スズキ自動車のハスラーの内装がオシャレすぎる!

スズキ自動車のハスラーの内装がオシャレすぎる!

スズキ自動車のハスラーは登場から数年たった今でも人気が衰えずすでにロングセラー車になることが確実と見られてますね。

その人気の秘密は車の開発のコンセプトが明確のこともありますが、ポップでモダンなのにどこかクラシカルなイメージを持つデザインが理由だと思います。

更にそのデザインは内装でも良く表現されていて高級ではなくてもオシャレなものをよく考えられていると思います。

今回はスズキ自動車のハスラーの内装を見てみましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

カラーパネルを取り入れたポップでオシャレな内装

ハスラーの内装で何と言っても注目はインパネがカラーパネルになっていることでしょう。

しかもこの手のカラーパネルはプラスチックプラスチックしてしまい安っぽくなってしまう事が多いですが、ハスラーは光沢と重厚感があり陶器のような風合いがあります。

このカラーパネルを採用したことがハスラーのポップでオシャレと言うイメージを決定づけたと思います。

スズキ自動車の英断を称賛しますっ!

xxxxxx

オレンジのボディーカラーのハスラーには内装のカラーパネルもオレンジです。

オレンジが似合う車って日本車では少ないですよね。

ハスラーが遊び心にあふれる車であることはこういったことに表れていますね。

xxx

シートのステッチが高級感があってオシャレ

私は個人的にこのシートのステッチに刺し色をするのは好きです。革製品の高級品などで使われる手法で高そうなイメージがあるんですよね。

xxxxxxxxxxxxxxxxxx

内装に嵌められたカラーパネルとのコンビネーションがオシャレですよね。

日本ってこういうカジュアルなオシャレさって苦手だったので新鮮です。

xxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

メーターがシンプルで可愛い

メーターは非常にシンプルでかなりポップなイメージですね。

xxxxxxxxxxxxxxxxx

スタータボタンの完備

いやいや、最近の車は凄いんですね。軽自動車でもエンジンのスタートはスターターボタンですよ。

私は古い人間なので今でもフェラーリとかの高級車のイメージです。

ハッキリ言って、憧れちぇいますっ!

xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

ダッシュボードがテーブルに

通常だ助手席の前にグローブボックスがあって車検証などの書類を収納するようになっていますよね。当然ハスラーにもグローブボックスはあります。

でもそれとは別にダッシュボードも開くことが出来て収納スペースになっているのとこの開いたボードの裏面が水平になるように作られていて、テーブルとして利用できるようになっているんです。

これは良いアイディアですよね。

xxxxxxxxxxxxx

フィアット500の内装と激似?って言うかパクリ?

とここまで、絶賛の内装ですが、私の心にはずーーーーーっと引っかかることがあります。

それは、、、、、、、、、、

なんかフィアット500の内装のイメージと似てない?ってことでした。

実際に見比べてみましょうか?これがフィアット500の内装です。

xxxxxxxxxx

で、これがスズキのハスラーの内装です、、、、、、、、、

xxxxxxxxxxx

うわっ!激似?これってパクリじゃね?

、、、、、と一瞬だけ、えぇ、不覚にも一瞬だけ思ってしまいました。

でも、まぁこんなもんかな、、、、似ちゃうんでしょうね、コンセプトが似ていると。

まぁ仕方ないんですよ、良く見れば似てないよ、だってほらカラーパネルの色はフィアット500は白で、ハスラーはオレンジだし、、、

まとめ

まぁフィアット500の件はあれですが、でも自動車業界はオリジナルと模倣を繰り返している世界ですから普通のことというか模倣という概念さえないと思いますからね。

実を言えばクーペフィアットなんかもそうでフィアット500がオリジナルというわけでもないですしね。

真意のほどは分からないですが、日本車でこの手のポップなデザインをオシャレに安っぽくなく成立させたスズキ自動車は凄いです。

日本車は黒い内装イコール高級という呪縛に捕らわれサラリーマン的に挑戦していない体質がありますから、こういう成功体験を積み上げて日本の自動車業界が変わっていって貰いたいです。

ということで、スズキ自動車のハスラーの内装は良いですよ。

BY KENJI

スポンサーリンク