レクサスの豪華な新型車クーペLC500(SC)が発売っ!トヨタのソアラも復活!

トヨタの新型ソアラも復活!レクサス名はSCからLC500へと改名

2016年の1月のデトロイトショーで初公開されて注目を集めた車があります。2ドアのクーペのスタイリングのこの車はスペシャリティーカーと言うにはとてもグラマラスでワイルドでそのデザインだけでも価値のある様なそんな車でした。

その車とは嘗てはソアラと呼ばれ日本の若者の憧れであった車の継承車のLC500です。

そして3月1日のスイス・ジュネーブ・モーターショーでは、ハイブリッドシステムを搭載したLC500hも世界初公開されました。

実はトヨタは、このLC500のデザインこそが次世代LEXUSを象徴するクーペを具現化したもの説明しています。

レクサスの次世代デザインの象徴とはどの様なものなのか、今回はLC500を見てみましょう。

スポンサーリンク

トヨタ・ソアラ:レクサスSCとは?

トヨタ・ソアラは日本の自動車メーカーでも高級なクーペが造れることを証明した車でライバルとしてベンチマークしていたのはBMWの6シリーズメルセデス・ベンツのSLでした。

流石にBMの6やベンツのSLと肩を並べる車というわけではなかったのですが、この当時に実用性の低い2ドアクーペでしかも高級車というジャンルを開拓できる車を造ったことに意味があったと言えます。

下の写真は1981年に発売となった初代ソアラの写真です。角ばった直線的なラインやフェンダーミラーなどに古さを感じますが、意外と今でもカッコいいですよね。

人気が高かったのは今見ても納得ですね。jjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjj (640x326)初代ソアラのCMです。

そして2代目ソアラは1986年-1991年の約5年間生産されました。基本的に初代ソアラのデザインをキープコンセプトで洗礼させたモデルです。

シルエットなどはそっくりなので当目に見ると初代と見分けがつかないかもしれませんね。

しかし確かに派手さはないけど本当に美しいですよね。ボディーカラーは白が良く似合います。jjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjj (640x326)これは2代目ソアラのCM

そして3代目ソアラ1991年-2000年の約9年間に渡って生産されます。

デザインに関しては大胆に変更しました。初代・2代目が直線のラインで構成されているのに対して曲線によるボディーラインが多く、そして当時でも賛美両論あったのが個性的なフロントマスクでした。

丸いフォグランプの様なものがある4灯式のライトが特徴で同じトヨタのセリカも丸目4灯となった時には色々言われてましたしね。

アメリカではレクサスブランドの専用車としてレクサスSCとして売られていました。jjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjj (640x334)3代目のソアラのCMです。

4代目のソアラは企画が一転してハードトップを電動で収納できるオープンカーに生まれ変わりました。

運動性能が高いということはありませんでしたから、やはり高級オープンカーということでベンツのSLのマーケットを狙い撃ちしたモデルだったと言えます。

2005年にトヨタは国内においてもレクサスブランドを展開したためにソアラレクサスSCと名前を変えてレクサス店に移籍したために、ソアラとしての歴史が終わりました。

そしてレクサスSCも2010年には販売終了となりその歴史に幕を閉じていました。
jjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjj (615x397)

これがレクサスSCのCMになります。

新型ソアラ:レクサスLC500/LC500hのエクステリア

さぁ、そんなソアラが復活します。でも車名に関しては残念ながらソアラでも(レクサスブランドですから当然ですが)レクサスSCでもありません。

レクサスの中でも上級グレードを意味するLを関したモデルとして発売になります。そうです、レクサスのフラッグシップモデルであるレクサスLSのクーペボディーとして発売されるということです。

