新型プリウスの納車を最短にして買う方法:すぐに乗りたい人へ

zxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

新型プリウスの納期を最短にして乗る方法

新型プリウスは今回のモデルも人気車種になりました。

実に納車までの期間は平均4か月です。先代のプリウスの1年後の納車よりはマシですが、やはり新車を買う身としては1日でも早く乗りたいものですよねぇ。

実際に多くの人が新型プリウスの納車期間を気にしていると思いますが、今回はその納車を可能な限り短くしてすぐに新型プリウスに乗るための方法を書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

新車っ!良い響きの言葉ですねぇ。

予約をして後は納車されるのを待つだけ、この時がもしかすると1番幸せな時なのかもしれません。

でも、それも流石に1か月待ちぐらいまでのもので、3か月4か月なんてなるとちょっと興ざめです。

特に新型車の場合は、街中でまだ少ない新車の車に乗っていることも喜びの1つですから、納車されない時間はどんどん大切な時が終わっていくカウントダウンとなってしまいます。

そこで納車まで平均4か月待ちといわれる新型プリウスをどうすればは約納車されるのか、その購入のコツを見ていきたいと思います。

ポイント① バックオーダーの少ないディーラーを探せ!

プリウスは先代が発売になってから超が付くほどの人気車種です。先代のプリウスが1番バックオーダーを抱えたときには納車は1年後という驚異のバックオーダーでした。

新型プリウスも先代ほどではなくとも、超人気車種であることには変わりません。

逆に言えばプリウスはセールスマンが努力しなくても勝手に売れてくれるのです。

しかもプリウスはトヨタのディーラー4系統(トヨタ店・トヨペット店・カローラ店・ネッツ店)すべての販売店で売られています。

こうなるとその地区ごとのディーラーによりプリウスの販売に対する取り組み方にムラが出ています。

つまりプリウスのバックオーダーを集めるよりも今も売ることが出来る車種を優先して売っていこうとするディーラーが存在するために、新型プリウスのバックオーダーの数に各ディーラーに差が生じているのです。

もうお分かりですね?

バックオーダーが少なければ当然納期までの期間は短くなると言うことです。

少なくとも自分の地域のトヨタ系ディーラー4店は周って一番バックオーダーの少ない納期が早いディーラーを探し出して下さい。

かなり大きな差になっていますので、自分の足で歩いて1番早い納期のディーラーを探し出して下さい。

ポイント② Sグレードを狙え!

新型プリウスの1番人気グレードは装備も充実したAグレードです。

Aグレードには標準装備でも下位グレードではオプションで選べない魅力的な装備があるので気持ちは良く分かります。

ところがトヨタが生産のメイングレードとして生産ラインを多く整えているのはSグレードなんです。

このトヨタ自動車の予測の違いにより、需要と供給のバランスがグレートにより違いが生じています。

つまり人気が薄く生産量の多いSグレードの方が納期は確実に短いのです。

リセールバリューの問題など不利な面もあるのですが、1日も早く新型プリウスに乗りたいならSグレードがおススメになります。

ポイント③ 在庫車やキャンセル車を探せ!

ディーラーは注文されて入荷した車がキャンセルになったり、様々な事情で在庫車として抱えている時があります。

当然自分の買いたい色やグレードではないかもしれませんが、管理するだけでもコストが掛かるために通常より値引きをしてくれることが良くあります。

しかも最大のメリットはこれらの在庫車は即納可能だということです。

兎に角すぐにプリウスに乗りたいというのであれば選択するのもありだと思いますよ。

zxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

ポイント④ 一般の自動車屋さんから新車の在庫車を探せ!

どんなに人気車種でもメーカーのディーラーに拘らなければ結構車はあります。

それは新型プリウスでも例外ではありません。

一般の販売店は独自ルートを持っていたり自社で注文して抱えている在庫車を持ってるからです。

そのため正真正銘の新車を売ることが出来ているのです。

当然在庫車ですから納車は整備期間だけの即納することが可能です。

例えば新車の在庫車を見てみましょう。

新車未登録車と明記されていますよね。

zzbbbb

下の写真の店舗では色も好きなものが選べるとなっていますね。

資本力があるところは在庫数も多いのでかなり選択の幅があったりもします。

zzbbb

ポイント⑤ 中古車屋さんから新古車(未使用車)や中古車を探せ!

