ホンダのエヌワゴン&N-WGNカスタムが新型へモデルチェンジして第2世代へ

ホンダのエヌワゴン&N-WGNカスタムのモデルチェンジの最新情報

ホンダの軽自動車のNシリーズは大成功してダイハツ・スズキの2強と五分以上の人気を誇っています。

これはホンダが初めて本気で取り組んだ軽自動車という経営判断が非常に大きいと思います。

初めて本気で?え?じゃぁ、今までホンダはテキトーに軽自動車を造っていたの?

まぁテキトーってことはないですけどね、ライフだっていい車でしたし、ビートなんて日本の車の歴史に残る名車ですしね。

でも、車単体に対する情熱や真剣味はあっても軽自動車のマーケットでダイハツやスズキを押しのけて軽NO1の称号を奪い取ろうと社運を賭けたプロジェクトではなかったということです。

しかし今回のNシリーズの企画を考えたホンダは違いました。

本気で軽自動車という限定されたマーケットで売り上げNO1を取りに来ています。

今回はそんなホンダの鬼気迫る本気を感じるNシリーズが第二世代になるので、エヌ-ワゴン(N-WGN)を中心に振り返りとフルモデルチェンジするその詳細予想内容を見ていきたいと思います。

実はホンダという会社は新型車で成功するのは得意なのですが、その後のモデルチェンジはあまり上手ではないので、そういう意味でもNシリーズのモデルチェンジは注目です。

スポンサーリンク

ホンダのNシリーズ:エヌワゴン&N-WGNカスタムとはどの様な車か?

ホンダが軽自動車においてもNO1と成るべく考えた戦略が車体のコンポーネンツとブランドを共通とするNシリーズを展開するとい施策でした。

このNシリーズをキャッチコピーとして、New・Next・Nippon・Norimonoという風に説明してCMで流したので大分浸透しましたが、この意味は本来は最後のNorimonoつまり乗り物という意味です。

これは本田宗一郎が名付けたものです。

、、、、、ん?でも本田宗一郎ってずいぶん前に亡くなったよね?って思った方は正解です。

そうです、軽自動車のNシリーズではなくこのNシリーズがコンセプトを復活させるべくしたN360のNの意味の乗り物こそが本田宗一郎が名付けた車です。日本の多くの人に利用して生活を豊かにする乗り物そんな思いが込められていたそうです。

ホンダ・N360

aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa-498x318 ホンダは軽自動車でNO1ブランドとなるために考えた施策として日本の新しい乗り物を造りたいというコンセプトでした。そのコンセプトを正に体現していたのが、ホンダが初めて本格的に販売をした乗用車であるN360だったのです。

その思いやスピリッツそして自動車のコンセプトも復活させるべくN360からNシリーズとしてホンダのNブランドが復活することになったのです。

N360を製造するにあたってホンダはバイクのメーカーでしたのでバイクのCB450のDOHCエンジンをボアダウンしカムシャフトも変更してSOHCへと技術的には下げているのですが、それでも当時のライバル車種と比べると高出力な31馬力を叩き出しています。

それにここが本田総一郎らしいのですが、軽量化と車内空間の考慮して当時はメインだったFRではなくフロントエンジンフロントドライブのFFにしてしまいます。それに自社開発で有名となったホンダマチックと呼ばれるミッションを搭載して大成功を収めたモデルとなります。

これは当時のN360のCMです。

N360の簡単なスペックは下の様になります。

N360 販売期間  1967年-1972年

  • 通称 Nっころ
  • 3ドアハッチバッグ・2ドアクーペ
  • 4サイクル2気筒 SOHC354ccエンジン
  • 最高出力 31ps/8500rpm
  • トランスミッション 4速マニュアルミッション OR 3速オートマチック
  • 駆動方式 FF
  • サスペンション 前:ストラット 後:半楕円板バネ式固定軸
  • 全長 2995mm 全幅 1295mm 全高 1345mm  車両重量 475kg

輸出向けモデルとして排気量をアップしたN400やN600も開発して、1970年にフルモデルチェンジも施されてNⅢ360と呼ばれるモデルが登場します。

そんなホンダスピリッツ溢れるモデルであるN360の後継モデルがNシリーズというわけです。

下のCMはN360からNシリーズが始まっていることを表現したものとなっています。

ホンダNシリーズとは?

