スズキ新型クロスビー(XBEE)ハスラーワイドが発売へ!モデルチェンジ最新情報

スズキ新型クロスビー(XBEE)ハスラーワイドの発売!ニューモデル情報

現在大人気のスズキのハスラーですが、エンジンの排気量上げてボディーサイズも変更となったコンパクトカー版のクロスビーXBEE(ハスラー・ワイド)の発売が予定されています。

ハスラーが発売当初の一時的な人気ではなく安定的な人気を維持している状態から考えればクロスビーXBEE(ハスラー・ワイド)の開発も当然の流れかもしれませんね。

スズキの名物会長がそんな大きな無限の可能性を放っておくとは思えないですからね。

今回はそんな期待を背負いながら発売となるクロスビーXBEE(ハスラー・ワイド)のスペックとススキがコンパクトカーのSUVを発売するその意図を推察したいと思います。

スポンサーリンク

スズキのハスラーワイドを開発する理由とは?

スズキがクロスビーXBEE(ハスラー・ワイド)を開発する明確な理由があります。それはスズキは会社の方針として軽自動車主体のラインナップからコンパクトカーを主体とする普通自動車の生産へとシフトしたいと考えているからです。

ではなぜスズキは軽自動車からの脱却を狙っているのでしょうか?

その理由は主に3つありますので、それぞれを見てきたいと思います。

①軽自動車は優遇削減に?

現在の日本のマーケットでは軽自動車が人気がありますが、その主な理由はランニングコストが安いことになります。その理由は排気量とボディーサイズに制限がある代わりに税金などが優遇されている点からきています。

しかし現在の流れはこの優遇に対して否定的なものになり、増税へと向かっています。実際にその第1弾として2015年4月には軽自動車税が増税されました。

軽自動車税は年に1度自動車の所有者が排気量などで決めた税金を納めるものですが、その金額が7200円から1万800円へとアップしたのです。

この傾向の理由は現在の軽自動車が性能も上がり装備も高級化してコンパクトカーとの差がなくなってきている上に、高級化により車両価格では逆に軽自動車のほうが高いということも往々にして起きていることから、税務面での優遇策を取っていることに否定的な意見が強くなったためです。

更にもう一つは環太平洋パートナーシップ協定(TPP )の交渉の中でアメリカ側の主張として日本国内で販売する自動車の不平等な状況を是正するために税務的に優遇されている軽自動車に対して増税を求めたからでもあります。

国内外のこの様な流れを受けて、2015年4月に増税が決定して軽自動車の経済的優遇政策を是正する流れとなりました。

このことにより軽自動車の国内のマーケットは大きな転換期となると考えていることが1つ目の理由です。

②軽自動車は既に飽和状態?

全国軽自動車協会連合会が集計をしている軽自動車新車販売台数によれば、2016年は172万5462台となり販売数で前年度比9%減となりました。これにより2015年に続いての2年連続のマイナスとなりました。

近年は軽自動車のマーケットシェアは伸び続け好景気に沸いていたので、遂にターニングポイントを迎えたとスズキは捉えているようです。

つまり軽自動車のマーケットはすでに飽和状態であり現状以上の伸びはもう見込めないと考えています。

そのためにスズキとしてはコンパクトカーへシフトしてしていきたいと考えていると発表しています。

③世界で売るには軽自動車よりコンパクトカー

日本の携帯事情を良くガラパゴス化と表現していますが、他にも発泡酒や軽自動車なども事例として紹介されます。これは日本の税制度等により生まれた世界に類を見ない特殊なマーケットの産物だからです。

ガラパゴス化された軽自動車というジャンルは、そのジャンル内での技術力は世界的に見ても非常に高い評価を得ていますが、コンパクトカーがスタンダードな海外の国で売るには、特異なものであることは否定できません。

スズキとしてもそれは十分以上に理解できていますから、日本国内において予想以上にヒットをしたハスラーというモデルを海外でも展開するためにはコンパクトカーのハスラーでなければないません。

また今の世界では普通車のコンポーネンツを使用したクロスオーバーSUVがブームとなっていて、しかもボディーサイズは小型のモノの人気も高くなってきていますから、ハスラーはその意味でもコンセプトが合致しているわけです。

