スズキの小型SUVイグニスの基本スペックと価格!2016年2月18日発売

スズキの新型クロスオーバーSUVイグニスがカッコいい

スズキの小型SUVのイグニスはクロスオーバーSUVと呼ばれるラフロードを走ることも出来る多目的ビーグルです。

スズキの大人気の軽自動車ハスラーと同じコンセプトを小型車で実現したモデルで、しかも同じく人気のスズキの軽自動車アルトの技術やデザインを取り込んで作ったモデルです。

今人気の2車種の良いとこ取りしたコンセプトを軽自動車ではなく小型車で実現させたイグニスが人気が出ないなんてありえないでしょう。

では先ずはイグニスの基本のスペックを見てみましょう。

スポンサーリンク

新型SUVイグニスの基本スペック

ボディーサイズ:全長3700mm 全幅1660mm 全高1595mm ホイールベース 2435mm 地上高 180mm

車重:最軽量車 850kg 最重量車920kg

駆動システム:デュアルジェット直列4気筒 1.2L + マイルドハイブリッドシステム

エンジン性能:最高出力:91ps/6000rpm 最大トルク:12.0kgm/4400rpm

ハイブリッド電気モーター:最高出力:3.1ps/1000rpm 最大トルク:5.1kgm/100rpm

駆動:FF の2駆動とパートタイム4WD

取り回し:最小半径4.7m

ミッション:CVTのみ(MTは残念ながら設定なし)

タイヤサイズ:175/60R16

定員人数:5人

燃費:28.8km/L

全車標準装備

軽量衝撃吸収ボディ(TECT)・歩行者障害軽減ボディ・頭部衝撃軽減構造インテリア

運転席・助手席SRSエアバッグ・運転席シートヒーター・電波式キーレスエントリー・電動格納式リモコンドアミラー・全面UVカット機能付ガラス・スモークガラス・イモビライザー・パワーステアリング・パワーウインドー・パワードアロック

全面UVカット機能付ガラス・スモークガラス・イモビライザー

4WD車標準装備

ヒルディセントコントロール・グリップコントロール・助手席シートヒーター

オプション設定

スズキ渾身の最新安全技術”セーフティパッケージ”

詳しい中身は下の安全装備をセットで装着することで安全性を向上させるというものです。
誤発進抑制コントロール、車線逸脱警報装置、ふらつき警報装置、先行車発進お知らせシステム、エマージェンシーストップ装置、これにSRSカーテンとSRSフロントサイドのエアバッグを装備します。

運転支援システム”デュアルカメラブレーキサポート”

Apple・CarPlayを搭載した”全方位モニター付メモリーナビゲーション”

ccc

ざっと内容を見てきましたが、スペックをみれば流石と言える内容の車に仕上がっています。

イグニスのコンセプトが小型のクロスオーバーSUVということでボディサイズはかなり小さいですね。このことはこの車の走りのキャラクターズ作りに大きなプラスをもたらしています。

この割り切り感が今のスズキの強みと言えますね。

ところで、クロスオーバーSUVってどんな車か分かりますか?昔はシティーオフローダーと呼ばれていて、初代RAV4CRVから人気が出たジャンルの車です。

見た目的にはSUVですし4WDではあっても乗用車をベースとするためにモノコックボディ構造と言う家でいうところのツーバイフォー構造と同じでボディ全体の面で剛性を出しています。

乗用車と同じプラットフォームで作れるので比較的安価で作れるのが特徴ですが見た目に反して本格的なラフロードは得意としません。

これに対して本格的にラフロードを走るためのクロスカントリー車は強い剛性が必要なためラダーフレーム構造と言う家でいうと柱を組んで剛性を出したボディにガワをのせているんです。

代表的な身近な車は、ジムニーエスクード・ランクルです。

特にイグニスはデザインも乗用車寄りのデザインですし、SUVの雰囲気はかなり薄いですし地上高が180mmあることで走破性の高いシティーコミューターと言う様なイメージの車ではないでしょうか?

