類:無鉛レギュラーガソリン  燃料タンク容量:30L

S07A型:水冷直列3気筒DOHCターボ吸気658ccエンジン

  • 内径×行程:64.0mm×68.2mm圧縮比:9.2
  • 最高出力:47kW(64PS)/6,000rpm
  • 最大トルク:104N·m(10.6kgf·m)/2,600rpm
  • 電子制御燃料噴射式(PGM-FI)
  • 使用燃料種類:無鉛レギュラーガソリン 燃料タンク容量:30L

N-ONE(エヌワン)のエンジンは水冷直列3気筒のDOHCエンジンで自然吸気とターボの2種類があります。

自然吸気のエンジンはホンダらしく癖のないスムーズなフィーリングを感じることができ、ターボエンジンはそのフィーリングを生かしたままコンパクトな車体を力強く走らすことができます。

どちらのエンジンも使用燃料に関しては、レギュラーガソリンとなっています。

ホンダ新型N-ONE(エヌワン)のトランスミッション

無段変速オートマチック (トルクコンバーター付)

N-ONE(エヌワン)で非常に残念な点はこのトランスミッションです。

N-ONE(エヌワン)をあえて選ぶユーザー層は走りにも拘った人が多いと思うので、マニュアルミッションは当然設定されると思っていました。

しかし残念ながら現在はオートマチックミッションのみでマニュアルを選ぶことはできません。

これも時代なのかもしれませんが、コンセプトを考えるとコストを度外視するしてでもマニュアルミッションは設定すべきだったのではないでしょうか。

ホンダ新型N-ONE(エヌワン)のボディーカラー

N-ONE(エヌワン)のボディーカラーはポップでカラフルな色も含めて、単一のボディーカラーが全9色となります。

  • プレミアムホワイト・パールII
  • ミラノレッド
  • プレミアムイエロー・パールII
  • クリスタルブラック・パール
  • プレミアムピンク・パール
  • ルナシルバー・メタリック
  • シャイニンググレー・メタリック
  • ブリティッシュグリーン・メタリック
  • ブリリアントスポーティーブルー・メタリック

そして更に2ツートンカラーとなるルーフをホワイト・ブラック・グレーから選択できるボディーカラーがあり、2トーンルーフに関しては12色用意されていて遊び心あふれるカラフルなボディカラーもあり自分の考える楽しいN-ONE(エヌワン)の色合いを選択することは可能でしょう。

ルーフカラー

  • ホワイト
  • ブラック
  • グレー

ホンダ新型N-ONE(エヌワン)の車両価格

N-ONE(エヌワン)の車両価格は基本的な装備を持つスタンダードモデルと更に充実した装備を持つプレミアムモデルの2種類になります。

ここから駆動方式をFFか4WD、エンジンを自然吸気かターボ、車高の高さをスタンダードかローダウンとするかが必要な選択肢となります。

N-ONE(エヌワン) スタンダードモデル

  • SSブラウンスタイルパッケージ  2WD1,380,000円  4WD1,510,000円
  • G 2WD1,185,000円                 4WD1,315,000円
  • G・LOWDOWN Basic      2WD1,220,000円
  • G・Lパッケージ         2WD1,298,000円  4WD1,428,000円
  • G・LOWDOWN         2WD1,365,000円
  • Tourer 2WD1,445,000円              4WD1,575,000円

N-ONE(エヌワン) プレミアムモデル

  • Premium            2WD1,490,000円    4WD1,620,000円
  • SSブラウンスタイルパッケージ  2WD 1,580,000円    4WD1,710,000円
  • PremiumTourer         2WD1,598,000円    4WD1,728,000円
  • Premium Tourer・LOWDOWN  2WD1,645,000円 –
  • Premium TourerSSアーバンブラックパッケージ     2WD1,698,000円 –
  • Premium TourerSSネオクラシックレーサーパッケージ 2WD1,798,000円 –

ホンダ新型N-ONE(エヌワン)のCM

N-ONE(エヌワン)のCMもイメージ通りの遊び心あふれる明るいポップなものに仕上がっています。

見ているだけで気分が明るくなるようなそんなイメージをN-ONE(エヌワン)に持たせていると思います。

ホンダのCMは基本的に俳優やモデルを使ったCMも作りませんので、その車の持つコンセプトをダイレクトにスタイルを提案したCMとなっていますね。

ホンダ新型N-ONE(エヌワン)の試乗インプレッション動画

N-ONE(エヌワン)はN シリーズのフランクシップということもあって多くのメディアから注目されたモデルでした。

特に他の今シリーズに比べて走行性能に拘ったモデルである点もモータージャーナリストが気にしていた理由です。

プレミアムコンパクトと呼ばれるN-ONE(エヌワン)の走りはどのような感想となったのでしょうか?