Nシリーズは共通プラットフォームを持つのですが、コンセプトやターゲットユーザーにより驚くほど異なるものを誕生させています。

そんなホンダの本気の軽自動車Nシリーズは現在大きく分けて5種類に分かれています。それぞれにコンセプトが異なりますので、1つ1つ簡単に見てみましょう。Nシリーズ共通プラットフォーム」

N-BOX(エヌボックス )

bbbbbbbbbbbbbbbbbbb-640x326スーパーハイト系ワゴンと呼ばれる現在の日本の軽自動車では1番人気のあるジャンルの車です。

ライバル車種は、ダイハツのタントやスズキのスペーシアで軽自動車で唯一規制されていない車高を不自然なぐらい高くすることで驚くほど広い室内空間を実現しているモデルです。その分走行性能や燃費性能が低かったりもするのですが、スライドドアを装備するモデルも多く利便性が抜群に高いジャンルです。

小さい子供がいるファミリーや主婦をターゲットとしたモデルです。日本で一番売れている軽自動車と言っていいと思います。

N-BOX+(エヌボックス +)

bbbbbbbbbbbbbbbbb-640x432

N-BOXをベースに、シートや荷台の室内空間仕様を変更して積載性と使い勝手に特化したモデルがN-BOX+です。

荷室床面の後端をスロープにすることが出来るために重い荷物を積み下ししやすく福祉車両としてなど特定の条件に合う場合には重宝するモデルとなっていますね。

N-BOX SLASH(エヌボックス スラッシュ)

bbbbbbbbbbbbbbbbbb-631x364N-BOX SLASH(エヌボックス スラッシュ)は、N-BOXをベースに100mmルーフをカットするというヤンキーさながらな大胆なモデルです。

ルーフラインを下げCピラーを上手く処理されていて今流行りの4ドアクーペの様な美しいボディーラインを実現しています。

実はN-BOX SLASH(エヌボックス スラッシュ)はエクステリアデザイナーが描いたラフスケッチがあれよあれよと企画が流れて本当に発売されてしまったという稀有なモデルです。

こんな時代だからこそ、こんな遊び心溢れるモデルがあっても良いですね。

でも実は悲しいお知らせが、、、、、、N-BOX SLASH(エヌボックス スラッシュ)は残念ながらこのモデルを持って廃止となることが決定したようです。

勿体ないですね。

N-ONE(エヌ-ワン)

bbbbbbbbbbbbbbbbbbbb-564x299エクステリアデザインを重視してまさに現代版N360といった車がN-ONEです。

基本的に1人で乗るための車で、積載性よりも走行性能に拘る人向けです。そしてこの車を所有することで人生のアイデンティティとなる様なそんな車です。

独身者もしくは2台目の購入者がターゲットといったところでしょうね。

この車のライバルはフィアット500かBMWのミニといったところで世界的に提案するプレミアムカーとなれるかという車です。

でも、N-ONE(エヌ-ワン)に関しては、4ドアでなくて2ドアの方が良かったんじゃないかと思うのは私だけじゃないですよね?

N-WGN(エヌワゴン)

bbbbbb-640x237

N-WGN(エヌワゴン)は、従来の4ドアワゴンでライバルはダイハツのムーブやスズキのワゴンRであり、車内空間に関してはN-BOXとN-ONEの間の利便性になります。

ターゲット層は、単身者っとファミリー層でも環境により対応できるモデルです。

今回はN-WGN(エヌワゴン)とN-WGNカスタム(エヌワゴン・カスタム)が主役ですのでもう少し詳しく見ていきましょう。

ホンダ初代 ワゴン(N-WGN) 型式JH1/2型 販売期間2013年 ~現在

先程述べたようにエヌワゴンのライバルは、ダイハツのムーブやスズキのワゴンRといったビッグネームであり軽自動車でホンダが天下を取りたいのであれば、タントやスペーシアと同じく避けては通れない相手と言えます。

後発となるホンダのNシリーズがこの様なブランドの車とどの程度戦えるのは注目です。

エクステリアデザインは2種類に分かれます。

ホンダのエヌワゴン(N-WGN)

スタンダードモデルとなりカッコつけすぎない優しい親しみやすさを感じるモデルで小さいお子さんのいるファミリー層や女性が抵抗なく乗れるデザインとなっています。b-640x307

