試乗してわかった雑誌が書けない新型プリウスの短所とは?

試乗してわかった新型プリウスの短所とは?

新型プリウスは世界のNO1企業のトヨタが社運を掛けて開発しただけあって最新の技術が使われているだけでなく、すべての性能がそつなくまとめられていますよね。

まさに21世紀のカローラという感じです。

ではそんな新型プリウスには短所はないのでしょうか?

そんなことはないですよね。自動車雑誌は自動車メーカーが最大のスポンサーですからなかなか短所は書きません

今回はそんな自動車雑誌が書けない新型プリウスの短所をまとめてみました。

スポンサーリンク

自動車雑誌が書けない新型プリウスの短所とは

日本の自動車雑誌って自動車メーカーが最大の広告主なんですよね。

その最大の広告主が社運を掛けて発売する新商品の短所を書くことが出来ると思いますか?もし短所を書いてその自動車が売れなければ広告が減って自動車雑誌の存続が出来なくなってしまいますからね。

一時期問題視されたステマ記事とスケールは違いますが要は同じ仕組みということです。

評判の良い新型プリウスですが、そのプリウスにだって短所はあります。車に求められる要素は多様ですから全ての要素満たすことなんて出来る訳が無いんです。

短所と書きましたが、正確に言えば誰に合っている車なのかを見極めるものということなのかもしれません。

では具体的に見ていきましょう。

sssss (518x365)

Aパッケージ以上でないと付けられない安全装備

燃費スペシャルのEは別物とすると通常最もお求めやすい新型プリウスのグレードとなるとSパッケージになります。

流石に“トヨタセーフティセンスP”は全グレードで装備することは可能なのですが、新型プリウスにはAグレード以上でないとオプションでも注文出来ない安全装備があります。

それはこの3つになります。

  • ブラインドスポットモニター
  • シンプルインテリジェントパーキングアシスト
  • インテリジェントクリアランスソナー(巻き込み警報機能付)

ブラインドスポットモニターは、横を走っているクルマがプリウスの死角に入ってしまったことをレーダーで感知してドアミラーに映し出されるインジケーターで教えてくれるという機能です。

シンプルインテリジェントパーキングアシストは、超音波センサーを使い空間を認識することにより白線がない場所や暗闇で見えないときでも、自動的に駐車を適切な位置に誘導して停車させるというものです。

インテリジェントクリアランスソナーは12個の超音波センサーを使いプリウスの周囲を把握して障害物の接近を表示とブザーで知らせるだけでなく、回避行動としてブレーキ制御まで行うというものです。

これらの機能は大変優秀で魅力的で特に女性は嬉しいと思う人が多いと思います。シンプルインテリジェントパーキングアシストなんて要は勝手に車庫入れしてくれるわけですから、便利なだけでなく車をぶつける可能性が減りますからね。

やっぱり車庫入れで車ぶつけることって誰でもあり得ますからね。そんな魅力的な機能がEとSのグレードでは選べないんです。

オプションで構わないのでどのグレードでも選べるようにしてあるのが親切だと思いますね。

ssss (640x443)

内装の質感が低い

これは感覚的な問題でもあるので何とも言えないとは思いますが、多くの人が口にしてガッカリという面は室内の内装の質感が思っていたよりも低いことです。

まぁ車両の値段から考えるとそうなのかもしれないですが、プリウスの価格は最新鋭のハイブリットシステムにより一クラス上に跳ね上がっているので、本来の車格の比べれば決して低くないと思いますけどね。

でも実際に多くの人が新型プリウスの欠点として口にすることが多いのも事実です。

乗り降りがしにくくなった

これは旧型プリウスと比べると明確に差がありますね。

旧型のプリウスはバリアフリーをコンセプトとしていたために全全高が1490mmと高めに設計されていました。

これには理由があり高齢な方への配慮として乗降時に脚や腰に負担が掛からないようにするために配慮してのモノで、シートの地上高も高くしてあり横にスライドするだけで乗り降りが出来ることを目指して設定されていました。

