新型プリウス4WD(四輪駆動)の驚愕の燃費はなぜ実現出来たのか?

新型プリウス4WD(四輪駆動)の驚愕の燃費の理由を考察

新型プリウスの購入を考えている人で燃費を気にしてない人はいないでしょう。

プリウスは燃費向上が命題の車ですから当然なのですが、そんな新型プリウスには4WDつまり4輪駆動車があります。

これは東北部や北海道地区の冬に雪が降る地区に住んでいるユーザーからの当然の人気なのですが、実は4WDと燃費性能は非常に相反する課題なのです。

その課題に今回の新型プリウスはJC08モード燃費が34km/Lという驚愕の数字をたたき出してきました。

いやはや、この驚愕の数字はどのようにして達成したのか考察していきたいと思います。

スポンサーリンク

4WD(4輪駆動車)は高性能だが燃費は悪い

まず初めに一応説明しますが、4WDとは4つのタイヤ全てがエンジンからのパワーを受けて回転している車のことを言います。

これに対して前輪2つが駆動している車はFF、後輪が駆動して進む車をFRと呼びます。

4WDはFFやFRに対して悪路や雪の時に滑りにくいために雪の降る地方の人からは大変強いニーズがあります。

そういう点が良い面なのですが、これに対する悪い面もあるんです。

4WDの最大のデメリットは燃費が悪いこと

4WDは駆動するタイヤの数が2WDに対して倍になります。そのため車を構成するパーツが多くなるために車重が重くなってしまうんです。重いわけですから燃費は悪くなります。

もう1つの原因は、エンジンのパワーを伝えるタイヤも倍になるので、それだけ多くのパワーをロスしてしまいます。それだけ多くのパワーが必要という事ですから、燃費が悪くなるわけです。

新型プリウスはE-Four(HV4WD)により燃費を向上

ではこのように燃費の向上には不利となる4WDシステムを積んだ新型プリウスがどのようにJC08モード燃費34km/Lを達成できたのでしょうか?

因みにJC08モード燃費34km/Lという数字は3代目プリウスの通常の2WD車のJC08モード燃費32.6km/Lを上回っているわけですから驚きますよね。

zxx

E-Fourの特徴

新型プリウスに搭載された4WDシステムはE-Fourです。これはフルタイム4WDという4輪を常に駆動させている車に対して、普段は2WDの前輪のみで走行をして走行状況や路面状況に応じて後輪も駆動させるというシステムです。

つまり発進加速時や雪路などの滑りやすい路面走行時などで4WDとして駆動していますが普段はパワーロスをしにくいFFにして燃費向上を狙っているわけです。

但しこれまではE-Fourはコンパクトではなかったために、ハリアー・レクサスRXやアルファード・ヴェルファイア・エスティマ等のSUVかミニバン等の大型車にしか搭載することが出来ませんでした。

このE-Fourを新型プリウス様に約75%の小型化に成功してE-Four(HV4WD)として搭載しました。

しかし約75%の小型化って凄いですよねぇ。

E-Four(HV4WD)による燃費向上

E-Four(HV4WD)による燃費向上の取り組みのまとめ

  • E-Four(HV4WD)約75%の小型化により4WDシステム自体が軽くなったためです。
  • 必要な時だけエネルギーロスの激しい4WDとなるため通常の4WD車よりもパワーロスが少なくなりました。
  • 磁石レスの誘導モーターにより磁力による抵抗を減らしてエネルギーロスを減らしました。
  • 内部オイルの性能を向上して抵抗を減らし燃費を向上させています。
zxxx

新型プリウスのその他の燃費向上理由

E-Four(HV4WD)以外での燃費が向上された理由に関しては多くあります。

ボディーデザインによる空気抵抗の低減やハイブリッドシステム自体の小型化等ですがこれは新型プリウスとしての性能向上で4WD車の独自の性能向上としては、やはりE-Four(HV4WD)が最も大きな理由と言えます。

JC08モード燃費34km/Lの実際の燃費は?

JC08モード燃費34km/Lと言う数字は凄いことですが、これは一定の統一条件下での燃費比較のための数字です。

そのため実際に街を走行した時の燃費の数字とは異なります。一般的には実際の燃費数字は6割から7割程度になると言われています。

つまり34kmの6割だとすれば、20.4kmは走ることになります。

実際には20kmだとしても4WDなら凄い数字ですよね。これは雪国などの4WDの車を買いたい人にとっては凄く魅力的な車になっていると言えます。

zgggggggggg

4WDの新型プリウスの価格差19万4400円は高いのか?

新型プリウスの最も売れているグレートは、Sですが4WDとの価格差は19万4400円になります。この差は確かに少ない価格差とは言えないとは思いますが、4WDの走破性能は魅力的です。

しかも新型プリウスの人気は変わらず高く半年以上の納車待ちです。そして4WDに関してはこの4代目のプリウスで初めての搭載です。

現在は中古車の4WDのプリウスはありませんので、これから中古市場に出回る新型プリウスの4WDは人気が出ることは間違いないと言えます。

3年後5年後の車検時に下取りに出した時の買い取り価格に関しては、19万4400円以上高額の買い取り額となることもあり得ると思います。

そう考えると新型プリウスの4WDは大変お買い得な車と言えるでしょうね。

新型プリウス4WDの驚愕の燃費の理由のまとめ

こうしてみると新型プリウス4WDの素晴らしい燃費はトヨタ自動車の向上心と挑戦の結果だという事が良く分かりますね。

本来は燃費が悪いことが特徴ともいえる4WDをベースに驚異の燃費を達成するのですから脱帽ですね。

プリウスはやはり日本の最先端の技術の象徴的車とされるのが納得です。

今の日本全体にこういったコダワリのある”モノづくり”の精神が必要な気がします。
絶対知っていた方が良い!車を安く買う簡単なコツとは?

車を安く買うのには値引き交渉は必ず必要ですが、それにはちょっとしたコツがあるんです。

知らないと後で”ディーラーに騙されたぁ!”って悔しがる人もいるんですよ。

その詳しい内容は右の記事で説明ましたので参考にして下さい⇒”誰でもできる車を20万円以上安く買う方法”

簡単な方法ですので是非実行して大好きな新車を安く買って快適なカーライフを手に入れて下さいね。

スポンサーリンク




スポンサーリンク