トヨタ新型マークⅩのモデルチェンジ最新情報!ハイブリッドやFFの噂は本当か?

トヨタ新型マークXのフルモデルチェンジの内容とは?

現行マークXは2009年に発売されたモデルで既にもう6年経っていたのですが、2016年はフルモデルチェンジではなくビッグマイナーチェンジとなりました。

現行マークXは2代目のモデルであり初代から切り替わる際のスパンは5年でしたので、現行モデルでは既にその5年を超えています。しかも2012年にはマイナーチェンジが施されているだけに2016年内にはフルモデルチェンジが行われると考えられていました。

それが予想外にマークXの最終形へのフェイスチェンジを含むビッグマイナーチェンジだったのです。

今回はそのマイナーチェンジした新型マークXの情報とその先のフルモデルチェンジをする新型マークXの予想情報も書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

トヨタ・マークXとはどの様な車か?

zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz (630x374)

そもそもマークXとはどんな車でしょうか?マークXトヨタ人気車種マークⅡの後継モデルということで登場しました。

マークⅡトヨタの車の中でも、歴史的なブランド力がありカローラ・クラウンと並ぶ会社の象徴的な車名だったと思います。良い意味で普通であること、中流階級の象徴の様な車であったと思いますが、後半の時代はFR車が少なくなってきた時代のためにスポーツカーの様なニーズに答えることになったり、VIP系のベース車両としてヤンキー人気が出たりと本来の姿とは少しズレていました。

本来のマークⅡは日本のサラリーマンのお父さんが誰に恥じることなく乗れる安心・安定の象徴の様な車でした。

それでもCMに関してはやっぱり真面目な感じのものですね。このCMのように真面目で家族思いなパパで仕事も出来てカッコいいって感じですよね。

マークⅡは長い歴史のある車です。初期の頃は2ドアのモデルもありました。このCMはその時代のマークⅡですので、懐かしく思う人もいると思います。

初代マークX (GRX120)販売期間 2004年-2009年

aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa (640x377)マークⅡの原点回帰をする意味で、敢えて伝統のネームを捨てマークXという新しい車名にして真面目なサラリーマンの成功者を象徴するような車に仕立て直したモデルだと思います。

それにマークⅡを廃止にするのはかなり衝撃がありましたから、トヨタの意気込みと覚悟を感じましたし、その後継車のマークXが話題になったのでこの選択は成功だったと思いますね。

そしてマークXと言えば佐藤浩市が演じるサラリーマンの部長が痺れるくらいカッコいいCMですよね。上司とのやり取りや部下との仕事ぶりをテーマにしていますが、特に女性の部下との会話にドキドキしてしまった世の男性陣は多くいたと思います。

こんな男でありたいとマークXを買った人って結構いたと思うんですよねぇ。

その女性の部下とのCMを集めてみましたので見てみましょうか?こんな部下がいたら仕事頑張っちゃうんだろうなぁ。

もうこんな部下がいたら内心はメロメロですよね。

いやぁ、このCMはサラリーマンの心をがっちり掴みましたよね。

このCMも女性は関係ないですがカッコいいんですよねぇ。

渋いですねぇ!本当に理想の上司という感じですね。

2代目マークX (GRX130)販売期間 2009年 -現在 

zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz (640x428)現行のマークXは2009年に登場した2代目モデルで既に6年経っており全モデルが5年でモデルチェンジしていましたし、マークⅡに関しては4年サイクルでフルモデルチェンジが行われていましたから、今年にフルモデルチェンジがあるのは間違いないものと予想されていました。

