トヨタ新型ノアのおススメの内装色とは?新色フロマージュ&ブラウンは汚れる?

ノアの内装色(インテリアカラー)を選ぶ際の注意点とおススメな色とは?

トヨタのミドルミニバンであるノア・ヴォクシー・エスクァイアが2017年7月にマイナーチェンジされました。

この兄弟車はそれぞれにコンセプトがあり、ノアは落ち着き、ヴォクシーはお茶目、エスクァイアは高級感として、それぞれのイメージを表現しています。

しかしマイナーチェンジが施された新型のノアは、新型ヴォクシーのイメージに寄せてきたと思います。

私個人としては、この3兄弟の中では新型ノアがカッコよく見えていますね。

そんなトヨタの人気ミドルミニバンですが、ミニバンを選ぶ際には誰もがボディーカラーやグレード等いろいろ悩むポイントがあるかと思います。

今回は、その悩むポイントの中でも、新型ノアの内装色を中心に見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

ヴォクシーとエスクァイアにはない内装色フロマージュ&ブラウン

トヨタの人気車種であるノア・ヴォクシー・エスクァイアですから、実際にこの3車種のどれを買おうか迷う人も多いと思います。

その際に内装色を重視してノアを選ぶということもありだと思うんです。

ではなぜノアなのかと言えば、他のヴォクシーとエスクァイアにはない内装色がノアのはあるからです。

それがフロマージュ&ブラウンという色です。

この内装色は、乗っている人を明るく楽しい雰囲気にさせる効果があるとても良い色なんです。

それ以外にも内装色はフロマージュ&ブラウンがおススメな理由がいくつかありますので見ていきましょう。

日本車の内装色はブラックやダーク系が多い

内装色を重視するなんて話をしてきましたが、もしかすると今までに内装色で悩んだことがない!と思った人が多いかもしれません。

それってこれまでの車に内装色のバリエーションがなかったからではないでしょうか?

ちょっと今まで乗っていた車を思い出してください。

基本的に内装色は黒っていう印象ではありませんか?

それは日本では明るい色の内装色のデメリットから余り好まれることがなくメーカーとしても設定されることが少なかったからです。

だから日本車を買う際にはボディーカラーで悩むことはあっても内装色で悩むことは稀だったということです。

これが近年の技術的な進歩もありベージュやアイボリーといった内装色のデメリットが克服されて注目を集めるようになりました。

では内装色に関して見ていきましょう。

明るい内装色が嫌われるのはシートが汚れやすいから

今までの明るい内装色というとシートの色がホワイト系というケースがありました。

人が座るシートがホワイト系だと、外から汚れた格好で座ったり車内で食べたり飲んだりすると簡単に汚れてしまいます。

みなさんも同じような経験をしたことがあるのではないでしょうか?

例えばコーヒーをこぼしてしまったとしましょう。

もしブラックのシートであれば、拭き取ればそこまで目立つことはありません。しかしこれがホワイト系のシートだといくら拭き取っても汚れは残ってしまいます。

結果として、座布団を敷くかシートカバーをつけるか、ディーラーに持っていくしかなくなってしまいます。

シートがホワイト系では汚れが目立つということになり、今までは好まれてきませんでした。そしてそのことにより自動車メーカーも余り内装色でホワイト系を採用してきませんでした。

内装色ブラックのデメリットとは?

汚れが目立たないからブラックの内装色が好まれているのが日本の現状だと思いますが、実はこれには若干の思い違いもあるんです。

確かに先ほどのコーヒーをこぼしてしまった例の場合では内装色はブラックでよかったと思えますよね。

でもブラックにもデメリットがあるんです。しかもそれは汚れに関することです。

それはブラックだとほこりが目立つということです。

私が以前乗っていた2代目のステップワゴンは、内装もブラックのインテリアでシートもブラックでした。

私は掃除が好きで良く洗車をするのですが時に思っていたことがあります。

男性って、不思議なことに車になると徹底的に掃除しますよね?