実際のイグニスの購入者も街中の雪道を走る人やキャンプで河原を走る人ぐらいで本格的なラフロードの走りを求める人は他の車を選ぶでしょうからね。

cc

ボディカラーは全13色

逆に本格的なSUV車ではない分オシャレな車に仕上がってますよね。その拘りがボディーカラーにも出ていて予想より多くのカラーバリエーションとなりました。

ハスラーでも評判の良かった2トーンルーフのボディーカラーも5色あります。

フレイムオレンジパールメタリック
ネオンブルーメタリック
ヘリオスゴールドパールメタリック
ピュアホワイトパール
プレミアムシルバーメタリック
ファーベントレッド
スーパーブラックパール
ブーストブルーパールメタリック
フレイムオレンジパールメタリック ブラック2トーンルーフ
ネオンブルーメタリック ブラック2トーンルーフ
ヘリオスゴールドパールメタリック ブラック2トーンルーフ
ピュアホワイトパール ブラック2トーンルーフ
ファーベントレッド ブラック2トーンルーフ

個人的にはヘリオスゴールドパールメタリック ブラック2トーンルーフはフランス車の様な色合いが個性的なフロントマスクとマッチしていて気になります。

c

グレードは3種類 HYBRID MG/MX/MZの価格

HYBRID MG

このHYBRID MGは最も安い質素なグレードです。とは言っても、昔のフル装備のエアコン・パワーステアリング・パワーウインドー・パワードアロック・キーレスエントリーや電動格納式ドアミラーなわけで、イモビライザーだって付いています。

困るのは、オーディオレス仕様!という事だと思いますが、オーディオなんて自分で好きなの載せればいいので問題ないんですよ。

他の人はこのグレードは装備が貧弱で営業車仕様なんて言ってもいますが、私は必要十分だと思いますよ。

車両価格:HYBRID MG

標準車 FF 138万2400円 4WD 151万9560円

セーフティパッケージ搭載車 FF 147万9600円 4WD 161万6760円

HYBRID MX

このグレードが売れ筋グレードとして生産ラインをメーカーは設定しているでしょう。ですが、他社の売れ筋小型車モデルの売れ筋と比べると装備的には豪華ではないのかなぁと思いますね。

でも、LEDヘッドランプやパドルシフトを求めてHYBRID MZにするには14万円もの差になってしまうので、そこまではどうなのかなぁと悩みそうですね。

車両価格:HYBRID MX

標準車 FF 150万1200円 4WD 163万8360円

セーフティパッケージ搭載車 FF 159万8400円 4WD  173万5560円

HYBRID MZ

イグニスの最上級グレードで豪華装備の搭載車です。

その内容は、LEDヘッドランプ類、オートライト、ラゲッジシェルフ、クルーズコントロール、本革ステアリング類、パドルシフト、IRカット機能付きフロントガラス、プレミアムUV&IRカットガラス等、、、、、ハッキリ言って豪華とは言えないような内容かなとも思えます。

HYBRID MZの価格は最安のFFのモデルでも164万、セーフティパッケージ搭載の4WDだと187万円にもなってしまいまい諸費用を含めると200万円以上になるのかと思います。

そう考えてこのグレードの装備を改めて見てみるとイグニスは決して安い車ではないことが分かりますね。

私が個人的に魅力を感じる装備も本革ステアリングとパドルシフトだけですね。

車両価格:HYBRID MZ

標準車 FF 164万1600円 4WD 177万8760円

セーフティパッケージ搭載車 FF 173万8800円 4WD 187万5960円

スズキのイグニスのまとめ

どうですか?スズキの新型SUVのイグニスは良さそうでしょう。

まぁSUVですが、上で説明した通りクロスオーバー車ですから私なら4WDは選らばないと思います。

私の選択は、HYBRID MGの標準FF車の138万2400円を買うと思います。安いのも魅力ですが、この車の魅力は私は車重だと思っていますので、最軽量のHYBRID MGのFF車を選びたいですね。

だってその重量は 850kgですからね。

どれぐらい凄いかと言うとホンダの軽自動車ミッドシップ・スポーツカーS660のCVTが重量 850kgと全く同じです。

パワーとトルクで比べれたら、イグニス:91ps/12.0kgm S660:64ps/10.6kgmとなるんです。

軽自動車のスポーツカーと比べてこの数字ですからね。

どれだけイグニスの車重・パワーウェイトレシオが素晴らしいか分かって貰えたでしょうか?