上で見てきた様な3つの点からスズキはハスラーをコンパクトカーとして仕立て直して売っていきたいと考えているわけです。

実際に軽自動車のハスラーがここまでの人気を得たわけですからコンパクトカー版を発売してもある程度の収益は確定しているようなものですし、国外においても現在のクロスオーバーSUV ブームを考えると人気となることはかなり高い可能性を秘めているモデルとなるでしょう。

スズキの有名な2つのケース

スズキは過去においても軽自動車からコンパクトカーへと車の開発を移行させている車種が何車種かあります。

自動車業界では良く用いられる手法ではあるのですが、車のネームバリューを引き継ぐために派生車種として最初は販売をして、その後サブネームを車名にする方法です。

これはその車名が持っているブランド力を生かしてマーケット開拓を有利に進めるものです。

この手法が用いられたスズキの有名な2つの成功例を見てみましょう。

ジムニーからジムニー・ワイドからジムニー・シエラ

ハスラーと近いジャンルとなる本格的クロスカントリーモデルである軽自動車のジムニーも海外市場為にコンパクトカー版が開発されたモデルです。

ジムニーはラダーフレームというオフロード性能を優先したプラットホームを使っていることもあり、軽自動車のジムニーを改造するようなイメージで小型車のエンジンとブリスターフェンダーを付け足すことでワイド化を行っています。

これはスズキはコンパクトモデルのラダーフレームが無いことにより用いられた苦肉の策とも言えます。

そのこともありジムニー・シエラの車名からジムニーが外れてシエラとなることはないでしょう。

ワゴンRからワゴンRプラスからワゴンRソリオからソリオ

2つ目の例はソリオになります。現在はソリオのブランド名が有名となり人によってはワゴンR から発生した車種だということはもう知らなかったりするのではないでしょうか?

そのソリオもハスラーと同じように軽自動車のワゴンRをコンパクトカーとして売るという企画から生まれたモデルです。

ワゴンRソリオと名付けられてもいましたが、ソリオのネームバリューが上がったことでワゴンRを取り外して現在はそのサブネームだったソリオとなり、プラットホームも異なる全く別のモデルとなっています。

この2車種はスズキの最も成功した事例であり今回のハスラー・ワイドに関してもスズキはこの事例を再現をしたいと考えています。

車の販売力ではネームバリューは予想以上に大きな影響力を持っていて、特に会社としてのブランド力が低いスズキにおいては、車のネームバリューに頼ることになるります。

逆の例で言えば、スズキの新型車イグニスは車としての完成度は高いものの車のネームバリューの低さから販売台数では苦労をしています。

その為にハスラーのネームバリューを使った新型車を販売していこうと考えるわけですね。

ちょっと☕コーヒーブレイク☕

車が興味がある人にここで少し耳よりな情報があります。
ちょっとしたコツを知っているだけで、車を20万円以上も安く購入することが可能です。
誰にでも出来る簡単な方法ですので、詳しい内容は下の記事を読んで参考にしてみて下さい。

誰でも出来る!20万円以上新車を安く買う4つの法則

2017.09.08

スズキ・ハスラーとは?

ハスラーは2014年に発売されたトールワゴンの快適性や利便性とSUVの走破性や多様性を持ち合わせた新しいジャンルの軽自動車として開発されたモデルです。

悪路の走破性はクロスカントリーSUVのジムニーには及ばないもののアウトドアやスポーツなどのレジャーを趣味とする人や雪道やラフロードを日常的に使用するユーザーには必要十分は性能は備えたものとなっています。

大きなタイヤサイズや地上高の高さも特色となります。

そのデザインコンセプトはポップで明るく可愛らしいものであり従来のSUVの持つ重厚で重苦しい雰囲気は全くなく男女共に気軽に付き合えるイメージとなっています。

このコンセプトが受けて2014年には年間販売台数10万台を突破し軽自動車年間販売台数第1位を獲得しました。

また業界内での評価も高く2014年のカーオブザイヤー賞・グッドデザイン賞そしてジャーナリストが選ぶRJC カーオブザイヤー賞も受賞しています。

全て面において評価も高く販売台数も優秀なハスラーですから、スズキとしてはコンパクトカーや海外でこの再現を狙いたいという気持ちもよく分かります。

でもホントのことを言うとスズキ自身も大ヒットモデルとなるなんて思ってなかったと思いますね。増してや年間販売台数第1位となるとはスズキが1番驚いたのではないでしょうか?

