ダイハツ新型ミライースはモデルチェンジで燃費No1のエコカーに!

ダイハツは新型ミライースをフルモデルチェンジで発売!燃費NO1へ

現行のミライースダイハツが入魂で開発をした環境対策や燃費性能といった現代社会で求められるニーズに対応すべく開発された車でダイハツのイメージを担うモデルとして開発された車です。

実際に発売当初は軽自動車でNO1なのは勿論のこと全ての車でもエコカーを代表する車となりました。

それが2014年12月に発売したエネチャージ(マイルドハイブリッドシステム)と超軽量化ボディーを掲げたスズキのアルトがJC08モード燃費37km/Lをたたき出し抜かれてしまいました。

軽自動車でNO1を争うスズキに抜かれたことでダイハツがいつまでも後れを取っているわけにはいきません。

そうです、遂にダイハツの巻き返しが始まります。ダイハツのプライドとも言える新型ミライースが発売になります。

さぁ新型ミライースはどのような性能になるのでしょうか?現在分かっている内容を見ていきましょう。

スポンサーリンク

ダイハツのミライースとは

現行のミライースは2011年9月に発売されたモデルで、ハイブリットやクリーンディ―ゼルに続く第3のエコカーを合言葉にガソリン自動車での燃費NO1を目指すだけでなく、全てのエコカーの中でのトップを争える性能を持った車にすべく開発された車です。

ミラシリーズとしてダイハツの車種の中でのエントリークラスの車で、経済性を前面に出して気軽に変えるモデルとなっています。

発売当時はガソリン車としてNO1の燃費性能を誇り、FF車はJC08モード燃費35.2km/Lを誇りました。しかも4WD車においてもJC08モード燃費32.2km/Lとなり、FF車に比べて僅か3km/Lしか違わないということで4WDによる構造の複雑さやパーツ増により重量の増加等を考えると驚異的な数字ど驚かされました。zzaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa (566x386)

これにはダイハツの並々ならぬ苦労があり「低燃費」「低価格」「省資源」なクルマ造りを掲げて全社を挙げて推進します。

低燃費技術の”e:Sテクノロジー:Energy Saving Technology”の開発・進化を行い、燃焼効率向上とエネルギーロス低減を極めたエンジンとトランスミッションの改良により動力伝達効率を極限まで高めたCVTそしてシェルボディの骨格合理化などにより車両構造の見直しをして軽量化したボディーと徹底した基本からの見直しにより実現した数字です。

これだけの血のにじむような努力の上で造り上げたミライースでしたから、2014年にスズキが投入したアルトJC08モード燃費37km/Lにより大差をつけて抜かれてしまったことにはダイハツは本当に悔しかったことと思います。

ダイハツ・ミライースの名作CM集

ミライースって異常に名作CMが多いって知ってましたか?販売期間は2011年からなので実際の期間は約5年間なのですが、その間に多くのコンセプトと多くのタレントを使ったCMが数多く造られています。これだけ短期間にこんなに多くの有名タレントを起用した車て私は思いつきません。

しかもどれも名作CMと言って良い出来で私も良く覚えているものが多いんです。

先ずは一番よく覚えているブルースウィルス出演の発売時のCMですね。ウィットに富んだ良いCMでしたね。

そして深田恭子も可愛いらしくて良かったですよね。深田恭子のキャラクターに良く合っていたと思います。

微笑ましいです。

堤真一の主演です。ギャグがセンスが良いですねぇ。

印象に残りますね。

このCMも可愛かったですねぇ、猫の手も借りたいです。

そして私が一番良く覚えているのがこの瑛太のエコカーを考えるストーリーのあるCMです。このCMを見るとエコカーと環境性能とは現実的に生活の中でどの様なモノなのかが良く伝わる名作CMだと思います。

クリエイターの方、グッドジョブですっ!

