スズキ・ハスラーのグレードの違いとおすすめな選び方!

スズキ・ハスラーのおススメなグレード選び

2014年に発売されてから、多くの人から注目を集めている車がスズキのハスラーです。可愛いスタイリングと使いやすくお洒落な内装などが採用されているため、若い女性からの人気も高くなっています。

舗装状態の悪い道でも走りやすいSUVの軽ワゴンですが、同じスズキから発売されている本格的4WDの軽自動車とは違い、お洒落なスタイリングとアウトドアスポーツを楽しむ人向けの車です。

しかし意外にもグレードやエンジン・ミッションそしてボディーカラーの組み合わせが複雑で自分に合ったグレードがどれなのか悩んでしまう人もいると思います。

今回はハスラーのグレードを選ぶうえでポイントとなる項目を整理しましたので購入時の参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

ハスラーのグレードはどの様にして決めるべきか?

グレードは、ベースモデルになっているA、G、Xがあり、GとXにはターボモデルが設定されています。それぞれに特徴があるので先ずはグレード事の特徴を簡単に見ていきましょう。

3つのグレードの特徴

Aグレード

Aグレードは販売価格が安く設定されていますが、最近のスズキの軽自動車も多く搭載されている信号待ちなどでエンジンを停止させるアイドリングストップ、燃費性能をなどを向上させるエネチャージ、自動ブレーキシステムなどが搭載されていません。

それらが装備されていないため販売価格が安く設定されていますが、アイドリングストップなどに魅力を感じる場合は、Gグレード以上のグレードを選ぶ必要があります。また、Aグレードには、GグレードやXグレードと比べて設定されているボディーカラーが少なくなります。

オレンジやピンクやブルーなどのカラフルなボディーカラーを希望する場合は、Aグレードでは選ぶことができないので注意が必要です。GグレードやXグレードではドアミラーは塗装されていますが、Aグレードでは未塗装になります。

Gグレード

Gグレードになると、全てのボディーカラーが選べるようになり、ドアミラーも塗装されています。

アイドリングストップやエネチャージなども装備されるので、お洒落なカラーや充実した快適装備や安全装備を希望する場合は、Gグレードがおススメになります。

Gグレードならターボ搭載モデルも選択できるので、余裕のある走りも楽しむことができます。

Xグレード

更に充実した装備を希望する場合は、Xグレードを選択することになります。

Gグレードより上級グレードになるため、スチールホイールからアルミホイールになります。ハンドルが本革になり、オートライトが装備されスピーカーの数も増えます。ヘッドライトもディスチャージになるため、夜間走行の視認性が向上します。

自動ブレーキも、Gグレードのレーダーブレーキサポートからデュアルカメラブレーキサポートになります。自動ブレーキだけではなく、時速60㎞から100㎞で走行している時の車線逸脱警報機能も搭載されているので、Gグレードよりも安全性能も大幅に向上しています。

Gグレードよりも販売価格が約15万高くなりますが、安全性能や充実した快適装備などを考えると、おススメのグレードになります。

車を安く買うための詳細記事

上記では簡単に説明しましたが、他にも車を購入するのに知っておいた方が良いコツがあります。
ディーラーとの交渉前の準備や下取り車の売却方法に関することです。
誰にでも出来る簡単な方法ですので、下の記事を読んで参考にしてみて下さい。

誰でも出来る!20万円以上新車を安く買う4つの法則

2016.03.23

重視するポイントからのグレード選択

ハスラーの価格に拘る

ベースモデルとなっているAは、他のグレードと比較すると車両価格が大変安くなっているのが特徴です。

GグレードやXグレードなどのモデルと違いターボモデルを選ぶこことはできませんが、街中が中心の使い方の人には十分な走行性能がありますし、トランスミッションは他のモデルと同様にCVTが搭載されているので気楽に走りを楽しむこともできます。

エアコンも他のモデルではフルオートタイプのエアコンが搭載されていますが、Aグレードではマニュアルエアコンになります。

ハスラーの車両価格は下の様になっています。

A 自然吸気エンジン

  • 2WD・5MT  ¥1,078,920
  • 4WD・5MT  ¥1,199,880
  • 2WD・CVT  ¥1,078,920
  • 4WD・CVT  ¥1,199,880

G 自然吸気エンジン

  • 2WD・5MT ¥1,162,080
  • 4WD・5MT ¥1,277,640
  • 2WD・CVT ¥1,273,320
  • 4WD・CVT ¥1,399,680

G ターボエンジン

  • 2WD・CVT ¥1,359,720
  • 4WD・CVT ¥1,486,080

X 自然吸気エンジン

  • 2WD・CVT ¥1,461,240
  • 4WD・CVT ¥1,587,600

X ターボエンジン

  • 2WD・CVT ¥1,547,640
  • 4WD・CVT ¥1,674,000

ハスラーのハスラーのボディーカラーに拘る

ハスラーはその可愛い外観にひかれて購入される人も多いと思いますが、多くの人がボディーとルーフのカラーを別にする2トーンルーフに魅力を感じている人もいます。

ただしこのボディーカラーは全てのグレードで選べるわけではなくAグレードでは単色のボディーカラー5色のみの選択となりますから、2トーンルーフが欲しい人はGグレードかXを選ぶことにあります。

