ダイハツ新型ムーヴキャンバスのモデルチェンジ情報:マイナーチェンジ?ターボ追加?

ダイハツ新型ムーヴキャンバスのモデルチェンジ情報

ダイハツの看板車種であるムーヴファミリーの1台であるキャンバスの販売が好調です。

ダイハツは男性向けの車種が多くなってきていたので、久しぶりに女性を意識したモデルとなりました。

最近の軽自動車は燃費性能や利便性を重視したモデルが中心となっていてムーヴキャンバスはその可愛らしいデザインと人生を豊かにするようなイメージを前面に出したモデル貴重なモデルです。

今回はそんなダイハツの新型ムーヴキャンパスの魅力の理由と最新のモデルチェンジ情報を見ていきたいと思います。

ダイハツのムーヴキャンバスとは?

ムーヴキャンバスはダイハツが生産をする軽自動車でありボディー形状的にはハイトワゴンに分類されるモデルで、ダイハツの看板車種であるハイトワゴンのムーヴの派生車種となります。

ダイハツの説明ではターゲット層は20代30代の女性と子供が大きくなった主婦層を想定したモデルということです。

そのために使用用途に関しては高速道路や長距離移動ではなく、市街地を走る買い物やチョイ乗りといったシチュエーションを想定して開発されています。エンジンに関してもパワーのあるターボモデルの設定がなく、自然吸気エンジンのパワーでも十分対応できるという判断からNA エンジン1本となっています。

CMのメインキャラクターは、朝ドラの主演で話題となった女優である高畑充希が採用されています。

高畑充希は驚くほど美しいというよりは愛くるしい顔立ちで親しみの持てる可愛さなので、ムーヴキャンバスとはイメージが非常に近いと思います。

この高畑充希の採用はグッジョブですね。

東京モーターショーに出展されたコンセプトモデル「HINATA」

ムーヴキャンバスには市販化される前ににコンセプトモデルが存在しているんです。それが第44回東京モーターショーで出展されたコンセプトモデルのHINATAになります。

エクステリアは丸みを帯びたデザインでボディーカラーもパステルグリーンとホワイトカラーのツートンであり、ホイールまでもこの2色で塗られていました。

全体的な印象はまさに可愛らしさ全開のデザインです。

今見てもムーヴキャンバスと似通った部分も多いのですが、コンセプトモデルとして大きく異なる点はHINATAはBピラーがなく観音開きのリアドアを採用していることです。

この点に関しては東京モーターショーの出展時から、市販化の可能性はないだろうと思われていました。

私が見る限り実際に市販化されたムーヴキャンパスの方がデザイン的にはレベルが高いと思いますけどね。

ダイハツのムーヴキャンバスの前モデル

ムーヴキャンパスは新型車として発売となりましたが、実際には後継モデルとして同じコンセプトの前車が2台存在します。

その1台がムーヴ・コンテであり、もう1台がムーブ・ラテです。

ムーヴ・コンテ

ムーヴ・コンテは2008年8月から2017年3月まで生産されていたダイハツのハイトワゴンで、キャンバスと同じムーブの発生モデルとなります。キャンバスが発売された後も約半年間は生産されたために正式な後継モデルという形にはなりませんでしたが、事実上のモデルチェンジ前のモデルということになります。

ムーヴ・コンテはCMが人気でしたね。マスコットキャラクターの”かくかくしかじか”が人気となってダイハツのプロモーションにも多く使用されていました。

”かくかくしかじか”を憶えている人も結構いるんじゃないでしょうか?
コンセプトやターゲット層が同じであり、ユーザーもキャンバスに引き継がれる形で生産終了となりました
が、”かくかくしかじか”の当時の人気を考えると忘れられるように生産が終了しているのは少し寂しい気分になりますね。

ムーヴ・ラテ

もう1台のモデルがムーヴ・ラテです。

生産は2004年8月から2009年3月と少し前になるのですが、なぜこの車が2016年発売のキャンバスが後継車種かというとムーブ・ラテの後継車種が事実的にムーブコンテだからです。