新型ミライースのデザイン

では先ずはその新型ミライースのエクステリアデザインからいきましょう。

実はダイハツは2015年の東京モーターショーで”D-ベース”と名づけられたコンセプトカーを発表していました。このモデルは、ダイハツの提案する”ニューベーシックスモールカー・コンセプト”ということで発表されてモノでした。

具体的にはエコとスマートをテーマとしたスタイリッシュで先進的なデザインとダイハツの有する”e:Sテクノロジー:Energy Saving Technology”を更に進化させてガソリンエンジンの効率化を進め最大限の可能性を引きだすことで効率的なエンジンによる次世代環境対策車という車でした。

もう誰の目にも明らかでしたが、この”D-ベース”こそが新型ミライースです。

エコ性能を第一に開発されている新型ミライースですが、この”D-ベース”のデザインは相当洗礼されていてこの姿で新型ミライースが発売になればこのデザインに惚れて買う人が出るのは間違いないでしょうね。

どうですか?⇩コンセプトモデルということがあるのでカラーは未来的なものになっていますが、このまま市販化されても不思議がないぐらいの完成度ですよ。zza (640x394)フロントウィンドウはかなり寝ていますね。これはやはり燃費性能のために空気抵抗を減らすためなんでしょう。

でもデザイン上もこの傾斜が非情にスタイリッシュに見せています。
zzaa (640x373)  リアのドアノブの位置が分かりますか?エコだけでなくデザインに拘っていることが分かりますね。zzaaa (640x398)この三角のフロントライトがシンプルなのにカッコいいじゃありませんかっ!  zzaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa (630x493)
zzaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa (640x389) zzaaaaaaaaaaaaaa (640x481)  zzaaaaaaaaaaa (640x436)  zzaaaaaa (640x337)このバンパーの形状は空気抵抗が考慮されていそうな形をしてますよね。
zzaaaaaaa (640x399) タイヤとホイールが大きくてカッコいいですが、これには秘密があるんです。詳しくは後ほど。 zzaaaaaaaaa (640x402)  zzaaaaaaaaaaaaaaaaaaa (640x386)   zzaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa (640x388)インテリアのイメージも一新される可能性が高いです。

かなり市販車に近いことが予想され、そのためにワザとコンセプトモデル感を出すためにこの未来的なカラーリングにっしてあるのではないかと思われます。
zzaaaa (640x359)  zzaaaaaaaaaa (640x380)  zzaaaaaaaaaaaaaaaaaa (640x379)このCTVのレバーは凄い形状ですね。
zzaaaaaaaaaaaaaaaaa (640x372)  この辺は普通に販売車両でもおかしくないですよね。zzaaaaaaaaaaaa (640x423)流石にこのシートは変更ですね。オシャレだけど。
zzaaaaaaaaaaaaa (640x478)  zzaaaaa (640x417)動画もあります。これはダイハツが造った新型ミライースの走行イメージの動画です。

ダイハツ新型ミライースの予想基本スペック

では新型ミライースの細かなスペックなどを見ていきましょう。

新型ミライースのプラットフォーム

次世代プラットフォーム :DNGA(Daihatsu New Global Architecture)

ダイハツトヨタのグループ企業で今年には完全子会社になります。そのこともあるのか、トヨタ次世代プラットフォーム”TNGA(Toyota New Global Architecture)”を意識したネーミングをダイハツの新開発の次世代プラットフォームに付けました。

そのダイハツの新開発の次世代プラットフォームの名前はっ!DNGA(Daihatsu New Global Architecture)っ!

TNGAトヨタのTをダイハツのDに変えてみただけのもの、、、、、、、

まぁちょっとフザケタ感がありもするのですが、ダイハツは本気です。この次世代プラットフォームはスズキアルトの重量650kgを破るべき開発された超軽量なプラットフォームでこれからのダイハツ車は全てこのプラットフォームで造られていきます。

次で述べますがエンジンに関しては抜本的な変更はありませんから、この次世代プラットフォームDNGAこそが新型ミライースの改定のコアの部分と言えます。

そのダイハツ車の第一弾として新型ミライースは開発されています。zzaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa (568x412)

