トヨタ新型アクアの口コミによる評価評判のまとめ:フィットに対する欠点とは? 

トヨタ新型アクアの口コミによる評価評判のまとめ

トヨタのアクアはBセグメントにおける初のハイブリッド専用車種で兄貴分のプリウスを押しのけ年間販売台数の第1位を獲得するほどの大ヒットしたモデルです。

それだけ多くの人が支持したモデルなだけに魅力的な面があるのは当然なのですが、ある意味でトヨタらしくはないすべての面で平均点以上という欠点のない車というわけではないようです。

実はアクアという車は非常に良い面と悪い面を併せ持った車です。

そんなアクアですから購入後に様々な意見があるようです。今回はそんなアクアの実際の購入者の声を拾って評価評判を見てきたいと思います。

ではまずトヨタ新型アクアのユーザーの評価評判の口コミを見ていきましょう

スポンサーリンク

トヨタ新型アクアの評価や評判の詳細

これから見ていく評価評判は、エクステリアデザイン・インテリアデザイン・エンジンと走行性能・燃費性能と先進技術・値引きとリセールバリューの5つの項目に分けて、トヨタ新型アクアユーザーの声を雑多にピックアップして並べました。

一般ユーザーの声なので、良い面と悪い面も特に分けることなく書き出してあります。そしてそのユーザーの声を一度項目ごとにまとめて、最後に総合的評価評判としてまとめています。

後はインプレッション動画とCM等も載せておきます。

CMでも見てアクアに見惚れて下さい。

トヨタ新型アクアの評価や評判:エクステリアデザイン

トヨタ新型アクアユーザーの声

  • コンパクトカーの中では最も優秀な美しいエクステリアデザインだと思います。
  • デザイン的にはプリウスの弟という感じですがプリウスとは違い、全体のバランスはイマイチだと思います。
  • エクステリアデザインは個性はないかもしれませんが、誰からも嫌がられることのない優秀なデザインだと思います。
  • アクアの顔つきが好きで何年乗っても飽きません。
  • エクステリアデザインに関しても安っぽい感じが伝わるのでもっとコストを掛けてもらいたかった。
  • リアのラインがカッコいいと思いますね。
  • 大ヒットしたモデルとなり町中にアクアが走っているのにはうんざりする。
  • ハイブリッドという先進的な技術を売りにしたモデルにもかかわらずエクステリアデザインは平凡だと思います。
  • 車のデザインに関してはため息が出るほど美しいということはありませんが、日本車らしい無難なデザインで長く乗ることができると思います。
  • ハイブリッドカーらしいデザインが遠目にも分かり嬉しく思います。
  • 街で多くのアクアを見るので恥ずかしくなっています。
  • ボディーカラーにいろいろな種類があり、ポップな明るい色がある点が気に入っています。
  • エクステリアデザインは、未来的な新しいデザインで私の好み。
  • スタイリッシュでカッコ良くて一目ぼれしました。
  • ヴィッツのほうが高級感がありますね。

トヨタ新型アクアの評価評判のまとめ

エクステリアデザインというのはどうしても人それぞれの主観的な好みで選ばれているので優劣は付けがたいものです。
しかしアクアにおいては最優先事項は燃費向上ですからそのための空気抵抗を重視したデザインとならざるを得ません。
そんな厳しい制約の中でのデザインと考えればB セグメントの中でも個性的ではないですが誰もから愛される可愛らしいデザインだと思います。

