新型プリウスのSUVが2016年に発売予定!プリウスは今買うべきか?

zj

2016年にプリウスのSUV版の新型車を発売!

新型プリウスは予定通りの人気ぶり

新型プリウスが遂に発売になり早くも評判になっていますね。

その驚愕の燃費性能だけではなく近未来的なデザインや最新技術のボディーカラーなどその人気も当然と言える内容の車に仕上がっていると思います。

でも、ここでプリウスを購入したいと思っている人も少し考えた方が良い大切なことがあります。

スポンサーリンク

プリウスのSUVの派生車種「C-HR Concept」が発売予定

プリウスにも以前から派生車種はありました。

ただし今回は今人気のジャンルであるコンパクトサイズのクロスオーバーSUVです。

日産のジュークやマツダのCX-3などの人気車種もあるジャンルなんです。

その人気のジャンルをプリウスのコンポーネンツとハイブリッドシステムで新車種を造ろうとしているのですから、売れるのは確実でしょう。

ただし車体としてはプリウスより背が高くなり空気抵抗が上がってしまうために燃費はプリウスよりは悪ってしまうのは必然でしょう。

その車のコンセプト名は「C-HRコンセプト」です。

2014年のパリモーターショーにてコンセプトモデル「C-HR コンセプト」として3ドアモデルが初めて発表されました。

翌年の2015年のフランクフルトモーターショーでは「C-HR コンセプト」の5ドアバージョンが発表になりました。

そして東京モーターショー2015で日本初公開された車が、そのプリウスの車体とエンジンを使って作られた新型SUVです。

トヨタが遂に最新のハイブリッドシステムを使ってコンパクトクロスオーバーSUVを発売するということです。

zjjj

エンジンは2種類

エンジンに関してはプリウスと同型の1.8L直4ハイブリッドエンジンとオーリスに搭載されたダウンサイジングの1.2L直噴ターボの2種類を予定しています。

車重・空力特性ともに新型プリウスより不利な条件があるためプリウスのJC08モード燃費40km/Lには及びませんが、それでもJC08モード燃費36km/Lは確実に走るのではないかと言われています。

ボディーとその他の周辺技術

そしてこの車の目玉は、前プリウスには無かった4WDの設定があり1.8L直4ハイブリッドシステム+4WDという組み合わせでSUVのニーズに対応することで、今流行のコンパクトなクロスオーバーSUVとして他のメーカーへトヨタの技術を見せようとしています。

トランスミッションに関しては、1.8L直4ハイブリッドモデルは、新型プリウスでも採用された並行ギア採用のTHS-IIIが組み合わされ、1.2L直噴ターボの方はCVTと6速MTの2種類が選択可能となる予定です。

その外装とデザイン

このデザインはダイヤモンドをイメージして書き出されたそうで複雑な面構成をしていますね。

そしてフロントマスクはトヨタ共通のキーンルックで仕上げてありコンセプトモデルということもあり少し派手すぎますが間違いなくカッコいいですよねぇ。

このデザインをベースに市販車としてどのレベルまで落とし込んでくるのか今から非常に楽しみなものです。

赤いボディーカラーの写真は3ドアハッチのものでしたが、下の写真ののグレーのモデルは5ドアタイプのハッチバックのボディータイプのものです。

この後ろのドアが無いようなギミックされているボディーデザインは、私が記憶する限りはアルファロメオの156が最初に採用したものと思います。

当時は驚きのデザインでしたが最近は多くの車で見るようになりました。

では実際に公開されているプリウスのSUVの写真を見てみましょう。

zjjjj

これは派手ではありますが、躍動感のある良いデザインですね。

zjjjjjjj

ハッキリ言ってジュークは子供っぽいところがあったのですが、この車にはありません。

zjjjjjjjjjコンパクトSUVということですが、車体の小ささは感じませんね。

zjjjjjjjjjj

塊感、高級感が半端ないです。

これはカッコいいです。

zjjjjj

このデザインの車に世界最高のハイブリッドエンジンが積まれる!

なんてことをしてくれちゃうんですか、トヨタさん!

zjjjjjj

東京モーターショーでトヨタがC-HRを説明している動画もあるんです。

プリウスのSUV版の新型車のまとめ

どうですか?プリウスを買おうとしている皆さん!