しかし今年のモデルチェンジの内容はマイナーチェンジでありフルモデルチェンジではないことが判明しました。

新型マークXも評判が良かった佐藤浩市が引き続き出演しています。今度はサムライXということでした。

そして初代のCMの様な佐藤浩市が演じるカッコいい男を前面に出したCMもまた作られています。

でもこのサムライXのCMも悪くはないのですが、前作ほどのインパクトは無かったですね。というより前のCMが良すぎたんですよね。あれ以上は普通は無理だと思います。

2016年の新型マークXのビッグマイナーチェンジの内容

新型マークXのエクステリアデザインです。

最も大きな変更のヘッドライとは、Bi-Beam LEDヘッドランプとLEDクリアランスランプ/デイライトを横1列に並べた6眼ライトです。特に内側の角目2頭は迫力がありますね。zqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqq-640x485そしてフロントグリルにXを模ったルーバーからXのエンブレムへ変更しています。

これにより薄型のコンサバなのに精悍なマークXらしい複雑なフロントマスクの形状になっています。zmm-640x259そしてフロントバンパーの下部のワイドなグリルとフォグランプのサイドを覆うメッキモールにより迫力があります。zqqqqqq-640x319  zqqqqqqqqqqqqqqq-640x325  zqqqqqqqqqqqqqqqq-640x330  zqqqqqqqq-640x364  zqqqqqqqqq-640x374 リアのコンビランプに関してはクリアスモークタイプをオプションではなく標準仕様としています。引き締まった印象でマークXのイメージには合っていますね。zqqqqqqq-640x393  zqqqqqqqqqqqqqqqqq-640x345  zqqqqqqqqqqqqqqqqqqqq-640x431

トヨタ新型マークXの新ボディーカラー

新型マークXのボディーカラーは全6色となります。新色がトゥルーブルーマイカメタリックとプレシャスブラックパールの2色あります。

でも思ったよりも少ないですね。しかもその少ないボディ―カラーなのになぜかブラックが2色あるんですよね。

確かにプレミアム色ですから違いはするのですが、全部で6色しかないわけですからねぇ、10色あるのなら分かりますが、、、、、

そして自己修復するクリア塗装”セルフリストアリングコート”となっています。

ホワイトパールクリスタルシャイン

特別色 追加料金¥37,800zqqqqqqqqqq-640x356

シルバーメタリック

zqqqqqqqqqqq-640x375

ブラック

zqqqqqqqqqqqqqqqqqqq-640x378

プレシャスブラックパール

特別色 追加料金¥54,000 zqqqqqqqqqqqq-640x377

ダークレッドマイカメタリック

zqqqqqqqqqqqqq-640x371

トゥルーブルーマイカメタリック

zqqqqqqqqqqqqqq-640x370

トヨタ新型マークXの動画

この動画は新型マークXのCMの基になっている動画になります。

迫力のフロントマスクが良く分かります。

今回のビッグマイナーチェンジの内容の大きな注目点は、エンジンの変更と噂されていたのですが見送られてい増しました。

今回の搭載が見送られたエンジン

  • ダウンサイジングターボの8AR-FTS型2.0L 直噴ターボエンジン
  • 2.5リッター直列4気筒DOHCエンジンのハイブリッドエンジン

ダウンサイジングの2.0L 直噴ターボエンジンは、2014年にレクサスNXに初めて市販車に搭載され、その後もレクサスISへ搭載して、トヨタ車としてはクラウンアスリートにも採用しましたので今回は搭載確実見られていました。

スペック的にも、235ps/5200-5800回転 35.7kgf.m/1650-4400回転とダウンサイジングしたとは言っても、かなりのハイスペックなエンジンでした。

もう1つの2.5リッターエンジンの2AR-FSE型は、1KM型のハイパワーモーターを組み合わせたハイブリッドエンジンで、エンジン本体の最高出力178ps/6000回転最大トルク22.5kg/4200-4800回転となり、モーター出力の方は、最高出力143ps最大トルク30.6kgf.mとなりかなりの高スペックエンジンでした。

しかし残念ながらどちらのエンジンも見送りとなってしまいました。

特にダウンサイジングエンジンが搭載されていないことは驚きです。

エンジンに関しては、従来のものと同じエンジンである、2.5Lガソリンエンジンの4GR-FSEと3.5Lガソリンエンジンの2GR-FSEを搭載します。

当然ですがボディーサイズに関しては今回のモデルチェンジはマイナーチェンジですから、全長4770mm×全幅 1795mm×全高 1435~1445mmであり全長が20mm程度長くなっただけで大きく変更はありません。