ホンダのエヌワゴン(N-WGN)カスタム

都会的でスタイリッシュですが、少しギラギラした押しの強いエクステリアデザインのモデルです。若い子供が小さいパパや独身者の男性が好む男らしさを感じるモデルです。bbbbbbbbbb-640x349

ホンダのエヌワゴン&N-WGNカスタムの搭載エンジン

エンジンの種類は2種類です

パワーが売りのターボエンジンと乗り味が優しい自然吸気のエンジンになります。

S07A型:水冷直列3気筒DOHC658ccエンジン

  • 内径×行程:64.0mm×68.2mm  圧縮比:11.8
  • 最高出力:43kW(58PS)/7,300rpm  最大トルク:65N·m(6.6kgf·m)/4,700rpm
  • 電子制御燃料噴射式(PGM-FI)
  • 使用燃料種類:無鉛レギュラーガソリン  燃料タンク容量:30L

S07A型:水冷直列3気筒DOHCターボ吸気658ccエンジン

  • 内径×行程:64.0mm×68.2mm圧縮比:9.2
  • 最高出力:47kW(64PS)/6,000rpm
  • 最大トルク:104N·m(10.6kgf·m)/2,600rpm
  • 電子制御燃料噴射式(PGM-FI)
  • 使用燃料種類:無鉛レギュラーガソリン 燃料タンク容量:30L
bbbbb-640x353

ホンダのエヌワゴン&N-WGNカスタムのボディーカラー

各グレードにより選択できるボディーカラーが異なります。

N-WGN:全9色

  • タフタホワイトII
  • クリスタルブラックパール
  • プレミアムホワイトパールII
  • ブリティッシュグリーンパール
  • ブリリアントスポーティブルーメタリック
  • ルナシルバーメタリック
  • プレミアムピンクパール
  • プレミアムディープモカパール
  • プレミアムアイボリー・パール

N-WGN Custom:全7色

  • クリスタルブラックパール
  • プレミアムホワイトパールII
  • ブリティッシュグリーンパール
  • ブリリアントスポーティブルーメタリック
  • ミラノレッド
  • シャイニンググレーメタリック
  • プレミアムベルベットパープルパール

N-WGN 福祉車両:全8色

  • クリスタルブラックパール
  • プレミアムホワイトパールII
  • ブリティッシュグリーンパール
  • ブリリアントスポーティブルーメタリック
  • ルナシルバーメタリック
  • プレミアムピンクパール
  • プレミアムディープモカパール
  • プレミアムアイボリー・パール

インテリアカラー:全3色

N-WGN

  • ベージュ(C)
  • ブラウン×ベージュ(G、G・Lパッケージ、G・ターボパッケージ)
  • ブラック(G・Lパッケージ、G・ターボパッケージ)

N-WGN Custom

  • ブラック(G)
  • ブラック/プライムスムース&ジャージコンビシート(G・Lパッケージ、G・ターボパッケージ)

N-WGN 福祉車両

  • ブラックのみ
bbbbbbb-640x323

ホンダのエヌワゴン&N-WGNカスタムの車両価格

車両価格を見て見ましょう。

N-WGN

  • Cグレード  DOHC CVT FF 1,090,000円  4WD 1,220,000円
  • Gグレード  FF 1,164,000円  4WD 1,294,000円
  • G・Lパッケージ  FF 1,222,000円  4WD 1,350,000円
  • G・ターボパッケージ  DOHCターボ  FF 1,320,000円  4WD 1,450,000円

N-WGN Custom

  • G   DOHC CVT FF 1,380,000円    4WD 1,510,000円
  • G・Lパッケージ FF 1,450,000円   4WD 1,580,000円
  • G・ターボパッケージ  CVT+パドルシフト FF 1,515,000円 4WD 1,645,000円

N-WGN 福祉車両

  • G・Lパッケージ <助手席回転シート車>  DOHC CVT FF 1,425,000円  4WD 1,550,000円

特別仕様車”SS パッケージ””2tone color style パッケージ”

bbbbbbbbbbbbbbbbbbbbb-640x293

ホンダは2つの特別仕様車”SS パッケージ”と”2tone color style パッケージ”を発売しました。

これはあんしんパッケージとエクステリアとインテリアの質感をアップさせる上質なカスタムを施したもので走りに関しては手は付けられていませんが、かなりカッコ良くなってますね。

bbbbbb-640x237

”SS パッケージ””2tone color style パッケージ”特別装備の内容

N-WGN G特別仕様車SS パッケージ
(G・Lパッケージの装備に加えて)