LOVE CARS でも市場動画インプレッションをアップしていますね。

ホンダ新型N-ONE(エヌワン)のモデルチェンジ情報

ホンダのNシリーズはついに今年第2世代へと生まれ変わる予定です。その1弾がN-BOX(エヌ-ボックス)であり、予想では2017年9月の発売となるでしょう。

N-ONE(エヌワン)に関しても同じプラットホームを使った新型モデルへと切り替わります。

発売時期に関しては半年ほど遅れた2018年の前半ではないかと思います。

基本的にはNシリーズは共通のコンポーネンツを使いますからN-BOX(エヌ-ボックス)と同じ改善はされる予定です。

では、これからその内容を細かく見ていきましょう。

1.ホンダ新型N-ONE(エヌワン)の新プラットフォームの採用

現行のN-ONE(エヌワン)はNプラットフォームと呼ばれるNシリーズ様に新開発されたものが使用されています。

これをわずか5年で新型プラットフォームに切り替えます。

その理由は軽量化です。軽量化されたプラットフォームを採用することの第1の目的は燃費を向上させるためです。

他のモデルでは快適性を向上させるための室内空間の拡大や静寂性の向上をするためにプラットフォームを一から設計する意味もありますが、N-ONE(エヌワン)においては軽量化と剛性の強化による走行性能の向上ですね。

ホンダの徹底した性能向上への信念が感じられる方針です。

逆にエンジンに関しては現行と同じエンジンを燃費向上を目的としたチューンを施したモノとなり新規開発は行われません。

2.ホンダ新型N-ONE(エヌワン)の燃費の改善

エンジンは現在のN-ONE(エヌワン)が搭載しているS07型エンジンから変更はありません。このS07型エンジンはホンダのエンジンらしく非常にスムーズに回りパワーも出ていた評判が良いんです。しかし問題となるのは燃費です。

残念ながら燃費に関しては優秀と言い難いのが事実です。

この最大のウィークポイントを改善すべく燃焼効率や冷却装置などS07型エンジンのパーツ1つ1つから見直し改善に取り組んで要るようです。

aeeeeeeeeee (581x393)

3.ホンダ新型N-ONE(エヌワン)の安全装備の充実

ホンダの先進技術である安全装備に関しても充実し、グレードアップされたホンダセンシングが搭載されます。

その内容に技術は下記の技術になります。

  • 自動ブレーキ機能
  • サイドカーテンエアバッグ
  • 車線維持支援システム
  • 路外逸脱抑制機能
  • 誤発進抑制機能
  • 歩行者事故低減ステアリング
  • 標識認識機能
  • アクティブクルーズコントロール
  • 先行車発進お知らせ機能

ただしアダプティブクルーズコントロールは搭載されない可能性もあります。

これでホンダの安全技術の最先端が新型N-ONE(エヌワン)に搭載されることになります。

緊急自動ブレーキの作動域が30キロ以下なのに対してホンダセンシグではミリ波レーダー+単眼カメラで80キロ以下と大幅な性能向上が施されるだけでなく歩行者も検知可能となり安全性能は大きく改善されます。

このホンダセンシングに関しての説明動画が下の動画になります。

ホンダ新型N-ONE(エヌワン)のライバル

N-ONE(エヌワン)のライバルと言えば本来は日本の軽自動車界には存在しません。

世界で見た際にははっきりと下の2車種をライバルと想定しているということでしょう。

まだまだいろんな意味でこのモデルには及ばない点が多いのですが、将来的にはそこに並べるようになってもらいたいものです。

BMW ミニ

BMWがローバーからブランドを買い取ることで、現代に復活したミニです。

コンパクトカーのジャンルでありながら独自の存在感を持つまさにプレミアムモデルといっていい存在です。

BMWがあえて自社ブランドではなくミニという車名を前面に出したことで大成功したモデルです。

車としての完成度も非常に高くクイックでゴーカートのようなハンドリングに意外と広い室内空間や誰もが認めるそのブランド力が正にN-ONE(エヌワン)が目指す完成形がここにあると思います。

いつの日かN-ONE(エヌワン)もライバルとなれる日が来てもらいたいものです。

Fiat500

フィアット500もミニの大成功を見てN-ONE(エヌワン)と同じように過去の成功モデルを現代に復活させた車です。

ミニもそうですが現代の車にリメイクされたエクステリアデザインは、誰が見てもフィアット500だと認識できる物になっているのが凄い点です。

決してパワフルで速い車ではないのですが、乗っていて気分がファンになれるイタリアらしい車です。

この手の車はイタリア人が最も得意とするジャンルだと思います。

新型N-ONE(エヌワン)でも見習ってもらいたいと思います。

ホンダ新型N-ONE(エヌワン) モデルチェンジのまとめ

ホンダが本気で造った軽自動車のフラッグシップ・N-ONE(エヌワン)も次世代の新型車が噂されるようになりました。

一時期は新型モデルは存在しないとまで言われていましたが、無事に開発されて発売となるようです。

現行モデルのN-ONE(エヌワン)はコンセプトが上手く具現化出来ていなくボケたものになっていると思います。

ミニやフィアット500のようにもっとコンセプトを凝縮して割り切ったモデルとしてもらいたいものです。

少し尖がったモデルとなってもNシリーズには他にN-BOX(エヌ-ボックス)やN-WGN(エヌ-ワゴン)もあるので何も問題ないはずです。むしろジャンルが被ってしまうことの方が弊害は多いと思います。分かりやすい具体例で言えばドアの枚数は2ドアにすべきです。