これが新型プリウスでは変更となり運転席のヒップポイントで59mm後部席では26mmと下がり、特に運転席では通常の車よりもやや低いぐらいの位置まで変わっています。このため旧型プリウスと比べると明確な違いがあり、自然に乗り降りできていたものが”えいっ!”と少し頑張る場面になっています。

まぁ若い層には大した問題ではないので慣れの問題でしかないのですが、高齢者の方には欠点と言える部分ですね。特に旧モデルからの乗り換えの高齢者の人には改悪と感じる人がいるのは間違いないと思います。

sss (602x474)

後部座席が狭い

後部座席が狭くなった、これも旧型プリウスのオーナーさんからの声で良く聞きますね。

実際のサイズを測るとそれほど変わっていなくむしろ若干広くなっているポイントもあります。ですが私も思いましたが、実際に座ってみるとなんか狭くなった印象を受けるんですよねぇ。

これは多分新型プリウスでは空力特性と運動性能を向上させるためにルーフの頂点を170mmほど前に移動させてありこれによるヘッドクリアランスの縮小が印象的に狭いと感じさせているんだと思います。

数字の問題ではなく人間は感覚的なもので生きているということを感じさせる例ですね。

ss (625x451)

 

USBのコネクターが無い

スマートフォンやタブレットPCの普及によりUSBコネクターを使って車の中で充電をしたり音楽を掛けたりすることが多くなりました。

車格に関係なく標準で装備されている車も多くなってきている中、なぜか新型プリウスにはありません。

USBは車格を考えるとあって当然だと思うのですが、、、、、

エンジン音が静か

新型プリウスでは電気モーターのみでの走行も一定距離可能にしていますので、その走行時はガソリンエンジンのような排気音やメカノイズは普通の車のようにはしません。

驚くほど静かにスゥーという感じで走ることも可能です。

でもこれは車を音で認識する癖をもった人間からすると無音なので車が来ていないと誤解してしまい、交通事故を起こしかねません。

エンジンの音を流したりすることでアピールしたりする機能を持っていますが、ドライバーが気を付けないといけないということはこれも欠点と言えますね。

やっぱり割高な価格

新型プリウスは国からの補助金を考慮したとしても決して安い価格とはいえません。それは最新のストロングハイブリットシステムを搭載しているわけですから当然とも言えるのですが、これは間違いなく欠点ではあります。

その分は燃費性能によるガソリン代で後々回収できると考える人もいますが、ご自身の年間走行距離からその差額をけいさんしてみましたか?

その条件は簡単なものではないのでクリアーできる人は何十パーセントいるのだろうかというものなんです。

得だからプリウスを買うというより、環境対策を含めたプリウスという車の存在意義に感銘して購入するという趣旨の車なのかもしれません。

最大の欠点、それは運転の楽しさ

プリウスの最大の欠点ですがそれはある意味意外ともそのままとも言えることなんです。

それは運転が楽しくないということです。

そうっ!ファン トウ ドライブじゃないんですね。

これはトヨタとしても良く分かっていることで、そのために今回のモデルチェンジにおいて燃費の次に改善点として取り組み新プラットフォームを使ったこともあり大幅な改善がなされたと思います。

でもそれはあくまで先代のプリウスと比べてという話であって、やっとごく普通のセダンになったというレベルの話です。

やはり車を運転することが好きなドライバーが積極的に選べる車には申し訳ないですがなっていません。

新型プリウスに興味がある人が実際に試乗してみて、新型プリウスにガッカリしたという人・まったく買う気がなくなったという理由はここにあると思います。

ssssss (516x368)

試乗して解った新型プリウスの欠点のまとめ

評判の良い新型プリウスでしたが、上記の様なこんな面もあることが分かってましたか。

別に新型プリウスが悪い車だということではありません。車の運転の楽しさをプライオリティーの1位にする人はプリウスを選ぶべきではないですし、乗降性を重視する人は旧型プリウスから新型に乗り換える必要がないかもしれません。

それは新型プリウスがダメな車ということではなく新型プリウスは他の車より優れた多くの長所を持つ車ということです。

でも人によりニーズは異なりますので、あなたに新型プリウスが合っているかを見極めるために短所と長所を把握しましょうということですね。

プリウスなどの新車を買おうか考えている人に必ず車が安く買える方法があります。簡単な方法ですので是非実行して大好きな新車を安く買って快適なカーライフを手に入れて下さいね。

”車を買うときに得する方法”を紹介をしたいと思います。

新しい車が欲しいなぁって思ったら欲しい車をディーラーに見に行って試乗したりしますよね?その時は好きな車を目の前にして本当にワクワクして楽しいものです。そして殆どの人はそのハイテンションのまま見積りを受け取り値引き交渉を始めていると思います。

これっ、絶対に止めて下さいっ!