駆動方式もFR 若しくは4WDとなることも同じです。

最大の変更点は安全装備のセーフティーセンスPが全車標準装備となることです。

セーフティーセンスPの機能に関しては、下の動画でランドクルーザーに搭載された際にセーフティーセンスPの機能を詳しく説明しています。

その他はインテリアに関しては、一部加飾について変更や室内スイッチの照明の変更程度となり大幅な変更にはなりません。zqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqq-640x342  zqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqq-640x329  zqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqq-640x281後はボディ剛性の見直し足回りのセッティングの変更で成熟として当然の改定と言えます。しかし実際には前モデルと比較しないと分からいのが多くの人の感想でしょうね。

新型マークXの車両価格

各グレード・駆動方式・エンジンの種類で車両価格が決まります。

各グレードの価格は下の様になります。

350RDS 2WD
価格 3,850,200円〜
燃費 10.0km/L
最高出力 234kW[318PS]/6,400r.p.m.
最大トルク 380N・m[38.7kgf・m]/4,800r.p.m

250RDS 2WD
価格 3,434,400円〜
燃費 11.8km/L
最高出力 149kW[203PS]/6,400r.p.m.
最大トルク 243N・m[24.8kgf・m]/4,800r.p.m

250S 2WD・250S Four 4WD
価格 3,207,600円〜
燃費 10.6〜11.8km/L
最高出力 149kW[203PS]/6,400r.p.m.
最大トルク 243N・m[24.8kgf・m]/4,800r.p.m

250G 2WD・250G Four 4WD
価格 2,916,000円〜
燃費 10.6〜11.8km/L
最高出力 149kW[203PS]/6,400r.p.m.
最大トルク 243N・m[24.8kgf・m]/4,800r.p.m

250G“F package” 2WD・250G Four“F package” 4WD
価格 2,656,800円〜
燃費 10.6〜11.8km/L
最高出力 149kW[203PS]/6,400r.p.m.
最大トルク 243N・m[24.8kgf・m]/4,800r.p.m

新型マークXの試乗動画

レーシングドライバーの服部尚貴さんによる試乗インプレッション動画です。丁寧な説明で分かりやすいです。

流石に服部さんは年を取りましたねぇー。

次期マークXのフルモデルチェンジの内容は?

それではマークXのフルモデルチェンジはどのような予定となっているのでしょうか?

もしかしてここまでのビッグマイナーチェンジを行うということは次のモデルは開発しないんじゃないの?という噂もありました。

実は新型マークXのフルモデルチェンジは、、、、、、、分りませんっ!

新型マークXのフルモデルチェンジの予定は、2019年以降を予定しているようです。しかしその内容はまだまだ不確定の要素も多く色々な可能性を模索しているようです。

先ずは大きな選択を迫られていると言われているいくつかの案があります。

1、BMWとの共同開発案

aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa (640x389)スープラと同じようにBMWと共同開発される企画が1つあります。これは当然BMWの3シリーズマークXが兄弟車になるということです。スバルダイハツと共同開発を行ってきたノウハウから世界戦略車を開発することになります。

車の完成度は間違いなく高いものとなりますが、現在のマークXの価格帯というわけにはいかないでしょうから、そもそもそんな高級になったレクサスISのライバルの様なマークXが必要なのかという問題があります。

2、トヨタのFRのプラットフォームを使用する

aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa (640x338)従来通りのトヨタ若しくはレクサスTNGAをベースにしたプラットフォームを使用してFR車として伝統のコンポーネンツを守る案です。

この案がマークXファンからは1番支持されることは分かっていますが、コストは高額となるために目標販売台数は高くなり会社としてはリスクも高くなることになります。

合理的な判断を優先するトヨタがこの選択を良しとするのか、、、、、

3、プラットフォームを共有してFF化する

aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa (629x400)トヨタマークX問題視している点はFRであるために共有できるパーツが少なくコストパフォーマンスが悪い点にあります。そのためにプラットフォームを共有化してFF化してコストパフォーマンスを改善するという案。

