トヨタ新型プレミオの実力とモデルチェンジ情報!フルモデルチェンジが遅れる理由とは?

トヨタの堅実派プレミオの隠れた性能とフルモデルチェンジの予定

トヨタのプレミオは派手な売上こそありませんがコンスタントに販売台数を稼ぐ日本で数少ないセダンです。

5ナンバーのボディーサイズに欠点のない走行性能で日本の道路事情にはぴったりのモデルで、更にクラスを超えた上質なインテリアが売りのモデルです。

コンスタントな販売台数を上げる日本のセダン市場では成功しているモデルなのですが、現行モデルは2007年に発売されたモデルでありもう10年以上フルモデルチェンジがありません。

決して人気のないモデルではないのになぜフルモデルチェンジが遅れているのか、そして10年以上も人気を維持しているプレミオの実力を合わせて見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

トヨタ・プレミオとは?

トヨタ・プレミオは、コロナの後継車種に当たるモデルですから、先ずは少しだけコロナを見てみようと思います。

コロナは、クラウンとカローラの間のクラスとなる車種で高度経済成長期の代表的な車種として愛されてきた伝統的なセダンでした。

初代コロナ(T10型)の発売は古く1957年から 1960年の3年間生産されていました。

下の動画は実際に初代コロナ(T10型)が走っているものですが、もうクラッシックカーですね。

そして歴史は長く続き11代目となるモデルが最後のコロナとなるのですが、コロナ(T210型)にはサブネームがありコロナプレミオ(CORONA PREMIO)となっていました。

トヨタの伝統的セダンの中では、クラウンとカローラが保守的なデザインが多かったのに対してコロナは先進的なモデルが多かったりもしました。

下の様に現代で人気のハードトップを先取りしたエクシヴなんて車種もありました。

2ドアの美しいクーペのコロナもありましたね。

下の動画は最後のコロナとなったコロナプレミオ(CORONA PREMIO)の懐かしいCMです。

トヨタ 初代プレミオ 型式: T24#型

販売期間 2001年 – 2007年

コロナとして数えると12代目となるモデルではコロナの名前がなくなり初代プレミオとして生まれ変わりました。

しかしキャッチコピーでは”コロナの新しい成熟”とうたっていたこともあり明確にコロナの後継車という位置づけでした。

アリオンと兄弟車種でありアリオンがより若者受けするエクステリアデザインなのに対してもう少し年齢層が上の落ち着いたデザインとなっています。

スポーティーなセダンが多くなってきた日本車の中では円熟した魅力からプレミアムセダンに近い位置づけで長く支持する層を持つモデルとなっています。


ちょっとコーヒーブレイク

車が興味がある人にここで少し耳よりな情報があります。
ちょっとしたコツを知っているだけで、車を20万円以上も安く購入することが可能です。
誰にでも出来る簡単な方法ですので、詳しい内容は下の記事を読んで参考にしてみて下さい。

誰でも出来る!20万円以上新車を安く買う4つの法則

2017.09.08

トヨタ2代目プレミオ  型式:T26#型

販売期間 2007年 -現在

そして2007年にフルモデルチェンジが行われて2代目プレミオ(T26#型)が発売となります。

セダンが不振となっている日本のマーケットにおいても地味な存在ながらシッカリとツボ抑えた基本性能と上質なエクステリアデザインで安定的な人気を維持するモデルとなっています。

特にマイナーチェンジが行われたプレミオのフロントデザインは現代的で美しいデザインとなり外連味のない存在感を示しています。

トヨタ新型プレミオの主要スペック概要

  • ボディーサイズ全長x全幅x全高:4,595mm×1,695mm×1,475mm
  • ホイールベース:2,700mm 車両重量:1,120kg-1,210kg
  • 乗車定員:5名
  • トランスミッション:Super CVT-i
  • 駆動方式:4WD&2WD
  • タイヤサイズ:225/55 R18

ミドルクラスのセダンということで日本の道路事情に合ったボディーサイズで日本人には最も好まれる大きさとなっています。

その代わり欧米で売るには少し小さすぎますし、アジアで売るにはサイズの割に高級となってしまい、ほぼ日本専用車種となってしまっています。

車両重量にしても運動性能にしても日本向けにはジャストなんですけどね。

海外では高級車イコールボディーサイズが大きいとなるのが普通ですからね、カローラさえ3ナンバーサイズになるわけですから、そこにプレミオの立ち位置の難しさがあります。