プリウスなどに比べれば確かに高級感はないのですが、それは車格の問題がある話ですから致し方ないところだとも思います。

ボディーカラーも多くの種類を用意して年配者層から若い子まで自分の好みに合ったアクアが選択できるようになっており、この辺にも大ヒットの秘密があると思います。

誰もから愛される美しいデザインそれを制約の中で実現したアクアのエクステリアデザインは、高い評価をつけていいと思います。

トヨタ新型アクアの評価や評判:インテリアデザイン

トヨタ新型アクアユーザーの声

  • 荷物の積載性に関しては大きくはないですが、必要十分なレベルで3人で旅行に行く程度の荷物は搭載可能です。
  • インテリアに関しては必要なものは一応全て揃っていて特に不満はないと思います。
  • インテリアに関しては、コスト削減というよりみすぼらしいレベルだと思う。
  • 後ろの席は天井の高さが非常に低く、座っていると快適には過ごせないです。
  • インテリアに関しては特別な点がなく逆に不満もないと思います。
  • シートの形状は意外と悪くなくて長距離を移動しても腰が痛くなることはありませんでした。
  • 結局ハイブリッドシステムにコストの多くが取られ、他の部分はコストダウンコストダウンというのが非常に伝わり、ちょっと悲しい気分になる車です。
  • 最低グレードの後部座席の窓が手動なのはさすがに今の現代ではどうなのかと思います。
  • センターメーターなどのデジタル表示のスピードメーターが未来的な雰囲気を醸し出しかっこいいと思います。
  • 後部座席は決して広いわけではないですがとりあえず大人も普通に乗ることは可能だと思います。
  • センターメーターは生理的に好きではありません。
  • インテリアの質感は平均的なレベルだと思うけどデミオよりはかなり安く見えますよね。
  • トランク が実用性としてはさすがにちょっと小さいかなと思う。
  • 200万を超える車としてはインテリアはこれではチープすぎる。
  • 全グレードでオートエアコンが標準装備なのは非常に嬉しいです。
  • ロードノイズが非常に室内に入ってきて疲れてしまいます。
  • 後部座席は狭くベビーカーを乗せたら他にはほとんど荷物の積み場がない。
  • 天井が低く運転席や助手席は圧迫感を感じる。
  • 後部座席の全高が低く乗り降りの時には頭をぶつけそうになる。
  • 思っていたよりも使い勝手が悪くて買い替えの際にアクアを買うことはないかな。
  • コストダウンを従事したためなのか室内に入るロードノイズがうるさい。
  • 後部座席は特にうるさいのですが左側の方が雑音がよく入るんですよね。
  • インテリアの取り付けがあまりよくなく段差のある道などを走るとガタガタと音がする。
  • 軽自動車の方が質感が高いインテリアはどうなのよと思いますよね。

インテリアデザインの評価評判のまとめ

インテリアに関しては高い評価は得ていません。その中でも特にユーザーの声が大きかった点は2点ほどあります。

1点は天井の高さが低く特に後部座席の快適性が低い点にあります。

これは大人が乗り込む際にも頭に気をつけないとぶつかるレベルであり、座っていても圧迫感を感じているために不満を覚えてる人が多いです。

またアクアの購入者層としては若いファミリーもいるので赤ちゃんのいる家庭ではベビーカーやベビーシートを使うと荷物の積み場がないという点をユーザーを狭めてしまっている欠点だとは言えます。