そうするとどうしても感じるのはほこり汚れってが良く目立つなぁってことですね。しかもそれはインテリアもシートもおなんじなんです。

更にその時はピカピカになっても、ほこりはどうしても舞ってしまうので定期的に拭き取らないと掃除していないことがすぐばれてしまいます。

これが面倒なんです。

そしてもう一つブラックのデメリットがあります。

それは一度ついたキズが目立ってしまうということです。

ドアパネルの下の方などを靴やカバンで引っ掛けるようにした擦り傷をつけてしまったことは誰でもあると思います。

これが意外と目立つんですよ。

しかもほこりは拭き取ればそれでいいのですが、キズの場合は掃除しても消えないんですよね。

でも良く考えるとボディーカラーとしてのブラックのデメリットではほこりが目立つとか傷が目立つということは皆さん知っている特徴ですから内装でも同じというだけなんですけどね。

そう考えると内装やシートの汚れという意味ではホワイト系だけがダメということでもないんですよね。

ミニバンの車内を広く感じさせる内装色とは?

ミニバンは多くの人が快適に過ごせるための車ですから、車内の広さや解放感をウリとしたモデルです。

そう考えると車内に開放感を感じさせる効果があるホワイト系の色が使われていれば、もっと快適な空間になるというわけです。

ホワイトという色の性質を調べてみました。

ホワイトの基本的な性質は、膨張色・柔軟色・軽量色のイメージ効果があるそうで、信頼感や清潔感といってクリーンなイメージを与える色だそうです。また気分を一新する、広さを感じさせるという心理効果もみたいですね。

これは、ご自身のご自宅をイメージすると分かりやすいのではないでしょうか?

居住空間は、広さを出すために壁をホワイト系にしている家が多いと思います。

そう考ええると車の車内も居住空間と考え快適性を考えるのであれば、リラックス効果のあるホワイトを使いが車内をもっと広く感じさせるほうが自然だと思います。

では次は具体的にマイナーチェンジのノアに用意されたホワイト系の内装色を見てみましょう。

ノアの新内装色フロマージュ&ブラウン

今回のマイナーチェンジでノア専用の内装色として採用されたフロマージュ&ブラウンは、GおよびハイブリッドGのグレードで選択できるようになっています。

次の写真を比較してみてください。

フロマージュ&ブラウン 内装色 ブラック同じ車の内装とは思えない程の違いを感じないでしょうか?

フロマージュ&ブラウンの方が、柔らかく落ち着いた空間に感じますね。

先ほどからお伝えしているように、やはりホワイト系は広さを感じさせる効果があります。

しかし汚れてしまうのでは?という心配はまだ消えていないでしょう。

実はこの点は自動車メーカーも分かっていたことですから何もしていなかったわけではありません。

メーカーとして商品改良を重ねて、近年のホワイト系の内装についた汚れは取りやすくなってきているのです。

昔は何をしても取れなかった汚れが、技術の進歩により今は取れるようになったのです。

その掃除の具体的な方法はディーラー等の販売店で指導してくれますし、専用のクリーナーもあります。

今回のマイナーチェンジでノアの内装色にフロマージュ&ブラウン選択できるよう追加されたのも、ホワイト系の汚れ取りが比較的簡単になったことが理由でもあるはずです。

トヨタのほかの車種であるシエンタを見てもそうです。今回のノアと同じようなホワイト系の内装色を取り入れていることが分かります。

ミニバンの車内をどう広く見せるか、メーカーの試行錯誤が分かりますね。

黒のインテリアは、キズが目立ってしまうという話をしましたが、フロマージュ&ブラウンのホワイト系のインテリアの部分を見るとドアノブ辺りが白くなっていますね。

ドアノブ辺りは、良く人が触る部分ですし、車のキーや時計でキズがつきやすい場所になります。

ドアノブ辺りが白くなっているおかげで、キズが目立たなくなりそうですね。

しかし汚れという視点から考えると良く触れる箇所になるので、定期的に専用クリーナーで掃除をするのが良いと思います。

このドアノブ辺りの色は真っ白ではなくクリーム色のような色をしています。これならばある程度の汚れであれば、そこまで目立たないと思います。

ノアと同じフロマージュ&ブラウンを採用しているシエンタの内装色についての実際のオーナーの口コミを見てみると、フロマージュを選択されている方の多くが『車内が明るく感じるから』という理由で購入されています。

