ニッサン新型シルビアが復活へ!S16のスペックと発売時期は?

ニッサン新型シルビアがベンツやハイブリッドエンジンを搭載して復活へ!

シルビアと言えば日本を代表する2ドアクーペの美しいスタイリングのモデルです。

そして別の意味ではコンパクトな車体にFRの駆動方式のスポーツカーと顔負けの運動性能を持った車でもありました。

車両価格も手頃な価格設定ということもあり若者からデートからドライブそしてスポーツ走行と一台でオールマイティーにこなせることにもありました。

そんなスペシャリティーカーのシルビアも2002年を最後に生産が途絶えていました。

しかし昨今のスポーツカーの復興を受けてシルビアも新型の復活の話が出てきています。

今回はFRスポーツカーとして復活する新型のS16シルビアの最新情報をこれまでの歴史を振り返るとともに見ていきましょう。

スポンサーリンク

ニッサン・シルビアとは?

そもそもニッサンのシルビアとはどの様なモデルなのでしょうか?

シルビアはニッサン自動車が生産するFRの駆動方式の2ドアクーペで、初代のCSP311型から7代目のS15型まで、約40年間も生産されていたモデルです。

そのスタイリングはどの時代のモデルも美しく海外でもその評価は高いことで知られています。

まずはその歴史を振り返ってみましょう。

ニッサン初代シルビア CSP311型

販売期間1965~1968年

初代シルビアのCSP311型は、ダットサン・フェアレディのSP310型のシャーシを流用する形で1965年4月に発売されました。

その心臓は1.6LのOHV直列4気筒エンジンは90馬力を誇り、4速ミッションにサスペンションは、リアは半楕円リジッドリーフですが、フロントにはダブルウィッシュボーンコイルを採用した最新最高の技術が搭載されていました。

初代シルビアは生産数は554台で’非常に貴重なモデルであり、そして世界的に非常に美しいデザインとして語り継がれています。

ニッサン2代目シルビア  S10型

販売期間 1975~1979年

初代と大きくデザインが変更された2代目シルビアは現在は聞くことがなくなったセクレタリーカーとして開発された北米マーケット向けモデルです。

そのために初代モデルが宝石のようなスペシャルモデルだったのに対して汎用のモデルとして開発されています。

プラットフォームもB210型サニーがベースとなり、サスペンションに関してもフロントがストラット式、リアがリーフリジッド式を採用して初代から見ればグレードダウンなのは否定の使用がありませんでした。

アメリカでの車名は、Datsun 200SXでした。

ニッサン3代目シルビア S110型

販売期間 1979年~1983年

3代目のシルビアも2代目に続き北米マーケットを意識したモデルとなり、ボディタイプは2ドアクーペと3ドアファストバックの2種類となりました。

アメリカを意識したことでボディーサイスも室内の大きさを優先して大型化しました。

ニッサン4代目シルビア S12型

販売期間 1983年~1988年

3代目からキープコンセプトのフルモデルチェンジとなり、引き続きボディタイプは2ドアクーペと3ドアハッチバックの2種類が用意されました。

兄弟車にはガゼールというエクステリアもほぼ同じ車が存在しています。

チルトアップ機構付き電動ガラスサンルーフを日本で最初に搭載したことでも有名なモデルです。

ニッサン5代目シルビア S13型

販売期間 1988~1993年

累計販売台数30万台以上という大ヒットモデルとなったのが、この5代目シルビアです。

非常に美しいスタイリングにお手頃な車両価格ということもあり、若者を中心にデートカーと位置づけ当時人気のあったホンダのプレリュードのライバルとして爆発的に売れました。

特に初期の評価は88年と89年日本カー・オブ・ザ・イヤーやグッドデザイン賞を受賞してスペシャリィーティーカーとしての評価を高めます。

実際にこの頃にの大学の駐車場にはこのシルビアが多くと停まっていました。

しかし年数が経つにつれて別の人気が高まります。

それは走り屋から特にドリフトを好む人からの高評価です。

当時はまだAE86がコンパクトFRということで人気があったのですが、流石に年式も古くなりコンパクトなFRで高価格でないモデルが求められていたためにシルビアがこのお後継モデルとして好まれるようになったのです。