世の中にが起こるか分からないから面白いのかもしれませんね(笑)

スズキ・ハスラー 主要緒元

  • 全長 3,395mm全幅 1,475mm全高 1,665mm ホイールベース:2425mm
  • 車両重量:800kg 乗車定員:4名
  • エンジン種類:R06A型 総排気量:658cc
  • DOHC12バルブ吸排気VVT直列3気筒ガソリンエンジン
  • 最高出力:38<52PS>/6,500pm/最大トルク:63<6.4kg・m>/4,000rpm
  • 燃料:JC08モード32.0km/L
  • エンジン種類:R06A型 総排気量:658cc
  • DOHC12バルブ吸排気VVT直列3気筒インタークーラーターボガソリンエンジン
  • 最高出力:47<64PS>/6,000rpm 最大トルク:95<9.7kg・m>/3,000rpm
  • 燃料:JC08モード27.8km/L

CMのイメージキャラクターはももいろクローバーでした。若々しくてポップで明るいキャラクターが正にハスラーのイメージに合致していました。そしてもう一つのキャラクターがDr.スランプアラレちゃんでしたね。

鳥山あきらは漫画家ですが、イラストレーターとしての実力が高く評価されていてハスラーのデザインは確かに鳥山あきらの漫画で出てきそうなデザインです。

昔鳥山あきらが駆け出しの頃にホンダのシティの初代を買ったエピソードを載せていました。

確かに初代シティも同じジャンルのデザインでしたから、所有するかどうかは別としてもハスラーは鳥山あきらの好きなデザインの車である事は間違いないと思います。

ちょっと☕コーヒーブレイク☕

車が興味がある人にここで少し耳よりな情報があります。
ちょっとしたコツを知っているだけで、車を20万円以上も安く購入することが可能です。
誰にでも出来る簡単な方法ですので、詳しい内容は下の記事を読んで参考にしてみて下さい。

誰でも出来る!20万円以上新車を安く買う4つの法則

2017.09.08

スズキ新型クロスビー(ハスラーワイド)の最新情報

第45回東京モーターショー2017の出品概要をスズキが発表したので一部の情報が分かっていますから、それにプラスした予想情報を加えた内容となります。

では、見ていきましょう。

スズキ新型クロスビー(ハスラーワイド)のエクステリアデザイン

クロスビー(ハスラーワイド)のデザインに関しては基本的にはハスラーと同じイメージのものになっています。

ネーミングはクロスビーとなりハスラーとは付かないようですがエクステリアデザインを見れば、クロスビーがハスラーワイドであることは明確です。

第45回東京モーターショー2017の出品概要で、3種類のクロスビー(ハスラーワイド)のデザインが発表されています。

先ずはその3種類のモデルをスズキが発表したコンセプトと共に見てみましょう。

XBEE・クロスビー

「もっとみんなで、もっと遠くまで遊びに行きたい」「もっとかっこよく人生を楽しみたい」都会でお洒落に、レジャーでアクティブに、様々なライフスタイルに似合う小型クロスオーバーワゴンを提案する。
取り回しの良いコンパクトサイズにクラスを超えた広い室内空間を持つワゴンパッケージと、ラフロードに対するSUVの走破性や機能性を両立させ、それらをSUVらしい力強さと逞しさ、一目見たら忘れられない個性的なデザインで実現した、新しいジャンルの小型クロスオーバーワゴン。

 

XBEE OUTDOOR ADVENTURE・クロスビー アウトドア アドベンチャー

クロスオーバーのアウトドアにおける楽しさを広げる、
自然に溶けこむ、上質なアウトドアモデル
新ジャンルのクロスオーバーワゴン「クロスビー」のアウトドアシーンにフィットする魅力を高めたコンセプトモデル。
‟大人が楽しむキャンプシーン“をイメージしたクロスビーが、上質で落ち着いた雰囲気で自然に溶けこむ魅力とアウトドアで使用する楽しさを提案する。

