ホンダ新型ステップワゴンが異例のモデルチェンジでハイブリッド搭載!

新型ステップワゴンが急なビッグマイナーチェンジでハイブリッド搭載予定

2015年の4月にホンダステップワゴンがフルモデルチェンジをして5代目にあたる新型切り替わりました。

ステップワゴンホンダの全車種の中でも歴史もあるミドルクラスの販売を支える重要車種で過去の歴代モデルでも同じクラスのライバルたちと互角以上に販売台数も伸ばし販売台数第1位を獲得したことも1度や2度ではありませんでした。

この現行ステップワンに関してもホンダの期待は大きく販売台数の伸び悩むホンダにとってのターニングポイントに成るべく開発された車でした。

ところが蓋を開けてみると現行の5代目ステップワゴンに切り替わってわずか1年しか経っていないにも拘らず既にニューモデルが持つ販売効果が薄れてしまい販売台数が伸び悩んでしまっているのです。

これはホンダの中核をなす車種の状況としては由々しき事態です。

今回はホンダがこれからどのようにしてステップワゴンの人気を取り戻そうとしているのかを見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

販売台数が伸び悩むホンダ新型ステップワゴン

通常フルモデルチェンジをして新型車に切り替わった車種は宣伝効果による新規ユーザーと旧型を所有するユーザーの買い替えニーズがあり、1年間はライバル車に大きなアドバンテージを得て販売台数が飛躍的に伸び特にフルモデルチェンジ後の3か月間に関しては納車待ちや試乗車がないといった状態になることも珍しくはありません。

しかし今回の5代目ステップワゴンに関してはもうすでに販売台数が落ち込んでしまい、フルモデルチェンジ直後の2015年5月に関してはライバルトヨタヴォクシーよりも販売台数は上回りましたが、翌月の6月には既に抜き返されてしまいました。

しかももう既に6年目となるモデル末期のニッサン・セレナにも2015年の12月にはほぼ同じ台数となり2016年の1月には抜き返されてしまいました。

これはトヨタ・ヴォクシー、ニッサン・セレナ共に新車効果のない安定的な販売台数の車たちには新車効果の切れていくステップワゴンでは全く太刀打ちできないということです。ahh (568x306)しかもセレナも2016年にフルモデルチェンジされて、新車効果の出ている状態のモデルで大きな差となってしまっています。

このことから5代目ステップワゴンには、初代ステップワゴン4代目ステップワゴンの様な新車効果さえも無く販売台数は落ち込みホンダとしても思わぬ大苦戦を強いられることとなっています。

この新型ステップワゴンの状態を深刻に捉えたホンダは本来2016年は年次改定という不具合の調整程度に留めましたが、2017年にはビッグマイナーとしてステップワゴンの大幅な改定を行うことを決めました。

これは発売当初の新型ステップワゴンのCMです。CMでは新型ステップワゴンは凄くカッコ良いんですよね。

基本的にホンダのCMってどれもセンスが何時も良いです。

ホンダ・ステップワゴンとはどんな車?

そんなステップワゴンですがいったいどんな車なんでしょう。

初代ステップワゴン 販売期間 1996年 – 2001年

ppppp (640x365)1996年5月に登場した初代ステップワゴンはその存在感・車体構造共に日本の家庭用ワンボックスカーの元祖とも言える車でした。

当時のワンボックスカーはまだまだ商用という概念が根強く残っていて開発においても商用車ベースで開発されていたために車体構造はキャブオーバータイプという運転席下にエンジンを取り付けているもので、エンジンからの振動、エアコンの効き、居住性と乗用車としては多くのデメリットを抱えていました。

ここにホンダフロントのボンネットの中にエンジンを収容して前輪で駆動するというFF構造の革新的なステップワゴンを投入します。このステップワゴンはエンジンが床下に無くなったことで低床を実現して室内空間の拡大と軽快な乗り味を手に入れます。更に当時のホンダらしい割り切りのあるコンセプトでコスト削減を徹底して低価格を実現して爆発的な人気を得て1997年から1999年まで3年間もミニバン部門の新車販売台数の第1位となり、この家庭用ワンボックスという市場を確立しました。