反対にブラックを選択されている方の多くが『汚れが気になったのでブラックにした』という意見が多いです。

家の壁紙はホワイト系を選ぶ人が多いのに、車に関しては汚れを気にしてブラック系を選ぶ人が多いと改めて感じてしまいましたね。

車内も立派な居住空間ですから、明るい空間で運転したほうが気分も明るくなるのではないでしょうか。

ホワイト系内装の最も汚れやすいシート

そしてホワイト系の内装色の最も汚れやすいことで問題となるのがシートです。

もっとも汚れが目立ってしまうシートですが、フロマージュ&ブラウンの写真をご覧ください。

内装色 フロマージュ&ブラウン内装色 ブラック
フロマージュ&ブラウンの内装色ではシートはホワイトとブラックの中間のイメージのブラウンです。

先ほどもコーヒーをこぼしてしまった時の例を出しましたが、もしシートが純粋なホワイトだった場合は目立ってしまいますよね。

そのホワイト系内装色の最大の問題点を解決するために考案されたのがブラウンのシートだったのです。

ブラウンのシートならホワイトよりは汚れが目立たないし、ブラックよりもほこりが目立たない良いとこ取りのシートカラーですね。

そして全体としてはホワイト系の内装に仕上げることができる最高の組み合わせとなるんです。

フロマージュ&ブラウンがおススメなもう一つの理由

フロマージュ&ブラウンをおススメするのにはもう一つの理由があります。

それは明るい雰囲気を作り出すことができる白系のフロマージュと落ち着いた雰囲気を作り出すことができるブラウンのシートの組み合わさったことによって、リラクゼーションな空間となるからです

スパやエステ・マッサージなどの内装にこの色の組み合わせを使っているのを見ますよね?意識するかしないかは別として、自宅でもこの組み合わせで家具を選んでいる方が多いと思います。

これは気持ちが落ち着つく空間を演出できるからです。

車においては、ミニバンにおいてこのイライラしない落ち着いた空間って非常に大切なことだと思うんです。

なぜ気持ちが落ち着く内装がミニバンに向いているかを考えてみましょう。例えば帰省の場面を思い浮かべてみましょう。さまざまな交通手段で帰省される方が多いと思いますが、車で帰省するとなると長時間の運転になりますし何より渋滞が嫌ですよね。

渋滞を避けるために夜中に移動するという方法もありますが、朝に出発してしまったり事故に遭遇してしまったりすると渋滞を避けられない時が必ずあります。

私は今でも忘れられないぐらい、長い渋滞に巻き込まれたことがあります。

友達とスノーボードに行った帰り、高速道路が通行止めになるほどの大雪が降っていました。その大雪の影響で5時間ぐらいの道のりを14時間かけて帰ってきたことがあります。もう二度とこんな経験をしたくない!と思いました。

たった4キロの道のりに2時間もかかってしまうんです・・・辛かった(笑)

渋滞にはまると誰でもイライラしてしまうんですよね。そしてイライラって乗っているほかの友達にも悪い影響を与えてしまいます。

これはファミリーの方でも同じことが言えます。

渋滞に巻き込まれて、お父さんはイライラし始めます。でも、後ろに乗っている子供たちは、楽しそうに遊んでいたとしましょう。楽しそうに遊んでいるその声にも、お父さんはきっとイライラしてしまい「うるさい!」と言ってしまうかもしれません。

そうすると、せっかく楽しい雰囲気だった旅行が、一気につまらない時間にかわってしまいますね。

そんな時にこそフロマージュ&ブラウンの内装色は本領を発揮ですっ!