つまりムーヴ・ラテからムーブ・コンテに、そしてムーヴキャンバスへと事実的にはフルモデルチェンジをしているということです。

新型車ということで歴史の無いように見えるキャンバスですが、実は決してすべてが新しい規格のモデルというわけではないんです。

ムーヴキャンバスのスペック

ムーヴキャンバスはムーブの派生車種ということで、基本的なコンポーネンツはムーブと共通のものを使用してあります。

しかも軽自動車ですから全長・全幅のボディーサイズに関しても変更はありませんし、新型車とはいっても安定的なスペックを誇るモデルだと言えます。

キャンバスのスペックで最も注目される点はエンジンであり、他のムーヴの派生車両がターボモデルを前面に出しているモデルも多い中、ガソリンエンジンの直列3気筒の自然吸気という個性的な選択となっています。

これはターゲット層である若い主婦や女性が基本的に買い物などで街乗りに使用することを考えてパワーはそれほど必要ないという考えにより選択されたものなんですよね。エンジン 水冷直列3気筒12バルブDOHCエンジン 総排気量 658CC

  • 最高出力 52PS最大トルク 60Nm
  • 燃費2WD 28.6km/L 4WD 27.4km/L

ボディーサイズに関してはベースとなったムーヴより若干全高が高くなっていて室内に関してもスーパーハイトワゴン並みとは行かなくてもハイトワゴンのムーブよりも広い室内を実現しています。

  • ムーヴキャンバス 全長3,395mm × 全幅1,475mm × 全高1,655mm
  • ムーヴ      全長3,395mm × 全幅1,475mm × 全高1,630mm

室内

  • ムーヴキャンバス 室内長2,115mm × 室内幅1,345mm ×室内高1,285mm
  • ムーヴ      室内長2,080mm × 室内幅1,320mm × 室内高1,280mm

衝突回避支援システム・スマートアシストIIを装備

そして注目なのは先進安全技術であり、ダイハツの開発する衝突回避支援システムスマートアシスト2を搭載しています。

スマートアシスト2の簡単な主な機能内容に関しての説明は以下のようになります。

先行者お知らせ機能

信号待ちの際に前方の車が発進したにも関わらず自車に動きがない場合にはブザーとメーター内に表示することで教えてくれるという機能です。

衝突回避支援ブレーキ機能

レーザーカメラとソナーセンサーの組み合わせを搭載することで前方の車両を認識して追突の危険性があると判断した時には緊急ブレーキを使用して危険状態の回避を行います。

衝突警報機能(対車両・対歩行者)

衝突警報機能は車での走行中に前方にある車や歩行中の人を認識をすることで衝突の危険性を把握して危険が高まった際にはブザーとメーターに表示をすることで警告してくれる機能です。

車線逸脱警報機能

走行中の道路の車線を認識し自車が車線からはみ出てしまいそうになった場合には運転ドライバーへブザーで警報し改善が見られない場合には車線からはみ出ないように修正操作を行うというものです。

誤発進抑制制御機能(前方・後方)

10キロ以下での走行中に障害物を認識した後に間違えてアクセルを強く踏み込んだ場合には自動的にエンジン出力を抑え、ブザーを鳴らし、メーター内に表示するという機能です。

 先行車発進お知らせ機能

信号待ちの際に前方の車が発進したにも関わらず自車に動きがない場合にはブザーとメーター内に表示することで教えてくれるという機能です。

キャンバスの注目の装備

その他にもキャンバスの注目装備があります。その2つをピックアップして紹介しましょう。

スライドドアとパワースライドドア

注目の装備の一つにパワースライドドアがあります。ワイヤレスの電子キーを使用することでスライドドアに触ることなくドアの開け閉めをすることができます。

さらにドアが閉まった後に自動でドアのロックを行うパワースライドドア予約録機能付きになっています。

電子カードキーを連動させねばドアのスイッチを押すだけでロック解除が自動にされてドアを開くこともできます。

ドアを開く幅がない駐車場や壁際などで非常に助かる装備ですよね。
標準装備はG“メイクアップ SA II”、G“SA II”、X“リミテッド メイクアップ SA II”、X“リミテッド SA II”になります。

置きラクボックス

そしてもう一つ注目の装備は置きラクボックスになります。聞き慣れないこの装備が何かというとリアシートの下が収納スペースとなっていてケースモードとバケットモードの2種類で使用することができます。