レクサスのフラッグシップモデルのクーペモデルということですから、トヨタの気合の入りようが理解出来ますよね。実際に凄い車になっていると思いますしね。

ではほぼ完成とも言われるそのエクステリアデザインを見てみましょう。

フロントマスクは当然のスピンドルグリルです。大口径なのに上手にデザインされていますね。ライトの形状はレクサスISとかなり似た感じのものになっています。jjjjjjjjjjjjjjjj (640x425)しかし凄いデザインですねぇー。 jjjjjjjjjjjjjjjjj (640x379)造り込みがされた複雑なラインがクロスしていますね。

何か陶器とかが連想して思い浮かんでしまうような質感です。
jjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjj (640x469)そして私が惚れ惚れするのがリアのデザインです。
jjjjjjjjjjjjjjj (640x404)ブルーのボディーカラーもこれまた良いですね。

スリットの入り方なんてもうスポーツカーですよね。
jjj (591x340)  jjjjjjjjjjjjjjjjjjj (640x406)これです、これ!この後ろ姿です。

これはもううっとりするぐらい美しい形状です。 jjjjjjj (537x333)  jjjjjjjjjjjjjjjjjj (640x428)

さぁでは、ここからは動画になります。

動画の方がより複雑に交差する線が見えますから美しさもより分かると思います。

この動画はデトロイトショーでレクサスLC500の世界初お披露目の時の 映像です。

こちらのブルーのボディーからの車両はレクサスLC500h、つまりハイブリッドモデルになります。

そしてこの動画はレクサスLS500が実際に走行している映像になります。

新型ソアラ:レクサスLC500/LC500hの予想スペック

新型ソアラ:レクサスLC500/LC500hプラットフォーム

新開発FRプラットフォーム:グローバル・アーキテクチャー・フォー・ラグジュアリ・ヴィークル(GA-L)jjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjj (620x412)使用されるこのシャーシーはレクサスブランドの車で共有するために新開発されたもので、説明を見ていくと驚くべきことが書いてあります。

このシャーシーの内容を見て私は今までのソアラとは別物の車なんだと理解しました。ソアラは高級な2ドアクーペでありエンジンもパワーもあるものを積んでいましたから副産物的に速い車にもなっていました。

ただその走りの質や走りに拘ったものがあるわけではなく基本的には大パワーエンジンを積むグランツーリスモという性格の車でした。

しかしこのシャーシーの求めているものは違います。徹底した走りの質への拘りです。4つのタイヤを可能な限り四方に置き重量物はその中に収めることで徹底したマスの集中を行い、エンジンは車体の中心部を目指して後退させフロントミッドシップを実現し、ドライバーの着座点まで後退させて重心点を移動させ旋回能力を高めるという、どう考えてもGTRRX7と同じスポーツカーとしての走りの拘りがあります。

現実問題スープラも発売になるでしょうから、このLC500がスポーツカーとしての役割を担う車でないことは予想出来ますが、非常に走りの質の高い車となることは間違いのないことだと思います。

これは本当にメルセデスBMWアウディといった欧州の名門スポーツクーペと走りの部分に関しても互角以上の車となるかもしれませんよ。

新型ソアラ:レクサスLC500/LC500hボディーサイズ

全長4,760mm x 全幅1,920mm x 全高1,345mm

ホイールベース  2,870mm

車両重量 : ?

このクラスのクーペボディーの車としては標準的なサイズと言えます。しかし予想以上に軽さへの拘りもあるようです。

アルミを採用している箇所は、フロントのフェンダー、サイドドアの外部、フロントサスペンションタワー等多くあり、さらにCFRP(炭素繊維強化プラスチック)もルーフやラッゲージドア、サイドドアの内部などに使われており軽量化への情熱を感じます。

特にルーフにCFRPを採用するなんて凄いですよね。

ただし今のところ車両重量に関しては発表がありません。発売の正式発表時のサプライズなのでしょうか?

新型ソアラ:レクサスLC500/LC500hトランスミッション

新開発10速オートマチックトランスミッション

これまた新開発の10速オートマチックトランスミッションときました。10速ですよ10速!

