トヨタ新型86のモデルチェンジ最新情報!新エンジンを搭載してオープンモデル発売か?

トヨタ新型86のマイナーチェンジとフルモデルチェンジ情報

トヨタ新型86はスバルとの共同開発で生まれた久しぶりに発売となったトヨタのミドルクラス・スポーツカーです。

現代の自動車離れをする若者に気軽に車を運転する楽しさを体験してもらうことがコンセプトのモデルです。

これには価格的にも高額にならないという課題もありました。

これは80年代に名を馳せた名車AE86を現代の技術で復刻させたスポーツカーです。

そのトヨタ86のマイナーチェンジと2020年に予定されているフルモデルチェンジに関する情報を見ていきたいと思います。

非常に評価の高いトヨタ86ですから、フルモデルチェンジでどのような進化を遂げるのか誰でも気になるところだと思います。

スポンサーリンク

トヨタ新型86とは?

トヨタが現在でも人気の高いAE86を現代に復刻させるモデルとして、スモールサイズで扱いやすいフロントエンジン・リアドライブのスポーツカーを安価に販売するという企画から生まれたものです。

トヨタは安価に生産するという課題をクリアーする為にスバルの共同開発としました。

その役割分担は、企画・デザインはトヨタ、開発・生産はスバルが行うということになっています。

その為にトヨタの86に関しても生産はBRZと同じスバルの群馬製作所本工場で行われていますし、トヨタ製の86にもスバルの伝統の水平対向ボクサーエンジンが搭載されています。基本設計でもボクサーエンジンの特質を生かして低床化と設置重心を低く設定することが可能となり全高1320mmという類まれなるスペックを実現しただけでなく、小型で軽量で低重心を実現したという意味でも現代には非常に貴重なスポーツカーとなっています。

そしてトヨタの方針が功を奏して、スポーツカーとしては非常に手頃な車両価格を実現した若い世代の人間に運転する楽しさを体験してもらえるモデルとなりました。

トヨタ86のモデルチェンジスケジュールに関しては、開発コストを回収しにくいスポーツカーではあることですが長期サイクルモデルとなる予定でした。

しかしここで事情が変わりフルモデルチェンジが計画されています。

トヨタ新型86の主要スペックの主要スペック概要

  • ボディーサイズ全長x全幅x全高:4240mm×1775mm×1320mm
  • ホイールベース:2570mm 車両重量:1220kg-1270kg
  • 乗車定員:4名
  • トランスミッション:6速MT & 6速AT
  • 駆動方式:RWD(後輪駆動)
  • サスペンション前輪:ストラット式独立懸架・後輪:ダブルウィッシュボーン式独立懸架
  • ブレーキ前-後: ベンチレーテッドディスク
  • タイヤサイズ:225/55 R18

 

トヨタ新型86のプラットフォームは86とBRZ用に新たに設計されたFR車専用のプラットフォームになります。

これは想定する性能を実現する為に必要と判断された英断によるもので、スポーツカーとしての性能を十分に持った高い完成度の基礎となりました。

サスペンションに関しても前輪はストラット式ですが、後輪にはダブルウィッシュボーン式が採用となっています。

車両重量に関しては1200kg代となっています。

この点に関しては更に100kg-200kg軽くできていたら文句なしでしたねぇ。

安全性能を考えると仕方ないのですが、現代版のAE86としてはちょっと重すぎると思いますからね。

現代の安全基準をクリアーするとどうしても重量が増してしまうので昔のようにはいかないんだとは思います。

トヨタ新型86のエンジンスペック

エンジンの種類は1種類なのですが、マニュアルミッションとオートマチックミッションで若干の出力特性をプログラム変更してあるという凝りようです。

ガソリンエンジン MT仕様

  • エンジン種類:FA20型 水平対向4気筒 2.0ℓ DOHC 16バルブ デュアルAVCS
  • 最高出力kW[PS]/r.p.m:152(207)/7000rpm
  • 最大トルクN・m[kgf・m]/r.p.m:212(21.6)/6400~6800rpm
  • 無鉛プレミアムガソリン

ガソリンエンジン AT仕様

  • エンジン種類:FA20型 水平対向4気筒 2.0ℓ DOHC 16バルブ デュアルAVCS
  • 最高出力kW[PS]/r.p.m:147(200)/7000rpm
  • 最大トルクN・m[kgf・m]/r.p.m:205(20.9)/6400~6600rpm
  • 無鉛プレミアムガソリン