しかしこの頃のホンダは勢いがありました。車の開発に関しても今の様な手堅くまとめてくるものではなく鋭く優れた部分がある代わりに大きなデメリットを抱えているような造りをしていました。これはトヨタの様なメーカーから見ると突っ込みどころのある不完全な車と見えるのでしょうが、不思議なものでこのデメリットが車として魅力的に映ることも良くありました。

この初代ステップワゴンも室内空間や快適性、デザイン、低価格を実現するためにエンジンの種類を少なくして認可料を下げたり車体剛性を落としてまでもコスト削減をしていましたね。

当時のホンダは特に車体剛性や足回りにコストダウンの皺寄せがきていることも多かったですね。ホンダはやっぱりエンジン屋だと皮肉を込めて言われていたりしたものです。

2代目ステップワゴン 販売期間2001年 – 2005年

pppppp (640x366)2代目ステップワゴンはキープコンセプトとしたためにエクステリアデザインのインパクトには欠けました。しかも他社も同じコンセプトのライバル車を次々と販売したために初代ほど独創的な立場ではなくなりマーケットを独占するような売れ方は出来ずに結果として販売台数を落としていきました。

ホンダでは良くあるのですが新提案の新しい価値観の提供が上手い会社なのですが、その後そのモデルを育てていくことは余り上手くいかないことが多いんですよね。

ホンダではヒット商品の次のモデルチェンジはいつも鬼門ですよね。

ステップワゴン・スパーダ

ステップワゴンの人気グレードのスパーダはこの2代目モデルのマイナーチェンジで初登場します。

専用のエアロパーツに迫力を増したフロントグリルというカスタムされたエクステリアと質感と派手さを増したインテリアが人気となり現行モデルでも同じコンセプトが引き継がれています。

3代目ステップワゴン 販売期間2005年 – 2009年

pppppppp (640x366)2代目ステップワゴンの反省を踏まえて3代目ステップワゴンはコンセプトを見直し斬新なアイディアで低床・低重心を実現して車高を下げたスタイリッシュなモデルを開発しました。

そのエクステリアデザインは実用性を求める車種なのに生活感を感じさせないスタイリッシュで素晴らしいものでした。

しかしその技術力とスタイリングのレベルの割には、ボディーサイズが小さくなったことなどの実用面でライバル車種と比較されて不評となりそれほど販売台数は伸びませんでした。

私はこの3代目のステップワゴンは素晴らしいデザインだと思ったんですけどねぇ。CMも都会的でオシャレですよね。

4代目ステップワゴン 販売期間2009年 – 2015年

ppppppppp (640x454)

4代目のステップワゴン初代のコンセプトに立ち返り大きく四方に伸びたボクシーなデザインに戻しボディーサイズを大型化し、更に培った低床・低重心パッケージをベースとしたために家族が快適に過ごせる室内空間を5ナンバーサイズの中で実現して再び人気車種に返り咲きました。

そしてフロントマスクはスマートなスタイリシュなものではなく、厚みのある武骨で迫力のあるモノにしました。今のミニバンはこの手の顔が人気ですからね。

ホンダのCMは洒落たものが多いのですが、このCMはどうなんでしょうね、、、、、、

この流れを受けてホンダ期待の新型ステップワゴンの2015年の登場となったわけです。

5代目ステップワゴン 販売期間 2015年〜現在

ah (594x369)新型ステップワゴンの基本スペックを振り返ると共にその販売不振の理由や1年で行われるマイナーチェンジの内容を見てみましょう。

5代目新型ステップワゴンの基本スペック

全長4690mm×全幅1695mm×全高1840mm  ホイールベース2890mm
車両重量:1670kg
駆動方式:フロントエンジンフロント駆動
エンジン:1.5L 直列4気筒DOHC直噴VTECターボエンジン L15B型
最高出力150ps/5500rpm  最大トルク20.7kg/1600-5000rpm
ミッション:CVT
サスペンション:マクファーソンとトーションビーム
タイヤサイズ:205/60R16
燃費:JC08モード16.2km/L ガソリン:レギュラーガソリン仕様