未使用車という言葉を知っていますか?少し前までは新古車と言われていたものです。

何らかの事情で登録はされているのでナンバーや車検証はありますが、実際に使用はされていない車のことを言います。

使用されていませんから程度は新車と変わらず最高なわけです。

これもどんなに人気車種であっても中古市場には流通します。

ただし問題は価格です。

人気車種で希少性が高いとなると新車よりも高いなんてこともあるのですが、普通の車種は新車より安くてお得という話になります。

新型プリウスは、新車とほぼ同じ程度の価格ですね。

金額的には魅力あるものではないですが、やはり直ぐに乗れることは大きな魅力です。

この未使用車・新古車も選択の1つでしょう。

下の写真は走行距離は新車のテスト走行のみ5キロとなっていますが、車検の期日が2018年の12月となっていますね。

つまり2015年12月に登録されています。

実際の情報を見てみたい人はこちらがおススメ⇒中古車無料検索 ズバッと 

zzbこの新型プリウスもテスト走行のみの5キロしか走っていませんが、登録は2016年6月にされています。
zzbb

プリウスの納期を最短で乗る方法のまとめ

これが新型プリウスに最も短い納期で納車してもらい乗る方法の5つのポイントになります。

今回はディーラーでは約納車してもらうというだけではなく、ディーラー以外の自動車販売店や中古車屋さんも選択肢に入れてとにかく早く新型プリウスに乗れることを考えたものです。

最新の車はそれだけで話題性がありますから、価値がありますよね。

増してやプリウスだと気にしている人も多いですからね。

上のことを参考にして1日でも早くプリウスを納車してもらって快適なカーライフを送ってください。

プリウスなどの新車を買おうか考えている人に必ず車が安く買える方法があります。簡単な方法ですので是非実行して大好きな新車を安く買って快適なカーライフを手に入れて下さいね。

”車を買うときに得する方法”を紹介をしたいと思います。

新しい車が欲しいなぁって思ったら欲しい車をディーラーに見に行って試乗したりしますよね?その時は好きな車を目の前にして本当にワクワクして楽しいものです。そして殆どの人はそのハイテンションのまま見積りを受け取り値引き交渉を始めていると思います。

これっ、絶対に止めて下さいっ!

これでは丸腰のままで戦に出るようなものです。車の購入の値引き交渉は戦いなんです。戦というものは戦いが始まる前に8割は結果は決まっています。必ず準備をして臨むようにしましょう。

準備をして交渉に臨むこれ正に勝つべくして勝つです。

1.最大値引きを勝ち取るには販売店同士で競合させるのがベスト

本命のディーラーに新車を見に行く前に必ず競合させる車種と販売店を想定して下さい。同じ車で違う系列店ならベストですし他社のライバル車と販売店でも良いです。

先ずはライバル店に訪問して見積りを出して貰いましょう。そしてその見積りと情報を持って必ず最後に本命の販売店に行きましょう。

2.重要なのは値引きより下取り!そしてディーラー下取りは安いという現実

大切なことなのでもう1度書きます。

車を安く買うのに大事なことは、値引き額よりも下取り査定額の方が重要

と言うのは車両値引き10万円を引き出すのは本当に大変なんです。でも買取りの専門業者の下取り価格ならディーラーと比べて10万円どころか2・30万円以上も高額なことも普通だからです。

知人のレクサスでは70万円以上も高かったです。でもこれは車両価格の高いレクサスだからですけどね。

実際の買取り専門業者への依頼方法とはインターネットで簡単な必要事項を入力するだけです。その後に電話があり向こうから車を見に来てくれます。

高額査定を引き出すコツは、依頼する買取りサイトは複数社の見積りが一括で取れる査定サイトを選ぶこと、そして最低2社へ依頼することです。これは1社の一括査定で複数社に依頼しても業者同士が顔なじみで談合されることもあるからです。

2社に同時に依頼をして競争原理を確実に働かせて買取り額を高めて下さい。私のおススメの買取り査定はかんたん車査定ガイドカーセンサーネット査定です。

おススメの理由は、どちらもガリバー等の大手を含めて一括で依頼出来る点と更にかんたん車査定ガイドは入力と同時に下の画面の様にあなたの車の相場額が表示される点にあります。

もし今すぐに売る予定はなくても自分の車がいくらの価値なのかは今後を考える上で知っておいて損はないでしょう。予想以上に高額な査定額だったから今すぐに好きな新車に買い替えることにしたという嬉しい話も珍しくないんです。

かんたん車査定ならその場で入力するだけで価格が分かりますからね。

あなたの車も調べてみたら予想以上に高額な値がついて驚くかもしれませんよ?

dddddddddddddddd

この2つのサイトでの見積り依頼をすれば競争原理が働き高額査定が出る可能性はかなり高いです。更に確実とするなら業界で評価の高いズバット車買取比較にも頼めば確率は上がります。

でも査定業者が多くなり過ぎると対応が大変ですからかんたん車査定ガイドカーセンサーネット査定だけで十分だとは思いますよ。

そして見積書を持ってディーラーに行って下さい。そうすれば買取り業者の見積額を基準に下取り価格を提案してきます。その額と比較して高い方に売れば良い訳です。基準がないとディーラーが安い見積りを出しても分からないですからね。

この様に万全な準備をして値引きと下取りの両方から最大値引きを引き出しましょう。

特に下取りはディーラーの見積もりだけでは違いも分かりませんし、カーナビやエアロや海外旅行の代金ぐらいは簡単に差が出ますから試してみることをおススメします。

おススメはこの2社⇒かんたん車査定ガイドカーセンサーネット査定

スポンサーリンク




値引き交渉の詳しいテクニックを知りたい人には⇩の記事で説明しています。

誰でも出来る!20万円以上新車を安く買う4つの法則


スポンサーリンク