新型プリウスの値引き交渉のライバルの車種は何なのか?

新型プリウスのライバルの車種は?

新しく車買う時には値引き交渉をしてなるべく安く買いたいのは誰もが願うことだと思います。

その値引き交渉においては次に候補となるライバルの車種を決めて競い合って貰うことで値引きをしてもらったりもします。

ただし次に欲しい車が本当にあればその車を引き合いに出せば良いだけですが、特に他に欲しい車がない時にはライバルとする車を決めないといけません。

では新型プリウスにおいて販売上のライバルと称される多くの購入者が新型プリウスにするかどうかを悩む車ってどの車なのでしょうか?

今回は新型プリウスの直接的な販売上のライバルとなる車を検証してみました。

スポンサーリンク

ではプリウスのライバルとなりうる車を各ジャンルごとに見てみましょう。

ハイブリッド車のライバルは?

プリウスと言えばやはりハイブリッドエンジンのエコを追求した専用モデルというイメーで購入されるユーザーの人が多いと思います。

このイメージに近い他社の車が実は、、、、、、、、ないんです。

プリウスはハイブリッド専用車であり、世界最高の燃費性能を掲げるモデルです。

同じイメージでプリウスと燃費性能を争う車どころか、他社で同クラスにハイブリッドエンジンのみを駆動装置をするモデルさえありません。

ホンダ グレイス 175万~240万9800円

ホンダのハイブリッド専用セダンです。サイズを感じさせない美しいエクステリアデザインと上質な内装と広い室内空間と全てにおいてレベルの高い車です。

燃費性能に関しても流石に新型プリウスには遠く及びませんが、JC08モードで低燃費34.4km/Lと優秀な数字と言えます。

と本来ならこのグレイスがガチンコのプリウスのライバルになるはずです。でも、ホンダはそんなにインサイトの時ほど対プリウスとして大々的には動いてないですよね。これには理由があります。

このグレイスはアジア戦略の車で日本ではハイブリッドシステムしか積んでいませんが、実は海外では通常のガソリンエンジンを積んでいるモデルなんです。

そのためにプリウスとは全く立ち位置の違う車でハイブリッド専用車ではありません。

ホンダとしても大手を振って新型プリウスのライバルとしてグレイスを宣伝しない理由がここにあります。車としてはかなり良い車なのでもっと重視されて良い車だと思うんですけどね。

マツダ アクセラ・ハイブリッド 176万400~281万3400円

ハイブリッドの搭載車種もあり車格もそうですし5ドアという意味でもアクセラも本来はプリウスのライバルになる車だと思います。

しかしアクセラのハイブリッドもマツダ自体がハイブリッドよりもクリーンディーゼルを重視しているため、大々的に取り上げていません。

しかもそのハイブリッドシステム自体もトヨタ製なのでプリウスとガチンコでのライバルという感じではないんですね。

プリウスの腹違いの従妹ぐらいな感じですかね。

トヨタへの支払いもありますから利益的にも高くはないのでマツダとしてもそれほど積極的に販売していないという事です。

トヨタ アクア 176~243万円

他の自動車メーカーではハイブリッド専用車というイメージと燃費性能を競うようなモデルがありませんが、実は同じ戦略のクラスが異なる車が1台だけあります。

それは同じトヨタ自動車のアクアになります。

燃費性能を考えると車格は異なりますが、アクアが最大のライバルと言えるのではないでしょうか?実際にアクアと新型プリウスのどちらにするか悩んでいる人は多いですからね。

でもトヨタとしてはワザワザ車格の1つ下の車を買われてしまうのは嬉しい話ではないので、新型プリウスを買ってもらいたいと思っていますから微妙な関係です。aaaaaaaaaaaaaaaa

その他のライバルとなり得る車種は?

本来だとハイブリッドカーがライバルの車になるのですが上記の様に新型プリウスには明確なライバルが存在しません。もう少し広範囲で見てみましょうか?

ホンダ シャトル 169万~254万2000円

ファミリーカーとして考えた時にはシャトルも選択肢になるでしょう。

ハイブリッド車ではないですが、家族を持つ人にとって5ナンバーサイズのコンパクトなワゴンで室内空間の広いワゴンは使い勝手という意味で魅力的ある車です。

特別エコな車というわけではないですけどね。

aaaaaaaaaaaaaaaaaaaa

スバル インプレッサスポーツ  159万8400~263万5200円

5ドアハッチバッグと言う意味ではインプレッサもライバルと言えます。価格帯も幅広く車としては非常に良い車です。

独身男性や子供のいない夫婦の人には良いライバル車といえます。

ヴォルクスワーゲン ゴルフ 266~549万円

メルセデス・ベンツ・Aクラス 296~596万円

外国車ではこの2台がライバルとなるでしょう。車としてのステイタスはメーカーとしてのブランド力がありプリウスの持つステイタスにも負けないものがあります。

価格帯が1つ上というだけでなく維持費という意味ではプリウスよりだいぶ高くなります。

アクセラ クリーンディーゼル 306万

車が同ではなくエコシステムとしてハイブリッドシステムのライバルとされているのがクリーンディーゼルです。

欧州のメーカーでは多く取り入れられているクリーンディーゼルですが、日本のメーカーでこのシステムを積極的に開発しているのはマツダになります。

その中でプリウスに近いのはアクセラのクリーンディーゼル搭載車でしょう。

でも欧州ではエコのイメージが強いクリーンディーゼルですが、日本では余り知られていないですね。正直ハイブリッドシステムのライバルというまでの印象はないのかなぁとも思います。