上のスペックを見ても分かるように新型ステップワゴンはそつなくまとまっています。ハンドリングも軽快でエンジンパワーもダウンサイズしたとは思えないほどパワフルで静寂性や室内空間の構成も上手く組み立ててあると思います。

インテリアに関してもセンスが良くまとめられていますし、乗り心地に関しても良い塩梅で家族でドライブに出かけても不満が出ることはないでしょう。

特に私が感心するのは、わくわくゲートです。

リアゲートは上にはね上げるために低床化が進むにつれて自然とゲートの大きさも比例して大きくなり低い位置から開くメリットが生まれたのですが、開くためには大きなスペースが必要となり逆に使用に注意が必要になっていました。

この問題を解決するためのアイディアが横開き機能をプラスしたわくわくゲートです。横開きが可能となると荷物の積み下ろしも手軽に行えるようになりました。

しかもわくわくゲートをドアの様に横開きにして人が通れるようにして、更に3列目シートのフロアシートを床下に収納することで人が通れるスペースを確保して、わくわくゲートのリアゲートから車に乗降できるようにしたものです。

この発想は凄いですね、こういうアイディアを見ると日本車もまだまだいけるんじゃないかって思えますね。

この様に通常のリアゲートの様に上にも開きます。ahhhhhhhhhh (487x387)限られたスペースの時にはドアの様に横に開くことも出来ます。
ahhhhhhhhh (563x362)更に横開きのドアから車内のシートに乗り降りも出来ちゃうんです! ahhhhhhhh (640x326)⇩この動画ではワクワクゲートを中心にステップワゴンの使い勝手の良さとアイディアを説明しています。

新型ステップワゴンのボディーカラー

ステップワゴンのボディーカラーは全7色となります。ミニバンのこのクラスとしてみれば多くもなく少なくもなく普通ですね。

ただ色合いはヴォクシーの様なもう少し凝った色があったほうが良いとは思います。

プレミアムスパイスパープル・パール

プレミアムスパークルブラック・パール

ホワイトオーキッド・パール

スーパープラチナ・メタリック

モダンスティール・メタリック

コバルトブルー・メタリック

プレミアムディープロッソ・パール

新型ステップワゴンの試乗インプレッション動画

新型ステップワゴンの試乗インプレッション動画も多くあります。

モータージャーナリストの人も色々なアイディアの詰まったステップワゴンの評判は上々です。

走りのほうもダウンサイジングターボということでパワー不足を気にされている人も多いのですが、動画でも問題ないという話をされているケースが多いです。

ステップワゴンの様にアイディアが詰まったモデルだと車両紹介も見ごたえがありますね。

新型ステップワゴンが売れない理由はなぜなのか?

こんな素晴らしいアイディアで使い勝手も上がった新型ステップワゴンですが何が販売不振の原因でしょうか?

その理由をここでは推察してみたいと思います。

新型ステップワゴンのフロントマスクのデザイン

1つ考えれるのはフロントマスクのデザインです。現在のワンボックスのフロントデザインのトレンドは面積の大きな迫力のあるグリルを備えたデザインです。アルファードエルグランドから始まったこの流れはヴォクシーヴェルファイアでも人気を博し今や軽自動車でも定番となるものです。

それは4代目ステップワゴンでもそうでしたが、新型ステップワゴンは少しすっきりしたものになっています。これは1つの要素かもしれませんね。

新型ステップワゴンのダウンサイジングエンジンと燃費

エコ対応として欧州車では主流となっているダウンサイジングターボの搭載は先進的な試みで評価できる点だと思うのですが、新型ステップワゴンのユーザーとなりうる家族思いのパパやママ達の間ではあまりピンとこなかったようです。

プリウスが大成功した日本においてはエコカーとはまだまだハイブリットシステムであり、クリーンディーゼルやダウンサイジングターボは浸透していないということです。しかも実際の燃費に関しても新型ステップワゴン約17km/L弱とモデル末期のセレナとほぼ同等で、ノアヴォクシー23.8km/Lと大幅に見劣りしています。