2つ目はインテリアの質になります。明らかにプラスチックが多用されている安っぽい内装が目にした瞬間に伝わるのはだけもが否定できない欠点だと思います。

ライバルであるフィットやデミオと比べて明確に劣るだけでなく軽自動車と比べても質感に関しては下回ってしまいます。

車両本体価格でも200万円以上オプションをつければ250万円オーバーという金額の車としては、驚くほど低い質感で多くの人が問題を指摘しています。

後部座席の広さというのはデザイン的な問題もあるので仕方のない面もあるのですが、インテリアの質感に関してはやり過ぎではと言うほどコスト削減されています。

トヨタ新型アクアの評価や評判:エンジンと走行性能

トヨタ新型アクアユーザーの声

  • このクラスのコンパクトカーの中ではパワーがあって静かで非常にエンジンだと思います。
  • 乗り心地は思っていたより硬めなので好みが分かれるのではないでしょうか。
  • 足回りはトヨタの小型車の少しプアなものですが、街中を走る分には特別問題はないと思います。
  • 思ったより軽快に走ってくれ街中も高速もこのクラスの標準的なレベルだと思います。
  • 乗り心地は普通に街中を走ってる限りは快適になることができます。
  • 他のトヨタの同じ1.5リッターのエンジンと比べても加速性能は劣っています。
  • 足廻りが意外と硬めでカーブもスイスイ曲がれて予想外にスポーティーな車です。
  • エンジンが1.5リッターもあるのにもう少しパワーがあってもいいのではないでしょうか。
  • 加速をしたくてアクセルを踏み込んだ時には音は大きくなるわりにあまり加速はしてくれない。
  • ハイブリッドのモーターのパワーもプラスされるので力強い加速を味わいます。
  • ハンドリングが素晴らしく、ワインディングなどで少し早い速度で走っても終始弱アンダーの挙動で怖い場面が訪れません。
  • ハンドルに関しては以上に軽くてこれだと頼りない。
  • ステアリングの初期反応が非常に優秀でハンドルを切った際の初動のノーズの動きがクイックについてきます。
  • 乗り心地に関してはプリウスとはレベルの違う低いモデルです
  • CVT が反応が鈍くエンジンの性能を生かしきれてないと思う。
  • 街中での取り回しに関しては非常に良くて、狭い路地なども安心して運転できます。
  • 加速する為に大きくアクセルを開けなければエンジン音は非常に静かです。
  • エンジンに関してはモーター走行次は静かで快適なのですがエンジンがかかるとエンジン音がうるさく、不快な思いになります。
  • ハンドルが軽くて車庫入れなどではいいが、高速を走るときや横風を受けた時には少し怖くさを感じる。
  • 乗り心地は思っていたより硬かったです。
  • パワーとトルクともに不足していて坂道では全く加速てくれない。
  • 高速道路では横風の影響が受けやすく怖いときには速度制限していたりする。
  • プリウスのようなハイブリッドだからこそのパワー感はまったくありません。
  • 加速しようとアクセルを吹かすとエンジン音だけが大きくなりCVT の中で滑っているような感覚を覚えます。
  • 走り出しの加速に関しては滑らかな上にスムーズですし快適と言えます。
  • エンジンが加速していくときのモーターからガソリンエンジンへの切り替わりが市場にスムーズで技術の高さを感じる
  • 高速道のではパワーがないためにアクセルが開けがちになり、エンジンがかかるので音もうるさく快適には運転できませんね。
  • CVTののっぺりした感じが好きではない。
  • エコタイヤを履いている割には意外とコーナリングの性能は良いです。
  • エンジン音とか好きな方はハイブリッドカーはお勧めできません。
  • パワーはあまり余裕はないが可もなく不可もないエンジンと言える。
  • エンジンがかかってない時は静かなんですが、エンジン音自体はうるさいです。

エンジンと走行性能の評価評判のまとめ

ハイブリッドシステムのエンジンとしては多くの人が満足できるレベルと評価をしています。

低速時はモーター走行なので静かで優秀なのですが、ガソリンエンジンが始動するとその音が室内に入ってきて不快に思っているユーザーもいるようです。

パワーに関しては確かにハイブリッドのモーターがターボの様な加速をするものではなく、アクセルを踏み込んでも音だけが大きくなり速度は上がらないと感じている人は多いです。

ただし街中を走る分には必要十分なパワーはありますから不満というほどではないのかもしれません。

ハンドリングに関しては非常に軽くクイックなもので街中などの細い道で乗りやすいようです。

ただしそれも高速域だと少し直進安定性に欠けるようで横風を受けやすいという欠点にもつながっています。

それもアクアの本来の得意とするフィールドを考えると街中がメインなわけですからハンドリング設定に関してもハイブリッドユニットの設定にしても、このセッティングは間違ってはいないと思います。

トヨタ新型アクアの評価や評判:燃費性能と先進技術

トヨタ新型アクアユーザーの声

  • 街乗りをしたいと考えるのあれば必要十分な性能を持っている上にかなりの低燃費を実現しお勧めできる車だと思う。
  • 燃費に関してはカタログ数値まではいかないのですが、それでも十分なほどの数字を出してくれていて満足しています。
  • 高速道路を多用する人は結局モーターを使っている場面が少ないので燃費に影響が少なく意味のない車だと思います。
  • 実燃費に関してはカタログ数値を大きく超えることもあり、良心的な表示をしてますね。
  • 普通に街中を走ると1リッターで25キロも走りガソリンの減りが遅く感じるほど燃費は良いです。
  • 燃費は意外と良くてエアコンを使わない季節なら35キロ夏場で28キロ冬場で25キロ、高速で22キロも走ってくれます。
  • 高速道路で100キロを超えるスピードで走ると燃費が非常に悪くなります。
  • ECO メーターを使用して燃費よう意識した走りをすればリッター30キロで走ることができました。
  • 他のコンパクトカーと比べてすべての面で標準的かもしくはそれ以下なのですが、燃費に関しては非常に優秀な数字なのでそれだけでこの車の存在意義があると思います。
  • ビジネスで使う営業車としては非常に優秀な車ではないでしょうか。
  • 過酷な乗り方をしても燃費に関しては非常によくて満足しています。
  • 燃費は非常に良くて何度かリッター40キロ以上という数字も叩き出してくれました。
  • 安全装備のトヨタセーフティセンスC も搭載されるなど安全面でも強化されています。