FA20型水平対向エンジンはスバルのミドルクラスモデルで採用されているメインエンジンの1つです。

ファントュウドライブを実現するスポーツカーというコンセプトから高出力のターボエンジンではなくフィーリングを重視した自然吸気エンジンを搭載しています。

もしFA20型のターボエンジンであれば300馬力も簡単に出せますが、4WDなら兎も角FRでの大パワーは高度なテクニックを要求される場面もあるので、エントリーモデルの役割を担う86には合わないと判断したわけです。

これは絶対的な性能を求めるのではなく、車としてのベストバランスとして調整されているということになりますね。

86の特質の1つに低重心がありますが、それはスバルのボクサーエンジンのコンパクトなサイズと低重心だからこそ実現したものになります。

トヨタ新型86のボディーカラー

トヨタ新型86のボディーカラーは全7色となっています。

イエローやオレンジ等の派手なカラーはなく、ホワイトやブラックといった定番色が多くラインアップされています。

クリスタルホワイト・パールアイスシルバー・メタリックソリッドグレーダークグレー・メタリッククリスタルブラック・シリカピュアレッドアズライトブルー

トヨタ新型86のCM

トヨタ新型86のCMは大人の気持ちをワクワクさせる映像です。

正にコックピットという男くさい匂いがしますね。

トヨタ新型86の試乗インプレッション動画

86の試乗インプレッション動画になります。

先ずはインテリア等のスポーツカーとしての演出が説明されています。しかしスポーツカーなだけにやはりこの車の本質は走りの質感の高さにあると言えます。

86の気持ちのいい走りを動画でも感じることが出来ると思います。

走りが大好きなフジトモもインプレッション動画を上げています。ロードスターオーナーなだけにその違いを語る内容も説得力があります。

86とBRZを比較するだけでなく他のFRスポーツモデルとの比較をドリキンがしてくれます。

ちょっとコーヒーブレイク

車が興味がある人にここで少し耳よりな情報があります。
ちょっとしたコツを知っているだけで、車を20万円以上も安く購入することが可能です。
誰にでも出来る簡単な方法ですので、詳しい内容は下の記事を読んで参考にしてみて下さい。

誰でも出来る!20万円以上新車を安く買う4つの法則

2017.09.08

トヨタ新型86のモデルチェンジ情報

トヨタ新型86のモデルチェンジスケジュールでは2017年の10月にマイナーチェンジが施されて、2020年にフルモデルチェンジが予定されています。

2017年のマイナーチェンジン・追加モデルと2020年のフルモデルチェンジに関しても変更点を見ていきましょう。

トヨタ新型86のマイナーチェンジ情報

2017年の10月4日にマイナーチェンジが行われます。

ただしその内容はサスペンションやハンドリングのセッティングやバネレートの強化程度に留まり見てわかる部分は手が入りません。

その他ではGT リミテッド・GT・GT リミテッド・ブラック・パッケージにはシフトノブを本革へと変更しました。最も大きな変更点はGT リミテッド・ブラック・パッケージという新グレードを追加発売します。

GT リミテッド・ブラック・パッケージではサイドミラー・リヤスポイラー・アルミホイールをブラックに塗装したものとなります。

更に他のグレードでオプッションのブレンボ社製ブレーキキャリパーが装備されます。

GT リミテッド・ブラック・パッケージ専用ボディーカラーとしてソリッドグレーが用意されます。

” 86 GR(ジーアール)”追加モデルの発売

更にトヨタが進めるスポーツブランドの統一化により86にも新グレードのGRの追加発売が2017年11月21日に発表となります。

GR(ジーアール)とはトヨタのスポーツブランドであるG’sが廃止となり、その代わりのスポーツブランドとして新展開する新グレードです。

GR(ジーアール)というネーミングは、このグレードを開発生産するトヨタのグループ会社であるGazoo Racingの頭文字を取ったモノです。

これからはトヨタのスポーツブランドはGRに統一されます。

その内容は3つのグレードに別れます。RSと呼ばれていたグレードでトヨタのラインで生産されるライトモデルがGRスポーツ 、G’sのコンセプトに近いグレードでGazoo RacingがライトチューンするGR(ジーアール)、限定販売が基本となりGazoo RacingによるチューンニングモデルのGRMN(グロム)へと価格とスポーツ性が高まる展開となっています。