ケースモードは引き出しのように使用しパケットモードはその引き出し自体を出してユーティリティーボックスを立ち上げて使用することで用途が更に広がるものです。

買い物などの日常使いで後ろの席の下の足元の空間を有効活用するアイディアです

ムーヴキャンバスのボディーカラー

キャンバスのボディーカラーは単色のモノトーンが全9色となります。

これにストライプと呼ばれるツートンルーフカラーがあり、パールホワイトのルーフカラーが5色、スムーズグレーマイカメタリックのルーフカラーが3色となり合計で17色のボディーカラーから選ぶことができます。

最近のモデルとして考えても多くのボディーカラーの選択肢のあるモデルとなっています。やはりこれはファッション性やデザインを優先しているキャンバスから見ると当然のラインナップといえるでしょう。

シルキーブルーパール 21,600円高

パールホワイトⅢとのストライプスの設定 ストライプスは64,800円高パールホワイトⅢ 21,600円プラムブラウンクリスタルマイカ 21,600円高

スムースグレーマイカメタリックとのストライプスの設定 ストライプスは64,800円高ライトローズマイカメタリックⅡ

パールホワイトⅢとのストライプスの設定 ストライプスは64,800円高ブラックマイカメタリック

スムースグレーマイカメタリックとの2トーンカラーストライプスの設定 ストライプスは64,800円高ファインミントメタリック

パールホワイトⅢとのストライプスの設定 ストライプスは64,800円高ファイアークォーツレッドメタリック

スムースグレーマイカメタリックとのストライプスの設定 ストライプスは64,800円高ナチュラルベージュマイカメタリック

パールホワイトⅢとの2トーンカラーストライプスの設定 ストライプスは64,800円高スムースグレーマイカメタリック

パールホワイトⅢとのストライプスの設定 ストライプスは64,800円高

ムーヴキャンバスの車両価格

ムーヴキャンパスの車両価格はエンジンが1種類しかないために、各グレードからFFか四輪駆動かの駆動方式を選択するシンプルなものとなっています。

駆動方式を決めた上で装備内容からグレードを選択するのでいいでしょう。

L

  • 2WD: 1,188,000円  燃費:28.6km/L]
  • 4WD:1,312,200円 [燃費:27.4km/L]

L“SA II”/L

  • 2WD: 1,252,800円 [燃費:28.6km/L]
  • 4WD:1,377,000円 [燃費:27.4km/L]

X

  • 2WD:1,296,000 円 [燃費:28.6km/L]
  • 4WD:1,420,200円 [燃費:27.4km/L]

X“SA II”

  • 2WD: 1,360,800円 [燃費:28.6km/L]
  • 4WD:1,485,000円 [燃費:27.4km/L]

X “メイクアップ SAII”

  • 2WD:1,414,800円 [燃費:28.6km/L]
  • 4WD:1,539,000円 [燃費:27.4km/L]

X“リミテッド SA II”

  • 2WD:1,425,600円 [燃費:28.6km/L]
  • 4WD:1,549,800円 [燃費:27.4km/L]

X“リミテッド メイクアップ SA II”

  • 2WD: 1,479,600円 [燃費:28.6km/L]
  • 4WD:1,603,800円 [燃費:27.4km/L]

G“SA II”

  • 2WD:1,490,400円 [燃費:28.6km/L]
  • 4WD:1,614,600円 [燃費:27.4km/L]

G“メイクアップSA II”

  • 2WD:1,544,400 円 [燃費:28.6km/L]
  • 4WD:1,668,600円 [燃費:27.4km/L]

ムーヴキャンバスの値引きと納車状況

ダイハツ 新型ムーヴ キャンバスの値引き相場

オプション含む平均値引き相場:13万円
車両本体の値引き目標額:12万円
ダイハツ 新型ムーヴ キャンバスの値引き難易度:C

(A:甘い ~ E:厳しい)

発売から期間が経過し、値引きを引き出しやすい状況になってきました。

新型ムーヴ キャンバスの納期:標準

納期:1ヵ月~2ヵ月
新型ムーヴ キャンバスは比較的新しい車種ですが、量販車という事もあり生産数も多く納期は安定しています。出来るだけ早いムーヴ キャンバスの納車を望む人は、ディーラーが予めオーダーしていた車両(人気のグレード・色・装備の組み合わせ)を選ぶ事で、即納に近い納車も可能です。