XBEE STREET ADVENTURE・クロスビー ストリート アドベンチャー

クロスオーバーの都会における楽しさを広げる、
個性的で存在感のあるストリートモデル
新ジャンルのクロスオーバーワゴン「クロスビー」の都会での使用シーンにフィットする魅力を高めたコンセプトモデル。
個性的でお洒落なファッションで都会をアクティブに活動するシーンをイメージし、クロスビーの個性的な雰囲気で都会に溶けこむ存在感のある魅力と楽しさを表現した。

車名はワイド化という意味ではありますが、基本デザインを崩さない範囲で軽自動車の規制枠を意識しないでデッサンを引き直すという程度であり、遠目にはハスラーかクロスビー(ハスラーワイド)か分からないレベルですよね。

これは海外で販売していく上で実績のあるハスラーの軽自動車のデザインをそのまま持っていくためでもあります。

日本国内においてはデザインを売りにするのではなく、コンパクトカーになったことによるエンジンの余裕と室内空間と積載量の広さを売りとするモデルとなります。

私も含めてハスラーのデザインは非常に素晴らしいと思っている人も多いと思いますから、大きな変更点がないことは当然の選択だと思います。

しかしクロスビー(ハスラーワイド)のデザインは見事ですね。ハスラーの魅力が更に引き出されています。しかも高級感さえも感じてしまうのは私だけでしょうか?

これは日本国内はもちろん海外でも大ヒットモデルとなるのではないでしょうか?

しかも本来はキャラクターが被るとも心配されていた新型ジムニー(シエラ)とも明確に異なるエクステリアデザインとなりました。

どちらも素晴らしいデザインですが、個性が異なりスズキの見事な仕事だと思います。

下の画像が海外のメディアが作成した新型ジムニー(シエラ)の予想イラストです。

どちらもカッコいいですが、魅力が全く異なりますよね。出典 http://indianautosblog.com

スズキ新型ハスラーワイドの予想基本スペック

では、クロスビーXBEE(ハスラー・ワイド)の正式発表されている数字を含んだ基本的な予想スペックを見ていきましょう。

スズキ新型クロスビーXBEE(ハスラー・ワイド)のプラットフォーム

クロスビーXBEE(ハスラー・ワイド)に使用されるプラットホームの予想は2種類出ています。

1つ目はハスラーの軽自動車のプラットホームを使用するケースです。

この手法と同じものが取られたケースがジムニーとシエラとなりますが、ジムニーの本質は高いオフロード性能にあり、それは評価の高いフレームであるラダーフレームを採用しているからです。

その為にジムニーシエラにおいても軽自動車のジムニーが持つ高性能な走破性を重視するために同じプラットフォームを使用しました。

しかしこの手法ではオーバーフェンダーなどで車幅は広げることはできますが、室内空間を広げたり積載量を増やすたりすることはできません。ジムニー・シエラにはストイックな走行性能に特化したモデルですから、それでも問題ありませんがハスラー・ワイドはもう少し一般的なマーケットを対象としたモデルであるためにユーティリティーを向上しなければなりません。

そう考えるとこの選択肢は非常に可能性が低いと思われますから、採用される可能性が最も高いと思われるのはスズキの持つAセグメントのプラットホームつまりソリオやイグニスのプラットホームを使用する可能性です。

スズキのAセグメントのプラットホームは現在これしかないので選択肢はないと思います。

最新のプラットホームはスイフトのモノもありますが、スイフトはもう1クラス上のBセグメント用のプラットホームとなり、クロスビーXBEE(ハスラー・ワイド)は、Aセグメントのクルマとなるためにソリオと共通のものを使用すると予想されるわけです。

このAセグメント・プラットホームはスズキの最新のものであり高剛性を確保した上で超軽量という利点を併せ持つハーテクトになります。

ハーテクトはスズキの次世代型プラットホームでありフレームの骨格同士を直接的に接合させて補強部品を削減しサスペンションなどのパーツも同時に開発することでフレームの剛性を引き出すことにも活用しています。そのためにボディー剛性を落とすことなく軽量化を実現可能としています。