これにより86のトップグレードはスペシャルチューンのGRMN(グロム)となり、次のスポーツグレードが発売となるGR(ジーアール)となります。

カスタム内容は、86専用チューンザックス製ダンパーと強化サスにより車高は下げられAdvics製ブレーキローターにブレンボ社製ブレーキキャリパーでストッピングパワーを強化しアルミホイールは17インチにアップしてタイヤもミシュランのスポーツタイヤのパイロットスポーツを装備します。

車両価格は、479万円を予定しています。

因みにトップスポーツグレードのGRMN(グロム)はメーカー製のモデルとしては異例なぐらい攻めたチューニングマシンです。

86GRMNは、全国限定抽選で100台のみの発売で車両本体価格は6,480,000円(消費税込)でした。

下はその86のGRMN(グロム)の試乗インプレッション動画です。

トヨタ新型86のフルモデルチェンジ情報

トヨタの新型86のフルモデルチェンジは、ここで方向性が見えてきたことです。

一時期はスポーツカーでは珍しくないフルモデルチェンジの期間を長く取りマイナーチェンジで成熟させる方向で調整されていましたが、フルモデルチェンジが決まりました。

トヨタとしては提携が決まったマツダのロードスターとの共同開発を検討していましたが、スバルとの共同開発を選択したことになります。

新型モデルに対しても基本的には現体制と同じ分担となりトヨタが企画・デザインを行いスバルが開発と生産を担当します。

ただしトヨタの影響力がより強くなりスバルは少し立場が苦しくなるのではとも言われています。

トヨタ新型86のプラットフォーム

  • 現行BRZのFRプラットフォーム改良型

使用されるプラットフォームですが、スバルの次世代型プラットフォームのスバルグローバルプラットフォーム(SGP)は使用できません。

スバルとしてもコストパフォーマンスを考えると使用したいところですが、ミドルクラスのFRプラットフォームとしては求められる性能をクリアー出来ないからです。

その為に現行モデルで専用品とした開発したミドルクラスのFRプラットフォームを改良して使用します。

このFRプラットフォームは3ゾーンマネジメントという考え方を根本思想に造られていて、軽量かつ高度なボディ剛性を誇り更に高い安全性能を持ち合わせたプラットフォームですから新型においても十分な性能を持っているためです。

根本的なプラットフォームが同じであるためにボディーの性能に関しては大きな変更はありませんが、ボディーサイズやエクステリアデザインは新しい時代に合ったものへと大きく変更になります。

トヨタ新型86の搭載エンジン

搭載の可能性が最も高いエンジンはこの2つです。

①ガソリンエンジン:FA20型 

2.0ℓ DOHC 直噴自然吸気16バルブ デュアルAVCS

  • 最大出力:152kW(207PS)/7000回転   
  • 最大トルク:212N・m(21.6kgf・m)/6400~6800回転

②ガソリンエンジン:FB16型 

1.6ℓ DOHC 直噴ターボ“DIT”

  • 最大出力:125kW(170PS)/4800-5600回転   
  • 最大トルク:250N・m(25.5kgf・m)/1800-4800回転

搭載する可能性が高いのは上の2つのエンジンとなります。

①は現行モデルで搭載しているFA20型エンジンをブラッシュアップしてフィーリングを重視したチューニングが施されます。最高出力に関しても10%程度アップする予定です。

BRZの本来のコンセプトから考えても自然吸気エンジンに拘る可能性が高く、このFA20型エンジンが搭載される可能性は80%程度はあると思います。

②はレヴォーグで搭載されこれからスバルのミドルクラスモデルの主力となるダウンサイジングターボエンジンです。排気量は1.6Lとなり小さくなりますが、パワーは現在の最高出力170PSから最高出力210PS以上に引き上げて現行車以上のパワーとした上での搭載となります。これ以外にもスバルが現在開発中の1.5Lエンジンが採用される可能性もあります。

ただし噂のあったハイブリッドエンジンに関してはスペース的に厳しくパッケージングで運動性能を上げているBRZでは本末転倒になりかねないために可能性は低いと予想します。

更に新開発の2.4L 水平対向4気筒の自然吸気やターボエンジンを搭載するという話もありましたが、現実的ではありません。

スポーツカーは販売台数が少ないためにコスト的にはシビアにならざる負えないのが常で、トヨタの86と合わせても多くはない数字からは専用の大型エンジンを開発する余裕はないと考えます。