新型ミライースのボディーサイズ

全長3,395mmx全幅1,475mmx全高1,500mm 

ホイールベース 2,460mm

ボディーサイズに関して現行モデルに対しても大きな差はありません。

新型ミライースの駆動システム

ガソリンエンジン:直列3気筒 DOCH 660cc DVVT付DOHC12バルブ・EFI・自然吸気エンジン

KF-VE6型  最高出力 49ps/6,800rpm  最大トルク 5.8/5,200rpm

今回はエンジンは現行と同じKF型直列3気筒 DOCH 660ccを更に改良してKF-VE6型にして載せてくるでしょう。

現行のKF-VE5型で改善されたガソリンの点火エネルギーの圧縮比を高める為に高着火スパークプラグの導入や高いエンジン圧縮によるノッキングを防止する対策としてアトキンソンサイクル化やデュアルインジェクタを採用したり電気の発電時によるエンジンの負荷を軽減するための発電システムの手直しなど徹底して造り込まれていましたが、これをさらに改善してきます。

でも現行でもかなり削り込まれていましたから、このエンジンで更なる大幅な改善は流石に厳しいと思われます。zzaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa (544x408)

新型ミライースの車重

目標車両重量:650kg!

凄いですよねぇ、車重が650kgですよっ!

ダイハツスズキに負けじと次世代プラットフォームDNGAを使ってアルトと同じ650kgに挑戦ですね。

最大のライバルのスズキがなしえたものをダイハツとしては無理でしたとは言えないでしょう。

意地と意地のぶつかり合いですね。でも革新的な技術の向上ってこういった苦しい中での挑戦でしか生まれないだと思います。

新型ミライースのタイヤ

タイヤ・ホイール:18インチ

18インチ!?って、驚きますよね。

実はこれが次世代プラットフォームDNGAと並ぶ新型ミライースの秘策です。通常の燃費向上を狙ったモデルは小径のタイヤとホイールを履いているのが通常です。現に現行のミライースタイヤ・ホイールのサイズは14インチです。

ではなぜ18インチという驚くほどの大口径タイヤなのでしょうか?

実はこのタイヤは燃費向上を狙ったオロジックタイヤと言います。

ブリヂストンがエコ対策として低燃費の実現を目標として作り上げたタイヤで、転がり抵抗を極限まで減らすことを目的として、幅を狭めることで前面投影面積を小さくして空気抵抗値を下げ、またインチ数を大きくして共に高内圧化を行い路面との転がり抵抗を減らすことで燃費性能の向上を狙ったものです。

ダイハツはこのタイヤをブリジストンと共同開発しています。

今までの常識からすると大径のタイヤ・ホイールは見た目の良さと運動性能を狙ったものでしたから、新型ミライースオロジックタイヤ投入されれば見た目もカッコいいエコタイヤということになります。

でもタイヤの幅が狭いという欠点がありますが、バイクとは違い幅は一目見ただけでは分かりにくいですから多分問題ないでしょうね。

このタイヤは実用化したら凄いですね。zzaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa

新型ミライースの燃費性能

目標燃費:JC08モード40.0km/L

ライバルのスズキのアルトJC08モード燃費37.0km/Lで軽自動車の燃費性能NO1になりました。新型ミライースは当然としてスズキ・アルトの燃費性能を超えることは必須課題となっています。

しかし新型ミライースがこれだけではありません。

なんと現在の燃費性能NO1のプリウスの燃費JC08モード40.0km/Lを目標としています。

軽自動車でありハイブリッドを使わないだたのガソリン車である新型ミライースは、車両価格だけでなく税金などの初期費用はもちろんのことランニングコストも抑えることが出来るためにエコカーとして考えるとプリウスに圧勝と言えるかもしれません。

新型ミライースのトランスミッション

トランスミッション:CVTのみ

技術改正を進めて動力伝達効率を突き詰めます。更に極限まで効率を高めたCVTとなるでしょう。zzaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa (556x409)

新型ミライースの駆動方式

FFと4WD

駆動方式は2駆のFF4WDとなり現行と同じ選択肢となります。

新型ミライースの価格

現行車種の価格は最安値のグレードDは766,286円で、最高額は1,229,915円となります。新型ミライースに関してはダイハツとしてはこの価格とほぼ変わらない価格設定を実現する努力をしてくると思います。