現代のユーザーの関心はエコであることと燃費性能による経済性ですから、これはハッキリ言って魅力が低い車と思われても仕方ないと言えます。

この2つの理由が今回の新型ステップワゴンの販売不振の理由だと推察されます。

2017年の新型ステップワゴンのマイナーチェンジ内容予想

新型ステップワゴンの新ハイブリッドエンジン

ホンダとしてもエンジンに関することが最大の問題点と考えているようです。そのために新型ステップワゴンの最大の目玉はハイブリッドエンジンの搭載になります。

候補と目されているハイブリッドエンジンは2つあります。アコードオデッセイに搭載されている中型車用の2L2モーター式のハイブリッドエンジンフィットヴェゼルに搭載されている小型車用の1.5L1モーター式のハイブリッドエンジンです。ahhhhhhhhhhhh (376x433)ステップワゴンは微妙なサイズであり、実際に同じ3列シートのミニバンでも少し小さいジェイド1.5L1モーター式のハイブリッドエンジンを搭載し、少し大きいオデッセイ2L2モーター式のハイブリッドエンジンを搭載しています。

2L2モーター式のハイブリッドエンジンの出力は最高出力169ps、最大トルク31.3kgf.mと強力なのですが、ステップワゴンのガソリンエンジンは1.5Lであるために、エコを掲げる以上排気量を増やしてしまうのではダウンサイジングした意味を自ら否定してしまうことになるので、やはり1.5L1モーター式のハイブリッドエンジン最高出力110ps、最大トルク13.7kgf.mが搭載されると思います。燃費に関しては同型ハイブリッドエンジンを積むジェイドは25.0km/Lヴェゼルは27.0km/Lですから、車重がそれほど変わらない新型ステップワゴンでは28.0km/Lが目標とされており、最低でも27.0km/Lにはすると言われています。

これによりライバルのノアヴォクシー23.8km/Lを上回ることになります。しかしセレナもフルモデルチェンジをしてハイブリッドエンジンを載せてきますから、その燃費性能でどちらが優れるのか大きな注目となるところです。

最近のホンダのハイブリッド技術は燃料電池電気自動車「Honda FCEV CONCEPT」からフィードバックされたものが市販化されてきています。

新型ステップワゴンのインテリア

インテリアに関してはハイブリッド化に関して最低限の専用メーターなどの追加に留めるようです。ahhhhh (640x350)

新型ステップワゴンのエクステリアデザイン

新型ステップワゴンが売れていない理由としてフロントマスクのデザインを指摘しましたが今回のマイナーチェンジだと実際に変更するのかどうかは微妙なところだと思います。

特に目玉がハイブリッドモデルとなることは確実ですから少し未来的なデザインを取り入れて派手なフロントマスクは避けるかもしれません。

しかし現代のミニバンが押しの強い迫力あるフロントマスクが人気なのは明確ですからマイナーチェンジでも大きく路線変更したフロントマスクとなる可能性もあります。

他社の例でいえば、スズキのスペーシアは同じ悩みを解消するためにフルモデルチェンジまで一年を切っているにもかかわらずフロントマスクを大幅に変更したモデルを追加しました。

これが本来の派手モデルのカスタムです。そして下が追加となったドデカ迫力フロントマスクのカスタムZです。大きなグリルにメッキパーツを多用するのが定説なわけです。これと同じ手法がマイナーチェンジの新型ステップワゴンでも用いられる可能性があります。

新型ステップワゴンの価格設定

ハイブリッドモデルの価格設定ですが、グレイスハイブリッドモデルや同じ1.5Lのエンジンを積むジェイドハイブリッドモデルの価格差などから勘案するに40万から50万程度高くなると思われます。

そしてハイブリッドモデルとしてのライバルはノアが最も近いモデルとなりノア・ハイブリッドの価格は約300万円からとなっています。

現在のステップワゴンの状況でハイブリッドモデルの高価な分を車体の魅力で相殺することは出来ませんので確実にノアのハイブリッドよりも低価格で設定してくると思われます。しかも今年もフルモデルチェンジをする宿敵セレナハイブリッドモデルがあると噂されています。