クリーンディーゼルは日本でも人気ですがエコに特化したシステムというより優れたエンジンという感じですね。

新型プリウスのライバルの車のまとめ

結局のところフィットとヴィッツのようなコンセプトから立ち位置まで全く同じライバルとなる車がないのが実体です。

敢えて一番近いのはやはりホンダのグレイスなんでしょうね。最近のこういったライバル関係でバチバチにやり合うのは、トヨタとホンダでやり合っていることが多いですしね。

後は実際に購入を考えられている皆さんの状況からプリウス以外に何が欲しいかを考えて決まられるのが良いでしょう。

この状況をかんがえるととやはり”プリウスのライバルはプリウス”といことだと思います。

プリウスはトヨタ系販売ディーラートヨタ店・トヨペット店・カローラ店・ネッツ店の全てでの取り扱いになります。そのため各ディーラーごとに特色が異なりますし、販売上もライバルと認識もしています。

社外にそれほどプリウスの明確なライバルがいない以上ディーラーとしても同じプリウスを売る他のディーラーがライバルというわけです。

本当にほかの車で欲しい車がないのであれば、新型プリウスの購入に関しては値引きを争うライバルは同じプリウスを系列店ごとに競ってもらうのが最も効果的だといえます。

こう考えると新型プリウスはそれだけ独特のポジションを得ている素晴らしい車という事なんですよね。

”車を買うときに得する方法”を紹介をしたいと思います。

新しい車が欲しいなぁって思ったら欲しい車をディーラーに見に行って試乗したりしますよね?その時は好きな車を目の前にして本当にワクワクして楽しいものです。そして殆どの人はそのハイテンションのまま見積りを受け取り値引き交渉を始めていると思います。

これっ、絶対に止めて下さいっ!

これでは丸腰のままで戦に出るようなものです。車の購入の値引き交渉は戦いなんです。戦というものは戦いが始まる前に8割は結果は決まっています。必ず準備をして臨むようにしましょう。

準備をして交渉に臨むこれ正に勝つべくして勝つです。

1.最大値引きを勝ち取るには販売店同士で競合させるのがベスト

本命のディーラーに新車を見に行く前に必ず競合させる車種と販売店を想定して下さい。同じ車で違う系列店ならベストですし他社のライバル車と販売店でも良いです。

先ずはライバル店に訪問して見積りを出して貰いましょう。そしてその見積りと情報を持って必ず最後に本命の販売店に行きましょう。

2.重要なのは値引きより下取り!そしてディーラー下取りは安いという現実

大切なことなのでもう1度書きます。

車を安く買うのに大事なことは、値引き額よりも下取り査定額の方が重要

と言うのは車両値引き10万円を引き出すのは本当に大変なんです。でも買取りの専門業者の下取り価格ならディーラーと比べて10万円どころか2・30万円以上も高額なことも普通だからです。

知人のレクサスでは70万円以上も高かったです。でもこれは車両価格の高いレクサスだからですけどね。

実際の買取り専門業者への依頼方法とはインターネットで簡単な必要事項を入力するだけです。その後に電話があり向こうから車を見に来てくれます。

高額査定を引き出すコツは、依頼する買取りサイトは複数社の見積りが一括で取れる査定サイトを選ぶこと、そして最低2社へ依頼することです。これは1社の一括査定で複数社に依頼しても業者同士が顔なじみで談合されることもあるからです。

2社に同時に依頼をして競争原理を確実に働かせて買取り額を高めて下さい。私のおススメの買取り査定はかんたん車査定ガイドカーセンサーネット査定です。

おススメの理由は、どちらもガリバー等の大手を含めて一括で依頼出来る点と更にかんたん車査定ガイドは入力と同時に下の画面の様にあなたの車の相場額が表示される点にあります。

もし今すぐに売る予定はなくても自分の車がいくらの価値なのかは今後を考える上で知っておいて損はないでしょう。予想以上に高額な査定額だったから今すぐに好きな新車に買い替えることにしたという嬉しい話も珍しくないんです。

かんたん車査定ならその場で入力するだけで価格が分かりますからね。

あなたの車も調べてみたら予想以上に高額な値がついて驚くかもしれませんよ?

dddddddddddddddd

この2つのサイトでの見積り依頼をすれば競争原理が働き高額査定が出る可能性はかなり高いです。更に確実とするなら業界で評価の高いズバット車買取比較にも頼めば確率は上がります。

でも査定業者が多くなり過ぎると対応が大変ですからかんたん車査定ガイドカーセンサーネット査定だけで十分だとは思いますよ。

そして見積書を持ってディーラーに行って下さい。そうすれば買取り業者の見積額を基準に下取り価格を提案してきます。その額と比較して高い方に売れば良い訳です。基準がないとディーラーが安い見積りを出しても分からないですからね。

この様に万全な準備をして値引きと下取りの両方から最大値引きを引き出しましょう。

特に下取りはディーラーの見積もりだけでは違いも分かりませんし、カーナビやエアロや海外旅行の代金ぐらいは簡単に差が出ますから試してみることをおススメします。

おススメはこの2社⇒かんたん車査定ガイドカーセンサーネット査定

スポンサーリンク




値引き交渉の詳しいテクニックを知りたい人には⇩の記事で説明しています。

誰でも出来る!20万円以上新車を安く買う4つの法則


スポンサーリンク