これはプラットフォームをカムリと同一のものにして兄弟車になることが予想されます。

ただし問題点はFF化されたマークXをユーザーが認めるかどうかというリスクがあります。

トヨタはこの3つの規格から新型マークXのあり方を決めないといけません。

しかも上記のような形で開発される新型ミドルクラスセダンも、その名前がマークXではなくなる可能性も有り得ます。

というよりも最近の話だとマークXは廃止となり国内向けは新型カムリがその後継となる可能性が高くなっています。日本国内では伝統のあるブランドなだけに寂しい話です。

新型マークXは、どうなるのでしょうか?

新型マークXと噂されたコンセプトモデルが”NS4”

2012年1月9日に開幕されたデトロイトショー(北米国際自動車ショー)でトヨタが出展したコンセプトモデル”NS4”マークXのベースになるのではないかと噂されました。

ボディーサイズもNS4は、全長4,650mm×全幅1,770mm×全高1,370mm、ホイールベース2,700mmと現行マークXから若干小さいボディーサイズでありエンジンのダウンサイジングは避けられない中でちょうど良いサイズとも言えるからです。

その他のNS4コンセプトの特徴は、低重心スタンスとなるボディデザイン、極細幅Aピラーにより衝突安全性能を前方視界の向上、低燃費の徹底追及など新型マークXで実現したいものと言えます。

そのNS4の画像が↓になります。Aピラーの細さに驚きますね。zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz (617x390)下拡がりな重心の安定したデザインですね。 zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz (585x378) 因みにタイヤサイズは225/40R19ですので、迫力がありますね。 zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz (556x383)ハッチバックの様に見えるセダンのデザインですね。新型シビックセダンも同じデザインですね。
zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz (531x377)NS4の動画もあります。やはり動いている姿を見るとイメージが沸きますよね。

さぁトヨタマークXを新しく変革させようとしていることは伝わってきています。

いったいどの様な選択をするのでしょうか?

トヨタ新型マークXのモデルチェンジの最新情報のまとめ

現行マークXのフルモデルチェンジが遅れるのは、車として大きな変革を行うので開発が間に合わなくなってしまったためのようです。

これは共有するプラットフォームへの切り替えが発端となっているようで、エスティマも同じようにフルモデルチェンジのタイミングを遅らせて今年はビッグマイナーチェンジが施され延命されました。

この新型プリウスから始まるトヨタの新世代車はTNGAをベースに全て造られていきますので、新型マークXも次の世代のプラットフォームで新しく生まれ変わるわけです。ただ本当にその車はマークXと名付けられるのかという問題もある様です。

では、今回マイナーチェンジされるマークXの最終モデルはダメなのか?というとそうではありません。

確かにプラットフォームは直ぐに1世代前の物になってしまいますが、車というのはフルモデルチェンジ後が最も完成度が低く、販売台数や走行数が時の経過と共に増えることでノウハウが蓄積されて常に大小の改善を行っています。

そのために車というものはモデル末期のものが完成度が高く必ず最善のモデルとなります。

中古車の年式が新しいモデルの価格が高いのは経年劣化が少ないからだけではなく完成度が高いことも関係しているんです。

そういう意味でも次のマイナーチェンジで登場する新型マークXは今の方の車が好きな人から見れば間違いなく完成度の高い成熟されたモデルにありますから、おススメできるモデルとなると思いますよ。

しかも次の新型車はFRではなくなるかもしれませんし、車名もマークXでもなくなる可能性があります。”NS4”として新型車なのかもしれません。

そう考えると今回のマイナーチェンジで登場する新型マークXを買い大切に乗るのは、好きな人には決して悪い選択肢ではないと私は思います。

マークXやスカイラインなどの新車を買おうか考えている人に必ず車が安く買える方法があります。簡単な方法ですので是非実行して大好きな新車を安く買って快適なカーライフを手に入れて下さいね。

”車を買うときに得する方法”を紹介をしたいと思います。

新しい車が欲しいなぁって思ったら欲しい車をディーラーに見に行って試乗したりしますよね?その時は好きな車を目の前にして本当にワクワクして楽しいものです。そして殆どの人はそのハイテンションのまま見積りを受け取り値引き交渉を始めていると思います。

これっ、絶対に止めて下さいっ!