これに安全性能を向上させた軽量衝突吸収ボディーのテクトを組み合わせて仕上げてくるでしょう。

グローバルスタンダードモデルとしての開発モデルですから現在のスズキの最新技術を全て注ぎ込んで造られることになります。

スズキ新型クロスビーXBEE(ハスラー・ワイド)のボディーサイズ

全長 3760mm x 全幅 1670mm x 全高 1705mm

ホイールベース  2435mm

ボディーサイズに関しては意識した大型化は行われません。軽自動車の規制による全長・全幅の制約のない形でデザインし直し本来の姿へと戻すイメージになります。

特に室内空間においては日本では軽自動車だから仕方ないとあきらめてもらえていたものが、海外ではその理屈は成立しませんから求められる最低限の快適性と積載性を可能とするものへと引き直しされます。

スズキ新型クロスビーXBEE(ハスラー・ワイド)のトランスミッション

クロスビーXBEE(ハスラー・ワイド)の候補となるトランスミッションは3つになります。

1つ目はスズキが新開発したAGSと呼ぶマニュアルミッションベースの2ペダルトランスミッションです。これはマニュアルミッションに近い伝達率がありクラッチペダルが無いにも関わらず、積極的なコントロールが可能となっています。

2つ目はCVTでありスクーターの様な構造のトランスミッションは中低速から高速へと変換のラグの少ないスムーズな加速を実現しているものです。

3つ目は5速マニュアルミッションです。クラッチペダルも存在する3ペダルは車を運転するFUN TO DRIVEなミッションであり最適なギア選択ができれば高燃費も実現できるものです。

現在のスズキのトランスミッションの中ではこの3つが候補となると思いますが、おそらくCVTと5速マニュアルミッションの2つが搭載されるのではないでしょうか。

もしくは日本国内向けはCVTのみの可能性もあるとは思います。

そしてこれはクロスビーXBEE(ハスラー・ワイド)のエンジン特性にも大きく関わる問題なので、どのエンジンが搭載されるかによってもトランスミッションは変わってきます。

つまりマイルドハイブリッドエンジンにはCVTが搭載となり、ターボエンジンが搭載されたグレードでは5速マニアルミッションとAGSが搭載されるというようなイメージです。

ただし今回のクロスビーXBEE(ハスラー・ワイド)のキャラクター性も考慮すればCVTと5速マニアルミッションの2択となる可能性は高いと思います。

スズキ新型クロスビーXBEE(ハスラー・ワイド)の駆動方式

FF 4WD

駆動方式に関してはハスラーと同じ2WD のFFモデルと四輪駆動の4WDモデルになります。

街乗りと燃費性能重視の方はFF モデルを選択して、SUV としての走破性能を重視される方は4WD を選択すればいいと思います。

スズキ新型クロスビーXBEE(ハスラー・ワイド)の搭載エンジン

クロスビーXBEE(ハスラー・ワイド)に搭載される候補となっていたエンジンが4つあります。

新開発エンジンはなくスズキのAセグメントおよびBセグメントに搭載されている現行エンジンからの選択となります。

この4つのエンジンの中から発売当初においては2つのエンジンが選択されることが予想されていました。

各エンジンは排気量やシステムが異なり、1.2リッターの自然吸気エンジン・1.2リッターのマイルドハイブリッドエンジン・1.2リッターのストロングハイブリッドエンジン・1リッターのダウンサイジングターボエンジンとなります。

どのエンジンもグローバルモデルとしての環境性能も強く意識して開発されたエンジンとなり、全てスズキの次世代テクノロジーであるデュアルジェットエンジンになります。

それぞれのエンジンの現在のスペックは下のようになります。

自然吸気エンジン:K12C型 DOHC16バルブVVT直列4気筒 1.2L

  • 最大出力:67〈91PS〉/6,000回転   最大トルク:118〈12.0kg・m〉/4,400回転
  • 目標燃費はJC08モード燃費 2WD:25.0km/L  4WD:22.0km/L

マイルドハイブリッドエンジン:K12C型 DOHC16バルブVVT直列4気筒 1.2L

  • 最大出力:67〈91PS〉/6,000回転   最大トルク:118〈12.0kg・m〉/4,400回転
  • モーター:WA05A型
  • 最大出力:2.3〈3.1PS〉/1,000回転   最大トルク:50〈5.1kg・m〉/100回転
  • 目標燃費はJC08モード燃費 2WD:30km/L