このスペックなら楽しい走りをしないわけありません。

その特質すべき走りの良さを感じるためにHYBRID MGのFF車が私の1番気になるグレードですね。

でも本当ならマニュアルミッションも用意してほしかったですねぇ。

それだけは残念です、スズキ自動車さんっ!

”車を買うときに得する方法”を紹介をしたいと思います。

新しい車が欲しいなぁって思ったら欲しい車をディーラーに見に行って試乗したりしますよね?その時は好きな車を目の前にして本当にワクワクして楽しいものです。そして殆どの人はそのハイテンションのまま見積りを受け取り値引き交渉を始めていると思います。

これっ、絶対に止めて下さいっ!

これでは丸腰のままで戦に出るようなものです。車の購入の値引き交渉は戦いなんです。戦というものは戦いが始まる前に8割は結果は決まっています。必ず準備をして臨むようにしましょう。

準備をして交渉に臨むこれ正に勝つべくして勝つです。

1.最大値引きを勝ち取るには販売店同士で競合させるのがベスト

本命のディーラーに新車を見に行く前に必ず競合させる車種と販売店を想定して下さい。同じ車で違う系列店ならベストですし他社のライバル車と販売店でも良いです。

先ずはライバル店に訪問して見積りを出して貰いましょう。そしてその見積りと情報を持って必ず最後に本命の販売店に行きましょう。

2.重要なのは値引きより下取り!そしてディーラー下取りは安いという現実

大切なことなのでもう1度書きます。

車を安く買うのに大事なことは、値引き額よりも下取り査定額の方が重要

と言うのは車両値引き10万円を引き出すのは本当に大変なんです。でも買取りの専門業者の下取り価格ならディーラーと比べて10万円どころか2・30万円以上も高額なことも普通だからです。

知人のレクサスでは70万円以上も高かったです。でもこれは車両価格の高いレクサスだからですけどね。

実際の買取り専門業者への依頼方法とはインターネットで簡単な必要事項を入力するだけです。その後に電話があり向こうから車を見に来てくれます。

高額査定を引き出すコツは、依頼する買取りサイトは複数社の見積りが一括で取れる査定サイトを選ぶこと、そして最低2社へ依頼することです。これは1社の一括査定で複数社に依頼しても業者同士が顔なじみで談合されることもあるからです。

2社に同時に依頼をして競争原理を確実に働かせて買取り額を高めて下さい。私のおススメの買取り査定はかんたん車査定ガイドカーセンサーネット査定です。

おススメの理由は、どちらもガリバー等の大手を含めて一括で依頼出来る点と更にかんたん車査定ガイドは入力と同時に下の画面の様にあなたの車の相場額が表示される点にあります。

もし今すぐに売る予定はなくても自分の車がいくらの価値なのかは今後を考える上で知っておいて損はないでしょう。予想以上に高額な査定額だったから今すぐに好きな新車に買い替えることにしたという嬉しい話も珍しくないんです。

かんたん車査定ならその場で入力するだけで価格が分かりますからね。

あなたの車も調べてみたら予想以上に高額な値がついて驚くかもしれませんよ?

dddddddddddddddd

この2つのサイトでの見積り依頼をすれば競争原理が働き高額査定が出る可能性はかなり高いです。更に確実とするなら業界で評価の高いズバット車買取比較にも頼めば確率は上がります。

でも査定業者が多くなり過ぎると対応が大変ですからかんたん車査定ガイドカーセンサーネット査定だけで十分だとは思いますよ。

そして見積書を持ってディーラーに行って下さい。そうすれば買取り業者の見積額を基準に下取り価格を提案してきます。その額と比較して高い方に売れば良い訳です。基準がないとディーラーが安い見積りを出しても分からないですからね。

この様に万全な準備をして値引きと下取りの両方から最大値引きを引き出しましょう。

特に下取りはディーラーの見積もりだけでは違いも分かりませんし、カーナビやエアロや海外旅行の代金ぐらいは簡単に差が出ますから試してみることをおススメします。

おススメはこの2社⇒かんたん車査定ガイドカーセンサーネット査定

スポンサーリンク




値引き交渉の詳しいテクニックを知りたい人には⇩の記事で説明しています。

誰でも出来る!20万円以上新車を安く買う4つの法則


スポンサーリンク