ムーヴキャンバスの紹介動画

ムーヴ・キャンバスは人気車種なだけに紹介の動画多くあります。

やはり女性目線で造られたモデルなだけに女性のモータージャーナリストの言葉は女性目線なので、説得力がありますよね。

販売チャネルでも商品紹介としてムーヴ・キャンバスを取りあげています。

販売する側としての説明もまた参考になりますよね。

ムーヴキャンバスのモデルチェンジ情報

ムーヴキャンバスのモデルチェンジに関しては初代モデルということもありモデルチェンジサイクルが分かりません。ですが通常のムーヴやタントの様な4年か5年のスパンでのモデルチェンジはないと予想します。

これはウェイクも同じですが、6年から8年という比較的長いモデルチェンジサイクルの車となることでしょう。

その事もありムーヴキャンバスのモデルチェンジ情報は現時点ではマイナーチェンジ情報となります。

ムーヴキャンバスのマイナーチェンジ情報

マイナーチェンジに関しては2017年の夏から秋にかけてマイナーチェンジが行われると思われます。エクステリアやインテリアなどの変更は質感や不具合の訂正はあっても目立った変更点はありません。

このマイナーチャンをする理由は1つです。それがスマートアシストⅡを進化させたスマートアシストⅢの搭載です。

そしてその先の2018年以降ではターボモデルが追加となることでしょう。

ではスマートアシストⅢとターボエンジンに関して下で見ていきましょう。

スマートアシストⅢの搭載

スマートアシストⅡでは単眼カメラ&レーザーレーダースマートだったのに対してアシストⅢではステレオカメラのデュアルに変更されています。

これにより対歩行者も対象可能となり衝突回避・軽減ブレーキアシストが追加となっています。

ライバルのスズキはデュアルカメラブレーキサポートで対歩行者に対してブレーキアシスト対応済みですから追いついたことになります。

ただしレーザーレーダーでなくなったことにより、夜間の認識性能は残念ながら落ちてしまいました。レーザーレーダーは夜間に強いですから仕方のないことかもですね。

そしてオートハイビームも備えます。対向車を自動的に認識をしてハイビームとロービームを自動で切り替えてくれます。

詳しくは下の動画でも説明しています。

ターボエンジンの搭載

現時点ではダイハツは公式発言としてムーヴキャンバスにターボ車を設定する予定はありませんと言っています。

しかしこれは発売前の企画の段階からムーヴキャンバスのマーケット予想からの決定事項です。

実際の販売状況しだいでターボエンジンの追加は何の支障もありません。

ダイハツにはターボエンジンもありますしムーヴキャンバスに搭載することも可能です。生産ラインの確保も問題ありません。

ムーヴキャンバスに搭載されているエンジンはKF型エンジンでそのターボ化されたエンジンのスペックは下になります。

KF-DET型 658ccDOHC12バルブターボエンジン

  • ボア×ストローク 63.0×70.4(mm)圧縮比 9.0
  • 最大出力 47kW(64ps)/5,700rpm  最大トルク103N・m(10.5kg・m)/2,800rpm

後はタイミングだけの問題なので、現場サイドからお客様の声や販売台数の下降や購入者層の開拓など状況の変化で実施される可能性は高いでしょう。

期待したいところです。

ダイハツのムーヴキャンバスのライバル車種は?

キャンバスのライバル車種というと個性的なモデルなだけに少し難しいかなと思います。

車のコンセプトというよりは主婦層が選ぶ軽自動車でとして考えると人気のN⁻BOX やタントと比べる人は多いでしょうし遊びに使う軽自動車として考えれば同じダイハツのウェイクが購入比較対象車となるのではないかと思います。

ダイハツ・ウェイク

ダイハツのウェイクはアウトドアやレジャーなどに特化したモデルであり、車の走行性能よりも生活に密着した使用性を重視した点がキャンバスに近いモデルと言えるかもしれません。

ただし対照的なのがキャンバスが女性を意識したデザインなのに対して、ウェイクは男性向けのデザインとなっている点です。

その点でで大きく判断が分かれるところかもしれませんね。

詳しくは下の記事でウェイクについて読んでみてください。

雑誌が書けないダイハツ新型ウェイクの評価評判&モデルチェンジ情報

ダイハツ新型タント

abbbbbb (640x348)スーパーハイトワゴンと言えば、軽自動車で使い勝手か良くて広い車と言えば、やはりダイハツのタントですね。

現行モデルから両側スライドドアも採用となり使い勝手では最強となりましたしね。

でもそんなタントも更に進化するんです。ダイハツがタントに掛ける思いは”王座奪還”っ!