燃費性能と先進技術の評価評判のまとめ

アクアの本分である燃費性能に関しては満足という声が多く聞こえています。

カタログに表記されている燃費数字に関しては、車を購入して自分でドライブした際の実燃費とは大きくかけ離れる点は常識的に捉えられていますが、アクアにおいてはそれほど燃費数字に乖離はなく中にはカタログ数値を上回るケースも見られ、この数字に関してはトヨタの良心を感じます。

多くのアクアユーザーはアクアの燃費数字に惹かれて購入していますから、この燃費の良さにより他のデメリットを許している面が多いようです。

アクアの存在意義が燃費の良さであるハイブリッド専用車種ですから、燃費に関しては非常に優秀な車としての評価だけで十分な車といえます。

ただアクアで注意していただきたいのは、低速域中速域においてはモーターを使う場面が多いために燃費は向上しますが高速域においてはガソリンエンジンを使用するので燃費数字が下がってしまいます。そのため普段からよく高速道路を使用する人に関しては燃費は下がる傾向にありますから、アクアの最大のメリットをあまり得ることのできない条件になってしまうことは知っておくべきです。

やはりアクアのメリットが一番生きるのは街中での走行ということになるでしょう。

トヨタ新型アクアの評価や評判:値引きやリセールバリュー

トヨタ新型アクアユーザーの声

  • これだけ本格的なハイブリッドシステムを搭載した専用モデルが180万円台から買えるというのは素晴らしいと思います。
  • 1.5リッターの車として考えるとどうしても車両価格が高額な点が不満です。
  • スタンダードな状態では基本的なものしか付いていないためオプションをつけていくと200万円以上は確実になるのでコンパクトカーの中では車両価格は高いと思います。
  • 燃費が良いのは分かるが、車両価格はさすがに高すぎる。
  • 特に車にこだわる人でなければ経済性や安全性を考えれば悪くない選択肢だと思う
  • この手のハイブリッドカーは価格が高い分ガソリンを安くすることで取り戻すので距離を走る人以外は避けるべきだと思う。
  • 良いクルマを造ろうというよりも儲かる車を造ったという感じが伝わってくる。
  • ハイブリッドカーが価格が高くなることを取り上げて経済的にそれ程良くないという人もいるが地球上の環境を考えて選んでいるので問題はないんですよ。
  • この程度の燃費では割高になった車両価格を取り戻すことができないのであまり経済的な車とは言えないでしょう。
  • ノーマルの状態だと何もついていなく自分の好きなオプションを付けていくと200万後半になってしまい、高すぎると思います。

値引きやリセールバリューの評価評判のまとめ

アクアの価格に関しては、スタンダードの車両価格に関してはそれほど高くはないのですが好きな装備をオプションで付けていくと総額の支払いの金額では200万円以上は確実であり、普通の感覚で必要なものをつけるだけで250万円も簡単に超えてしまう点です。

ハイブリッドカーとはいってもアクアはセグメント的にはBセグメントであり、インテリアや足回りの質を考えるとさすがにこの車両価格はバランスが取れていないとう思う人が多いようです。