そのライバルに対して魅力的なものにすることを考えると新型ステップワゴン・ハイブリッドの車両価格は270万か290万からと予想します。もし270万で実現出来るのであれば、かなり魅力的なモデルとなるのではないでしょうか。

新型ステップワゴンの発売時期

発売時期に関しては2017年の夏か秋と予想されています。但し最大のライバルであるフルモデルチェンジしたニッサン・セレナが同時期にハイブリッドモデルを発売する予定なので、その性能次第では新型ステップワゴンは最終調整を行う可能があります。

特にセレナハイブリッドエンジンの予想燃費に対して上回らないようであれば先に出すか少し後半にするかを決めるのでしょう。

ホンダの意気込みがこの発売時期で見えてくると思います。正々堂々真っ向勝負してほしいですね。ahhhhhh (640x353)

新型ステップワゴンのライバルの動向

ステップワゴンがテコ入れをして大きな魅力を手に入れるのは確実のようですが、当然ですが他社のライバルも黙って見ているわけではありません。ステップワゴンが大きく1歩前進してもそれ以上に歩みが大きい可能性もあります。

そんなライバルの代表的な3車の記事を紹介したいと思います。

ニッサン新型セレナ

tttttttt (597x393)ミドルクラスのミニバンにおいてステップワゴンが嘗ての王者とするなら今の王者は間違いなくセレナです。昨年はモデル末期にも関わらず人気に陰りを感じさせませんでした。

そんなセレナが畳みかける様にフルモデルチェンジです。セレナは何処まで行ってしまうのか、正直ステップワゴンで追随できるのか、その新型セレナの内容に注目です。

2016年フルモデルチェンジをして新型セレナへ:ハイブリッドや自動運転技術搭載?

トヨタ新型ヴォクシー

qqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqq (640x492)トヨタのライバル車と言えば人気のあるヴォクシーとノアになります。マイナーチェンジを施して不動の人気を狙っています。

特にちょい悪のイメージのヴォクシーは独自のユーザー層をがっちりと掴んでいますね。その中でも特別仕様車の煌(きらめき)シリーズはヴォクシーのコンセプトを昇華したモノとして人気が高いです。

新型ヴォクシーでは特別仕様車ZS 煌(きらめき)Ⅱがおススメな理由とは!

トヨタ新型エスティマ

eeeeeeeeeeeeeeeee (640x426)トヨタで独自のポジションを持つ天才タマゴ”エスティマ”もライバルと言えるでしょう。ロングセラーモデルであり本来は今年フルモデルチェンジとなる予定でしたが、社内事情により延期となりビッグマイナーチェンジが施されました。

しかしビッグマイナーチェンジにも関わらず大きな注目を集めたことでエスティマの根強い人気を再確認することとなりました。

トヨタの新型エスティマがモデルチェンジして登場!このモデルを買うべきかを検証する

新型ステップワゴンがモデルチェンジでハイブリッド搭載のまとめ

この様に見てくると新型ステップワゴンは非常に厳しい状況にありますね。ハイブリッドエンジンを搭載したとしてもライバルのセレナ以上の性能でなかったとしたら、そのインパクトも薄れてしまいます。

今回書いたようにフロントデザインも人気がない原因と思いますが、今のところ新型ステップワゴンで大きな変更が行われる話は聞こえてきません。しかしライバル、セレナ・ヴォクシィーと互角以上に戦っていくには必要なことではないでしょうか?

今回の新型ステップワゴンマイナーチェンジの目玉はハイブリッドエンジンの搭載と極秘で進められているフロントマスクの変更であると思います。

フルモデルチェンジに対してマイナーチェンジでという不利な状況ではありますが、セレナにも負けない魅力的な新型ステップワゴンが登場してくれることを願います。

ステップワゴンやセレナなどの新車を買うか考えている人に必ず車が安く買える方法があります。簡単な方法ですので是非実行して大好きな新車を安く買って快適なカーライフを手に入れて下さいね。

”車を買うときに得する方法”を紹介をしたいと思います。

新しい車が欲しいなぁって思ったら欲しい車をディーラーに見に行って試乗したりしますよね?その時は好きな車を目の前にして本当にワクワクして楽しいものです。そして殆どの人はそのハイテンションのまま見積りを受け取り値引き交渉を始めていると思います。

これっ、絶対に止めて下さいっ!

