ハスラーやワゴンR・スペーシアはマイルドハイブリッド?

ハスラー・ワゴンR・スペーシアのマイルドハイブリッド?

ハスラーやワゴンR・スペーシアに搭載されているSエネチャージはハイブリッドシステムですと言う話は前にしました。

昔はプリウスで大騒ぎしたハイブリッドシステムが随分とお手軽に手に入るようになったものですね。

でも、実はちょっと違うんですよね。

間違っては無いのですが、合ってもなんです。

今回はその説明をしてみたいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Sエネチャージはハイブリッドシステム

Sエネチャージはハイブリットシステムだと説明したのになぜプリウスのハイブリッドシステムと同じじゃないなんて言うのでしょうか?

実はハイブリッドシステムには2種類あるんです。

プリウスのハイブリッドシステムはストロングハイブリッド、ハスラーやワゴンR・スペーシアのSエネチャージはマイルドハイブリッドと言います。

これは元々トヨタがプリウスとクラウンのハイブリッドシステムの違いを説明するために使いだした言葉でしたが今は業界全体で使われるようになりました。

では、一般的に言われるその定義と代表的な車を見てみましょう。

ストロングハイブリッド

ストロングハイブリッドシステムはエンジンと電動モーター共に高出力の大型のものとなりの走行状況から最も効率の良い方を選択して出力配分を決めているものです。

つまり電気モーターのみの単独での通常走行や発進も可能としています。

ストロングハイブリッドシステムではどうしても複雑な仕組みになることにより技術的に難しくなることや高価になることがデメリットになりますが、大幅な燃費向上が可能になります。

ストロングハイブリッド搭載の代表車

プリウス

アクア

エスティマ

アコード

アウトランダー

マイルドハイブリッド

マイルドハイブリッドシステムはガソリンエンジンをメインの動力源としていて電気モーターはあくまで補助的なアシストのみに限られます。

停止からの発進や加速時に電動モーターをアシストとして活用していることが多いです。

このマイルドハイブリッドシステムでは基本的に1つの電気モーターであることも多く小型の物でも良いのでシンプルな仕組みで実現可能なために技術的のもコスト的にも高くはならないのが大きなメリットです。

その分燃費改善に関してはストロングハイブリッドシステム程の効果は期待できません。

ストロングハイブリッド搭載の代表車

Sエネチャージ搭載のハスラーやワゴンR・スペーシア

インサイト

ソリオ

zaaa

まとめ

簡単に言うとですねぇ。

・プリウスのシステムは、複雑なシステムの分燃費は良いんだけど、車両価格が高い!

・Sエネチャージは、簡単なシステムの分燃費はそこそこ良い程度だけど、車両価格は高くはない!

まぁ要は元々ハイブリッドシステムの最大の問題点は価格が高いということなんですよね。

高い車両価格を数年かけて安くなったガソリン代が回収出来るかどうかの計算になりますからね。

そう考えるとマイルドハイブリッドはありだと思いますね。

技術はどんどん向上していきますし今でも1リットル30キロは走るようになってきていますので、十分な結果が出てきていると思います。

これからマイルドハイブリッドシステムは注目だと思いますよ。

BY KENJI

スポンサーリンク