トヨタ新型プレミオのエンジンスペック

エンジンの種類は3種類となります。

2.0Lガソリンエンジン

  • エンジン種類:3ZR-FAE型 直4気筒 DOHC16バルブ
  • 最高出力kW[PS]/r.p.m:112[152]/6,100rpm
  • 最大トルクN・m[kgf・m]/r.p.m:193[19.7]/3,800rpm
  • 無鉛レギュラーガソリン
  • 燃料消費率JC08モード 国土交通省審査値 15.6km/L 

1.8Lガソリンエンジン

  • エンジン種類:2ZR-FAE型1.8L 直4気筒 DOHC16バルブ
  • 最高出力kW[PS]/r.p.m:105[143]/6,200rpm
  • 最大トルクN・m[kgf・m]/r.p.m:173[17.6]/4,000rpm
  • 無鉛レギュラーガソリン
  • 燃料消費率JC08モード 国土交通省審査値 16.4km/L 

1.5Lガソリンエンジン

  • エンジン種類:1NZ-FXE型 1.5L 直4気筒 DOHC16バルブ
  • 最高出力kW[PS]/r.p.m:80[109]/6,000rpm
  • 最大トルクN・m[kgf・m]/r.p.m:136[13.9]/4,400rpm
  • 無鉛レギュラーガソリン
  • 燃料消費率JC08モード 国土交通省審査値 19.2km/L 

エンジンに関しても特別高性能なモノはないのですが、必要十分というか痒いところに手が届くような自然なものが搭載されています。

プレミオの性格上運動性能で不満のあるオーナーは少ないと思います。

ただし時代背景もあり不足しているのは燃費性能でありハイブリッドエンジンの搭載がマイナーチェンジで噂されたのですが、見送られてしまいました。

トヨタ新型プレミオのインテリア

ある意味プレミオの本領はインテリアの質感ではないでしょうか?

明らかにクラスを超えた高級感がありこのインテリアにほれ込んで買ったユーザーも多いと思います。

エクステリアは乗ってしまったら見えないですが、インテリアは乗っている間ずっと見て触るわけですから重きを置く人が多いのも当然です。

元々トヨタのインテリアの質の高さは定評がありますからね、そのトヨタがあえてインテリアに拘って作った車がプレミオですから悪いわけがないと言えますね。

下の動画ではその上質なインテリアを感じることが出来ると思います。

トヨタ新型プレミオのボディーカラー

プレミオのボディーカラーは全部で8色となっています。セダンということで落ち着いた色合いのカラーが中心です。

マイナーチェンジ後のフロントフェイスデザイン似合っていますね。

スーパーホワイトⅡ040ホワイトパールクリスタルシャイン070

メーカーオプション<32,400円(消費税抜き30,000円)>

シルバーメタリック1F7アティチュードブラックマイカ218ブラッキッシュアゲハガラスフレーク221

メーカーオプション<32,400円(消費税抜き30,000円)>ダークレッドマイカメタリック3T0ダークシェリーマイカメタリック4W4フロスティーグリーンマイカ781

トヨタ新型プレミオの試乗インプレッション動画

プレミオの試乗インプレッション動画になります。

動画で見るとボディーサイズは大きくないのにエレガントな佇まいなのがよく分かりますね。

プレミオでないといけない強い強いファンがいるのも理解できますよ。

安心・安定の走りの性能を持ったモデルですね。

フロントデザインがマイナーチェンジでクラウン似のものとなりカッコよくなりましたよね。

こういうスマートなセダンが日本車では少なくなりましたよね。

トヨタ新型プレミオのモデルチェンジ情報

現行モデルのプレミオは既にモデルチェンジして10年以上のロングセラーとなっています。

販売台数に関しても爆発的な人気はありませんが、コンスタントな販売数を誇り不振といわれる日本のセダンの中では常に上位に位置しています。

それだけに廃止ということはありませんが、逆にフルモデルチェンジの話も余り聞こえてきません。

これには日本独自のマーケットの特性とプレミオのコンセプトが関係しているのです。

プレミオは日本独自の規格である5ナンバーサイズのボディーサイズのモデルです。このボディーサイズのセダンは日本の道路事情には合っているために人気があるのですが、アメリカ市場では小さすぎますしヨーロッパではセダンではなくハッチバッグが好まれます。

そしてアジア市場ではボディーサイズ的には問題ないのですが、このサイズを好む層は予算の関係から大型セダンを諦めて選択するユーザーなので高級感で高い価格設定のモデルは売れないんです。

