レガシィ新型アウトバックのモデルチェンジの内容!スバルのSUVの形

スバル・レガシィ新型アウトバックへのモデルチェンジの内容

レガシィにステーションワゴンが無くなりましたが、ステーションワゴンのボディーを流用しての派生車種であるアウトバックは販売が継続されています。

これにより5ドアハッチバッグのワゴンのボディーはアウトバック専用に開発されたものとなりデザイン的にもバランスの取れた美しい上質なボディーラインとなりました。

ある意味後出しで考えられたおまけ的な存在だったアウトバックだが、ここにきて評価はうなぎ上りでこれには世界市場がクロスオーバーSUVブームとなりアウトバックに今時代が追い付いたと言えると思います。

今回は日に日に存在感を増すレガシィのアウトバックに関してその歴史とモデルチェンジの予定と内容を見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

スバル・レガシィアウトバックという車は?

スバルのレガシィは日本にワゴンというジャンルを乗用車として認識させた歴史的車種で同時にスバルというメーカーを一般的に知らしめたモデルでもあります。

そのために昔はスバルのレガシィと言ったらツーリングワゴンを連想し販売台数の9割を占めていた時代もありました。

そんなレガシィの中からワゴンをベースとしてオフロード色の強い車を派生車種として造ったのがアウトバックになります。

基本的にはワゴンのボディーを使い車高を上げることで走破性を高めたうえでバンパーなどをSUV風に変更したステーションワゴンとSUVの中間というポジションのモデルです。

初期も出るほどワゴンに近いエクステリアですが後期になると開発の段階からアウトバックへの仕様変更を前提にデザインがされているので、SUVとしての収まりの良いデザインが実現しています。

レガシィの意味とは?

レガシィとは、英語でLEGACYとなりその意味は伝統を継承するということです。それは独自技術にこだわりを持つスバルに相応しい名前と言え、実際にレガシィにはスバル伝統の水平対向エンジンと乗用車への4WDシステムの登用を軸としその技術を継承し円熟の技術として世界から称賛されています。

正にレガシィとは相応しい名前ですね。

レガシィを歴代の中で振り返るとボディ形状は3つのタイプのモデルが存在しています。

スバル・レガシィ・ツーリングワゴン

レガシィと言えばツーリングワゴンという時代があり、日本の定番だったジャンルのセダンから多くのユーザーをワゴンに移らせたエポックメイキングなモデルです。

セダンはオジサン臭くワゴンは家庭的でオシャレというイメージを造りあげただけでなく、ワゴンというボディー形状でもスポーツカー以上の動力性能がありドライブすることが好きなユーザーからも圧倒的な支持を得ていたモデルです。

スバル・レガシィ・B4

ボディー形状は4ドアのセダンです。

B4というネーミングはスバル伝統のBOXERの水平対向エンジンの頭文字のBに、知名度のあるツーリングワゴンが5ドアであるのに対してセダンの4ドアの4を組み合わせてB4という呼び名になっています。

4に関してはそれだけの意味ではなく、スバルのもう一つの伝統技術4WDの4からもきています。

スバル・レガシィ・アウトバック

ツーリングワゴンのボディーを使って車高を上げてラフロードにより対応可能としたモデルです。

アウトバックの意味は、オーストラリアで使われる英語の方言で未開の場所というものです。

セダンやワゴンでは行けないアウトドアの土地に入っていくそんなモデルとなっています。

スバル・レガシィ初代アウトバックBG系  販売期間1995-1998年

2代目のレガシィの派生車種として生まれたのがレガシィ・グランドワゴンでした。車高を上げることでラフロードを重視したモデルでした。SUVほどではないにしても通常のワゴンとは比べられない程優れた走破性は欲しい人から支持されました。

これが海外での名前がアウトバックとされていた初代という位置付となります。

スバル・レガシィ2代目アウトバックBH系  販売期間1998年-2004年

ベースモデルのレガシィが3代目となるに連動してアウトバックも2代目にモデルチェンジします。

国内のモデルにネーミングもこれと同時に変更されますが、なぜかこれがアウトバックとはならずにランカスターとなります。

レガシィのワゴンボディに重量感があるデザインなので車高が高いのも似合うデザインとなりました。

スバル・レガシィ3代目アウトバックBP系  販売期間2003年 – 2009年

3代目にしてやっと国内のモデルもアウトバックとなりました。但しレガシィのステーションワゴンが非常に都会的で美しい完成度が高いモノであり評価も高かったのですが、ワゴンとセダンでの完成度が高いデザインだからこそ車高を上げることでバランスが崩れてしまった感があります。