だってホワイト系の内装色の特色は、明るい雰囲気、落ち着いた雰囲気、開放的な空間ですからね。

渋滞にはまってしまっているという事実は同じでも、明るい・開放的な空間によってイライラしなくなったりリラックスした気持ちで運転できたりするかもしれないわけです。

渋滞で周りが車だらけでなかなか進まなくて閉塞感しかなかったとしても、車内は家にいるようなリラックスした状態なんて最高ですよね。

気持ちが寛容になれば、前の車が遅いとか左車線から車が前に入ろうとしていることなんて気にすることなく運転できると思うんです。

リラックスするということは、気持ちに余裕が生まれるということです。

事故する確率だって下がるかもしれませんよ!!

ん?それはさすがに言い過ぎ???

まぁでも実際に色には人が思っている以上の効果があります。

ホワイト系の色彩は無意識に人の気持ちを落ち着かせる作用があり、少なくともブラックには解放感はありませんからね。

汚れのためにメンテナンスに手間が多少かかったとしても、それ以上の価値があると思いませんか?

渋滞をイライラしない方法

渋滞の話がでたので、小話として高速道路の渋滞をうまく抜ける方法をお伝えします。

渋滞の時にはドライブゲームをする感覚で運転してみることです。

ゲームだと思って先を読んで周りのドライバーの心理を予想してタイミングよく車線変更をすれば気持ちが楽になります。

それと車線選びにもちょっとしたコツというかルールがあるんです。

渋滞中の人間の心理は前に進みたい!となっているので、3車線の高速道路であれば一番右の追い越し車線に車が集まってしまうのです。

車が流れていればもっとも流れるのは当然追い越し車線なわけですが、どの車線も進めなくなると逆に追い越し車線に車が集中する現象が起こります。

つまり逆に言えば左車線が一番空いていることになります。そこで渋滞の時には、基本的に左車線を走るのがおススメです。

ただし一つだけ注意があります。

高速道路の場合には合流車両は左側から入ってくる場合がほとんどです。

その対策としてインターチェンジや合流ポイントにおいては、真ん中の車線に移ります。そうすることで最も空いている車線を常に走り続けることが可能です。

渋滞ではそのわずかな違いが大きな違いとなったりするんです。

この車線の変更を心理戦のゲーム感覚でドライブすれば、渋滞=イライラではなく、渋滞=高得点を狙うゲームとして楽しめたりもするんですよ。

トヨタ新型ノアのおススメの内装色とは?新色フロマージュ&ブラウンは汚れる?のまとめ

これまでお伝えしてきた、明るく・開放的な空間を車で実現させるためには、フロマージュ&ブラウンの内装はマイナーチェンジしたトヨタのノア・ヴォクシー・エスクァイアの3兄弟では残念ながらノアにしか用意されていません。

ほかのトヨタ車種ではシエンタも用意されているのですが、これはノアがシエンタと同じファミリー向けという位置取りの車だからなんだと思います。

最初にも少しふれたようにノアは元々落ち着いた雰囲気というイメージを持たせて開発していますからね。

そのイメージに最も合う内装色が今回ご紹介しているフロマージュ&ブラウンだということなのでしょう。

このような理由から新型ノアの最もおススメな内装色は新色フロマージュ&ブラウンだと思います。

車内空間も立派な居住空間であり大切な家族が時を過ごす場所です。そんな家族のための空間はリビングと同じぐらい拘っていいと思います。

旅先や帰省先で楽しむことを素敵な思い出にするためにも、車内の空間で過ごす移動時間も素敵な思い出を作り出せる時間にしてあげたいものです。

ノアやヴォクシーを買おうか考えている人に必ず車が安く買える方法があります。簡単な方法ですので是非実行して大好きな新車を安く買って快適なカーライフを手に入れて下さいね。

”車を買うときに得する方法”を紹介をしたいと思います。

新しい車が欲しいなぁって思ったら欲しい車をディーラーに見に行って試乗したりしますよね?その時は好きな車を目の前にして本当にワクワクして楽しいものです。そして殆どの人はそのハイテンションのまま見積りを受け取り値引き交渉を始めていると思います。

これっ、絶対に止めて下さいっ!