この小さいサイズで高級感を重視したコンセプトのモデルというのは日本では受けるのですが海外での需要が少ないためです。

日本市場での販売数が見込めないモデルとなり販売数が限定的となるために開発コストの回収に時間がかかるわけです。

本来は4年から5年で開発費が回収出来るように計画されているのですが、プレミオはこのローテイションでは難しいわけです。

しかも日本国内に置いては安定的な人気があるために廃止されることもなく、長期間に渡りフルモデルチェンジをせずにマイナーチェンジを繰り返して生産を続けることになるわけです。日本車で同じ状況となっているモデルはエスティマやマークXもその一台ですね。

逆に同じように国内専用モデルの様になっていてもヴォクシーやノア・エクスクワイアーの様に販売数が多いモデルはフルモデルチェンジも可能なわけです。

この様な状況からプレミオは日本で人気のあるモデルなのですが、現在でもフルモデルチェンジの予定が見えてきません。

取りあえずは日本のマーケット事情を含んで難しい判断が求められて保留されている状況です。

ただし恐らくプレミオとアリオンはフルモデルチェンジは行われることとなるでしょう。

因みにその他の日本専用のトヨタ車種でいえば、ヴォクシーやノア・エクスクワイアーは確実にフルモデルチェンジをしますし、エスティマは迷った末にフルモデルチェンジとなりそうです。

マークXは2017年発売の新型カムリの評判が良いだけに廃止がほぼ確定的なようです。

トヨタ新型プレミオのライバル車種

プレミオのライバルと言えばやはりコロナ時代のブルーバードとの関係が続くシルフィーでしょう。

それ以外だとコンパクトサイズのセダンでいえばインプレッサやアクセラが該当します。

ただしプレミオはプレミアムセダンという位置づけですからインプレッサやアクセラと比較購入する人は意外と少ないかもしれませんね。

ニッサン新型シルフィー

元々はコロナのライバルがブルーバードであり、この2台のライバル関係が日本の自動車業界を盛り上げている時代がありました。

それが時代は変わりどちらも車名が変わりプレミオとシルフィーとしてライバル関係にあります。

セダンの人気が落ちた中で両車種とも派手さはないものの堅実な人気のあるモデルとなっています。

スバル新型インプレッサ

トヨタのグループ企業となったスバルですが、独自の考え方で車を造る姿勢は変わっていませんね。

新プラットフォームを使用したインプレッサはこれからのスバルを占うモデルとなりました。その評価も高く一クラス上のレヴォーグやレガシィを脅かす程の走りの質感を持っています。

モデルチェンジのスバル新型インプレッサと年次改定!STIとハイブリットが追加へ

マツダ新型アクセラ

遂にマツダのスカイアクティブ技術は第二世代にバトンタッチとなります。その第一弾のモデルがアクセラとなりそうです。

アクセラはマツダの新しい扉を開くことになるでしょう。

新型アクセラが開くマツダの新時代!フルモデルチェンジの詳細情報

トヨタ新型プレミオの実力とモデルチェンジ情報のまとめ

どうでしたか?トヨタが人気があるのにフルモデルチェンジがなかなか行われない理由が分かりましたか?

日本では安定的な人気があるだけに皮肉な状況になっていますよね。

実際にプレミオは上質感という意味では、エクステリアもインテリアも運動性能においても非常に高いレベルにありますから勿体ないですよね。

しかし特にトヨタは経営判断が厳しいメーカーなのでファンがいるとか伝統がという理由では動きませんからね。

新型カムリやホンダの新型シビックが発売になりましたから、この2台のセダンが日本で受け入れられるかどうかも大きな判断材料となるでしょう。

プレミオは日本人好みの数少ないミドルクラスの高級セダンですから、ぜひフルモデルチェンジをして進化した姿を見せて貰いたいものです。

知っていた方が良い車を安く買う簡単なコツとは?

プレミオやアリオン等の車を安く買うのには値引き交渉は必ず必要ですが、それにはちょっとしたコツがあるんです。

知らないと”ディーラーに騙されたぁ!”って悔しがる人もいるんですよ。

その詳しい内容は右の記事で説明ましたので参考にして下さい⇒”誰でもできる車を20万円以上安く買う方法”

簡単な方法ですので是非実行して大好きな新車を安く買って快適なカーライフを手に入れて下さいね。

スポンサーリンク




スポンサーリンク