このC-HRは2016年内は確実と言われていて、早ければ3月という声もあります。

3月だとしたら後約3か月で登場することになります。

この車が登場するなら今プリウスを買うのを考えちゃいますよねぇ。

このデザインですよ、カッコいいじゃないですか。

しかしこんなアグレッシブで先進的なデザインのコンパクトクロスロードSUVの4WDに、最新のハイブリッドシステムの組み合わせとは凄いことですよね。

デザインが好きでSUV買ったら、プリウスと同じハイブリッドだった!

そんな時代になってきたんですねぇ。この車は2016年の注目の新型車ですね。

”車を買うときに得する方法”を紹介をしたいと思います。

新しい車が欲しいなぁって思ったら欲しい車をディーラーに見に行って試乗したりしますよね?その時は好きな車を目の前にして本当にワクワクして楽しいものです。そして殆どの人はそのハイテンションのまま見積りを受け取り値引き交渉を始めていると思います。

これっ、絶対に止めて下さいっ!

これでは丸腰のままで戦に出るようなものです。車の購入の値引き交渉は戦いなんです。戦というものは戦いが始まる前に8割は結果は決まっています。必ず準備をして臨むようにしましょう。

準備をして交渉に臨むこれ正に勝つべくして勝つです。

1.最大値引きを勝ち取るには販売店同士で競合させるのがベスト

本命のディーラーに新車を見に行く前に必ず競合させる車種と販売店を想定して下さい。同じ車で違う系列店ならベストですし他社のライバル車と販売店でも良いです。

先ずはライバル店に訪問して見積りを出して貰いましょう。そしてその見積りと情報を持って必ず最後に本命の販売店に行きましょう。

2.重要なのは値引きより下取り!そしてディーラー下取りは安いという現実

大切なことなのでもう1度書きます。

車を安く買うのに大事なことは、値引き額よりも下取り査定額の方が重要

と言うのは車両値引き10万円を引き出すのは本当に大変なんです。でも買取りの専門業者の下取り価格ならディーラーと比べて10万円どころか2・30万円以上も高額なことも普通だからです。

知人のレクサスでは70万円以上も高かったです。でもこれは車両価格の高いレクサスだからですけどね。

実際の買取り専門業者への依頼方法とはインターネットで簡単な必要事項を入力するだけです。その後に電話があり向こうから車を見に来てくれます。

高額査定を引き出すコツは、依頼する買取りサイトは複数社の見積りが一括で取れる査定サイトを選ぶこと、そして最低2社へ依頼することです。これは1社の一括査定で複数社に依頼しても業者同士が顔なじみで談合されることもあるからです。

2社に同時に依頼をして競争原理を確実に働かせて買取り額を高めて下さい。私のおススメの買取り査定はかんたん車査定ガイドカーセンサーネット査定です。

おススメの理由は、どちらもガリバー等の大手を含めて一括で依頼出来る点と更にかんたん車査定ガイドは入力と同時に下の画面の様にあなたの車の相場額が表示される点にあります。

もし今すぐに売る予定はなくても自分の車がいくらの価値なのかは今後を考える上で知っておいて損はないでしょう。予想以上に高額な査定額だったから今すぐに好きな新車に買い替えることにしたという嬉しい話も珍しくないんです。

かんたん車査定ならその場で入力するだけで価格が分かりますからね。

あなたの車も調べてみたら予想以上に高額な値がついて驚くかもしれませんよ?

dddddddddddddddd

この2つのサイトでの見積り依頼をすれば競争原理が働き高額査定が出る可能性はかなり高いです。更に確実とするなら業界で評価の高いズバット車買取比較にも頼めば確率は上がります。

でも査定業者が多くなり過ぎると対応が大変ですからかんたん車査定ガイドカーセンサーネット査定だけで十分だとは思いますよ。

そして見積書を持ってディーラーに行って下さい。そうすれば買取り業者の見積額を基準に下取り価格を提案してきます。その額と比較して高い方に売れば良い訳です。基準がないとディーラーが安い見積りを出しても分からないですからね。

この様に万全な準備をして値引きと下取りの両方から最大値引きを引き出しましょう。

特に下取りはディーラーの見積もりだけでは違いも分かりませんし、カーナビやエアロや海外旅行の代金ぐらいは簡単に差が出ますから試してみることをおススメします。

おススメはこの2社⇒かんたん車査定ガイドカーセンサーネット査定

スポンサーリンク




値引き交渉の詳しいテクニックを知りたい人には⇩の記事で説明しています。

誰でも出来る!20万円以上新車を安く買う4つの法則


スポンサーリンク