スズキ・イグニスの人気のボディーカラーは?全13色を説明

スズキの新型車イグニスの人気のボディーカラーは?

スズキの新型クロスオーバーSUVのイグニスがカッコいいですね。

デザインも今のスズキのトレンドの流れながらヨーロッパを感じさせるオシャレな外観ですし、走りの方も今のスズキが1番拘っている軽量ボディーが効いていて軽快な走りを実現しています。

これで人気が出ない方がおかしいと思えるイグニスですが、いざ購入するとなるとどのボディーカラーが良いのかは悩ましいところですよね?

今回はそんなスズキの新型車イグニスのボディーカラーについての特集です。

スポンサーリンク

スズキの新型車イグニスの基本的スペックの確認

では、先ずはスズキの新型車のイグニスがどんな車かを振り返りましょう。

イグニスは今の日本車には同じジャンルのライバル車がいないスズキの新世代普通車のコンパクトカー用プラットフォームを利用して作った新しいクロスオーバー車がイグニスです。

今は小型のSUV車が世界的に流行しだしています。その流れを先駆けてスズキが開発した車で軽い車重による軽快な走行性能や全グレードに搭載されるマイルドハイブリッドによる28.8km/Lという優秀な燃費性能、そして4WDと高い車高によるラフロードや雪の日の走破性の高さも持ち合わせた実用性能の高い車と言えます。

このサイズにはSUVのライバルと言える車自体が無いだけでなく燃費性能も高くおまけに4WDが選べるので雪の中を走る様なシチュエーションもありうるユーザーからも支持される車ということで軽自動車のハスラーの小型車版とはいえ本当に良い規格の車だと思います。

スズキの新型車イグニスの価格

価格的にも良いバランスの金額設定ではないでしょうか

ハイブリッドMG FF車 138万2400円 4WD車 151万9560円
ハイブリッドMX FF車 150万1200円 4WD車 163万8360円
ハイブリッドMZ FF車 164万1600円 4WD車 177万8760円

スズキの新型車イグニスのボディーカラー全色の紹介

さぁ、ではイグニスのボディーカラー全色を見ていきましょう。全色で13色ありますし、色によっては追加金が必要な色も7色あります。スズキのボディーカラーとしての新色は3色ありますしブラックルーフの2トンカラーは5色になります。

単色のボディーカラー8色

イグニスの全てのグレードで選択可能なボディーカラーになります。

フレイムオレンジパールメタリック 新色

イグナスのイメージカラーとしてスズキが新規で開発したオレンジ色のメタリックカラーです。派手なので乗る人で似合う似合わないはある色ですが車としてみると良い色ですよね。

イグニスのコンセプトに良く合った色だと思います。

e

ネオンブルーメタリック 新色

イグニスのブルーはこの新色です。大体の車はラインナップにブルーはありますが、紺色やスカイブルーの様な色が用意されることが多いですよね。

この敢えてこのブルーも用意するのはイグニスを良く表現していますよね。ルノーなどのフランス車を連想させる色ですね。都会的でエレガントな色だと思います。でも若い人向きの色かなぁ。

eeeee

ヘリオスゴールドパールメタリック 新色

この色が最後の新色になります。これもまた欧州車をイメージさせる色ですねぇ。イグニスのデザインが洗礼されていることもあり本当にルノーやプジョーに見えます。

私が買うのはこの色が候補の1つですね。

eeeeee

スーパーブラックパール

ブラック、黒って色はどの車でも安定した人気がありますし、どの車でも割と無難に似合うのですが、このイグニスのブラックはエボニーと言う感じの独特な味わいのあるブラックですね。

目立つ色が嫌な人には良い選択になるでしょう。

eeee

ファーベントレッド

レッドも朱色っぽい良い色でイグニスのサイドラインが良く目立ち造詣がハッキリする色です。女性が乗るとオシャレなんじゃないでしょうか。

赤の問題点は経緯年劣化で色あせするのが激しいので、長く乗りたい人は雨や陽が当たらないように気を使ったりボディーコートをしたりすることをおススメします。

eeeeeee

ブーストブルーパールメタリック

明るいブルーで良い色ですね。若々しい色なので20代の若い男の子に向いていますかね。ここまで鮮やかな色は年配者にはちょっと厳しいのが現実ですよね。

良い色だけに乗り手が選ばれるのは悲しいですね。同じ青でもネオンブルーメタリックの方がどの年齢層でも受け入れてくれるでしょう。

eeeeeeee

ピュアホワイトパール

特注色 2万1600円高

オプションでの注文色のホワイトです。スズキでも光沢のあるパール系のオプションの追加料金が必要なホワイトと光沢のないホワイトと2種類用意されることも多いのですが、イグニスは営業車としての需要が少ないとの判断からか、この特注色のホワイトしかありません。