グレードAのボディーカラーは下の5色となります。

  • クールカーキパールメタリック(ZVD) 
  • スチールシルバーメタリック(ZVC)
  • シフォンアイボリーメタリック(ZVG)
  • ブルーイッシュブラックパール3(ZJ3)
  • ピュアホワイトパール(ZVR)

因みに特別仕様車も専用のボディーカラーが用意されているので、 下のボデイーカラーを好まれる人は特別仕様車を買うことになります。

JスタイルII

  • フェニックスレッドパール ホワイト2トーンルーフ
  • ブルーイッシュブラックパール3 ホワイト2トーンルーフ
  • クールカーキパールメタリック ホワイト2トーンルーフ (Fリミテッド共有色)

Fリミテッド

  • パッションオレンジ ブラック2トーンルーフ
  • ピュアホワイトパール ブラック2トーンルーフ
  • アクティブイエロー ホワイト2トーンルーフ
  • クールカーキパールメタリック ホワイト2トーンルーフ(JスタイルII共有色)

ハスラーのマニュアルミッション拘る

AグレードとGグレードにしか搭載されていない装備もあります。ハスラーでは、ほとんどがCVTによるオートマチックが設定されています。

AグレードとGグレードのモデルには、マニュアルシフトのモデルも設定されています。

最近の軽自動車では、マニュアルシフトの設定が以前と比べて少なくなっています。オートマチックではなくマニュアルシフトを選びたい場合は、AグレードとGグレードから選択する事になります。

ターボの高出力や快適装備などをあまり必要としない人はAグレードを、マニュアルシフトと充実した快適装備に魅力を感じる人はGグレードのターボなしのモデルがおススメです。

しかし残念ながらターボとマニュアルミッションの組み合わせは選べません。

ハスラーのターボのパワーに拘る

快適装備とターボによる余裕の走行性能を楽しみたいと考えている人は、Gグレードのターボ搭載モデルがおススメなモデルになります。

Gグレードよりも上級グレードのXグレードにもターボ搭載モデルが設定されていますが、様々な快適装備が搭載されています。そのため、XグレードはGグレードと比べて販売価格が高くなってしまいます。

Xグレード程快適装備の必要がなく、ターボ搭載モデルを希望する場合は、Gグレードのターボ搭載モデルがおススメです。

ハスラーの4WDに拘る

ハスラーでは、全てのグレードでフルタイム4WDが設定されています。4WDに魅力を感じている人は、Aグレードでも選択することができますが、重量が2WDモデルと比較して重くなってしまいます。

街中を中心に利用する場合は十分な走行ができますが、高速道路などを利用する時はパワー不足を感じる場合があります。軽自動車ですが、高速道路の利用が多い人、家族などを良く乗せるため定員乗車の機会が多い人、一度に走る距離が長い人、山道などの走行が多い人などは、ターボ搭載モデルがおススメです。

ターボ搭載モデルで気になるのが、走行している時の燃費性能です。以前のターボ搭載モデルは、ターボを搭載していないモデルと比較すると、極端に燃費が悪くなることがありました。

しかし、最近のターボ搭載モデルは依然と比べて燃費性能がとても向上しているので、あまり心配しる必要がなくなっています。

ハスラーの最新装備に拘る

燃費性能をなどを向上させるエネチャージ、自動ブレーキシステム、アイドリングストップ等の最新の装備はAグレードは標準装備されていないだけでなくオプションでも選択できません。

細かく見ると、デュアルカメラブレーキサポート ・レーダーブレーキサポート ・誤発進抑制機能 ・車線逸脱警報機能 ・ふらつき警報機能 ・先行車発進お知らせ機能・ディスチャージヘッドランプ・オートライトシステム ・マルチリフレクターハロゲンフォグランプなどになります。

もしこのような装備に魅力を感じているとしたらグレードは、GグレードかXグレードからの選択となります。

ハスラーに関する試乗インプレッション動画

モータージャーナリストによる試乗インプレッション動画もあります。

グレード選びには参考となると思いますので紹介したいと思います。

マニュアルにするかCVTにするかも悩ましいところですね。

国さんが言っているようにハスラーはファッション性が高いので自分の服とボディーカラーの組み合わせも意識しないといといけない気がしますよね。

スズキ・ハスラーのおススメなグレード選びのまとめ

どうでしたか?自分に合ったグレードや装備が見つかりましたか?