まぁこの頃はまだアウトバックはおまけ的なポジションなので仕方ないんですけどね。

スバル・レガシィ4代目アウトバックBR系  販売期間2009年 – 2014年

レガシィが大型化することに伴い当然ですがアウトバックも大型化しました。ベースのデザインが厚みのあるものとなり車高の高いアウトバックに似合うようになりましたね。

背の高いワゴンというよりもSUVといういで立ちとなってますね。

スバル・レガシィ5代目アウトバックBS系  販売期間2014年 – 現在

うーーんどうですか?この収まりの良いデザインはっ!

もうレガシィはこのアウトバックのためのデザインじゃないのかと思えるほどバランスの良いカッコ良さです。

もう完全に背の高いワゴンという感じではなく低めのSUVという感じが車高を落としたような不思議な迫力があって良いですよね。

私なら間違いなくセダンではなくアウトバックを買うと思います。


ちょっとコーヒーブレイク

車が興味がある人にここで少し耳よりな情報があります。
ちょっとしたコツを知っているだけで、車を20万円以上も安く購入することが可能です。
誰にでも出来る簡単な方法ですので、詳しい内容は下の記事を読んで参考にしてみて下さい。

誰でも出来る!20万円以上新車を安く買う4つの法則

2017.09.08

スバル新型レガシィ・アウトバックのスペック

では現行モデルの5代目アウトバックの詳しいスペックを見ていきましょう。

スバル新型レガシィ・アウトバックのボディーサイズ

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4815×1840×1605mm

ホイールベース:2750mm

車重:1550kg

ベースモデルのセダンのB4がアメリカ市場をメインターゲットとするトヨタのカムリやニッサンのティアナをライバルとしたプレミアムセダンに生まれ変わったのに伴いアウトバックも大型化されました。

SUVとして考えると少し大きいボディーサイズなのですがその分車載性が増えて使い勝手は良くなりました。

プレミアム性のあるSUV系の車は貴重なのでそれだけで価値があるとも言えます。

スバル新型レガシィ・アウトバックのエンジンに関して

スバル新型レガシィ・アウトバックのエンジン性能

エンジン 2.5リッター水平対向4 DOHC 16バルブ

最高出力[ネット] 129kW(175PS)/5800rpm

最大トルク[ネット] 235N・m(24.0kgf・m)/4000rpm

このエンジン特性からも分かるように従来のレガシィの伝統である2Lの280馬力という高出力エンジンに裏付けされたスポーツカーにも負けないスポーツセダンというポジションではなくなり、高級で上質なミドル級サルーンへと変わりました。

少し暴力的なパワーユニットではなくフィーリングとトルク特性に拘ったエンジンとなっています。

このエンジンの採用はトルクで走る場面のあるラフロードでも強力な武器となりますし舗装路では上質なフィールを楽しめるのでアウトバックには歓迎の選択だと言えます。

スバル新型レガシィ・アウトバックの燃費性能

JC08モード燃費 14.6km/ℓ

アメリカ向けということもあり燃費性能に関しては最優先事項ではないにしてもライバル車と明確に劣るものでいいはずがありません。

エンジンのフィールを実現する上でも今の時代燃費に関しても忘れられない性能でJC08モード燃費 14.6kmは悪くない数字と言えます。

レガシィ・アウトバックの駆動方式

AWD(常時全輪駆動)

水平対向エンジンと左右対称(シメントリー)のパワーユニットから生み出されるスバルの独自技術であるシメントリカルAWDシステムが全車で採用されています。

レガシィのシメントリカルAWDシステムは、アクティブトルクスプリットAWDであり路面状況や天候により最適なトルクを前後の車輪に配分するタイプのものです。

アウトバックにとっては真価を問われる部分ですから伝統の武器と言えます。

スバル・レガシィ・アウトバックのトランスミッション

自動無段変速機(CVT)「リニアトロニック」(マニュアルモード付)