ストロングハイブリッドエンジン:K12C型 DOHC16バルブVVT直列4気筒 1.2L

  • 最大出力:67〈91PS〉/6,000回転   最大トルク:118〈12.0kg・m〉/4,400回転
  • モーター:WA05A型
  • 最大出力:10<13.6PS>/3,185~8,000回転   最大トルク:30<3.1kg・m>/1,000~3,185回転
  • 目標燃費はJC08モード燃費 2WD:32km/L

ダウンサイジングターボエンジン:K10C型 DOHC12バルブVVT直列3気筒直噴ターボ

  • 最大出力:75<102PS>/5,500回転   最大トルク:150<15.3kg・m>/1,700-4,500回転
  • 目標燃費はJC08モード燃費 20.0km/L

私の予想では発売当初の2つのエンジンは、価格が安いスタンダードモデルとして成り得るマイルドハイブリッドエンジンと海外でエコエンジンとして開発されているダウンサイジングターボエンジンになると思っていました。

そして販売状況等を受けて1年後かマイナーチェンジ時にストロングハイブリッドエンジンの追加が行われると考えます。これは最近のスズキの全体の傾向でもありました。

イグニスにおいてはマイルドハイブリッドエンジン1種類しかラインナップがありませんからスタンダードエンジンとして使用することには抵抗はないでしょうし、日本でもエコエンジンとして認識が高まってきたダウンサイジングエンジンは、排気量が1リットルとなるので税金的にも1.2リッターエンジンよりも優位性があります。

その搭載エンジンの種類が東京モーターショーの出典資料により1基確定しました。

それが予想通りというか、ダウンサイジングターボエンジンのK10C型だったのですが、更にマイルドハイブリッドシステムを組み合わせるというのです。

ターボチャージャーとマイルドハイブリッドシステムを小排気量エンジンに組み合わせるという驚きの新ユニットです。

最近はダウンサイジングターボエンジンを積んだモデルがスポーツモデルとしてのグレードを担うこともあり排気量の小さいエンジンを積んだグレードがスポーツモデルという少し不思議な気現象も起きています。

それも逆に言えば排気量が小さく税金が安く燃費も良い上に走りの質が高いということですから、お買い得感が非常に高いということなのかもしれませんけどね。

ただ私のような古い世代の人間には少し釈然としない思いが残ります、、、、スポーツモデルは大排気量モデルという古いイメージを払拭できなんです(笑)

下の動画は現在のスズキのエンジンでほぼ採用されている。デュアルジェットエンジンを説明した動画になります。

スズキ新型クロスビーXBEE(ハスラー・ワイド)の最新技術の装備

ハスラーを含めて現在のスズキ車が装着している最新技術の装備は当然搭載されてきます。

特にその中でも注目されている技術はデュアルカメラブレーキサポートと全方位モニターになります。

”デュアルカメラブレーキサポート”

スズキのデュアルブレーキサポートは2つのカメラを使用したステレオカメラ方式により衝突被害軽減システムを実現しています。

車種によりバックミラーやフェンダー等に取り付けられた2つのカメラを使用して計測することにより、その距離や大きさを認識し歩行者や自動車を判別します。そしてそ他の社外状況を同時に捉えることで現在の危険性を判断しモニターへの表示やアラームだけでなく、自動ブレーキを使用することで衝突の回避や被害の軽減を自動的に行います。

主なその具体的な機能は下のようになります。

  • 前方衝突警報機能
  • 前方衝突警報ブレーキ機能
  • 前方衝突被害軽減ブレーキアシスト機能
  • 自動ブレーキ機能
  • 誤発進抑制機能
  • 車線逸脱警報機能
  • ふらつき警報機能
  • 先行車発進お知らせ機能

”全方位モニター”

全方位モニターは室内に取り付けられたナビの画面に、フロント・左右両サイド・リヤに装着したカメラの映像を合成処理することで真上から見ているような映像を映し出しドライバーから見ることのできない場所もモニターで確認することができるます。

