4月5月に新車が安く買える理由とその方法とは

4月5月に新車が安く買える理由とその方法とは

一般的に新車を安く買うのには年度末の決算期が1年間で最大の繁忙期になり1番値引きをしてくれると言われていますよね。

実際に新聞などに挟まれている新車の値引きの広告が多くなるのもこの時期ですし、大きな値引きがされた車や低金利がうたわれた広告をよく目にするのも事実だと思います。

このこと自体は間違いではありません。

でも2月3月の決算が終わると販売店は無理して売る必要が無くなるので値引きに消極的になってしまうそんな印象を持っている人むいるかと思うのですが、これに関しては実はそうでもなんです。

今回はなぜ4月5月に値引きが引き出せるかとその方法に関しても説明したいと思います。

スポンサーリンク

年度末の3月は決算期のため最大の販売数

先ずは確認ですが、誰もが新車を買うなら年度末の販売商戦の決算期が良いと思っているのは本当でしょうか?

これに関しては間違いない事実です。

メーカーサイドとしては決算の最後の月であり少しでも売り上げを上乗せしたいために様々な値引きなどの特別キャンペーンを用意して販売に力を入れます。

これに対して購入者としてもボーナス期にもなるため金銭的に余裕があることや年度変わりの節目に新車で気分を一新したいという心理作用も働いていると言われています。

それにメーカーも3月に関しては大々的に広告を打っていきますので購入者の購買意欲も刺激される月となるわけです。

oooooooooooooooooooooooooooo

それに対して4月というのは、大決算期が終わり燃え尽きた感が強くて空白期となりあまり車も売れず且つ販売店の値引き枠も少なく、大きな値引きを引き出すのが難しいという印象があります。

実際の販売台数を日本自動車販売協会連合会の統計で2015年の3月と4月の登録台数を比べてみると実に約半分にまで4月では落ち込んでいて、しかも3月に登録が間に合わなかった台数が4月にカウントされていることを考えると実態のこの差は更に大きいものと考えられます。

2015年3月乗用車の登録台数は、35万6412台です。

ooooooooooooooooooooooooo  出典元 日本自動車販売協会連合会ホームページ http://www.jada.or.jp/

2015年4月乗用車の登録台数は、17万0240台です。

oooooooooooooooooooooooooo

出典元 日本自動車販売協会連合会ホームページ http://www.jada.or.jp/

この様に実際に年度末の3月の販売台数が多いのは事実ですが、では4月には値引きも難しくなってしまうのでしょうか?

実はこれは事実ではありません。確かにワンプライスでの値引きキャンペーンや抱き合わせの特別車みたいな車は4月には少なくなっていますが、元々この手のキャンペーン車の値引きが安いというわけではありません。

3月は始めから何もしなくてもある程度値引きされている車が多く売られてはいるのですが、本当に最大の値引きを引き出すのには、結局どの月も同じように値引き交渉をしなければいけません。

これは3月も特別ではなくセールスマンが忙しいために時間を掛けることが出来ない分、最初に少し値引きのキャンペーンがあるとはいえ3月は特別値引きに有利な月とも言えないかもしれません。

では、4月はどうなんでしょうか?

4月5月に新車が安く買える具体的な理由

4月の販売数が少ないのにも理由があります。購入者の心理的には潜在的購入希望者のニーズは3月の大々的な宣伝により多くの人は3月に購入をしてしまっています。

そのためどうしても購入意欲を持っている人は少なくなり、しかも世の中の関心は4月末から始まるゴールデンウィークの計画と準備になっているために車を選んで購入しようとする人が少ない月になってしまうからです。

実はこのゴールデンウィークの影響は5月にも同じように反映されていて気分的にもそうですし、実際の可能日数も少ない月となるので4月5月はどうしても販売に苦しむことになります。

また販売店としてもこの時期は新人の配属や異動時期となるため、新人の対応や研修そして異動による引き継ぎや歓送迎会と営業活動に割ける時間が少ないことも大きく影響しています。セールスマン自身もゴールデンウィークでの休暇により出勤日が少なくなかなか数字を挙げるのには厳しい条件の月と言えるのです。

どうでしょうか?4月5月がなぜ販売台数が少ないかその理由が見えてきたでしょうか?