  • あんしんパッケージ
  • インパネガーニッシュ(レイヤードクリアパネル:ホワイト)

N-WGN Custom 特別仕様車SS パッケージ
(G・Lパッケージの装備に加えて)

  • あんしんパッケージ
  • 常時点灯3眼メーター(ホワイト照明)
  • ホワイトイルミネーション
  • スライドセンタートレイ
  • フット(運転席/助手席)
  • ドリンクホルダー(運転席/助手席)

N-WGN Custom 特別仕様車

”SS 2tone color style パッケージ”
”ターボ SS 2tone color style パッケージ”
(G・Lパッケージ/G・ターボパッケージの装備に加えて)

  • 2トーンカラースタイル(ルーフ&スポイラー&ドアミラー)
  • ダーククロームメッキ&ブラック塗装フロントグリル
  • ダーククロームメッキ・アウタードアハンドル
  • ダーククロームメッキ・リアライセンスガーニッシュ
  • ブラック塗装フォグライトガーニッシュ
  • ブラック塗装モール付リアバンパー
  • サイドシルガーニッシュ(ブラックフィルム加飾付)
  • 14インチアルミホイール(ベルリナブラック塗装+切削+ブラッククリア塗装)
  • プライムスムース&ジャージコンビシート(レッドダブルステッチ)
  • 本革巻ステアリングホイール(レッドステッチ)
  • 本革巻セレクトレバー(レッドステッチ)
  • 常時点灯3眼メーター(レッド照明)
  • レッドイルミネーション
  • スライドセンタートレ
  • フット(運転席/助手席)
  • ドリンクホルダー(運転席/助手席)
  • インパネガーニッシュ(レイヤードクリアパネル:ダーククリアレッドライン付)
  • ドアオーナメントパネル(レイヤードクリアパネル:ダーククリアレッドライン付)
  • ピアノブラック調エアコンパネル
bbbbbbbbbbb-640x340

”SS パッケージ””2tone color style パッケージ”特別装備の車両価格

N-WGN

G特別仕様車SS パッケージ
CVT  FF 1,261,000円 4WD 1,391,000円

N-WGN Custom

特別仕様車”SS パッケージ”
CVT FF 1,491,000円 4WD 1,621,000円
特別仕様車”SS 2tone color style パッケージ”
FF 1,509,000円  4WD 1,639,000円
特別仕様車”ターボ SS 2tone color style パッケージ”
ターボ CVT FF 1,574,000円  4WD 1,704,000円

”SS パッケージ””2tone color style パッケージ”特別装備のボディーカラー

ボディーカラーは全3色です。どの色もブラックルーフが都会的でカッコいいですね。

プレミアムパールホワイトⅡ&ブラック

bbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbb-640x382ミラノレッド&ブラック
bbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbb-640x378

ブリリアントスポーティーブルーメタリック&ブラック
bbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbb-640x385

ホンダのエヌワゴン&N-WGNカスタムの動画紹介

エヌワゴンに関しても多くの紹介動画がアップされています。動画で見るとまた伝わるものが違いますよね。

下の動画はホンダの販売店によるエヌワゴンの車両紹介の動画になります。

私もファンの河口まなぶさんのエヌワゴンの試乗インプレッション動画です。

ホンダのエヌワゴン&N-WGNカスタムのモデルチェンジの予想スペック

ホンダのエヌワゴン&N-WGNカスタムのフルモデルチェンジの時期

ホンダのNシリーズも全ての車種が出そろいましたので、第2世代へと切り替わっていきます。

その第1弾となるのが2代目となるN-BOXが2017年に登場して、その後にN-ONEがモデルチェンジをして、その次がNワゴン&N-WGNカスタムの登場となります。