これでは丸腰のままで戦に出るようなものです。車の購入の値引き交渉は戦いなんです。戦というものは戦いが始まる前に8割は結果は決まっています。必ず準備をして臨むようにしましょう。

準備をして交渉に臨むこれ正に勝つべくして勝つです。

1.最大値引きを勝ち取るには販売店同士で競合させるのがベスト

本命のディーラーに新車を見に行く前に必ず競合させる車種と販売店を想定して下さい。同じ車で違う系列店ならベストですし他社のライバル車と販売店でも良いです。

先ずはライバル店に訪問して見積りを出して貰いましょう。そしてその見積りと情報を持って必ず最後に本命の販売店に行きましょう。

2.重要なのは値引きより下取り!そしてディーラー下取りは安いという現実

大切なことなのでもう1度書きます。

車を安く買うのに大事なことは、値引き額よりも下取り査定額の方が重要

と言うのは車両値引き10万円を引き出すのは本当に大変なんです。でも買取りの専門業者の下取り価格ならディーラーと比べて10万円どころか2・30万円以上も高額なことも普通だからです。

知人のレクサスでは70万円以上も高かったです。でもこれは車両価格の高いレクサスだからですけどね。

実際の買取り専門業者への依頼方法とはインターネットで簡単な必要事項を入力するだけです。その後に電話があり向こうから車を見に来てくれます。

高額査定を引き出すコツは、依頼する買取りサイトは複数社の見積りが一括で取れる査定サイトを選ぶこと、そして最低2社へ依頼することです。これは1社の一括査定で複数社に依頼しても業者同士が顔なじみで談合されることもあるからです。

2社に同時に依頼をして競争原理を確実に働かせて買取り額を高めて下さい。私のおススメの買取り査定はかんたん車査定ガイドカーセンサーネット査定です。

おススメの理由は、どちらもガリバー等の大手を含めて一括で依頼出来る点と更にかんたん車査定ガイドは入力と同時に下の画面の様にあなたの車の相場額が表示される点にあります。

もし今すぐに売る予定はなくても自分の車がいくらの価値なのかは今後を考える上で知っておいて損はないでしょう。予想以上に高額な査定額だったから今すぐに好きな新車に買い替えることにしたという嬉しい話も珍しくないんです。

かんたん車査定ならその場で入力するだけで価格が分かりますからね。

あなたの車も調べてみたら予想以上に高額な値がついて驚くかもしれませんよ?

dddddddddddddddd

この2つのサイトでの見積り依頼をすれば競争原理が働き高額査定が出る可能性はかなり高いです。更に確実とするなら業界で評価の高いズバット車買取比較にも頼めば確率は上がります。

でも査定業者が多くなり過ぎると対応が大変ですからかんたん車査定ガイドカーセンサーネット査定だけで十分だとは思いますよ。

そして見積書を持ってディーラーに行って下さい。そうすれば買取り業者の見積額を基準に下取り価格を提案してきます。その額と比較して高い方に売れば良い訳です。基準がないとディーラーが安い見積りを出しても分からないですからね。

この様に万全な準備をして値引きと下取りの両方から最大値引きを引き出しましょう。

特に下取りはディーラーの見積もりだけでは違いも分かりませんし、カーナビやエアロや海外旅行の代金ぐらいは簡単に差が出ますから試してみることをおススメします。

おススメはこの2社⇒かんたん車査定ガイドカーセンサーネット査定

スポンサーリンク




値引き交渉の詳しいテクニックを知りたい人には⇩の記事で説明しています。

誰でも出来る!20万円以上新車を安く買う4つの法則


スポンサーリンク