私の購入したい候補ナンバー1はこのホワイトでしょうね。ブラックのルーフの2ト―ンのボディーカラーもこのホワイトにはあるんですが、ホワイトの場合は単色の方が好きなんですよね。

SUV系の乗用車よりも少しごついデザインでボディーカラーがホワイトと言うのが好きなんですよね。アンバランスさがたまらないんですよね。

ee

プレミアムシルバーメタリック

特注色 2万1600円高

このシルバーは実際に見て見ないと分からない感じの色ですよね。凄く地味になってしまい個性が消えてしまう感じになるのか、微妙な光沢でデザインに生える美しい光を放つのか実際の目で見て確かめたいボディーカラーです。

誰でも気負うことなく乗れる色ですよね。シルバー系の色のメリットの1つは汚れや傷が目立たないということにもあります。これって意外と大きなメリットなんです。

白や黒はほこりの汚れはすぐに目立ちますから洗車を頻繁にしないと汚らしくなってしまいますし、シルバーは洗車機が付ける細かい傷も目立たないので洗車の手間を考えたら間違いなくシルバー系のボディーカラーにすべきでしょう。

eee

 

ブラックのルーフの2トーンのボディーカラー5色

イグニスの最上級グレードのHYBRID MZのみで選択可能なボディーカラーになります。ブラックルーフとの組み合わせの2トーンカラーは、4万3200円のメーカーオプションになります。元々特注色の白はブラックルーフと合わせての金額となるので6万4800円高になります。

フレイムオレンジパールメタリック×ブラックルーフ 新色

特注色 4万3200円高

最近流行りのブラックルーフの2トーンカラーです。ブラックルーフは派手な色が少し落ち着くのでこういった少し変わった色に乗りたいけど派手すぎるのはちょっとと思う人には最適なスタイルですね。

イグニスはホイールがブラックなのでブラックのルーフが良く似合いますね。

eeeeeeeee

ネオンブルーメタリック×ブラックルーフ 新色

特注色 4万3200円高

元々このネオンブルーメタリックは都会的なエレガントな色でしたがブラックルーフだとそれが更に際立ちますね。しかも派手な感じも薄れるので、年齢に関係なく乗れるボディーカラーだと思います。

eeeeeeeeee

ヘリオスゴールドパールメタリック×ブラックルーフ 新色

特注色 4万3200円高

このゴールドも単色のものよりもブラックなルーフが非情に相性が良くてオシャレですね。珍しいボディーカラーですしかなりおススメな色です。

この雰囲気だと本当に日本車ではない感じですね。

eeeeeeeeeee

ファーベントレッド×ブラックルーフ

特注色 4万3200円高

派手なボディーカラーのファーベントレッドですがブラックルーフの方がやはり派手さが緩和されています。これなら若い女の子でなくても乗れるかな。

レッドのボディーカラーが欲しい全ての人におススメですね。

eeeeeeeeeeeee

ピュアホワイトパール×ブラックルーフ

特注色 6万4800円高

ホワイトとブラックルーフの両方の色が特注色ということがあり、ピュアホワイトパール2万1600円高+ブラックルーフ4万3200円高ということで、6万4800円高になります。

悪いカラーではないのですが、流石にここまで高いと特別この色に思い入れがないと選ばないんじゃないのかなぁと思いますね。それにハスラーでもそうなんですがホワイトのボディーカラーとブラックのルーフってちょっとパンダっぽい?

eeeeeeeeeeee

私の個人予想!人気なボディーカラーベスト3!

ではでは、私の個人的な独断と偏見でイグニスで人気になるボディーカラーを予想してみようと思います。

でも、イグニスは結構難しいですねぇ、日本では個性のあるオシャレな色は下取り価格や飽きることを考えて割と無難なホワイトやブラックが人気な傾向がありますが、イグニスを購入するユーザー層を考えると無難な選択をしない層の気もするんですよね。

3位 ヘリオスゴールドパールメタリック×ブラックルーフ

イグニスのデザインに合った色でエレガントなボディーカラーでしかも個性が主張できる色と言うことで3位と予想しました。

2位 フレイムオレンジパールメタリック×ブラックルーフ

この色はイグニスのイメージカラーなので露出が多いですし、ブラックルーフにすることで派手さが抑えられてオシャレな色になっていると思います。

1位 ピュアホワイトパール

2位3位に対してソリッドなホワイトと予想しました。SUVのクロスオーバーという都会的でかつオフロード車の雰囲気も併せ持つデザインのイグニスには都会的なホワイトが似合いますね。

ホワイトであれば派手な色では無いですし、ブラックルーフではない単色が奇麗かなと思う人が多いと予想しました。

どうでしょうか?良い色のボディーカラーが多いので人気は分かれて差が少ない車になるとも思いますね。

スズキのイグニスの人気のボディーカラーのまとめ

スズキの新型車イグニスは全13色のボディーカラーが用意されしかも個性的な色も多く迷いますよね。

このボディーカラーを見てもスイフトと同じようにイグニスはヨーロッパでも本気で勝負する世界戦略車であることが良く分かります。

このジャンルの車は欧州の自動車メーカーにもありませんから、世界的に大ヒットして各自動車メーカーも同じような車を開発するというマツダのロードスターによってBMWのZ3やベンツのSLKが発売されていくそんな革新的な車になるかもしれないですね。

どうでしょうか?あなたなら、ヨーロッパ車っぽいオシャレなカラーのヘリオスゴールドパールメタリックやネオンブルーメタリックのブラックルーフを選びますか?それともホワイトやシルバーの単色で落ち着いた安心感のある色を選びますか?