つまりNワゴン&N-WGNカスタムのフルモデルチェンジの時期は2018年後半から2019年となります。恐らく2019年になると思います。

N-BOXの詳しいモデルチェンジ情報に関しては下の記事を見てください。

ホンダ新型N-BOX:エヌボックスがモデルチェンジで燃費向上!bbbbbbbbb-640x332

ホンダのエヌワゴン&N-WGNカスタムの予想内容

2世代目のNシリーズは全てのモデルで現行モデルのキープコンセプトとなります。見た目的なイメージは変わらないのですが、技術的な改善は多く計画されています。

現在のNシリーズが他社のライバルと比較して明確に劣っている点があります。それが燃費です。これを改善するための施策が中心として施されます。

新開発の次世代軽量新プラットフォームの採用

これはライバルのスズキが参考して行い現在非常に高い評価を得ているコンセプトのプラットフォームです。ホンダもこれにあやかって後発の強みを見せたいところです。

新開発エンジンの搭載 

これはパワーだけでなく燃費性能の向上を狙った低速アイドリングストップ機能付き直噴型エンジンです。

ただし開発が間に合えばということらしくどの第2世代のNシリーズから搭載されるのかは不明ですから、現行のS07A型エンジンを改良して搭載する可能性もあります。

ハイブリッドシステムの搭載 

燃費性能向上の秘策にして王道になります。スズキが使っているSエネチャージと同じ”モーターアシスト式マイルドハイブリッドシステム”を搭載します。

これにより現行のN-BOXの燃費はJC08モード燃費で29.4km/Lから向上し、燃費目標35.0km/Lということです。

新エンジンに車重の軽量化、ハイブリッドシステムを使いクラス最高峰のJC08モード燃費35.0km/Lを実現させるつもりです。

安全運転支援システムホンダセンシング(Honda SENSING)搭載

第2世代となるNシリーズには、安全運転支援システムホンダセンシング(Honda SENSING)が搭載されていきます。

先ずは新型N-BOXに軽自動車として初めて搭載され、当然新型Nワゴン&N-WGNカスタムにも搭載されます。

これにより安全予防技術においても他のライバルに引けを取らない車になります。

エクステリア&インテリアのデザインの変更

エクステリア&インテリアに関しては基本的には新型モデルはキープコンセプトとなるために、大幅なデザインの変更は敢えて行いません。

ただしカスタムに関しては大型グリルやLEDランプの採用やメッキパーツの多様化で更に押しの強いデザインとなることが予想されています。

インテリアに関しての大きなイメージ変更は行なわずに質感の向上とシートアレンジの更なる工夫により利便性を高めて使い勝手を良くします。

フルモデルチェンジの趣旨

この様にフルモデルチェンジする新型Nワゴン&N-WGNカスタムは、外装と内装に関して現行と同じイメージを継承しはしますが、中身は新プラットフォームに新開発エンジン・マイルドハイブリッドシステムとホンダセンシングの搭載と大きな変更を行いポテンシャルを大幅に向上させたモデルに生まれ変わります。bbbbbbbbbbbbbb-640x369

ホンダのエヌワゴン&N-WGNカスタムの納車状況と値引き情報

ホンダのエヌワゴン&N-WGNカスタムの値引き情報

モデルとして後半に入ったこともあり値引きは拡大の傾向にあります。

目標値引きは、現金値引きで10万円から15万円を目指しこれ以上は用品をサービスで付けて貰えるようにしましょう。

想定ライバル車種はダイハツのムーブやニッサンのデイズでも良いのですが、2017年に新型が登場するスズキのワゴンRは最新モデルとなるために効果的とも言えます。

ベースとなるアルトの出来がいいだけに、燃費性能や運動性能が飛躍的に向上するのは確実で正直その点に関してはN-WGNでは太刀打ちできないと思われます。

逆に言えば今買い替えをするために値引きを拡大してほしいという話に帰結させます。

更に詳しい人には調べてほしいのは、ホンダカーズは同じディーラーの看板を掲げていても同地域内に異なる資本(オーナー)のホンダカーズが混在しています。

この資本違いの店舗を調べてホンダカーズ同士での競合が出来ると非常に強い立場で値引き交渉が可能となるので行ってみると良いでしょう。

それと下取り車がある場合は、車体値引きだけでなく下取り価格を高く売ることも努力しましょう。ハッキリ言って値引き額より下取り価格を上げる方が差が出ますので。

詳しくは⇩の記事を読んで下さい。

誰でも出来る!20万円以上新車を安く買う4つの法則bbbbbbbbbbbbb-640x357

ホンダのエヌワゴン&N-WGNカスタムの下取り状況

下取りに関しては、NワゴンよりN-WGNカスタムの方が高い傾向にあります。若者を含めた広いユーザー層にカスタムが受けているようです。

人気のボディーカラーは、クリスタルブラック・パールとプレミアムホワイト・パールIIの安定色になります。

グレードで人気が高いのは、カスタムGとカスタムGターボパッケージで、自動ブレーキのあんしんパッケージや4WD仕様もNワゴン・N-WGNカスタム共に高い傾向があります。