これにより分かると思うのですが、決して値引きが少ないからとかセールスに消極的だから4月5月の販売が少ないというわけではありません。

勿論4月5月にも目標数字はあるわけですから、ある意味では個別ごとのセールスには積極的とも言える月なんです。

gggggggggggggggggggggggggggggggggggggg (516x362)

4月5月に新車が安く買える方法

では、具体的な方法を説明しましょう。

4月5月に新車が安く買える方法・その1

1回の交渉は時間を掛けてゆっくり、でも交渉の回数は少なく短期で

説明してきた通り、4月5月に関してはセールスマンは数少ないお客様から成約を決めねばならず、1人1人を大切に交渉します。3月の繁忙期のようにこのお客さんがダメなら、はい次っ!と言う様なわけにはいかないわけです。

しかもゴールデンウィークがあるために日数的な余裕が少ないために時間的にも厳しく結論を早く出さないといけないという状況です。

この心理を鑑みて1回1回の交渉では粘り強く時間を掛けて交渉してください。決して3月のように忙しくむげにされるようなことはありません。しかし4月内5月内にと焦ってはいますので、営業日数が少ない分会う回数は少なく短期決戦にして下さい。

短期でも十分に値引きに関しては引き出せるはずです。

4月5月に新車が安く買える方法・その2

基本は在庫車や未使用中古車を狙い撃ち

年度末の商戦に向けて球数を揃えておきたくて在庫車を抱えている可能性があります。これは年度末に捌ききれなくて余ってしまったのもなので販売店としては出来るだけ早く売ってしまいたいので、在庫車の値引きには積極的です。

メーカーで言えば、ニッサン・ホンダの販売店は在庫車を多くそろえる傾向がありますので、狙い目です。

軽自動車では特に多いのですが自社で登録までして未使用中古車も多くあったりもします。登録されたので中古車扱いではありますが、実際には未使用の新車と同じ状態の車です。これも販売店は早く売りたいがために値引きには応じる可能性が高いです。

在庫車にせよ未使用中古車にせよ、不人気の売れ残りということではなく、人気車種だからこそ年末商戦に多く在庫を持っていたケースが多いので人気車種の人気グレード・人気のカラーということが少なくありません。

しかも在庫があるわけですから、実物を目で見て触って確認でき納車が早いというメリットがあります。

更に車によっては年度末決算の特典が付いてくることがあったりもします。

zaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa

4月5月に新車が安く買える方法・その3

在庫車や未使用中古車と比較して新車の値引きを拡大

在庫車や未使用新古車が安くてお得とは言っても好きなグレードや色では無かったりもしますし、形的にも中古車になるのは嫌という人がいると思います。

そんな時はその在庫車や未使用新古車と新車のどちらにするか悩む形で交渉してください。

つまり在庫車や未使用新古車の価格は魅力的でこれなら金額的には購入可能。でも色やグレード・中古車であることが気になり決めきれない、しかし新車は値引きが少なくて予算を超えてしまう、、、、、困ったぁ。

という構図です。

この構図での歩み寄りは、新車の値引きを増やすしかありません。だって在庫車の色を変更したり中古車を新車にしたりは出来ないですからね。

ですので、最初に在庫車や未使用新古車を探してもらい1度購入手前まで話をススメて、一応ということで新車の見積もりを書いてもらい、”この値段差なのかぁ”と悩みだしてください。

この構図が成立すると自動的に新車の値引きを進めるしか悩みを解決する手段がなくなりますから。在庫車の価格なら買うと宣言しておけば効果は絶大です。

4月5月に新車が安く買える方法・その4

在庫車がない?トヨタ車はモデル末期車・新型車を狙え!

トヨタの販売店に関しては基本的に在庫車を抱えての販売スタイルを取らず受注生産をすることが多いです。そのためにトヨタは納車期間が長くなりがちなわけです。

トヨタ車の場合は、この時期にモデルチェンジを予定する車種を狙うのがおススメです。今年で言うとパッソとエスティマです。すでに新型の登場は確定して予約の受付を始めていて旧モデルは生産を終了しています。

この資産終了した旧モデルも人気があるモデルの場合駆け込み需要があったりもするので、トヨタでも在庫車を持っていたりします。これの売れ行きが芳しくないと値引きに前向きな時があるというわけです。

その時には新型車も同時に交渉をして下さい。新型車は新型車で予約台数を確保したい販売店の事情がある車種もあったりしますから、お買得な旧モデルから新型に乗り換えてもらうために好条件を提示してくる時があります。

4月5月に新車が安く買える理由とその方法のまとめ

どうでしたか?4月5月に新車が安く買える理由とその方法の説明は。

4月5月は決して値引きを引き出すのが難しい月ではなく、むしろ新車を安く買える月かもしれないということが分かっていただけたでしょうか?