イグニスなどの新車を買おうか考えている人に必ず車が安く買える方法があります。簡単な方法ですので是非実行して大好きな新車を安く買って快適なカーライフを手に入れて下さいね。

”車を買うときに得する方法”を紹介をしたいと思います。

新しい車が欲しいなぁって思ったら欲しい車をディーラーに見に行って試乗したりしますよね?その時は好きな車を目の前にして本当にワクワクして楽しいものです。そして殆どの人はそのハイテンションのまま見積りを受け取り値引き交渉を始めていると思います。

これっ、絶対に止めて下さいっ!

これでは丸腰のままで戦に出るようなものです。車の購入の値引き交渉は戦いなんです。戦というものは戦いが始まる前に8割は結果は決まっています。必ず準備をして臨むようにしましょう。

準備をして交渉に臨むこれ正に勝つべくして勝つです。

1.最大値引きを勝ち取るには販売店同士で競合させるのがベスト

本命のディーラーに新車を見に行く前に必ず競合させる車種と販売店を想定して下さい。同じ車で違う系列店ならベストですし他社のライバル車と販売店でも良いです。

先ずはライバル店に訪問して見積りを出して貰いましょう。そしてその見積りと情報を持って必ず最後に本命の販売店に行きましょう。

2.重要なのは値引きより下取り!そしてディーラー下取りは安いという現実

大切なことなのでもう1度書きます。

車を安く買うのに大事なことは、値引き額よりも下取り査定額の方が重要

と言うのは車両値引き10万円を引き出すのは本当に大変なんです。でも買取りの専門業者の下取り価格ならディーラーと比べて10万円どころか2・30万円以上も高額なことも普通だからです。

知人のレクサスでは70万円以上も高かったです。でもこれは車両価格の高いレクサスだからですけどね。

実際の買取り専門業者への依頼方法とはインターネットで簡単な必要事項を入力するだけです。その後に電話があり向こうから車を見に来てくれます。

高額査定を引き出すコツは、依頼する買取りサイトは複数社の見積りが一括で取れる査定サイトを選ぶこと、そして最低2社へ依頼することです。これは1社の一括査定で複数社に依頼しても業者同士が顔なじみで談合されることもあるからです。

2社に同時に依頼をして競争原理を確実に働かせて買取り額を高めて下さい。私のおススメの買取り査定はかんたん車査定ガイドカーセンサーネット査定です。

おススメの理由は、どちらもガリバー等の大手を含めて一括で依頼出来る点と更にかんたん車査定ガイドは入力と同時に下の画面の様にあなたの車の相場額が表示される点にあります。

もし今すぐに売る予定はなくても自分の車がいくらの価値なのかは今後を考える上で知っておいて損はないでしょう。予想以上に高額な査定額だったから今すぐに好きな新車に買い替えることにしたという嬉しい話も珍しくないんです。

かんたん車査定ならその場で入力するだけで価格が分かりますからね。

あなたの車も調べてみたら予想以上に高額な値がついて驚くかもしれませんよ?

dddddddddddddddd

この2つのサイトでの見積り依頼をすれば競争原理が働き高額査定が出る可能性はかなり高いです。更に確実とするなら業界で評価の高いズバット車買取比較にも頼めば確率は上がります。

でも査定業者が多くなり過ぎると対応が大変ですからかんたん車査定ガイドカーセンサーネット査定だけで十分だとは思いますよ。

そして見積書を持ってディーラーに行って下さい。そうすれば買取り業者の見積額を基準に下取り価格を提案してきます。その額と比較して高い方に売れば良い訳です。基準がないとディーラーが安い見積りを出しても分からないですからね。

この様に万全な準備をして値引きと下取りの両方から最大値引きを引き出しましょう。

特に下取りはディーラーの見積もりだけでは違いも分かりませんし、カーナビやエアロや海外旅行の代金ぐらいは簡単に差が出ますから試してみることをおススメします。

おススメはこの2社⇒かんたん車査定ガイドカーセンサーネット査定

スポンサーリンク




値引き交渉の詳しいテクニックを知りたい人には⇩の記事で説明しています。

誰でも出来る!20万円以上新車を安く買う4つの法則


スポンサーリンク