次期新型フリードの情報:2016年7月にフルモデルチェンジを予定!

2016年7月にフルモデルチェンジを予定している次期新型フリード情報

フリードのフルモデルチェンジの本来のスケジュールは2015年度内でした。

それが”フィット””ヴェゼル”などのハイブリッド車を中心に実に国内で合計約42万台のリコールという大規模な品質問題の対応に追われた。

そのために新型車の開発は遅れが生じたためにフリードに関しても約1年フルモデルチェンジのスケジュールがずれ込んでしまったわけです。

スポンサーリンク

フリードは小型のボディーサイズに三列シートの人気車種です。

ホンダ・フリードの直接的なライバルであるシエンタがフルモデルチェンジをして飛躍的に販売数を伸ばす中、ホンダとしては決して負けられない状況のなかでのフリードのフルモデルチェンジと言えます。

では、ホンダ渾身の次期フリードの内容予想を見てみましょう。

次期フリード搭載が予想されているエンジン

○ハイブリッドエンジン

現行フィットに搭載されているi-DCD(デュアル・クラッチ・ドライブ)が搭載され、ツインクラッチミッションも搭載して遂にモーターのみの動力での走行が可能となるとのこと。

更にこのハイブリッドエンジンを4WDとも組み合わせる予定とか。

○新型ダウンサイジングエンジン

フリードも時代の流れに乗りダウンサイジングエンジンの搭載が予定されていて、そのエンジンが1リッターの直列3気筒ターボエンジンです。

ただしこのエンジンの開発が遅れ気味との話で今回のフルモデルチェンジに間に合わず次のマイナーチェンジでの搭載になる可能性があると言われています。

○1.5リッターエンジン

上記の新型ダウンサイジングエンジンが間に合わないときにはシャトルに積んでいる”L15B型エンジン:1.5リッター直列4気筒DOHC エンジンが繋ぎとして搭載されると見られています。

エンジンに関しては何とかダウンサイジングエンジンを搭載させて貰いたいものですよね。この時期にモデルチェンジするモデルとしてはダウンサイジングエンジンは目玉ですからね。

むしろダウンサイジングエンジンが完成するまでモデルチェンジを遅らせるべきじゃないかとも思いますね。

次期フリードのエクステリアデザイン

今度のフリードではフロントデザインは一新してAピラーを立たせて三角窓も拡大して開放感を演出するデザインとなるようです。

フロントライトとシルバーのメッキグリルを一体化するようなデザインとなりシャープな顔立ちとなる一方で全体的には直線的なボディーラインをやや丸みを帯びたものへ変更されているそうです。

フロントのデザインは最近のホンダ車一連の流れのデザインです。

シャープな印象の都会的なイメージのもので若者受けは良さそうですが、年配者層には嫌煙されそうな気もするものです。

次期フリードのボディーサイズ

新型シエンタは現フリードと同じサイズにアップしたことで成功しましたが、次期フリードのボディーサイズは現行フリードとほぼ同じサイズです。

底床設計で超薄型燃料タンクとする最新の技術を使い室内空間を拡大してくるとのことです。

これは文章で書くと簡単ですし実際の車を見ても比較しないと分からない地味な面もあるのですが、最新の技術の粋を集めて行う素晴らしい革新です。

新型フリード情報のまとめ

次期フリードの内容はなかなか好感の持てるものだと思います。

エンジンはハイブリッドエンジンとダウンサイジングエンジンという環境を考えた時流を考えたものです。

またボディーサイズもシエンタよりも有利にするために安直なボディーサイズの拡大を行わず、技術で居住空間の確保に挑戦しています。

フロントデザインに関してもホンダ共通のフロントマスクとしてホンダブランドの確立という拘りを出してきています。

その拘りを品質問題の対応で大変な時に行っていることは称賛されることだと思います。

2016年での次期新型フリードの登場が楽しみになってきました。
絶対知っていた方が良い!車を安く買う簡単なコツとは?

車を安く買うのには値引き交渉は必ず必要ですが、それにはちょっとしたコツがあるんです。

知らないと後で”ディーラーに騙されたぁ!”って悔しがる人もいるんですよ。

その詳しい内容は右の記事で説明ましたので参考にして下さい⇒”誰でもできる車を20万円以上安く買う方法”

簡単な方法ですので是非実行して大好きな新車を安く買って快適なカーライフを手に入れて下さいね。

スポンサーリンク




スポンサーリンク