これによりドライバーは死角をなくして安心安全に運転することができ、狭い場所での駐車などもドライバーの技術に関わることなく可能となることでしょう。

スズキ新型クロスビーXBEE(ハスラー・ワイド)のインテリア

ハスラーのインテリアのSUVの王道の重厚で剛健なデザインではなく、明るいポップなイメージの日常生活を楽しくするようなデザインを採用しています。

従来のSUVのイメージを大きく変えて、高級でなくても遊び心あふれる楽しいオシャレな空間を作ることは可能であると教えてくれました。

インテリアに関しては同じ系統のものがクロスビーXBEE(ハスラー・ワイド)にも採用されていますが、上質感は更に上ですね。

これならコンパクトカーとしても十分以上の質があります。

クロスビー・XBEE XBEE OUTDOOR ADVENTURE・クロスビー アウトドア アドベンチャーXBEE STREET ADVENTURE・クロスビー ストリート アドベンチャー

 

スズキ新型クロスビーXBEE(ハスラー・ワイド)の発売時期

クロスビーXBEE(ハスラー・ワイド)の公開は東京モーターショーとなります。

そこから推察するに通常であれば2017年の年内となり年末初売に展示車が間に合うスケジュールにするのではないでしょうか。

販売店にとって年末年始のセールは重要な時期でありお正月の休みの時に販売店に足を運んでもらう目玉モデルを必要としています。

スズキのスケジュールを見ると次に発売されるニューモデルは2018年を予定しているジムニーのフルモデルチェンジになりますからジムニーはこの年末商戦には間に合いません。

そう考えると東京モーターショーでの公開が予定されていることもあり、12月中に正式な発売のアナウンスを行い年末年始には遅くとも展示車両の配置と予約の受付だけでも可能とするスケジュールが組まれていると考えるのが自然です。

特にスズキというメーカーは販売店の意向が強く反映しているメーカーであり生産メーカーの理屈というよりは販売店としての理屈で車内が回っている傾向が強いメーカですから、この流れで間違いないと思います。

今年の年始が燃費偽装問題で、バタバタだったスズキとしては来年の年始は販売店への配慮を重視すると思います。

スズキ新型クロスビーXBEE(ハスラー・ワイド)の予想価格

ハスラーが大ヒットした理由の一つに、高級化が進み車両価格が上がっている軽自動車において、その存在感の割りに価格帯が100万円程度からのスタートという低価格戦略も大きかったと思います。

そしてスズキのAセグメントとなるソリオとイグニスも140万円前後のスタート価格であり、クロスビーXBEE(ハスラー・ワイド)も140万円から200万円弱の価格帯となると予想します。

やはりにハスラーのブランド名を使用して生産される新型モデルであれば、企画力で勝負することで低価格のモデルでも十分魅力的な車は造れるというコンセプトは受け継がれたお得感のある車となると予想しています。

もしストロングハイブリッドモデルが搭載されるのであれば、価格は更に20万円から30万円上乗せされることになるでしょう。

スズキ新型クロスビーXBEE(ハスラー・ワイド)の発売のまとめ

こうして見てくるとスズキがクロスビーXBEE(ハスラー・ワイド)に掛ける想いを感じたと思います。

ハスラーの軽自動車の人気にあやかったモデルを造ろうと安易な考えではなく、これからのマーケット市場を見据えグローバルな展開を考えた非常に重要なモデルであることが分かったと思います。

スズキとしてもハスラーが日本の軽自動車の販売台数第1位を取り大きな躍進となったように、ヨーロッパを主とする海外市場においても大きなターニングポイントとなるモデルとなることを期待しています。

コンセプトは軽自動車ままで世界で通用するグローバルモデルとしてハードの部分を組み直したモデルということです。

日本では軽自動車だから支持された面もあるので販売台数は軽自動車ほどは見込めないことは確実ですが、そのモデルの完成度はグローバルスタンダードとして造られる骨太なモデルとなるのは確実ですから非常に発売が楽しみです。

クロスビーXBEE(ハスラー・ワイド)を切っ掛けにスズキがまた世界で躍進していくれることを願います。

絶対知っていた方が良い!車を安く買う簡単なコツとは?

車を安く買うのには値引き交渉は必ず必要ですが、それにはちょっとしたコツがあるんです。

知らないと後で”ディーラーに騙されたぁ!”って悔しがる人もいるんですよ。

その詳しい内容は右の記事で説明ましたので参考にして下さい⇒”誰でもできる車を20万円以上安く買う方法”

簡単な方法ですので是非実行して大好きな新車を安く買って快適なカーライフを手に入れて下さいね。

スポンサーリンク




スポンサーリンク