そりゃスムーズに加速して不快なギアの変更時の振動なんてないんでしょうね。

しかもこのギア選択に関してはコンピューター制御となっておりアクセルの開け方やブレーキの強さ、G掛かり方などから適切なギアを選択するということもやってのけるようです。正に至れり尽くせりですね。

新型ソアラ:レクサスLC500/LC500hの搭載エンジン

◎ガソリンエンジン: V型8気筒5.0ℓエンジン(2UR-GSE型)

 最高出力467ps/7,100  最大トルク54.0 kgfm/4,800~5,600jjjjjjjj (636x379)

◎ハイブリッドエンジン: V型6気筒3.5ℓエンジン(2GR-FXS型)

 最高出力300ps/ 6,600  最大トルク35.5kg-m / 4,900

2つのモーターに自動変速機構を組み合わせたマルチステージハイブリッドシステムである世界初となるレクサスマルチステージハイブリッドシステム(Lexus Multi Stage Hybrid System)を搭載します。

これは新型プリウスのエンジンのノウハウを投入した改良版です。

ガソリンエンジンとモーターの合計最高出力 368PS

駆動用バッテリー:リチウムイオン電池 jjjjjj (640x407)

エンジンは2種類用意されます。通常のガソリンエンジンは V型8気筒5.0ℓエンジン467psです。

ハイブリッドエンジンは V型6気筒3.5ℓエンジン最高出力300psですが、ガソリンエンジンモーターの合計の最高出力368PSとなります。

まだ詳細情報がないのですがこのハイブリッドエンジンはLC500の車格から考えるとかなり良い燃費性能という話です。期待していいみたいです。

しかし467馬力とか368馬力とかどんな走りをするのでしょうか?私が乗っていた過去の車での最高出力はアルテッサの3Sのエンジンに後付けでタービンを付けて出力した300馬力が最高でした。加速的には当時のランエボ軍団と同じレベルでしたが、いやぁー450馬力以上ってどんななんでしょうね。

新型ソアラ:レクサスLC500/LC500hのタイヤ&ホイール

タイヤとホイールサイズは2種類になります。

  • 前 245/40RF21 後275/35RF21
  • 前 245/45RF20 後 275/40RF20

小さいサイズの方が20インチです、、、、、、、大きい方じゃなくて?凄いですね。

それとタイヤ自体はブリヂストン製のランフラットタイヤが標準装備となるようです。

ランフラットタイヤとは、パンクなどをして空気圧に異常が出た時にでも一定のスピード以下であれば100キロ程度なら走行を可能とするタイヤです。

新型ソアラ:レクサスLC500/LC500hのインテリア

”コックピットは、ドライバーとクルマの一体感を醸成するドライビングポジションとし、ペダル配置、ステアリング傾角、シートのホールド性など、徹底した走り込みに基づく細部にこだわったレイアウトを実現”とトヨタが説明している様に非常に上質なインテリアになっています。

高級な書斎のようなインテリアで落ち着いた雰囲気ですね。jjjjjjjjjjj (640x406)  jjjjj (640x376)  jjjjjjjjjj (640x386)  jjjjjjjjjjjjjj (640x411)  jjjjjjjjjjjj (640x377)  jjjjjjjjjjjjj (640x423)これはインテリアを映した動画です。

新型ソアラ:レクサスLC500/LC500h安全装備

安全装備は、トヨタセーフティーセンスのレクサス版の予防安全パッケージであるレクサスセーフティーシステム+(Lexus Safety System +)が搭載されます。

  • プリクラッシュセーフティ:カメラとミリ波レーダーを利用して走行車両や歩行者を把握しての衝突回避システム
  • レーンキーピングアシスト:車線維持をサポートするシステム
  • オートマチックハイビーム:ロービームとハイビームを自動的に切り替えるもの
  • レーダークルーズコントロール:先行車との車間距離を一定に保ちながら追従走行するシステム