端的に言えばハイブリッド以外の部分が安すぎるということでしょう。

トヨタ新型アクアの総合的評価評判

アクアの総合的に評価評論をまとめれば、ハイブリッドシステムに関しては走行性能は必要十分であり特別不満がない人が多いようです。

そして燃費に関してはカタログ数値上の比較しても予想以上に良く走り、驚くほど経済的な車で満足している人が大勢います。

これだけでアクアを買って良かったと思ってる人が多いようです。

欠点として挙げられる点でもっとも不満の声が多いのはインテリアの質感です。更に言えば後部座席の圧迫感や車両価格の高さが指摘されています。

こうして見てくると結局のところアクアは燃費を向上させるためのハイブリッドシステムと空力を重視したデザインに重きを置きコストを掛けていて、他のインテリアや足回り等は二の次にコストダウンしたことでハイブリッドシステムを積んだモデルとしては比較的低価格なモデルとなり得たということです。

確かに通常のガソリン車のBセグメントの車と比べればハイブリッドシステムの価格分割高になっているので車両価格が高いという不満点も理解できます。そしてバランス良くコスト配分をしている他のライバルモデルから比べればインテリアや足回りの質感は実際に低くなっています。

しかしアクアの本質はトータルバランスの優れた車ではなくBセグメントにおける最高の経済性と燃費性能ですから、そこに集中特化した尖がったモデルであるということは悪いことではないでしょう。

あくまで特出したメリットとコストを抑えるためにデメリットも内在した特色のあるモデルということだと思います。

街乗り用の車と考えれば燃費性能の高い不満のない走行性能を持ったモデルとなり、この方向性は間違ってはいないと思います。

トヨタ新型アクアの試乗インプレッション動画

アクアに関してはマイナーチェンジを2回施していて、現在の3代目モデルとなっています。

さすがに最新モデルのインプレッションはあまりないのですが、発売当初と2期目のモデルに関してはモータージャーナリストの試乗するインプレッションが述べられています。

動画で動きのあるものですから参考になると思いますので、ご覧になってください。当然ですがアクアに関しては燃費性能が主体のインプレッションとなっています。

アクアの最大のライバルはやはりホンダのフィットでしょう。今回のマイナーチェンジでも時期を合わせるように、この2台が同時にモデルチェンジしました。

モータージャーナリストの河口まなぶさんも試乗しています。

割と率直な意見を言っているので参考になると思いますよ。

トヨタ新型アクアが好きになるCM

CMは自動車メーカーが大きな予算を割いてその車のブランドイメージを上げるために創作している作品です。

純粋にトヨタ新型アクアに見惚れてカッコよさに浸ってしまいましょう。

日本の美しさと日本のアクアの利点が融合した良い雰囲気があります。

新発売のクロスオーバーのCMも軽快で好印象です。

前モデル時のアクアに関してはアットフォームな雰囲気でしたね。

トヨタ新型アクアの評価や評判のまとめ

今回はトヨタの新型アクアの評価評判を実際のユーザーの声から見てきました。冒頭に述べたある意味非常にトヨタらしくないモデルだという意味が伝わったでしょうか?

トヨタはどちらかといえば欠点のない個性のない車を作るのが得意で、インテリアの質感が高いことが売りのモデルが多かったりします。

そういう意味でアクアはインテリアの質感はライバルよりも明確に低いですし良い面と悪い面が非常にはっきりしているモデルで普段のトヨタのクルマ造りの法則から考えると真逆のアプローチで生まれたモデルだと言えます。

逆に言えばトヨタがそれだけハイブリッドシステムに力を入れており自信も持っているということなのでしょう。

そして実際にこのモデルが販売年間台数第1位を獲得するのですから面白いものだと思います。

アクアに関しては燃費性能という主軸があったからこそ、これだけシティーコミューターに特化した特色の春モデルとして成立したのだと思います。

実際に車造りはそれぞれの目的を明確にしたモデルの方が良い車になるんだと思います。

こう考えるとアクアは日本車には珍しく非常に挑戦的なモデルであり、こうしたクルマ造りの姿勢を持つことが日本車のレベルをひとクラス上にあげるんだと思います。

アクアは欠点も色々あるモデルですが、街中を主体に使い経済的に燃費の良いモデルをそこそこの金額で買いたいというニーズには非常に合致したモデルですから、自分がそのような使い方をするという人にとってはこれ以上にない高評価のモデルとなるでしょう。

ただ他の部分ではライバル車に劣る面も多くありますから、ヴィッツを含め他社のライバルモデルには必ず試乗して自分の嗜好にあった車を選択することをお勧めします。

アクアなどの新車を買うことを考えている人に必ず車が安く買える方法があります。簡単な方法ですので是非実行して大好きな新車を安く買って快適なカーライフを手に入れて下さいね。

”車を買うときに得する方法”を紹介をしたいと思います。

新しい車が欲しいなぁって思ったら欲しい車をディーラーに見に行って試乗したりしますよね?その時は好きな車を目の前にして本当にワクワクして楽しいものです。そして殆どの人はそのハイテンションのまま見積りを受け取り値引き交渉を始めていると思います。

これっ、絶対に止めて下さいっ!