下取り車の具体的な金額に関しては、かんたん車査定ガイドならネットで車の情報入力するだけで自分の車の価値がいくらなのが分かりますから調べてみるのも良いでしょう。

今後の買い替え計画が立てやすいですからね。

ホンダのエヌワゴン&N-WGNカスタムの納車状況

モデルとしては後半期に入り生産ラインと注文のバランスは取れている状態でボディーカラーやグレード・装備にも寄りますが、即納から1カ月程度で可能となっています。

現在の納車状況としては非常に良好な車種といえるでしょう。

ホンダのエヌワゴン&N-WGNカスタムのライバル車種の動向

軽自動車のハイト系ではない4ドアワゴンとしては、Nワゴンを含める4メーカーの4車種が強いです。モデルチェンジとしてはNワゴンの前にスズキのワゴンRがモデルチェンジをしました。

この4台は非常に出来が良い各メーカーの誇りの様なモデルたちです。

スズキ新型ワゴンR

現在の状況ではホンダのN-WGNとダイハツのムーブが強いですが、ワゴンRだって負けていません。

フルモデルチェンジした新型では3つのフェースパターンを持つ意欲作に仕上がっています。

今の軽自動車のメイン市場のスーパーハイト系ワゴンさえ追い抜く気満々の意欲作となっています。

新型ワゴンRがフルモデルチェンジして2017年発売へ:その内容が凄い!

ダイハツ新型ムーブ

aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa-640x261ダイハツは車種を増して軽自動車の販売数を稼いでいる戦略性も感じますが、やはりムーブというブランドは特別です。

ムーブとタントはダイハツの2枚看板ですからね。この2ジャンルでどのメーカーがNO1を取るかはプライドを掛けた戦いです。

ムーヴに関しての記事は下をクリックして見てくださいね。

ダイハツ新型ムーヴのモデルチェンジする未来は?その歴史から予測する

ニッサン・デイズ

aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa-618x296ニッサンのデイズも1代目にしてトップに食い込んで順風満帆でしたが、ミツビシの燃費の不正問題に巻き込まれて販売停止など苦しい状況となってしまいました。

ただ今後はニッサン主導でのモデルチェンジが行われていくことが確実でしょうから長いスパンで見るとデイズにとっては悪くない可能性もあります。

これからのニッサン・デイズに期待です。

詳しくは下の記事に書いてありますのでご覧ください。

開発が決定したニッサン新型デイズルークスのモデルチェンジ情報とその歴史!

ホンダのエヌワゴン&N-WGNカスタムのモデルチェンジ第2世代のまとめ

どうでしたか?ホンダが社運をかけたホンダのエヌワゴン&N-WGNカスタムの第二世代モデルは悪い車であるはずがないモデルとなりそうです。

なんせ気合の入り方が違います。新プラットフォームを使いハイブリッドモデルを用意して遂には新エンジンさえも開発中なわけですから本気度合いが伝わります。

ハッキリ言ってしまうと、やはりブランド力はダイハツ・スズキといった小型車と軽自動車がメインのメーカーと新型NSXといった2000万円を優に超えるスーパースポーツカーも販売するホンダでは大分差があるのは事実です。

だからこそ各メーカーは車の性能に思いを込めていると思います。

安いから軽自動車という話ではなく小型車よりも魅力的な軽自動車も多く出てきていますので、ホンダはここが本当の勝負でしょうね。

”見せてもらおうか、世界のホンダが造る軽自動車の性能とやらをっ!”

