スバルBRZのモデルチェンジ情報:2020年に新型が登場!

スバルBRZの年次改定のマイナーチェンジとフルモデルチェンジ情報

スバルBRZはトヨタとの共同開発で生まれたスバルが16年ぶりに生産した2ドアスポーツカーです。

若い人にも走る楽しさを体験してもらいたいということで手頃な価格で本格的な走りを実現することがコンセプトのモデルです。

それこそ正にこのモデルの企画をしたトヨタの名車AE86を現代に復刻させたスポーツカーです。

その86のスバルのバージョンであるBRZの年次改良の内容と2020年に予定されているフルモデルチェンジに関する情報を見ていきたいと思います。

2世代目となる新型BRZがどのような進化を遂げるのでしょうか?

スポンサーリンク

スバルBRZとは?

スバルBRZは、提携先のトヨタが現在でも人気の高いAE86を現代に復刻させるモデルとして、スモールサイズで扱いやすいフロントエンジン・リアドライブのスポーツカーを安価に販売するという企画から生まれたものです。

その為にトヨタとスバルの共同開発となり、企画・デザインはトヨタが担当をして、開発・生産はスバルが行うという役割となっています。

その為にトヨタの86に関しても生産はBRZと同じスバルの群馬製作所本工場で行われています。

BRZの特徴はスバルの拘りの水平対向のボクサーエンジンが搭載されています。

そのボクサーエンジンの特質を生かして低床化と設置重心を低く設定することが可能となり全高1320mmという素晴らしい数字を実現しただけでなく、小型で軽量であり低重心を実現した非常に貴重なスポーツカーとなっています。

これによりスポーツカーとしては非常に手頃な車両価格を実現して、若い世代の人間に運転する楽しさを体験してもらえるモデルとなりました。BRZの名前の由来は、ボクサーエンジン (Boxer Engine)のBと後輪駆動(Rear  Drive)のRそして究極という意味の(Zenith)のZの頭文字を並べたものです。

スポーツカーではあることですが年次改良を続けて長期サイクルモデルとなる予定だったのですが、ここで事情が変わりフルモデルチェンジが計画されています。

しかし現行モデルでもまだまだ色褪せていない魅力いっぱいのスポーツカーです。

下の動画はカーグラフィックTVの公式サイトのアップされているBRZの紹介です。

スバルBRZの主要スペックの主要スペック概要

  • ボディーサイズ全長x全幅x全高:4240mm×1775mm×1320mm
  • ホイールベース:2570mm 車両重量:1220kg-1270kg
  • 乗車定員:4名
  • トランスミッション:6速MT & 6速AT
  • 駆動方式:RWD(後輪駆動)
  • サスペンション前輪:ストラット式独立懸架・後輪:ダブルウィッシュボーン式独立懸架
  • ブレーキ前-後: ベンチレーテッドディスク
  • タイヤサイズ:225/55 R18

スバルBRZのプラットフォームはスバルのメインとなるスバルグローバル プラットフォームとは別に86とBRZ用に新たに開発されたFR車専用のプラットフォームになります。

その為にスポーツカーとしての性能を十分に持った高い完成度のものとなっています。

サスペンションに関しても前輪はストラット式ですが、後輪にはダブルウィッシュボーン式が採用となっています。

車両重量に関しては1200kg代となっています。本当なら後100kg-200kg軽くできていたら最高だったのですが。

現代版のAE86としては少し重すぎると思いますからね。

まぁ現代の安全基準をクリアーするとどうしても重量が増してしまうので昔のようにはいかないんだとは思います。

スバルBRZのエンジンスペック

エンジンの種類は1種類なのですが、マニュアルミッションとオートマチックミッションで若干の出力特性をプログラム変更してあります。

ガソリンエンジン MT仕様

  • エンジン種類:FA20型 水平対向4気筒 2.0ℓ DOHC 16バルブ デュアルAVCS
  • 最高出力kW[PS]/r.p.m:152(207)/7000rpm
  • 最大トルクN・m[kgf・m]/r.p.m:212(21.6)/6400~6800rpm
  • 無鉛プレミアムガソリン

ガソリンエンジン AT仕様

  • エンジン種類:FA20型 水平対向4気筒 2.0ℓ DOHC 16バルブ デュアルAVCS
  • 最高出力kW[PS]/r.p.m:147(200)/7000rpm
  • 最大トルクN・m[kgf・m]/r.p.m:205(20.9)/6400~6600rpm
  • 無鉛プレミアムガソリン