ただしオロジックタイヤだけ考えても18インチホイールですからね。流石に値上がりは仕方ないと思います。

実際にプリウスJC08モード40.0km/Lの燃費性能の代わりにハイブリッドシステム代として本来の車格や装備よりも30万程度は高額なわけですから多少の値上げがあったとしてもプリウスと並ぶJC08モード40.0km/Lの燃費性能を実現していれば納得の価格設定と言えるのではないでしょうか。

新型ミライースの発売日予想

新型ミライースの実際の発売日ですが、ダイハツは2016年の8月にトヨタの完全子会社となり、この時期には重要な車種のモデルチェンジはあり得ません。

少し落ち着いたタイミングが予想されるので基本的には2016年内で開発が遅れたとしても2017年の前半には発売になるでしょう。zzaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa (567x393)

ダイハツ新型ミライースのライバルは?

色々な意味でミライースには本当に強力なライバルが存在しています。そんなライバルもここでモデルチェンジとなるモデルが多い様です。何車かをピックアップしてみました。

ホンダN-BOX

ae (640x412)軽自動車でのダイハツにとっての最大のライバルはホンダのN-BOXです。軽ナンバー1を自負するダイハツに取って軽自動車で販売台数NO1のN-BOXは本当に嫌な存在だからです。

N-BOXはホンダが久しぶりに本気で造った軽自動車で、似たような性能・価格・コンセプトであれば軽自動車メーカーのイメージの強いダイハツを避けて世界に誇るホンダというブランド名からN-BOXを選ばれるユーザーも少なからずいるようです。

そんなN-BOXも2018年にはフルモデルチェンジが控えています。新型情報は⇩の記事で説明していますので詳しく知りたい人は読んでみて下さい。

ホンダ新型N-BOX(エヌボックス)がモデルチェンジで燃費向上!

スズキ・ワゴンR

fffffffffffffダイハツに取っての宿敵は何と言ってもスズキです。そのスズキの看板車種であるワゴンRは、2016年内にはフルモデルチェンジをすることになります。スズキ自慢の軽量プラットフォームへと切り替わり魅力あふれるモデルとなることが推察されています。

スズキはこの新型ワゴンRで軽自動車の王者の名を取り戻すことが出来るのでしょうか?

新型ワゴンRがフルモデルチェンジして2016年秋発売!その内容が凄い

トヨタのアクア

ddddddddddddd (640x320)軽自動車ではないアクアもライバルと言えます。それは第3のエコカーというミライースには宿敵とも言えるハイブリッドカーの王者だからです。実際にアクアとミライースのどちらが良いか、経済性と軽自動車・小型車で比べる人も多いのではないでしょうか?

しかもフルモデルチェンジするアクアは驚愕の燃費のようです、詳しくは↓の記事を読んで下さい。

2017年に登場するトヨタ・新型アクアの燃費に驚愕!フルモデルチェンジの内容とは?

ダイハツは新型ミライースを2016年秋にモデルチェンジのまとめ

どうでしたか?かなり革新的な試みがされるミライースです。

特にオロジックタイヤが実用化されればタイヤとホイールのサイズという意味では今までの常識が全く変わってしまう話ですからね。燃費性能が上がる18インチホイールなんて驚きですよね。

アルトエネチャージつまりマイルドハイブリッドと使っての燃費ですが、新型ミライースは普通のガソリンエンジンで叩き出す燃費性能なんですから凄いことです。しかも燃費JC08モード40.0km/Lでなんてプリウスと並ぶ燃費性能ですから、ホント驚愕です。

しかもデザインも”D-ベース”がほぼそのままの姿で出てきますからね。これは期待できますね。

早く新型ミライースをこの目で見て性能を知りたいものですね。本当に楽しみです。

ミライースやアルトなどの新車を買おうか考えている人に必ず車が安く買える方法があります。簡単な方法ですので是非実行して、大好きな新車を安く買って快適なカーライフを手に入れて下さいね。

”車を買うときに得する方法”を紹介をしたいと思います。

新しい車が欲しいなぁって思ったら欲しい車をディーラーに見に行って試乗したりしますよね?その時は好きな車を目の前にして本当にワクワクして楽しいものです。そして殆どの人はそのハイテンションのまま見積りを受け取り値引き交渉を始めていると思います。

これっ、絶対に止めて下さいっ!