伝達性能だけでなく上質な走行フィールに拘ったモノを採用しています。

アウトバックの車の性格に合ったものになっています。

安全性能予防技術

アイサイトver.3

スバル・レガシィ・アウトバックは、アイサイトの最新バージョン3が搭載されています。

アイサイトというのは、安全性能向上を狙った自動運転支援システムのことでスバルが日立製作所と日立オートモティブシステムズの2社の協力のもとに進めるプロジェクトになります。

車体に取り付けたステレオカメラとセンサーにより外部環境状況を三次元データとして検知して自動運転技術のクルーズコントロールや自動ブレーキなどを行い事故回避を主体的な目的として車体コントロールをするシステムです。

このアイサイトの素晴らしい点は、社外機関での評価テストにおいても非常に高い性能を示しスバルの技術力の高さを証明しています。

アイサイトバージョン3の具体的な代表機能は下のものになります。

プリクラッシュブレーキ

追突事故の危険性が高い時には先ずは警報でドライバーに危険を促し、その後軽いブレーキでの警告、そして追突事故の危険が高まった際には自動的にブレーキを掛けて停車もします。

全車速追従機能付きクルーズコントロール

全車速追従機能付きクルーズコントロールは高速道路や自動車専用道路で先行車を認識することで設定状態を自動的に維持し、車速や車間距離の情報をドライバーに伝えることで、快適なドライブにして疲労感の軽減を実現するもです。

AT誤発進防止制御

停車時や徐行走行中に前方にある障害物を感知して明らかの事故の可能性が高いアクセル操作が行われた際には、
システムが自動的に判断を行い警報音と警告表示で注意喚起を行いそしてエンジン出力を調整して不要な加速を抑制して障害物への衝突を回避します。

アイサイトのテスト試乗動画

アイサイトの試乗動画となります。

アドバンスドセイフティパッケージ

車の構造上どうしても出来てしまう肉眼での死角をカメラやセンサーを使い捉えることでより安全性の高い運転補助を目的とした機能です。

その具体的な機能は、スバルリヤビークルディテクション(後側方警戒支援機能)、サイドビューモニター、ハイビームアシスト、アイサイトアシストモニターの4つになります。

電動パーキングブレーキ

2006年にレクサスLS460が国産車で初採用したこのシステムをレガシィも搭載して、アイサイトとの連動をさせてありアイサイト停止された後に自動で電動パーキングブレーキが掛かる様にチューンされています。

スバル新型レガシィ・アウトバックのボディーカラー

レガシィ・アウトバックのボディーカラーは全8色となります。渋い色合いのカラーが多いですよね。

私的にはタングステン・メタリックが好きですね。アウトバックの専用色ですしね。

オークブラウン・パール

タングステン・メタリック

プラチナムグレー・メタリック

クリスタルホワイト・パール(32,400円高・消費税8%込)

アイスシルバー・メタリック

ダークグレー・メタリック

クリスタルブラック・シリカ

ヴェネチアンレッド・パール(32,400円高・消費税8%込)

ラピスブルー・パール 

ダークブルー・パール

スバル新型レガシィ・アウトバックの車両価格

レガシィアウトバックの車両価格は非常にシンプルなものとなり標準グレードと装備を充実させたLimitedの2種類のみとなります。

  • LEGACY アウトバック 3,207,600円
  • LEGACY アウトバッグ Limited 3,477,600円

これにその都度限定で発売される特別仕様車が追加されます。

  • Xアドバンス 特別限定車 3,218,400円

グリーンを指し色として都会的なのにアウトドアも似合うスタイルです。

スバル新型レガシィ・アウトバックの試乗動画

レガシー・アウトバッグの試乗インプレッション動画になります。

レガシィの派生車種というよりももう独立したモデルとして扱っていますよね。

モータージャーナリストのフジトモの動画です。

女性目線からもアウトドアにも使えるモデルの利便性を伝えてくれています。

スバル新型レガシィ・アウトバックのモデルチェンジ予定

スバル新型レガシィ・アウトバックの年次改定

2017年10月に年次改定を行いD型へとチェンジします。今回は年次改定に関しても大きな変更のある年ではなく、エクステリアの細かな変更と機能に関しての改善が中心となるようです。

アイサイトver.4”ツーリングアシスト”の搭載は?

アイサイトver.4の”ツーリングアシスト”がレヴォーグとWRX S4の目玉として初搭載となりました。そこで今年のスバルのモデルの年次改良ではアイサイトver.4”ツーリングアシスト”の搭載が目玉となっています。

ただ、、、、実はレガシィには搭載されないようです。残念っ!