FA20型水平対向エンジンはスバルのミドルクラスモデルで採用されているメインエンジンの1つで、BRZのスポーツカーとしてのコンセプトから高出力を出せるターボエンジンではなくフィーリングを重視した自然吸気エンジンを搭載しています。

もしFA20型のターボエンジンであれば300馬力も簡単に出せますが、200馬力を上回るパワーでも必要十分ですし4WDなら良いのですが、FRでの大パワーは危険でもありエントリーモデルの役割を担うBRZでは車の特質を掴むことを出来なくなってしまいます。

絶対的な性能を求めるのではなく、車としてのベストバランスとして調整されているということになりますね。

スバルBRZの特質の1つに低重心がありますが、それはスバルの拘りであるこのボクサーエンジンのコンパクトなサイズだからこそ実現したものです。

スバルBRZのボディーカラー

スバルBRZのボディーカラーは全7色となっています。

その中でもホワイトやブラックといった定番色はもちろん人気ですが、WRブルー・パールというブルーはスバルの企業カラーであるために人気な点が、スバルの車だということを感じさせますね。

クリスタルホワイト・パールアイスシルバー・メタリックダークグレー・メタリッククリスタルブラック・シリカWRブルー・パールラピスブルー・パールピュアレッド

BRZ STIスポーツ

2017年にF型へと進化しましたが、大きな変更はありませんでした。その代わりの目玉ともも言えるのが、BRZ STIスポーツの追加発売です。

BRZ STIスポーツは限定モデルではなく、グレードの最上級モデルという位置づけとなります。

ベース車両はGTとして、カーボンGTウィング・LEDヘッドランプやフルフロアアンダーカバー等の専用の内外装パーツを装着し、フロントブレンボ4ポット対向ブレーキキャリパーやリヤ2ポット対向ブレーキキャリパーや215/40R 18インチタイヤとアルミホイールやザックスダンパーを搭載しています。

インテリアのカラーはSTIスポーツの統一カラーであるBRZ STI Sport専用ボルドーとなっています。

STIスポーツの車両価格は、マニュアルモデルが3,531,600円オートマチックモデルが3,591,000円となります。

スバルBRZ STI Sport専用装備リスト

  • 専用ザックスダンパー&強化スプリング
  • 215/40R18インチ・スポーツタイヤ
  • ブラック塗装18インチアルミホイール
  • STI専用フレキシブルバー
  • STI専用フレキシブルドロースティフナー フロント
  • STI専用フロントエアロバンパー
  • フロント&リアSTIエンブレム装着
  • BRZエンブレム
  • STIロゴ付きフロントフェンダーガーニッシュ
  • シャークフィンブラックカラードルーフアンテナ
  • ブラックカラー 電動格納式ミラー
  • ブラック&ボルドーアルカンターラ 本皮シート
  • 本皮巻赤ステッチステアリングホイール
  • STIロゴマルチファンクションディスプレイ付メーター
  • 赤ステッチメーターバイザー
  • ピアノブラック調加飾
  • 赤ステッチドアトリム
  • STIロゴステンレス製サイドシルプレート

モータージャーナリストも注目を集めるBRZ STI Sportです。河口まなぶさんはプライベートでBRZを持っているだけに一言一言に説得力があります。

スバルは毎年改良を行こなうメーカーですし、スポーツカーというのも進化をしていくモデルなだけに最新が最良という言葉通りのモデルとなっていますね。

エンジンサウンドを聞いているだけで気持ちいい車であることが伝わってきます。

スバルBRZのCM

スバルのBRZのCMもスタイリッシュですよね。

黒木メイサがCMのキャラクターを務めます。スバルにしてはオシャレな雰囲気のCMですね。

スバルBRZの試乗インプレッション動画

スバルBRZの試乗インプレッション動画になります。

先ずはインテリア等のスポーツカーとしての演出が説明されています。

しかしスポーツカーナだけにやはりこの車の本質は走りの質感の高さにあると言えます。

走りが大好きなフジトモもインプレッション動画を上げています。ロードスターオーナーなだけにその違いを語る内容も説得力があります。

走り屋のカリスマのドリキン土屋圭市もBRZには興味津々でした。

ちょっとコーヒーブレイク

車が興味がある人にここで少し耳よりな情報があります。
ちょっとしたコツを知っているだけで、車を20万円以上も安く購入することが可能です。
誰にでも出来る簡単な方法ですので、詳しい内容は下の記事を読んで参考にしてみて下さい。

