スズキのハスラー!今、私が一番好きな軽自動車

xxxxxxxx

スズキのハスラー!今、私が一番好きな軽自動車

一時期元気が無くなっていた日本の自動車業界ですが、数年前から段々元気を取り戻してきていると思います。利益を追求しリスクを排除した車も業界の基軸のなるのは真実だと思います。

でもそれだけになってしまったら魅力ある業界や車が無くなってしまうわけです。

そんな状況がだんだん変わってきていると感じさせる車がスズキ自動車のハスラーです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

売れる車ばかりでは車はつまらなくなってしまう

車って本当の存在理由は移動手段であったり運送するための道具だったりするわけです。実際に多くの人が車に求めているのはそんな実用的な話だと思います。

最近の燃費を重視する傾向もこの範疇でしょう。

この考えを追求していったのがトヨタですよね。だからトヨタは自動車メーカーではなく自動車を販売する商社と言われる理由です。

車への拘りより売ることへの拘りが強いわけです。

でもそこに走ると車は詰まらなくなってしまうわけです。

スポーツカーをメーカーが作らなくなるのも同じ理由です。

この数年やっと日本の自動車メーカーは長い冬の時代を終わらせワクワクする車創りをしだしていると思います。

その象徴がスポーツカーの86やBRZ、S660などと言った車です。

また別の意味で心躍る車がハスラーというわけです。

日本の数少ないワンマン企業のスズキ

日本の企業って昔ほどパワーが無くなってしまいましたよね。

ソニーしかりホンダしかり。

これってワンマン社長の力が強かった時代には日本の企業は世界的にも多くの素晴らしい仕事をしていました。時代的に戦後から這い上がり世界企業になっていった時代だったわけです。

その社長達も今は一級戦を退いたり他界したりして民主的な大企業に変革していったんだと思います。

それは同時に日本企業が力を失っていったんだと思うわけです。

スズキは今でもワンマンの会長が切り盛りする数少ない会社でそのために未だにその輝きを劣らせていないのだと思います。

遊び心のある素晴らしい車のハスラー

そんなスズキ自動車だからこそ作ることが出来た遊び心満載の車がハスラーです。

車の存在感だけで多くの人を納得することが可能な数少ない本物の車だと思っています。

私はハスラーが最高に大好きです。

車を移動や運ぶ手段としてではなく自分の人生や価値観に影響を与えてくれそうな期待感を感じる車だからです。

ハスラーにはそんな印象を感じる数少ない車だということです

人生は安全な選択ばかりしていたら面白みが無くなってしまうことを象徴しているようにさえ思える車だと思います。

だってほら☟

xxxxxxxx

外観だけ見ても分かるでしょ?

ピンクのボディーカラーにツートンカラーですよ。

これが似合ってしまうデザインって凄いと思いません?違和感ないでしょ?

遊び心のない車ではこうはいきません。

例えば同じピンクのボディーカラーだとしてもこんな感じです☟

xxxxxxxxx

出典 http://jalopnik.com/5971566/toyotas-pink-grandpa-car-is-surprisingly-awesome

どうですか?違和感ありありでしょ。

ピンクのハスラーは乗れますが、このピンクのクラウンは乗りたくないですよねぇ。

まとめ

こんな理由で私はスズキ自動車のハスラーが大好きです。

この車を世に出してくれたことに感謝です。

そんな大好きなハスラーですので、これからこのブログでもハスラーの特集をしてその魅力を伝えていきたいと思っています。

色々な角度からの観察と考察からハスラーを丸裸にしてみたいです。

(ん?なんかやらしい?違いますよ、変な意味に取らないでくださいね)

いやぁ、しかしピンクが似合うハスラーって凄すぎます。

マジでリスペクトっすよ、スズキ自動車さんっ!

BY KENJI

スポンサーリンク