レクサスセーフティーシステム+は、この4つの先進安全技術をパッケージ化してドライバーが安全に運転することをアシストするための装備になります。

新型ソアラ:レクサスLC500/LC500hの発売時期

レクサスLC500日本での発売は2017年春頃になると思われます。多分5月ぐらいだと予想されていますが、まだ先ですので変更の可能性もあります。

新型ソアラ:レクサスLC500/LC500hの価格予想

新型ソアラ、ソアラの継承車と予測されていますが、名前がレクサスSCからレクサスLCとなる様に車格が全く異なる車となります。

レクサスの最高峰であるLSの2ドアクーペ版という車となりますので、価格的にもLSとほぼ同じ価格帯になることが予想されます。これはベンツのセダンのSクラスと2ドアのSクラスクーペの関係と同じになります。

ただし今のLSではなくフルモデルチェンジした次のモデルということになります。

そう考えると予想される価格帯は、1000万前後ではないかと思います。車の内容や拘りも凄くあるモデルですが、価格に関しても超ド級ですね。

レクサスLC500のライバルの動向

世界の高級車の2ドアクーペやオープンカーをライバルと想定した本当の日本の高級クーペとしてレクサスLC500は発売になります。

ただ日本にも2ドアクーペはありますしスポーツカーも続々と復活します。日本の自動車好きにはまた良い時代がやってきました。

ニッサン新型スカイラインクーペ

zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz (600x402)アメリカ市場を意識した2プラス2のクーペモデルということで直接的なライバルといえばやはりニッサンのスカイラインクーペではないでしょうか?価格帯に関してもLC500の方が高いとは思うのですが、被る部分もあると思います。

アメリアでのブランドもインフィニティ―とレクサスとなりライバル関係の販売店になりますしね。

ニッサン新型スカイラインクーペは2017年にモデルチェンジして登場

ニッサン新型フェアレディーZ

xxxxxxxxxxxx (640x374)スカイラインのクーペモデルのライバルでもあるフェアレディーZもLC500のライバルと言えます。ジャンル的にはズレるのですが、実際に購入層が被るのは間違いないことでしょう。

そんなフェアレディーZももう直ぐフルモデルチェンジの予定があります。新型Zもかなり革新的で魅力的なモデルとなりそうですよ。

新型フェアレディーZ35の最新情報!モデルチェンジは2017年か2018年!

トヨタ新型スープラ

rrr (553x367)やはりLC500の本当のライバルは同じトヨタの車であり一時は兄弟車でもあったスープラではないでしょうか?

そうです、スープラも生産中止となっていましたが、トヨタとBMWの共同生産という形で復活が確定しています。

高級カーメーカーのBMWと世界NO1のトヨタが造るスポーツカーがどんな車になるのか、誰もが気になりますよね。本当に新型スープラは凄い車になりそうですよ。

復活するトヨタ新型スープラのデザインが凄い!発売はいつなのか?

レクサスの豪華な新型車クーペLC500(SC)が発売のまとめ

遂に日本のメーカーから本物の高級2ドアクーペの車が発売になることになりそうです。ただしこのクラスのライバルは本当に強力な車が多いです。

メルセデスベンツ・SLBMWの6シリーズそしてポルシェのパナメーラなどで、これらは全てが本物中の本物な車種ばかりです。

それでも今回のトヨタは本気でこのライバルたちに勝とうと思っている様です。

さぁ遂に日本のメーカーも本当の意味で欧州の最高峰を倒す時が来たかもしれません。それはトヨタの本気が伝わるからです。

これは今から発売日が待ち遠しい車がまた1台出てきました。

レクサスなどの新車を買おうか考えている人に必ず車が安く買える方法があります。簡単な方法ですので是非実行して大好きな新車を安く買って快適なカーライフを手に入れて下さいね。

”車を買うときに得する方法”を紹介をしたいと思います。

新しい車が欲しいなぁって思ったら欲しい車をディーラーに見に行って試乗したりしますよね?その時は好きな車を目の前にして本当にワクワクして楽しいものです。そして殆どの人はそのハイテンションのまま見積りを受け取り値引き交渉を始めていると思います。

これっ、絶対に止めて下さいっ!