誰でも出来る!20万円以上新車を安く買う4つの法則

2017.09.08

スバル新型BRZのモデルチェンジ情報

スバル新型BRZのモデルチェンジスケジュールでは2018年の9月に年次改良が行われてG型へと進化します。

その後に毎年の年次改良を経たうえで2020年にフルモデルチェンジが予定されています。

ここからは直近の2018年の年次改良の内容を見たうえで、2020年のフルモデルチェンジに関しても変更点を見ていきましょう。

2018年9月の年次改定でG型へ進化

スバルは基本的に毎年の年次改定が行われます。BRZも2018年9月に予定されていて現行のF型からG型へと進化します。

しかし今回は通常モデルには大きな変更はなく各パーツの性能向上とセッティングの変更となります。

 

スバル新型BRZのフルモデルチェンジ情報

スバルの新型BRZのフルモデルチェンジはここで方向性が見えてきたことです。

一時期はスポーツカーでは珍しくないフルモデルチェンジの期間を長く取りマイナーチェンジで成熟させる方向で調整されていましたが、トヨタの意向を受ける形でフルモデルチェンジが決まりました。

トヨタとしても新型86を提携が決まったマツダのロードスターとの共同開発に切り替えるかを悩んでいましたが、ここでスバルとの共同開発を選択しました。

新型モデルに対しても基本的には現体制と同じ分担となりトヨタが企画・デザインを行いスバルが開発と生産を担当します。

ただしトヨタの影響力がより強くなりスバルは少し立場が苦しくなるのではとも言われています。

スバル新型BRZのプラットフォーム

  • 現行BRZのFRプラットフォーム改良型

使用されるプラットフォームですが、スバルの次世代型プラットフォームのスバルグローバルプラットフォーム(SGP)は使用できません。

スバルとしてもコストパフォーマンスを考えると使用したいのは山々ですが、ミドルクラスのFRプラットフォームとしては求められる性能をクリアー出来ないからです。

その為に現行モデルで専用品とした開発したミドルクラスのFRプラットフォームを改良して使用します。

このFRプラットフォームは3ゾーンマネジメントという考え方を根本思想に造られていて、軽量かつ高度なボディ剛性を誇り更に高い安全性能を持ち合わせたプラットフォームですから新型においても十分な性能を持っているためです。

根本的なプラットフォームが同じであるためにボディーの性能に関しては大きな変更はありませんが、ボディーサイズやエクステリアデザインは新しい時代に合ったものへと大きく変更になります。

スバル新型BRZの搭載エンジン

搭載の可能性が最も高いエンジンはこの2つです。

①ガソリンエンジン:FA20型 

2.0ℓ DOHC 直噴自然吸気16バルブ デュアルAVCS

  • 最大出力:152kW(207PS)/7000回転   
  • 最大トルク:212N・m(21.6kgf・m)/6400~6800回転

②ガソリンエンジン:FB16型 

1.6ℓ DOHC 直噴ターボ“DIT”

  • 最大出力:125kW(170PS)/4800-5600回転   
  • 最大トルク:250N・m(25.5kgf・m)/1800-4800回転

搭載する可能性が高いのは上の2つのエンジンとなります。

①は現行モデルで搭載しているFA20型エンジンをブラッシュアップしてフィーリングを重視したチューニングが施されます。最高出力に関しても10%程度アップする予定です。

BRZの本来のコンセプトから考えても自然吸気エンジンに拘る可能性が高く、このFA20型エンジンが搭載される可能性は80%程度はあると思います。

②はレヴォーグで搭載されこれからスバルのミドルクラスモデルの主力となるダウンサイジングターボエンジンです。排気量は1.6Lとなり小さくなりますが、パワーは現在の最高出力170PSから最高出力210PS以上に引き上げて現行車以上のパワーとした上での搭載となります。これ以外にもスバルが現在開発中の1.5Lエンジンが採用される可能性もあります。

ただし噂のあったハイブリッドエンジンに関してはスペース的に厳しくパッケージングで運動性能を上げているBRZでは本末転倒になりかねないために可能性は低いと予想します。

更に新開発の2.4L 水平対向4気筒の自然吸気やターボエンジンを搭載するという話もありましたが、現実的ではありません。

スポーツカーは販売台数が少ないためにコスト的にはシビアにならざる負えないのが常で、トヨタの86と合わせても多くはない数字からは専用の大型エンジンを開発する余裕はないと考えます。

しかもその開発コストは車両販売価格に反映せざる負えないですから、100万円以上高くなることが予想されます。元々スポーツカーをより多くの人に楽しんでもらうために開発されたモデルですから、その価格では存在意義がなくなってしまうことになりますよね。