その後もこのS13シルビアの人気はAE86とともに衰えることはなく走り屋からの圧倒的な支持は健在です。

下の動画はそんなS13シルビアのドリフト映像です。

この様な形で今でも現役のイメージですね。

ニッサン6代目シルビア S14型

販売期間 1993年~1998年

1993年10月フルモデルチェンジしたシルビアでしたが、S13の人気が高く注目を浴びたのですが、エクステリアデザインの完成度はそこまで高くなく落胆する人が多くいました。

更にボディサイズも室内空間の広さを優先して大型化したことにより、運動性能が落ちて走りを期待した人からも支持が得れずに販売台数は多くはありませんでした。

ニッサン7代目シルビア S14型

販売期間 1999年~2002年

そして1999年1月にフルモデルチェンジしたS14型となる7代目のシルビアは先代の失敗を糧に5ナンバーサイズに小型化してスポーツカーに負けない運動性能を得ています。

またエクステリアデザインに関しても2ドアクーペとして非常に艶めかしい美しいデザインとなっています。

ただその車の完成度程は販売数は伸びず、それは時代の流れからクーペが流行らなくなってしまっていたことに寄ります。

もしこのS15がS14として発売されていたならば、ヒットモデルとなっていた可能性は高いと思います。

シルビア ヴァリエッタ

因みにこのS15のシルビアにはヴァリエッタという電動フルオープンにできるメタルトップを持つモデルも存在していました。

これが非常に美しいデザインで今見てもほれぼれします。

デザイン的には現代に売り出したとしても十分通用する非常にレベル高い名車だと個人的には思っています。

ちょっとコーヒーブレイク

車が興味がある人にここで少し耳よりな情報があります。
ちょっとしたコツを知っているだけで、車を20万円以上も安く購入することが可能です。
誰にでも出来る簡単な方法ですので、詳しい内容は下の記事を読んで参考にしてみて下さい。

誰でも出来る!20万円以上新車を安く買う4つの法則

2017.09.08

ニッサン新型シルビアのモデルチェンジ情報

一時期は日本のスポーツカーは非常に厳しい時代があり多くのスポーツカーやスポーティーカーが廃止となってしまいました。

それがここで再び復興してきています。

既に復活したモデルとしては、ホンダの新型NSXそしてビートの新型となるS660があります。

そして更にこれから発売が噂されているモデルでは、トヨタの新型スープラ、マツダの新型RX-7、スズキの新型カプチーノがあります。

そしてそこに加わることが噂されているのがこの新型シルビアです。

これからその予想スペックとともにエクステリアデザインの予想にもつながる新型シルビアかと噂された2台のコンセプトモデルを見てみたいと思います。

ニッサン新型シルビアのコンセプトモデル

嘗て新型シルビアではと噂されたコンセプトモデルが2台あります。

ニッサン:Emerg-E(エマージ)

そのまず一台目は2012年3月のジュネーブ・モーターショーに出展されたコンセプト・モデル”Emerg-E(エマージ)”です。

このモデルはニッサンの高級ブランドのインフィニティとして出されたもので、レンジエクステンダー付きスポーツEVカーでした。

動力ユニットは電気モーターを2つと1.2Lの3気筒エンジンを組み合わせたハイブリッドシステムでした。

そのパワーは408psを誇り、”0-60mph(約96km/h)をジャスト4秒で加速し、130mph(約209km/h)の速度に達するまで30秒”という発表でした。

しかもその燃費もJC08モード燃費は42km/Lという素晴らしい数字を示しています。

その美しい姿を写真で見てください。 写真を見ても分かる通りカーボンファイバー製ボディーで、ミドシップ・レイアウトのスーパーカースタイルを持つ美しいクーペです。

しかし新型シルビアとして考えたときにカーボンファイバー製はないとしてもピュアスポーツカーのスタイルにするのでしょうか?

美しいクーペボディーにイメージのシルビアですが、このスタイルは違うと思うので、個人的にベースにはしないのではと思います。

公道を走っているEmerg-E(エマージ)の動画です。

ニッサン:IDxコンセプト

更にもう一台のコンセプトモデルは、2013年の東京モーターショーで発表したコンセプトカー”IDxコンセプト””IDx NISMO”です。

ハコスカやシルビアを彷彿させる箱形のエクステリアデザインにミドルクラスのボディーサイズでFRの駆動方式を採用しています。

ボディーサイズの具体的な数字は、全長:4,100mm全幅:1,700mm全高:1,300mmであり確かにシルビアのイメージにぴったりですね。

特に”IDx NISMO”は昔のレーシングカーのテイストが加わっていて昔からのファンには堪らないデザインをしていました。

そのエクステリデザインは下の写真になります。 しかし発表当時はここまでスポーツカーの人気が復興していなかったことやニッサン・ルノーともにボディーサイズに合ったFRのプラットフォームがなかったことからコンセプトモデル止まりで市販化はないと言われてもいました。

ニッサン新型シルビアのエクステリアデザイン??