これでは丸腰のままで戦に出るようなものです。車の購入の値引き交渉は戦いなんです。戦というものは戦いが始まる前に8割は結果は決まっています。必ず準備をして臨むようにしましょう。

準備をして交渉に臨むこれ正に勝つべくして勝つです。

1.最大値引きを勝ち取るには販売店同士で競合させるのがベスト

本命のディーラーに新車を見に行く前に必ず競合させる車種と販売店を想定して下さい。同じ車で違う系列店ならベストですし他社のライバル車と販売店でも良いです。

先ずはライバル店に訪問して見積りを出して貰いましょう。そしてその見積りと情報を持って必ず最後に本命の販売店に行きましょう。

2.重要なのは値引きより下取り!そしてディーラー下取りは安いという現実

大切なことなのでもう1度書きます。

車を安く買うのに大事なことは、値引き額よりも下取り査定額の方が重要

と言うのは車両値引き10万円を引き出すのは本当に大変なんです。でも買取りの専門業者の下取り価格ならディーラーと比べて10万円どころか2・30万円以上も高額なことも普通だからです。

知人のレクサスでは70万円以上も高かったです。でもこれは車両価格の高いレクサスだからですけどね。

実際の買取り専門業者への依頼方法とはインターネットで簡単な必要事項を入力するだけです。その後に電話があり向こうから車を見に来てくれます。

高額査定を引き出すコツは、依頼する買取りサイトは複数社の見積りが一括で取れる査定サイトを選ぶこと、そして最低2社へ依頼することです。これは1社の一括査定で複数社に依頼しても業者同士が顔なじみで談合されることもあるからです。

2社に同時に依頼をして競争原理を確実に働かせて買取り額を高めて下さい。私のおススメの買取り査定はかんたん車査定ガイドカーセンサーネット査定です。

おススメの理由は、どちらもガリバー等の大手を含めて一括で依頼出来る点と更にかんたん車査定ガイドは入力と同時に下の画面の様にあなたの車の相場額が表示される点にあります。

もし今すぐに売る予定はなくても自分の車がいくらの価値なのかは今後を考える上で知っておいて損はないでしょう。予想以上に高額な査定額だったから今すぐに好きな新車に買い替えることにしたという嬉しい話も珍しくないんです。

かんたん車査定ならその場で入力するだけで価格が分かりますからね。

あなたの車も調べてみたら予想以上に高額な値がついて驚くかもしれませんよ?

dddddddddddddddd

この2つのサイトでの見積り依頼をすれば競争原理が働き高額査定が出る可能性はかなり高いです。更に確実とするなら業界で評価の高いズバット車買取比較にも頼めば確率は上がります。

でも査定業者が多くなり過ぎると対応が大変ですからかんたん車査定ガイドカーセンサーネット査定だけで十分だとは思いますよ。

そして見積書を持ってディーラーに行って下さい。そうすれば買取り業者の見積額を基準に下取り価格を提案してきます。その額と比較して高い方に売れば良い訳です。基準がないとディーラーが安い見積りを出しても分からないですからね。

この様に万全な準備をして値引きと下取りの両方から最大値引きを引き出しましょう。

特に下取りはディーラーの見積もりだけでは違いも分かりませんし、カーナビやエアロや海外旅行の代金ぐらいは簡単に差が出ますから試してみることをおススメします。

おススメはこの2社⇒かんたん車査定ガイドカーセンサーネット査定

スポンサーリンク




値引き交渉の詳しいテクニックを知りたい人には⇩の記事で説明しています。

誰でも出来る!20万円以上新車を安く買う4つの法則


スポンサーリンク