つまりスバルのメインエンジンをチューンして搭載することはあっても専用のエンジンを開発することはあり得ないということです。

スバル新型BRZの派生モデル

新型BRZの目玉となる可能性があるのが派生モデルの発売です。

現行モデルでもいくつかの企画があったのですが、開発時から設計されていなかったのでコスト的に厳しく諦めてきました。

しかし今回の新型モデルでは初期の設計から派生モデルを想定しますから、オープンカー・シューティングブレイク・4ドアセダンと発売される可能性があります。

特にコンバーチブルはスポーツカーの花形モデルとしてアメリカ市場から要望が高かったので追加発売となる可能性が非常に高いです。

この動画は現行トヨタ86のオープンカーのコンセプトモデルです。

いやいや予想以上にカッコいいでしょう。

そしてこの動画はシューティングブレイクのコンセプトモデルです。

こちらもかなりカッコいいです。

スバル新型BRZの発売時期

発売時期に関しては兄弟車の新型トヨタ86と同時に2020年のモーターショーに出展してのワールドプレミアとなります。そして年内での発売となるでしょう。

スバル新型BRZの予想価格

基本的には現行モデルとほぼ同じ車両価格となります。

BRZと86が若者に車を好きになってもらう為のモデルというコンセプトがありますから、車両価格をアップすることは良しとしないでしょう。 

スバル新型BRZのライバルの動向

スバル新型BRZのライバルとなるモデルも良い車が多く存在します。

ホンダのS1000はこれからの発売となりますがスバル新型BRZと価格的にも近いスポーツモデルとなるでしょう。

マツダ新型ロードスターRF

zaaaaaaaaa-640x411車両価格がやモデルコンセプトそして車格に関しても近いスポーツカーはマツダのロードスターでしょう。

特にロードスターの中でもハードトップを持つRFは購入を悩む人も多いと思います。

マツダのロードスターRFがどのようなモデルなのかは下の記事に書いています。

マツダ新型ロードスタークーペのRFが歴代最高である理由!

ホンダ新型S1000

ホンダはS660と新型NSXを発売するだけでなくスポーツカーのラインナップを更に充実させようとしています。

S1000の発売はもう直ぐですし、S2000もミッドシップのスポーツカーとして復活します。

S1000もかなり魅力的なスポーツカーに仕上がっていますよ。

ホンダ新型S1000の凄いスペック!S660のモデルチェンジ?小型車版?

スズキ新型スイフト・スポーツ

スズキ新型スイフト・スポーツはコンパクト・スポーツカーと言って良いレベルまで走りの質感が上がつています。

エクステリアデザインはホットハッチということでスバル新型BRZの様なカッコ良さはないですが、走りの質感が高いのに車両価格は安くコストパフォーマンスでは日本車でも筆頭です。

新型スイフトスポーツの内容に関しては下の記事で詳しく書いてあります。

スズキ新型スイフトスポーツに4WDの隠し玉?モデルチェンジは2017年?18年?

スバル新型BRZモデルチェンジ情報のまとめ

絶対的なパワーやサーキットでのタイムを重視するのではなく車を運転する本当の楽しみを感じられるモデルがBRZです。

昔からスポーツカーにはライトウェイトのジャンルがあり絶対性能ではなくフィーリングを重視したジャンルが存在しますから正にその現代版ということです。

日本の若者の車離れを止めるためにメーカーが考案したモデルでもあるBRZですが、手頃な価格というには少し高くなっいてしまいました。

昔は150万円から200万円でも若者が熱狂できる車がありましたからね。

FRのコンパクトカーでS13と呼ばれるシルビアや初代ロードスターやVTECエンジンを積んだCR-Xなどがそうです。

それでもBRZが示した方向性は今の自動車メーカーの中では非常に重要なことでした。

2世代目の新型BRZでは更にコンセプトを純化させて車としての完成度も上げて魅力的なスポーツカーなってくれていると嬉しいですね。

絶対知っていた方が良い!車を安く買う簡単なコツとは?

BRZや86等の車を安く買うのには値引き交渉は必ず必要ですが、それにはちょっとしたコツがあるんです。

知らないと後で”ディーラーに騙されたぁ!”って悔しがる人もいるんですよ。

その詳しい内容は右の記事で説明ましたので参考にして下さい⇒”誰でもできる車を20万円以上安く買う方法”

簡単な方法ですので是非実行して大好きな新車を安く買って快適なカーライフを手に入れて下さいね。

スポンサーリンク




スポンサーリンク