、、、、、、、、言ってみたかっただけです。

でも本当にそんな感じで、これからのホンダの気合が軽自動車へ挑戦状の様なモノです。そんな運命を背負ったNシリーズの進化には大注目です。

ワゴンRやムーブなどの新車を買おうか考えている人に必ず車が安く買える方法があります。簡単な方法ですので是非実行して大好きな新車を安く買って快適なカーライフを手に入れて下さいね。

”車を買うときに得する方法”を紹介をしたいと思います。

新しい車が欲しいなぁって思ったら欲しい車をディーラーに見に行って試乗したりしますよね?その時は好きな車を目の前にして本当にワクワクして楽しいものです。そして殆どの人はそのハイテンションのまま見積りを受け取り値引き交渉を始めていると思います。

これっ、絶対に止めて下さいっ!

これでは丸腰のままで戦に出るようなものです。車の購入の値引き交渉は戦いなんです。戦というものは戦いが始まる前に8割は結果は決まっています。必ず準備をして臨むようにしましょう。

準備をして交渉に臨むこれ正に勝つべくして勝つです。

1.最大値引きを勝ち取るには販売店同士で競合させるのがベスト

本命のディーラーに新車を見に行く前に必ず競合させる車種と販売店を想定して下さい。同じ車で違う系列店ならベストですし他社のライバル車と販売店でも良いです。

先ずはライバル店に訪問して見積りを出して貰いましょう。そしてその見積りと情報を持って必ず最後に本命の販売店に行きましょう。

2.重要なのは値引きより下取り!そしてディーラー下取りは安いという現実

大切なことなのでもう1度書きます。

車を安く買うのに大事なことは、値引き額よりも下取り査定額の方が重要

と言うのは車両値引き10万円を引き出すのは本当に大変なんです。でも買取りの専門業者の下取り価格ならディーラーと比べて10万円どころか2・30万円以上も高額なことも普通だからです。

知人のレクサスでは70万円以上も高かったです。でもこれは車両価格の高いレクサスだからですけどね。

実際の買取り専門業者への依頼方法とはインターネットで簡単な必要事項を入力するだけです。その後に電話があり向こうから車を見に来てくれます。

高額査定を引き出すコツは、依頼する買取りサイトは複数社の見積りが一括で取れる査定サイトを選ぶこと、そして最低2社へ依頼することです。これは1社の一括査定で複数社に依頼しても業者同士が顔なじみで談合されることもあるからです。

2社に同時に依頼をして競争原理を確実に働かせて買取り額を高めて下さい。私のおススメの買取り査定はかんたん車査定ガイドカーセンサーネット査定です。

おススメの理由は、どちらもガリバー等の大手を含めて一括で依頼出来る点と更にかんたん車査定ガイドは入力と同時に下の画面の様にあなたの車の相場額が表示される点にあります。

もし今すぐに売る予定はなくても自分の車がいくらの価値なのかは今後を考える上で知っておいて損はないでしょう。予想以上に高額な査定額だったから今すぐに好きな新車に買い替えることにしたという嬉しい話も珍しくないんです。

かんたん車査定ならその場で入力するだけで価格が分かりますからね。

あなたの車も調べてみたら予想以上に高額な値がついて驚くかもしれませんよ?

dddddddddddddddd

この2つのサイトでの見積り依頼をすれば競争原理が働き高額査定が出る可能性はかなり高いです。更に確実とするなら業界で評価の高いズバット車買取比較にも頼めば確率は上がります。

でも査定業者が多くなり過ぎると対応が大変ですからかんたん車査定ガイドカーセンサーネット査定だけで十分だとは思いますよ。

そして見積書を持ってディーラーに行って下さい。そうすれば買取り業者の見積額を基準に下取り価格を提案してきます。その額と比較して高い方に売れば良い訳です。基準がないとディーラーが安い見積りを出しても分からないですからね。

この様に万全な準備をして値引きと下取りの両方から最大値引きを引き出しましょう。

特に下取りはディーラーの見積もりだけでは違いも分かりませんし、カーナビやエアロや海外旅行の代金ぐらいは簡単に差が出ますから試してみることをおススメします。

おススメはこの2社⇒かんたん車査定ガイドカーセンサーネット査定

スポンサーリンク




値引き交渉の詳しいテクニックに関して知りたい人は⇩の記事で説明していますので読んでみて下さい。

誰でも出来る!20万円以上新車を安く買う4つの法則

BY KENJI

スポンサーリンク