最近の新型シルビア復活の噂が広がる中でネット上で新型シルビアが発表されたと騒がれたことがありました。

ニッサンのVモーショングリルを持つ美しいクーペモデルで新型シルビアは絶賛されました。

その新型シルビアの写真が下になります。どうですか?非常に美しくて完成度が高いでしょう。

これは確かに欲しくなりますよねぇ。

でも実はこれは新型ティアナを加工してネットに載せたいたずらだったんです。

下の写真がその元のティアナです。

しかし素晴らしい加工とデザインです。これなら新型シルビアはこの写真のままで発売してくれて良いんじゃないかとも思いますよね。

ニッサン新型シルビアのの予想基本スペック

エクステリアデザインのイメージは少し見えてきたかと思いますが、ここからはそのスペックを見ていきましょう。

ニッサン新型シルビアののプラットフォーム

メルセデスベンツのプラットフォームの改良型

新型シルビアが実現しなかった理由の一つにスモール・ミディアムクラスのFRプラットフォームがルノー・ニッサングループが持っていないことにありました。

販売台数が見込めない2ドアクーペのためにプラットフォームを開発する費用をかける余裕は現代の自動車メーカーにはないからです。

しかし最近メルセデスベンツ社との提携が進みメルセデスベンツのFR用MRAプラットフォームを提供してもらえる可能性が高まり、新型シルビア復活が現実味を帯びてきました。

しかもメルセデスベンツのFR用MRAプラットフォームは自由度が高くスモールFRとしてのボディーサイズにまで短縮も可能という話です。

ニッサン新型シルビアののボディーサイズ

全長 4450mm x 全幅 1690mm x 全高 1080mm

ホイールベース  2520mm 車体重量 1100kg

ボディーサイズはS15と同じ5ナンバーサイズとなります。ライトウェイトスポーツカーということで車体重量の軽量化にかなり力を入れてくるようです。

誰もが連想するようにライバルはトヨタ86やスバルBRZでもあるのですが、むしろマツダのロードスターになるかもしれないようです。

S15よりも小さくなる可能性もあるようです。

ニッサン新型シルビアのトランスミッション

マニュアルモード付き6速AT

トランスミッションはマニュアルモード付き6速ATを搭載してオートクルーズ機能にするという話です。

実はマニュアルの話が出てこないのですが、新型シルビアのコンセプトを考えると6速マニュアルが搭載されるとは思うんですけどね。ニッサンのモデルですからルノーブランドの兄弟車を開発する可能性もありますし、ヨーロッパで発売する予定でしょうからマニュアルミッションは搭載するでしょう。

ニッサン新型シルビアのの駆動方式

FR

新型シルビアではやはりフロントエンジンのリアドライブに拘りがありますからね。

これこそシルビアのアイデンティティです。

ニッサン新型シルビアのの搭載エンジン

新型シルビアの候補となっているエンジンは3つあると言われています。

まずは最初のエンジンはニッサンのグループであるルノーのエンジンになります。

ガソリンエンジン:F4R型

2.0L 直列4気筒DOHC16 バルブターボ

最大出力:273ps(201kW)/5500回転   最大トルク:35.7kgm/1,200rpm-4,000rpmkgf.m/回転

ルノーの2.0L 16V ターボエンジンといえばメガーヌ・スポールに採用されているエンジンでメガーヌ・スポールはFF最速をホンダのシビックタイプRと争っているモデルです。