これでは丸腰のままで戦に出るようなものです。車の購入の値引き交渉は戦いなんです。戦というものは戦いが始まる前に8割は結果は決まっています。必ず準備をして臨むようにしましょう。

準備をして交渉に臨むこれ正に勝つべくして勝つです。

1.最大値引きを勝ち取るには販売店同士で競合させるのがベスト

本命のディーラーに新車を見に行く前に必ず競合させる車種と販売店を想定して下さい。同じ車で違う系列店ならベストですし他社のライバル車と販売店でも良いです。

先ずはライバル店に訪問して見積りを出して貰いましょう。そしてその見積りと情報を持って必ず最後に本命の販売店に行きましょう。

2.重要なのは値引きより下取り!そしてディーラー下取りは安いという現実

大切なことなのでもう1度書きます。

車を安く買うのに大事なことは、値引き額よりも下取り査定額の方が重要

と言うのは車両値引き10万円を引き出すのは本当に大変なんです。でも買取りの専門業者の下取り価格ならディーラーと比べて10万円どころか2・30万円以上も高額なことも普通だからです。

知人のレクサスでは70万円以上も高かったです。でもこれは車両価格の高いレクサスだからですけどね。

実際の買取り専門業者への依頼方法とはインターネットで簡単な必要事項を入力するだけです。その後に電話があり向こうから車を見に来てくれます。

高額査定を引き出すコツは、依頼する買取りサイトは複数社の見積りが一括で取れる査定サイトを選ぶこと、そして最低2社へ依頼することです。これは1社の一括査定で複数社に依頼しても業者同士が顔なじみで談合されることもあるからです。

2社に同時に依頼をして競争原理を確実に働かせて買取り額を高めて下さい。私のおススメの買取り査定はかんたん車査定ガイドカーセンサーネット査定です。

おススメの理由は、どちらもガリバー等の大手を含めて一括で依頼出来る点と更にかんたん車査定ガイドは入力と同時に下の画面の様にあなたの車の相場額が表示される点にあります。

もし今すぐに売る予定はなくても自分の車がいくらの価値なのかは今後を考える上で知っておいて損はないでしょう。予想以上に高額な査定額だったから今すぐに好きな新車に買い替えることにしたという嬉しい話も珍しくないんです。

かんたん車査定ならその場で入力するだけで価格が分かりますからね。

あなたの車も調べてみたら予想以上に高額な値がついて驚くかもしれませんよ?

dddddddddddddddd

この2つのサイトでの見積り依頼をすれば競争原理が働き高額査定が出る可能性はかなり高いです。更に確実とするなら業界で評価の高いズバット車買取比較にも頼めば確率は上がります。

でも査定業者が多くなり過ぎると対応が大変ですからかんたん車査定ガイドカーセンサーネット査定だけで十分だとは思いますよ。

そして見積書を持ってディーラーに行って下さい。そうすれば買取り業者の見積額を基準に下取り価格を提案してきます。その額と比較して高い方に売れば良い訳です。基準がないとディーラーが安い見積りを出しても分からないですからね。

この様に万全な準備をして値引きと下取りの両方から最大値引きを引き出しましょう。

特に下取りはディーラーの見積もりだけでは違いも分かりませんし、カーナビやエアロや海外旅行の代金ぐらいは簡単に差が出ますから試してみることをおススメします。

おススメはこの2社⇒かんたん車査定ガイドカーセンサーネット査定

スポンサーリンク




値引き交渉の詳しいテクニックを知りたい人には⇩の記事で説明しています。

誰でも出来る!20万円以上新車を安く買う4つの法則


スポンサーリンク