これでは丸腰のままで戦に出るようなものです。車の購入の値引き交渉は戦いなんです。戦というものは戦いが始まる前に8割は結果は決まっています。必ず準備をして臨むようにしましょう。

準備をして交渉に臨むこれ正に勝つべくして勝つです。

1.最大値引きを勝ち取るには販売店同士で競合させるのがベスト

本命のディーラーに新車を見に行く前に必ず競合させる車種と販売店を想定して下さい。同じ車で違う系列店ならベストですし他社のライバル車と販売店でも良いです。

先ずはライバル店に訪問して見積りを出して貰いましょう。そしてその見積りと情報を持って必ず最後に本命の販売店に行きましょう。

2.重要なのは値引きより下取り!そしてディーラー下取りは安いという現実

大切なことなのでもう1度書きます。

車を安く買うのに大事なことは、値引き額よりも下取り査定額の方が重要

と言うのは車両値引き10万円を引き出すのは本当に大変なんです。でも買取りの専門業者の下取り価格ならディーラーと比べて10万円どころか2・30万円以上も高額なことも普通だからです。

知人のレクサスでは70万円以上も高かったです。でもこれは車両価格の高いレクサスだからですけどね。

実際の買取り専門業者への依頼方法とはインターネットで簡単な必要事項を入力するだけです。その後に電話があり向こうから車を見に来てくれます。

高額査定を引き出すコツは、依頼する買取りサイトは複数社の見積りが一括で取れる査定サイトを選ぶこと、そして最低2社へ依頼することです。これは1社の一括査定で複数社に依頼しても業者同士が顔なじみで談合されることもあるからです。

2社に同時に依頼をして競争原理を確実に働かせて買取り額を高めて下さい。私のおススメの買取り査定はかんたん車査定ガイドカーセンサーネット査定です。

おススメの理由は、どちらもガリバー等の大手を含めて一括で依頼出来る点と更にかんたん車査定ガイドは入力と同時に下の画面の様にあなたの車の相場額が表示される点にあります。

もし今すぐに売る予定はなくても自分の車がいくらの価値なのかは今後を考える上で知っておいて損はないでしょう。予想以上に高額な査定額だったから今すぐに好きな新車に買い替えることにしたという嬉しい話も珍しくないんです。

かんたん車査定ならその場で入力するだけで価格が分かりますからね。

あなたの車も調べてみたら予想以上に高額な値がついて驚くかもしれませんよ?

dddddddddddddddd

この2つのサイトでの見積り依頼をすれば競争原理が働き高額査定が出る可能性はかなり高いです。更に確実とするなら業界で評価の高いズバット車買取比較にも頼めば確率は上がります。

でも査定業者が多くなり過ぎると対応が大変ですからかんたん車査定ガイドカーセンサーネット査定だけで十分だとは思いますよ。

そして見積書を持ってディーラーに行って下さい。そうすれば買取り業者の見積額を基準に下取り価格を提案してきます。その額と比較して高い方に売れば良い訳です。基準がないとディーラーが安い見積りを出しても分からないですからね。

この様に万全な準備をして値引きと下取りの両方から最大値引きを引き出しましょう。

特に下取りはディーラーの見積もりだけでは違いも分かりませんし、カーナビやエアロや海外旅行の代金ぐらいは簡単に差が出ますから試してみることをおススメします。

おススメはこの2社⇒かんたん車査定ガイドカーセンサーネット査定

車を安く買うための詳細記事

上記では簡単に説明しましたが、他にも車を購入するのに知っておいた方が良いコツがあります。
ディーラーとの交渉前の準備や下取り車の売却方法に関することです。
誰にでも出来る簡単な方法ですので、下の記事を読んで参考にしてみて下さい。

誰でも出来る!20万円以上新車を安く買う4つの法則

2017.09.08
スポンサーリンク




スポンサーリンク