ただし下の機能に関してはブラシュアップした最新のバージョンに改良されます。

  • アイサイトセーフティー+
  • 後退時自動ブレーキ
  • ACC対応車速アップ
  • アダプティブドライビングビーム

スバル新型レガシィ・アウトバックのフルモデルチェンジの予想内容

⇩の画像はスバルが株主総会でのIR資料として発表した中期計画です。2016年に新型プラットフォームを初採用する新型インプレッサを発売後、毎年1モデルのフルモデルチェンジを行っていく計画となっています。

この資料では車名は書かれていないのですが、今までのスバルのモデルチェンジスケジュールからその車種が予想されています。

そのモデルの予定は、2017年は新型XV、2018年は新型フォレスター、2019年には新型WRXと新型レヴォーグ、2020年は新型レガシィと新型アウトバックという順序です。

スバル新型レガシィB4のプラットフォーム

2020年に登場予定の新型レガシィ・アウトバックにはスバルの根幹である新型プラットフォームが他のニューモデルと同じように使用されます。

新世代プラットフォームSGP

2016年に新型インプレッサで初めて採用されたSGP”SUBARU GLOBAL PLATFORM(スバル グローバルプラットフォーム)”は、スバルの新世代プラットフォームです。

これからのスバルのミドルクラスモデルは全てこのプラットフォームが採用されることとなっています。

SGPの性能の評価が高く新型インプレッサを”レオーネ が レガシィ になった時以来の大変化”と表現したほどですね。

汎用性に優れた設計となっていてスバルのほぼ全てのモデルで使用することが可能であり、またハイブリッドシステムの搭載を前提として設計されているので、スバル車は事実上全てのモデルでハイブリッドシステムを動力源とすることが可能となります。

更にプラットフォームの基本性能をブラシュアップしているので、高剛性化や軽量化も行われていることで性能が飛躍的に上がっています。

スバル新型レガシィ・アウトバックの搭載予想エンジン

エンジンに関してはまだ確定してい内容でが、候補がいくつか上っています。

現在の水平対向4気筒2.5リッターDOHCエンジン(FB25型)自然吸気エンジンが引き続き搭載されることはほぼ確実と言えます。

これにアメリカ向けのモデルには、この水平対向4気筒2.5リッターDOHCエンジン(FB25型)の自然吸気をターボ化してフィーリングを重視した上でパワーを引き出したユニットを搭載します。

これに対して日本モデルには、WRXで搭載される水平対向4気筒2.0リッター直噴ターボエンジン(FA20型)が搭載される可能性があると言われています。

これには日本のマーケットにはやはりスポーツ色がある方が売れるという販促的な意味合いからプレミアムセダンという位置付けからズレるのは分かったうえで日本限定の導入が検討されているという話です。

ただこのエンジンに関しては通常のレガシィと住み分けの意味もあり、STIスポーツを発売することも予定されておりSTIブランドに水平対向4気筒2.0リッター直噴ターボエンジン(FA20型)最高出力300psというスポーツセダンが新型レガシィの中で復活する可能性があるということです。

スバル新型レガシィ・アウトバックの駆動方式

駆動方式はスバル伝統のメカニカル4WDと電子制御式センターデフコントローラーを使い走破性はもとより走行時の安定性に拘った仕様としてあります。

スバル新型レガシィ・アウトバックのトランスミッション

プレミアムセダンということで新型レガシィにもトランスミッションは、自動無段変速機(CVT)「リニアトロニック」(マニュアルモード付)が継続して採用されます。残念ながらコンセプト変更なしですからマニュアルミッションの予定はありません。

アウトバックへアイサイトver.4”ツーリングアシスト”の搭載

アイサイトver.4”ツーリングアシスト”に関しては、2017年のWRXとレヴォーグから搭載が始まりました。

これは2017年の年次改良では見送られましたが、確実に搭載はされるでしょう。

そしてアイサイトver5に関しては早くても2020年となるので新型レガシィ・アウトバックに搭載されるかは微妙なところです。

恐らく新型レガシィ・アウトバックのフルモデルチェンジの時点ではアイサイトver.4”ツーリングアシスト”での登場となるのではないかと予想します。

スバル新型レガシィ・アウトバックの新デザイン

新型レガシィのエクステリアデザインに関しては、2017年10月に開催される東京モーターショー2017にて”レガシィB4コンセプト”として出展することを発表しています。

基本的には”レガシィB4コンセプト”をベースに車高を上げてバンパーをSUV風のモノへと変更されることになるでしょう。

現在のスバルのデザインはセダンよりもSUVの方が合っているデザインで、インプレッサもXVの方がカッコいいと思います。

レガシィの新型もB4よりもアウトバックの方がカッコいいと予想します。

スバル新型レガシィ・アウトバックの注目点っ!