しかもその開発コストは車両販売価格に反映せざる負えないですから、100万円以上高くなることが予想されます。元々スポーツカーをより多くの人に楽しんでもらうために開発されたモデルですから、その価格では存在意義がなくなってしまうことになりますよね。

つまりスバルのメインエンジンをチューンして搭載することはあっても専用のエンジンを開発することはあり得ないということです。

トヨタ新型86の派生モデル

フルモデルチェンジする目的の一つに派生モデルの発売があります。

現行モデルでもいくつかの企画があったのですが、開発時から設計されていなかったのでコスト的に厳しく諦めてきました。

しかし今回の新型モデルでは初期の設計から派生モデルを想定しますから、オープンカー・シューティングブレイク・4ドアセダンと発売される可能性があります。

特にコンバーチブルはスポーツカーの花形モデルとしてアメリカ市場から要望が高かったので追加発売となる可能性が非常に高いです。

この動画は現行トヨタ86のオープンカーのコンセプトモデルです。

いやいや予想以上にカッコいいでしょう。

そしてこの動画はシューティングブレイクのコンセプトモデルです。

こちらもかなりカッコいいです。

グローバルモデルのスポーツカーとしてBMWのようなランナップの充実を図りたいということです。

トヨタ新型86の発売時期

発売時期に関しては2020年に開催する世界のどこかのモーターショーに出展してのワールドプレミアとなります。

そして2020年内での発売となることでしょう。

トヨタ新型86の予想価格

基本的には現行モデルとほぼ同じ車両価格となります。

新型86には若者に車を好きになってもらう為のモデルというコンセプトがありますから、車両価格をアップすることは良しとしないでしょう。

250万円からのスタートで基本的には300万円前後のモデルとなります。

トヨタ新型86のライバルの動向

スバル新型BRZのライバルとなるモデルも良い車が多く存在します。

ホンダのS1000はこれからの発売となりますがスバル新型BRZと価格的にも近いスポーツモデルとなるでしょう。

マツダ新型ロードスターRF

zaaaaaaaaa-640x411車両価格がやモデルコンセプトそして車格に関しても近いスポーツカーはマツダのロードスターでしょう。

特にロードスターの中でもハードトップを持つRFは購入を悩む人も多いと思います。

マツダのロードスターRFがどのようなモデルなのかは下の記事に書いています。

マツダ新型ロードスタークーペのRFが歴代最高である理由!

ホンダ新型S1000

ホンダはS660と新型NSXを発売するだけでなくスポーツカーのラインナップを更に充実させようとしています。

S1000の発売はもう直ぐですし、S2000もミッドシップのスポーツカーとして復活します。

S1000もかなり魅力的なスポーツカーに仕上がっていますよ。

ホンダ新型S1000の凄いスペック!S660のモデルチェンジ?小型車版?

ニッサン新型シルビア

シルビアと言えば日本を代表する2ドアクーペの美しいスタイリングのモデルでした。そしてコンパクトな車体にFRの駆動方式のスポーツカーと顔負けの運動性能を持った車でもありました。

現在ニッサンもトヨタの新型86をライバルとして新型を開発しています。これがかなり高スペックなモデルとなります。

86とシルビアの新型が揃えって走る姿を見れる日が来るなんて思いませんでしたね。

ニッサン新型シルビアが復活へ!S16のスペックと発売時期は?

 

トヨタ新型86のモデルチェンジ情報のまとめ

絶対的なパワーやサーキットでのタイムを重視するのではなく車を運転する本当の楽しみを感じられるモデルが新型86です。

昔からスポーツカーにはライトウェイトのジャンルがあり絶対性能ではなくフィーリングを重視したジャンルが存在しますから正にその現代版ということです。

日本の若者の車離れを止めるためにメーカーが考案したモデルの新型86ですが、ちょっと残念なのは価格が少し高くなっている点ですね。

昔は150万円から200万円でも若者が熱狂できる車がありましたからね。

FRのコンパクトカーでS13と呼ばれるシルビアや初代ロードスターやVTECエンジンを積んだCR-Xなどがそうでした。

それでも新型86が示した方向性は今の自動車メーカーの中では非常に重要なことでした。

2世代目ではコンセプトを純化させて車としての完成度も上げて魅力的なスポーツカーなってくれていると嬉しいですね。

車を買おうか考えている人に必ず車が安く買える方法があります。簡単な方法ですので是非実行して大好きな新車を安く買って快適なカーライフを手に入れて下さいね。

”車を買うときに得する方法”を紹介をしたいと思います。

新しい車が欲しいなぁって思ったら欲しい車をディーラーに見に行って試乗したりしますよね?その時は好きな車を目の前にして本当にワクワクして楽しいものです。そして殆どの人はそのハイテンションのまま見積りを受け取り値引き交渉を始めていると思います。

これっ、絶対に止めて下さいっ!