どんな車に仕上がるのでしょうか?

ダイハツ新型タントのモデルチェンジは2018年?究極のトールワゴンへ!

ホンダ新型Nボックス

aeee (544x396)Nボックスは新車販売台数No1となったモデルですが、フルモデルチェンジを行いプラットフォームからエンジンまで全て新しくするという異例の改善を施しました。

それだけ力を入れているという表われですね。そんなこともあり、軽自動車ではホンダというブランドは強いですね。

ホンダが本気で開発した初めての軽自動車がNシリーズですからね。

ホンダ新型N-BOX(エヌボックス)がモデルチェンジで燃費向上!2017年発売に

管理人の言いたいことを言っちゃうコーナー

この項目は管理人の言いたいことを好きに話してしまう主観に基づいた内容ですから飛ばしていただいても構いません。

個人的に私はムーヴキャンバスを非常に気に入っています。

ダイハツの開発者の説明では女性向けということで説明してありますが、このエクステリアデザインは、女性だけでなく若い男の子や年配の男性にも非常に受けるデザインだと思います。

気になる点をはっきり言ってしまえば誰もが感じたと思うのはフォルクスワーゲンの昔の名車ワーゲンバスに似ているという点です。これはダイハツで何と説明しようといユーザーサイドは心の中でほくそ笑んでいる話になるでしょう。

もう少しオリジナリティのあるデザインであれば良かったのかもしれませんが、ミニやフィアット500のようにリメイクのモデルも多く発売する現代ですからこのキャンバスの可愛さはアリかなと思います。

私は個人的には車で最も大切な部分としてエクステリアデザインを上げる人間なのでムーヴキャンバスはこのデザインだけで乗る価値があると思います。

車の内容を見てもベースがムーブですから平均以下ということはありませんし、室内の広さや使い勝手の良さは十分に研究されていると思います。

スポーツカーのような走りの質感や気持ちの高揚は確かにないかもしれませんが、好きな車種を所有するワクワクした気持ちはこの車にはあると思います。

そしてそのデザインも飽きがくるものではなく少し年数が経ってくくたびれてきた頃でも、逆に味となれるようなクラシックカーのような優秀なものではないでしょうか。

自分の家の駐車場に置いておくだけでも華となり生活が艶やかになるような数少ない車だと私は思います

そういう意味でムーブキャンバスは私の中では非常に評価の高い絶賛するモデルです。

ダイハツのムーヴキャンバスのモデルチェンジのまとめ

これまで見てきたようにムーヴキャンバスはダイハツの想定以上に評判が良いということは現在の売れ行きを見ればよくわかります。

ここまで売れているのですから当然メインターゲットとして考えていた若い主婦層だけでなく男性にも受け入れられている車となりました。

そういう意味では本来の予想とは少しずれるわけですから、ターボエンジンの搭載だけは早急に対応してくるのではないかと思います。

モデルチェンジという意味で言えば安全性能と燃費性能に関しては最新のものが必要となるかもしれませんが、他のコンポーネンツに関してはそれほど最新の性能でなくとも問題のないコンセプトの車ですからコストパフォーマンスの高い息の長いモデルとなりそうです。

ムーブ・ラテ、ムーヴ・コンテと続いたこのコンセプトが、ムーブキャンパスでついに花開いたということとで、名車となっていく予感がします

多くの人がムーヴキャンパスを買って走りを楽しむというよりキャンバスのある人生を楽しんでもらいたいです。

ムーブキャンバスなどの車を買おうか考えている人に必ず車が安く買える方法があります。簡単な方法ですので是非実行して大好きな新車を安く買って快適なカーライフを手に入れて下さいね。

絶対知っていた方が良い!車を安く買う簡単なコツとは?

車を安く買うのには値引き交渉は必ず必要ですが、それにはちょっとしたコツがあるんです。

知らないと後で”ディーラーに騙されたぁ!”って悔しがる人もいるんですよ。

その詳しい内容は右の記事で説明ましたので参考にして下さい⇒”誰でもできる車を20万円以上安く買う方法”

簡単な方法ですので是非実行して大好きな新車を安く買って快適なカーライフを手に入れて下さいね。

スポンサーリンク




スポンサーリンク