過激なこのエンジンをFRのシルビアに搭載した高パフォーマンスモデルです。

これは興奮するなってほうが無理な話です。

同じエンジンを積むメガーヌ・スポールのテスト走行動画です。

ガソリンエンジン:274M16型

1.6L 直列4気筒ターボエンジン

最大出力:156ps(115kW)/5300回転   最大トルク:25.5kgm(250N・m)/1200-4000回転

2つ目の候補のエンジンはメルセデスベンツのCクラスに搭載されている1.6Lのターボエンジンが予想されています。

これはプットフォームと抱き合わせでメルセデスベンツから提供を受けるので比較的コストを抑えれた上に車としての相性は保証されたものとなります。

ただしCクラスのこのダウンサイジングターボエンジンは非力ではないですが、スポーツユニットではないのでスタンダードモデル用の動力ユニットに該当します。

ニッサンの新開発e-POWERシステム

そしてニッサンとして本命というか力を入れた動力ユニットとして新型シルビア用に高出力型のe-POWERを開発中という話です。

e-POWERは、ニッサン新型ノートに採用されたハイブリッドシステムで走行に関しては全ての場面で電気モーターを使い、ガソリンエンジンはその動力源となる電気を発電するためだけに使われるという通常のストロングハイブリッドシステムよりもEV(電気自動車)に近いものとなっています。

新型シルビアではこのパワーユニットを搭載することで環境問題を意識した未来型スポーツカーとして販売していきたい意向です。

確かにハイブリッドシステムでパワーのあるFRスポーツという肩書なら新しい時代の旗モデルとなりえるでしょうね。

そのe-POWERシステムを積んだノートのニスモの試乗動画です。

ニッサン新型シルビアのの最新技術の装備

ニッサンの最新技術も当然ですが搭載されます。

自動運転技術プロパイロットの搭載

自動運転技術のプロパイロットは今のニッサンの看板技術です。

それをスポーツカーに最初に搭載することになるのは新型シルビアとなりそうです。

ニッサン新型シルビアのの発売時期

2017年の東京モーターショーではコンセプトモデルなり何か発表がある可能性は残念ながら高くはないです。

おそらく2018年のどこかのモーターショーでワールドプレミアとなるでしょう。

そして発売は2018年内か2019年に発売となる予定です。

ニッサン新型シルビアのの予想価格

新型シルビアの車両価格ですが、250万円から300万円になると予想されています。

ライバル車種は、トヨタ86、スバルBRZ、マツダロードスターを意識した戦略的価格設定となるでしょう。

ライバル関係を優先してエンジンを選んだ場合には、200万円の前半となる可能性もあります。

ぜひ若い子が走る楽しさを体感できるモデルとしての価格設定にしてもらいたいです。

ニッサン新型シルビアのライバル

現在発売されているシルビアのライバルとなるモデルも新世代となり現代を代表するモデルとなっています。

この3台は間違いなく直接的なライバルモデルとなるでしょう。

トヨタ新型86

トヨタにスポーツカーは作れないと言われていた時代もありましたが、この86は遊び心あふれるスポーツカーとなりました。

速さよりも車を運転する楽しさを体現したモデルと言えます。

新型シルビアもこのコンセプトに近いモデルとなることが予想されます。

スバル新型BRZ

スバルが久しぶりに発売した2ドア車は純粋に速さを求めたストイックなモデルです。

WRXと並びスバルの純粋な気持ちの塊のようなモデルとなりました。

そしてフルモデルチェンジの話も出てきています。

スバル新型BRZのモデルチェンジ情報:2020年に登場!

マツダ新型ロードスターRF

aeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee (626x423)マツダのロードスターはライトウェイトスポーツカーとして世界のお手本となるモデルです。

このモデルを超えることが出来るかが新型シルビアの最大の課題となるでしょう。

しかしニッサンもその壁の高さが分かった上で挑戦してくることでしょう。

マツダ新型ロードスタークーペのRFが歴代最高である理由!

ニッサン新型シルビアが復活へ!そのスペックと発売時期のまとめ

どうでしたか?ニッサンの新型シルビアは。

EVに近いe-POWERのスポーツユニットを積んだうえで古典的なFRのスポーツカーとは凄いモデルですよね。

ニッサンの最新の技術を体現した未来型のスポーツカーとなることでしょう。

それだけでも興奮するのですが、ルノー・メガーヌの2Lの最強エンジンを積んだスペシャルモデルも計画されているのもすごい!