これでは丸腰のままで戦に出るようなものです。車の購入の値引き交渉は戦いなんです。戦というものは戦いが始まる前に8割は結果は決まっています。必ず準備をして臨むようにしましょう。

準備をして交渉に臨むこれ正に勝つべくして勝つです。

1.最大値引きを勝ち取るには販売店同士で競合させるのがベスト

本命のディーラーに新車を見に行く前に必ず競合させる車種と販売店を想定して下さい。同じ車で違う系列店ならベストですし他社のライバル車と販売店でも良いです。

先ずはライバル店に訪問して見積りを出して貰いましょう。そしてその見積りと情報を持って必ず最後に本命の販売店に行きましょう。

2.重要なのは値引きより下取り!そしてディーラー下取りは安いという現実

大切なことなのでもう1度書きます。

車を安く買うのに大事なことは、値引き額よりも下取り査定額の方が重要

と言うのは車両値引き10万円を引き出すのは本当に大変なんです。でも買取りの専門業者の下取り価格ならディーラーと比べて10万円どころか2・30万円以上も高額なことも普通だからです。

知人のレクサスでは70万円以上も高かったです。でもこれは車両価格の高いレクサスだからですけどね。

実際の買取り専門業者への依頼方法とはインターネットで簡単な必要事項を入力するだけです。その後に電話があり向こうから車を見に来てくれます。

高額査定を引き出すコツは、依頼する買取りサイトは複数社の見積りが一括で取れる査定サイトを選ぶこと、そして最低2社へ依頼することです。これは1社の一括査定で複数社に依頼しても業者同士が顔なじみで談合されることもあるからです。

2社に同時に依頼をして競争原理を確実に働かせて買取り額を高めて下さい。私のおススメの買取り査定はかんたん車査定ガイドカーセンサーネット査定です。

おススメの理由は、どちらもガリバー等の大手を含めて一括で依頼出来る点と更にかんたん車査定ガイドは入力と同時に下の画面の様にあなたの車の相場額が表示される点にあります。

もし今すぐに売る予定はなくても自分の車がいくらの価値なのかは今後を考える上で知っておいて損はないでしょう。予想以上に高額な査定額だったから今すぐに好きな新車に買い替えることにしたという嬉しい話も珍しくないんです。

かんたん車査定ならその場で入力するだけで価格が分かりますからね。

あなたの車も調べてみたら予想以上に高額な値がついて驚くかもしれませんよ?

dddddddddddddddd

この2つのサイトでの見積り依頼をすれば競争原理が働き高額査定が出る可能性はかなり高いです。更に確実とするなら業界で評価の高いズバット車買取比較にも頼めば確率は上がります。

でも査定業者が多くなり過ぎると対応が大変ですからかんたん車査定ガイドカーセンサーネット査定だけで十分だとは思いますよ。

そして見積書を持ってディーラーに行って下さい。そうすれば買取り業者の見積額を基準に下取り価格を提案してきます。その額と比較して高い方に売れば良い訳です。基準がないとディーラーが安い見積りを出しても分からないですからね。

この様に万全な準備をして値引きと下取りの両方から最大値引きを引き出しましょう。

特に下取りはディーラーの見積もりだけでは違いも分かりませんし、カーナビやエアロや海外旅行の代金ぐらいは簡単に差が出ますから試してみることをおススメします。

おススメはこの2社⇒かんたん車査定ガイドカーセンサーネット査定

スポンサーリンク




値引き交渉の詳しいテクニックを知りたい人には⇩の記事で説明しています。

誰でも出来る!20万円以上新車を安く買う4つの法則


スポンサーリンク