これでは丸腰のままで戦に出るようなものです。車の購入の値引き交渉は戦いなんです。戦というものは戦いが始まる前に8割は結果は決まっています。必ず準備をして臨むようにしましょう。

準備をして交渉に臨むこれ正に勝つべくして勝つです。

1.最大値引きを勝ち取るには販売店同士で競合させるのがベスト

本命のディーラーに新車を見に行く前に必ず競合させる車種と販売店を想定して下さい。同じ車で違う系列店ならベストですし他社のライバル車と販売店でも良いです。

先ずはライバル店に訪問して見積りを出して貰いましょう。そしてその見積りと情報を持って必ず最後に本命の販売店に行きましょう。

2.重要なのは値引きより下取り!そしてディーラー下取りは安いという現実

大切なことなのでもう1度書きます。

車を安く買うのに大事なことは、値引き額よりも下取り査定額の方が重要

と言うのは車両値引き10万円を引き出すのは本当に大変なんです。でも買取りの専門業者の下取り価格ならディーラーと比べて10万円どころか2・30万円以上も高額なことも普通だからです。

知人のレクサスでは70万円以上も高かったです。でもこれは車両価格の高いレクサスだからですけどね。

実際の買取り専門業者への依頼方法とはインターネットで簡単な必要事項を入力するだけです。その後に電話があり向こうから車を見に来てくれます。

高額査定を引き出すコツは、依頼する買取りサイトは複数社の見積りが一括で取れる査定サイトを選ぶこと、そして最低2社へ依頼することです。これは1社の一括査定で複数社に依頼しても業者同士が顔なじみで談合されることもあるからです。

2社に同時に依頼をして競争原理を確実に働かせて買取り額を高めて下さい。私のおススメの買取り査定はかんたん車査定ガイドカーセンサーネット査定です。

おススメの理由は、どちらもガリバー等の大手を含めて一括で依頼出来る点と更にかんたん車査定ガイドは入力と同時に下の画面の様にあなたの車の相場額が表示される点にあります。

もし今すぐに売る予定はなくても自分の車がいくらの価値なのかは今後を考える上で知っておいて損はないでしょう。予想以上に高額な査定額だったから今すぐに好きな新車に買い替えることにしたという嬉しい話も珍しくないんです。

かんたん車査定ならその場で入力するだけで価格が分かりますからね。

あなたの車も調べてみたら予想以上に高額な値がついて驚くかもしれませんよ?

dddddddddddddddd

この2つのサイトでの見積り依頼をすれば競争原理が働き高額査定が出る可能性はかなり高いです。更に確実とするなら業界で評価の高いズバット車買取比較にも頼めば確率は上がります。

でも査定業者が多くなり過ぎると対応が大変ですからかんたん車査定ガイドカーセンサーネット査定だけで十分だとは思いますよ。

そして見積書を持ってディーラーに行って下さい。そうすれば買取り業者の見積額を基準に下取り価格を提案してきます。その額と比較して高い方に売れば良い訳です。基準がないとディーラーが安い見積りを出しても分からないですからね。

この様に万全な準備をして値引きと下取りの両方から最大値引きを引き出しましょう。

特に下取りはディーラーの見積もりだけでは違いも分かりませんし、カーナビやエアロや海外旅行の代金ぐらいは簡単に差が出ますから試してみることをおススメします。

おススメはこの2社⇒かんたん車査定ガイドカーセンサーネット査定

車を安く買うための詳細記事

上記では簡単に説明しましたが、他にも車を購入するのに知っておいた方が良いコツがあります。
ディーラーとの交渉前の準備や下取り車の売却方法に関することです。
誰にでも出来る簡単な方法ですので、下の記事を読んで参考にしてみて下さい。

誰でも出来る!20万円以上新車を安く買う4つの法則

2017.09.08
スポンサーリンク




スポンサーリンク