これでは丸腰のままで戦に出るようなものです。車の購入の値引き交渉は戦いなんです。戦というものは戦いが始まる前に8割は結果は決まっています。必ず準備をして臨むようにしましょう。

準備をして交渉に臨むこれ正に勝つべくして勝つです。

1.最大値引きを勝ち取るには販売店同士で競合させるのがベスト

本命のディーラーに新車を見に行く前に必ず競合させる車種と販売店を想定して下さい。同じ車で違う系列店ならベストですし他社のライバル車と販売店でも良いです。

先ずはライバル店に訪問して見積りを出して貰いましょう。そしてその見積りと情報を持って必ず最後に本命の販売店に行きましょう。

2.重要なのは値引きより下取り!そしてディーラー下取りは安いという現実

大切なことなのでもう1度書きます。

車を安く買うのに大事なことは、値引き額よりも下取り査定額の方が重要

と言うのは車両値引き10万円を引き出すのは本当に大変なんです。でも買取りの専門業者の下取り価格ならディーラーと比べて10万円どころか2・30万円以上も高額なことも普通だからです。

知人のレクサスでは70万円以上も高かったです。でもこれは車両価格の高いレクサスだからですけどね。

実際の買取り専門業者への依頼方法とはインターネットで簡単な必要事項を入力するだけです。その後に電話があり向こうから車を見に来てくれます。

高額査定を引き出すコツは、依頼する買取りサイトは複数社の見積りが一括で取れる査定サイトを選ぶこと、そして最低2社へ依頼することです。これは1社の一括査定で複数社に依頼しても業者同士が顔なじみで談合されることもあるからです。

2社に同時に依頼をして競争原理を確実に働かせて買取り額を高めて下さい。私のおススメの買取り査定はかんたん車査定ガイドカーセンサーネット査定です。

おススメの理由は、どちらもガリバー等の大手を含めて一括で依頼出来る点と更にかんたん車査定ガイドは入力と同時に下の画面の様にあなたの車の相場額が表示される点にあります。

もし今すぐに売る予定はなくても自分の車がいくらの価値なのかは今後を考える上で知っておいて損はないでしょう。予想以上に高額な査定額だったから今すぐに好きな新車に買い替えることにしたという嬉しい話も珍しくないんです。

かんたん車査定ならその場で入力するだけで価格が分かりますからね。

あなたの車も調べてみたら予想以上に高額な値がついて驚くかもしれませんよ?

dddddddddddddddd

この2つのサイトでの見積り依頼をすれば競争原理が働き高額査定が出る可能性はかなり高いです。更に確実とするなら業界で評価の高いズバット車買取比較にも頼めば確率は上がります。

でも査定業者が多くなり過ぎると対応が大変ですからかんたん車査定ガイドカーセンサーネット査定だけで十分だとは思いますよ。

そして見積書を持ってディーラーに行って下さい。そうすれば買取り業者の見積額を基準に下取り価格を提案してきます。その額と比較して高い方に売れば良い訳です。基準がないとディーラーが安い見積りを出しても分からないですからね。

この様に万全な準備をして値引きと下取りの両方から最大値引きを引き出しましょう。

特に下取りはディーラーの見積もりだけでは違いも分かりませんし、カーナビやエアロや海外旅行の代金ぐらいは簡単に差が出ますから試してみることをおススメします。

おススメはこの2社⇒かんたん車査定ガイドカーセンサーネット査定

スポンサーリンク




値引き交渉の詳しいテクニックを知りたい人には⇩の記事で説明しています。

誰でも出来る!20万円以上新車を安く買う4つの法則


スポンサーリンク