迷ってはしまいますがハスラーの人気はこれだけ多くのバリエーションがあることにも起因してるんでしょうね。

多くのバリエーションがるということは自分に最も合ったモデルを選ぶことが可能ということですもんね。

まぁ実際は少しぐらいは好みと違う部分や欠点があっても自分の愛車になるとそこも可愛かったりもするんですけどね。

そして好みのハスラーが見えてきたら気になるのは購入価格ですよね。

車の場合は値引き額が大きいので車両販売価格を見ても実際の総支払額が分からないですからね。

つまり値引きを引き出せるかは非常に大きなポイントになるわけです。値引きが大きければ諦めた、装備やグレードアップだって可能となりますからね。

そのハスラーの値引き額を最大に引き出す方法を下の記事で説明しています。

先ずはその内容を下に簡単に書きましたので、読んでもらって興味があれば記事の方で詳しく学んでハスラーを安く買ったくださいね。

”車を買うときに得する方法”を紹介をしたいと思います。

新しい車が欲しいなぁって思ったら欲しい車をディーラーに見に行って試乗したりしますよね?その時は好きな車を目の前にして本当にワクワクして楽しいものです。そして殆どの人はそのハイテンションのまま見積りを受け取り値引き交渉を始めていると思います。

これっ、絶対に止めて下さいっ!

これでは丸腰のままで戦に出るようなものです。車の購入の値引き交渉は戦いなんです。戦というものは戦いが始まる前に8割は結果は決まっています。必ず準備をして臨むようにしましょう。

準備をして交渉に臨むこれ正に勝つべくして勝つです。

1.最大値引きを勝ち取るには販売店同士で競合させるのがベスト

本命のディーラーに新車を見に行く前に必ず競合させる車種と販売店を想定して下さい。同じ車で違う系列店ならベストですし他社のライバル車と販売店でも良いです。

先ずはライバル店に訪問して見積りを出して貰いましょう。そしてその見積りと情報を持って必ず最後に本命の販売店に行きましょう。

2.重要なのは値引きより下取り!そしてディーラー下取りは安いという現実

大切なことなのでもう1度書きます。

車を安く買うのに大事なことは、値引き額よりも下取り査定額の方が重要

と言うのは車両値引き10万円を引き出すのは本当に大変なんです。でも買取りの専門業者の下取り価格ならディーラーと比べて10万円どころか2・30万円以上も高額なことも普通だからです。

知人のレクサスでは70万円以上も高かったです。でもこれは車両価格の高いレクサスだからですけどね。

実際の買取り専門業者への依頼方法とはインターネットで簡単な必要事項を入力するだけです。その後に電話があり向こうから車を見に来てくれます。

高額査定を引き出すコツは、依頼する買取りサイトは複数社の見積りが一括で取れる査定サイトを選ぶこと、そして最低2社へ依頼することです。これは1社の一括査定で複数社に依頼しても業者同士が顔なじみで談合されることもあるからです。

2社に同時に依頼をして競争原理を確実に働かせて買取り額を高めて下さい。私のおススメの買取り査定はかんたん車査定ガイドカーセンサーネット査定です。

おススメの理由は、どちらもガリバー等の大手を含めて一括で依頼出来る点と更にかんたん車査定ガイドは入力と同時に下の画面の様にあなたの車の相場額が表示される点にあります。

もし今すぐに売る予定はなくても自分の車がいくらの価値なのかは今後を考える上で知っておいて損はないでしょう。予想以上に高額な査定額だったから今すぐに好きな新車に買い替えることにしたという嬉しい話も珍しくないんです。

かんたん車査定ならその場で入力するだけで価格が分かりますからね。

あなたの車も調べてみたら予想以上に高額な値がついて驚くかもしれませんよ?

dddddddddddddddd

この2つのサイトでの見積り依頼をすれば競争原理が働き高額査定が出る可能性はかなり高いです。更に確実とするなら業界で評価の高いズバット車買取比較にも頼めば確率は上がります。

でも査定業者が多くなり過ぎると対応が大変ですからかんたん車査定ガイドカーセンサーネット査定だけで十分だとは思いますよ。

そして見積書を持ってディーラーに行って下さい。そうすれば買取り業者の見積額を基準に下取り価格を提案してきます。その額と比較して高い方に売れば良い訳です。基準がないとディーラーが安い見積りを出しても分からないですからね。

この様に万全な準備をして値引きと下取りの両方から最大値引きを引き出しましょう。

特に下取りはディーラーの見積もりだけでは違いも分かりませんし、カーナビやエアロや海外旅行の代金ぐらいは簡単に差が出ますから試してみることをおススメします。

おススメはこの2社⇒かんたん車査定ガイドカーセンサーネット査定

車を安く買うための詳細記事

上記では簡単に説明しましたが、他にも車を購入するのに知っておいた方が良いコツがあります。
ディーラーとの交渉前の準備や下取り車の売却方法に関することです。
誰にでも出来る簡単な方法ですので、下の記事を読んで参考にしてみて下さい。

誰でも出来る!20万円以上新車を安く買う4つの法則

2016.03.23
スポンサーリンク




スポンサーリンク