これでは丸腰のままで戦に出るようなものです。車の購入の値引き交渉は戦いなんです。戦というものは戦いが始まる前に8割は結果は決まっています。必ず準備をして臨むようにしましょう。

準備をして交渉に臨むこれ正に勝つべくして勝つです。

1.最大値引きを勝ち取るには販売店同士で競合させるのがベスト

本命のディーラーに新車を見に行く前に必ず競合させる車種と販売店を想定して下さい。同じ車で違う系列店ならベストですし他社のライバル車と販売店でも良いです。

先ずはライバル店に訪問して見積りを出して貰いましょう。そしてその見積りと情報を持って必ず最後に本命の販売店に行きましょう。

2.重要なのは値引きより下取り!そしてディーラー下取りは安いという現実

大切なことなのでもう1度書きます。

車を安く買うのに大事なことは、値引き額よりも下取り査定額の方が重要

と言うのは車両値引き10万円を引き出すのは本当に大変なんです。でも買取りの専門業者の下取り価格ならディーラーと比べて10万円どころか2・30万円以上も高額なことも普通だからです。

知人のレクサスでは70万円以上も高かったです。でもこれは車両価格の高いレクサスだからですけどね。

実際の買取り専門業者への依頼方法とはインターネットで簡単な必要事項を入力するだけです。その後に電話があり向こうから車を見に来てくれます。

高額査定を引き出すコツは、依頼する買取りサイトは複数社の見積りが一括で取れる査定サイトを選ぶこと、そして最低2社へ依頼することです。これは1社の一括査定で複数社に依頼しても業者同士が顔なじみで談合されることもあるからです。

2社に同時に依頼をして競争原理を確実に働かせて買取り額を高めて下さい。私のおススメの買取り査定はかんたん車査定ガイドカーセンサーネット査定です。

おススメの理由は、どちらもガリバー等の大手を含めて一括で依頼出来る点と更にかんたん車査定ガイドは入力と同時に下の画面の様にあなたの車の相場額が表示される点にあります。

もし今すぐに売る予定はなくても自分の車がいくらの価値なのかは今後を考える上で知っておいて損はないでしょう。予想以上に高額な査定額だったから今すぐに好きな新車に買い替えることにしたという嬉しい話も珍しくないんです。

かんたん車査定ならその場で入力するだけで価格が分かりますからね。

あなたの車も調べてみたら予想以上に高額な値がついて驚くかもしれませんよ?

dddddddddddddddd

この2つのサイトでの見積り依頼をすれば競争原理が働き高額査定が出る可能性はかなり高いです。更に確実とするなら業界で評価の高いズバット車買取比較にも頼めば確率は上がります。

でも査定業者が多くなり過ぎると対応が大変ですからかんたん車査定ガイドカーセンサーネット査定だけで十分だとは思いますよ。

そして見積書を持ってディーラーに行って下さい。そうすれば買取り業者の見積額を基準に下取り価格を提案してきます。その額と比較して高い方に売れば良い訳です。基準がないとディーラーが安い見積りを出しても分からないですからね。

この様に万全な準備をして値引きと下取りの両方から最大値引きを引き出しましょう。

特に下取りはディーラーの見積もりだけでは違いも分かりませんし、カーナビやエアロや海外旅行の代金ぐらいは簡単に差が出ますから試してみることをおススメします。

おススメはこの2社⇒かんたん車査定ガイドカーセンサーネット査定

スポンサーリンク




値引き交渉の詳しいテクニックを知りたい人には⇩の記事で説明しています。

誰でも出来る!20万円以上新車を安く買う4つの法則


スポンサーリンク