新型アウトバックのフルモデルチェンジの時には注目して貰いたい点があります。

それは次期モデルではレガシィから独立をしてアウトバックという車種となりそうなんです。

つまりレガシィとは兄弟車種になるということですね。

実際に現在の人気と可能性を考えるとアウトバックという車種で納得いく話だと思います。

スバル新型レガシィ・アウトバックの車両価格

新型レガシィ・アウトバックの車両価格に関しては基本的には据え置きになります。

ただしアイサイトを中心とした先進安全技術の進歩による新技術を搭載していくのでその分は価格が上がってしまうでしょう。

もう時代は先進安全技術も全車標準装備が当然の時代となっていますからね。

スバル新型レガシィ・アウトバックのライバル

アウトバックはSUVとワゴンの中間ということでライバルが見つけにくい車種とも言えます。その中で購入時に悩みそうな車種を考えました。

トヨタ新型ハリアー

mmmmmmmmmmmmmmmmmmmmm-640x301車両価格が近くSUVの中では乗用車に近いポジションのハリアーは購入候補の1台となるでしょう。

アウトバックが大型化して車格が上がりましたから高級感も近づきました。

しかしハリアーもまたフルモデルチェンジをして魅力を増してきます。その内容は下の記事に書きましたので読んでみて下さい。

トヨタ新型ハリアーのモデルチェンジのスケジュール内容:高級車のもう1つの形!

マツダ新型CX-5

zgggg-639x426評判の良いマツダのCX-5がフルモデルチェンジをして完成度を上げてきました。スカイアクティブ世代としては1.5世代と言える内容ですが逆に円熟の良さがあるモデルとなりました。

ジャーナリストが絶賛するその内容は下の記事となります。

2017年2月マツダCX-5が新型にフルモデルチェンジ!ハイブリッドディーゼル搭載は?

レクサス新型NX

k (640x317)レクサスNXも都会的なSUVということでポジション的には意外とアウトバックに近いと言えます。

レクサスもSUVに力を入れてますからNXの新型エンジンは注目ですよ。

詳しくは下の記事をご覧ください。

レクサス新型NXのその魅力とモデルチェンジ内容!V6エンジン搭載か?

スバル新型レガシィB4のモデルチェンジ情報のまとめ

最初の頃のアウトバックってただ車高を上げただけのワゴンという感じでアンバランスな感じでカッコ悪かったと思うんですよね。

実際に販売台数も人気も高くはなかったですから、状況的なニーズが合致する人しか興味を示さないモデルだったんじゃないかと思います。

それが気が付けば世界中でSUVブームとなりレガシィ自体が大型化してアウトバックがいつの間にか時代の中心に立っていました。

逆に次のモデルではレガシィの名前は取れて、アウトバックという車種に独立する可能性が出るほどとなりました。

実際に今のデザインはアウトバックのデザインを優先しているんじゃないかと思えるほどです。

私の個人的な感想としては、セダンのB4よりもアウトバックの方がカッコいいと思います。

車高を落として引き締めたSUVという雰囲気で高級感もあり惚れ惚れしますね。

レガシィ・アウトバックやハリアーなどの新車を買おうか考えている人に必ず車が安く買える方法があります。

絶対知っていた方が良い!車を安く買う簡単なコツとは?

車を安く買うのには値引き交渉は必ず必要ですが、それにはちょっとしたコツがあるんです。

知らないと後で”ディーラーに騙されたぁ!”って悔しがる人もいるんですよ。

その詳しい内容は右の記事で説明ましたので参考にして下さい⇒”誰でもできる車を20万円以上安く買う方法”

簡単な方法ですので是非実行して大好きな新車を安く買って快適なカーライフを手に入れて下さいね。

スポンサーリンク




スポンサーリンク