世界中の多くの人が考えていたはずなんです、メガーヌRSがFRのだったらなぁって。

それを実現したモデルが新型シルビアとなるということです。

これは多くの意味で世界的に注目のモデルとなることでしょう。本当に楽しみです。

車を買おうか考えている人に必ず安く買える方法があります。簡単な方法ですので是非実行して大好きな新車を安く買って快適なカーライフを手に入れて下さいね。

”車を買うときに得する方法”を紹介をしたいと思います。

新しい車が欲しいなぁって思ったら欲しい車をディーラーに見に行って試乗したりしますよね?その時は好きな車を目の前にして本当にワクワクして楽しいものです。そして殆どの人はそのハイテンションのまま見積りを受け取り値引き交渉を始めていると思います。

これっ、絶対に止めて下さいっ!

これでは丸腰のままで戦に出るようなものです。車の購入の値引き交渉は戦いなんです。戦というものは戦いが始まる前に8割は結果は決まっています。必ず準備をして臨むようにしましょう。

準備をして交渉に臨むこれ正に勝つべくして勝つです。

1.最大値引きを勝ち取るには販売店同士で競合させるのがベスト

本命のディーラーに新車を見に行く前に必ず競合させる車種と販売店を想定して下さい。同じ車で違う系列店ならベストですし他社のライバル車と販売店でも良いです。

先ずはライバル店に訪問して見積りを出して貰いましょう。そしてその見積りと情報を持って必ず最後に本命の販売店に行きましょう。

2.重要なのは値引きより下取り!そしてディーラー下取りは安いという現実

大切なことなのでもう1度書きます。

車を安く買うのに大事なことは、値引き額よりも下取り査定額の方が重要

と言うのは車両値引き10万円を引き出すのは本当に大変なんです。でも買取りの専門業者の下取り価格ならディーラーと比べて10万円どころか2・30万円以上も高額なことも普通だからです。

知人のレクサスでは70万円以上も高かったです。でもこれは車両価格の高いレクサスだからですけどね。

実際の買取り専門業者への依頼方法とはインターネットで簡単な必要事項を入力するだけです。その後に電話があり向こうから車を見に来てくれます。

高額査定を引き出すコツは、依頼する買取りサイトは複数社の見積りが一括で取れる査定サイトを選ぶこと、そして最低2社へ依頼することです。これは1社の一括査定で複数社に依頼しても業者同士が顔なじみで談合されることもあるからです。

2社に同時に依頼をして競争原理を確実に働かせて買取り額を高めて下さい。私のおススメの買取り査定はかんたん車査定ガイドカーセンサーネット査定です。

おススメの理由は、どちらもガリバー等の大手を含めて一括で依頼出来る点と更にかんたん車査定ガイドは入力と同時に下の画面の様にあなたの車の相場額が表示される点にあります。

もし今すぐに売る予定はなくても自分の車がいくらの価値なのかは今後を考える上で知っておいて損はないでしょう。予想以上に高額な査定額だったから今すぐに好きな新車に買い替えることにしたという嬉しい話も珍しくないんです。

かんたん車査定ならその場で入力するだけで価格が分かりますからね。

あなたの車も調べてみたら予想以上に高額な値がついて驚くかもしれませんよ?

dddddddddddddddd

この2つのサイトでの見積り依頼をすれば競争原理が働き高額査定が出る可能性はかなり高いです。更に確実とするなら業界で評価の高いズバット車買取比較にも頼めば確率は上がります。

でも査定業者が多くなり過ぎると対応が大変ですからかんたん車査定ガイドカーセンサーネット査定だけで十分だとは思いますよ。

そして見積書を持ってディーラーに行って下さい。そうすれば買取り業者の見積額を基準に下取り価格を提案してきます。その額と比較して高い方に売れば良い訳です。基準がないとディーラーが安い見積りを出しても分からないですからね。

この様に万全な準備をして値引きと下取りの両方から最大値引きを引き出しましょう。

特に下取りはディーラーの見積もりだけでは違いも分かりませんし、カーナビやエアロや海外旅行の代金ぐらいは簡単に差が出ますから試してみることをおススメします。

おススメはこの2社⇒かんたん車査定ガイドカーセンサーネット査定

車を安く買うための詳細記事

上記では簡単に説明しましたが、他にも車を購入するのに知っておいた方が良いコツがあります。
ディーラーとの交渉前の準備や下取り車の売却方法に関することです。
誰にでも出来る簡単な方法ですので、下の記事を読んで参考にしてみて下さい。

誰でも出来る!20万円以上新車を安く買う4つの法則

2017.09.08
スポンサーリンク




スポンサーリンク