そして今回説明した方法を活用して可能な限り安く良い車を手に入れるようにして下さいね。

どうしても業界的に3月の年度末決算で盛り上がるのでここで買わないと損みたいな風潮があるのですが、そんなことはありませんので慎重に行動してください。

車は何年も乗りますし高い買い物ですからね。慎重に情報収集して購入するようにして下さいね。

新車を買おうか考えている人に必ず車が安く買える方法があります。簡単な方法ですので是非実行して大好きな新車を安く買って快適なカーライフを手に入れて下さいね。

”車を買うときに得する方法”を紹介をしたいと思います。

新しい車が欲しいなぁって思ったら欲しい車をディーラーに見に行って試乗したりしますよね?その時は好きな車を目の前にして本当にワクワクして楽しいものです。そして殆どの人はそのハイテンションのまま見積りを受け取り値引き交渉を始めていると思います。

これっ、絶対に止めて下さいっ!

これでは丸腰のままで戦に出るようなものです。車の購入の値引き交渉は戦いなんです。戦というものは戦いが始まる前に8割は結果は決まっています。必ず準備をして臨むようにしましょう。

準備をして交渉に臨むこれ正に勝つべくして勝つです。

1.最大値引きを勝ち取るには販売店同士で競合させるのがベスト

本命のディーラーに新車を見に行く前に必ず競合させる車種と販売店を想定して下さい。同じ車で違う系列店ならベストですし他社のライバル車と販売店でも良いです。

先ずはライバル店に訪問して見積りを出して貰いましょう。そしてその見積りと情報を持って必ず最後に本命の販売店に行きましょう。

2.重要なのは値引きより下取り!そしてディーラー下取りは安いという現実

大切なことなのでもう1度書きます。

車を安く買うのに大事なことは、値引き額よりも下取り査定額の方が重要

と言うのは車両値引き10万円を引き出すのは本当に大変なんです。でも買取りの専門業者の下取り価格ならディーラーと比べて10万円どころか2・30万円以上も高額なことも普通だからです。

知人のレクサスでは70万円以上も高かったです。でもこれは車両価格の高いレクサスだからですけどね。

実際の買取り専門業者への依頼方法とはインターネットで簡単な必要事項を入力するだけです。その後に電話があり向こうから車を見に来てくれます。

高額査定を引き出すコツは、依頼する買取りサイトは複数社の見積りが一括で取れる査定サイトを選ぶこと、そして最低2社へ依頼することです。これは1社の一括査定で複数社に依頼しても業者同士が顔なじみで談合されることもあるからです。

2社に同時に依頼をして競争原理を確実に働かせて買取り額を高めて下さい。私のおススメの買取り査定はかんたん車査定ガイドカーセンサーネット査定です。

おススメの理由は、どちらもガリバー等の大手を含めて一括で依頼出来る点と更にかんたん車査定ガイドは入力と同時に下の画面の様にあなたの車の相場額が表示される点にあります。

もし今すぐに売る予定はなくても自分の車がいくらの価値なのかは今後を考える上で知っておいて損はないでしょう。予想以上に高額な査定額だったから今すぐに好きな新車に買い替えることにしたという嬉しい話も珍しくないんです。

かんたん車査定ならその場で入力するだけで価格が分かりますからね。

あなたの車も調べてみたら予想以上に高額な値がついて驚くかもしれませんよ?

dddddddddddddddd

この2つのサイトでの見積り依頼をすれば競争原理が働き高額査定が出る可能性はかなり高いです。更に確実とするなら業界で評価の高いズバット車買取比較にも頼めば確率は上がります。

でも査定業者が多くなり過ぎると対応が大変ですからかんたん車査定ガイドカーセンサーネット査定だけで十分だとは思いますよ。

そして見積書を持ってディーラーに行って下さい。そうすれば買取り業者の見積額を基準に下取り価格を提案してきます。その額と比較して高い方に売れば良い訳です。基準がないとディーラーが安い見積りを出しても分からないですからね。

この様に万全な準備をして値引きと下取りの両方から最大値引きを引き出しましょう。

特に下取りはディーラーの見積もりだけでは違いも分かりませんし、カーナビやエアロや海外旅行の代金ぐらいは簡単に差が出ますから試してみることをおススメします。

おススメはこの2社⇒かんたん車査定ガイドカーセンサーネット査定

スポンサーリンク




値引き交渉の詳しいテクニックを知りたい人には⇩の記事で説明しています。

誰でも出来る!20万円以上新車を安く買う4つの法則


スポンサーリンク