室内空間は大きくとっても構いませんのでドアの数を2枚にすることではっきりとコンセプトが伝わります。

そしてプレミアムモデルと言っている様に若い子だけでなくシルバー層が車に乗る楽しみや所有する満足感が得れるような遊び心溢れるモデルにして貰いたいものです。

ベンチマークモデルはBMWのMINIとフィアット500という明確な車が存在しているわけですから、それを本田流にクルマの楽しさを表現したモデルを作ればいいんだと思います。

退職後の大人がガレージで嬉しそうに車いじりをしているそんな相棒となるモデルを造ってもらいたいものです。

N-ONEエヌワンなどの新車を買おうか考えている人に必ず車が安く買える方法があります。簡単な方法ですので是非実行して大好きな新車を安く買って快適なカーライフを手に入れて下さいね。

”車を買うときに得する方法”を紹介をしたいと思います。

新しい車が欲しいなぁって思ったら欲しい車をディーラーに見に行って試乗したりしますよね?その時は好きな車を目の前にして本当にワクワクして楽しいものです。そして殆どの人はそのハイテンションのまま見積りを受け取り値引き交渉を始めていると思います。

これっ、絶対に止めて下さいっ!

これでは丸腰のままで戦に出るようなものです。車の購入の値引き交渉は戦いなんです。戦というものは戦いが始まる前に8割は結果は決まっています。必ず準備をして臨むようにしましょう。

準備をして交渉に臨むこれ正に勝つべくして勝つです。

1.最大値引きを勝ち取るには販売店同士で競合させるのがベスト

本命のディーラーに新車を見に行く前に必ず競合させる車種と販売店を想定して下さい。同じ車で違う系列店ならベストですし他社のライバル車と販売店でも良いです。

先ずはライバル店に訪問して見積りを出して貰いましょう。そしてその見積りと情報を持って必ず最後に本命の販売店に行きましょう。

2.重要なのは値引きより下取り!そしてディーラー下取りは安いという現実

大切なことなのでもう1度書きます。

車を安く買うのに大事なことは、値引き額よりも下取り査定額の方が重要

と言うのは車両値引き10万円を引き出すのは本当に大変なんです。でも買取りの専門業者の下取り価格ならディーラーと比べて10万円どころか2・30万円以上も高額なことも普通だからです。

知人のレクサスでは70万円以上も高かったです。でもこれは車両価格の高いレクサスだからですけどね。

実際の買取り専門業者への依頼方法とはインターネットで簡単な必要事項を入力するだけです。その後に電話があり向こうから車を見に来てくれます。

高額査定を引き出すコツは、依頼する買取りサイトは複数社の見積りが一括で取れる査定サイトを選ぶこと、そして最低2社へ依頼することです。これは1社の一括査定で複数社に依頼しても業者同士が顔なじみで談合されることもあるからです。

2社に同時に依頼をして競争原理を確実に働かせて買取り額を高めて下さい。私のおススメの買取り査定はかんたん車査定ガイドカーセンサーネット査定です。

おススメの理由は、どちらもガリバー等の大手を含めて一括で依頼出来る点と更にかんたん車査定ガイドは入力と同時に下の画面の様にあなたの車の相場額が表示される点にあります。

もし今すぐに売る予定はなくても自分の車がいくらの価値なのかは今後を考える上で知っておいて損はないでしょう。予想以上に高額な査定額だったから今すぐに好きな新車に買い替えることにしたという嬉しい話も珍しくないんです。

かんたん車査定ならその場で入力するだけで価格が分かりますからね。

あなたの車も調べてみたら予想以上に高額な値がついて驚くかもしれませんよ?

dddddddddddddddd

この2つのサイトでの見積り依頼をすれば競争原理が働き高額査定が出る可能性はかなり高いです。更に確実とするなら業界で評価の高いズバット車買取比較にも頼めば確率は上がります。

でも査定業者が多くなり過ぎると対応が大変ですからかんたん車査定ガイドカーセンサーネット査定だけで十分だとは思いますよ。

そして見積書を持ってディーラーに行って下さい。そうすれば買取り業者の見積額を基準に下取り価格を提案してきます。その額と比較して高い方に売れば良い訳です。基準がないとディーラーが安い見積りを出しても分からないですからね。

この様に万全な準備をして値引きと下取りの両方から最大値引きを引き出しましょう。

特に下取りはディーラーの見積もりだけでは違いも分かりませんし、カーナビやエアロや海外旅行の代金ぐらいは簡単に差が出ますから試してみることをおススメします。

おススメはこの2社⇒かんたん車査定ガイドカーセンサーネット査定

スポンサーリンク




値引き交渉の詳しいテクニックに関して知りたい人は⇩の記事で説明していますので読んでみて下さい。

誰でも出来る!20万円以上新車を安く買う4つの法則

BY KENJI

スポンサーリンク