ニッサン新型ジュークJUKEのスペックは?モデルチェンジは2017年を予定

ニッサン・新型ジューク(JUKE)へのフルモデルチェンジは2017年内か?

ニッサンのジュークの初登場の時は衝撃的でした。

フォグランプとフロントライトとが逆転した様な独創的なフロントマスク、小型クロスビーグルというSUVジャンルにも関わらず全く泥臭差を感じない佇まい。そしてまるで2ドアクーペの様なスタイリッシュなデザイン。

存在そのものが独創的でアイディアいっぱいな面白い車でした。

そんなジュークも最近は販売の方は不振で、ライバルのホンダ・ヴィゼルが2015年度は平均して月に5000台以上を売っているのに対して、ニッサン・ジューク1000台にも満たないものでした。

この状況を打破すべく新型ジュークがニッサンで開発中です。その内容はホンダのヴィゼルやトヨタのC-HRと互角以上に戦えるだけの魅力ある車になるということです。

今回はフルモデルチェンジするニッサンの新型ジューク(JUKE)のその内容とエクステリアデザインに関して現在判明している情報を見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

遊び心溢れる車!それがニッサンのジューク(JUKE)

ニッサン・ジュークは現代の車にしては珍しい妥協の産物の様な車とは異なり意欲的に新しいものを創造しようとした車です。姿を見ただけで意気込みが伝わるような車でしたからね。

2010年に正式発表・販売されたコンパクト・クロスオーバーSUVで、当時はクロスオーバーでも武骨なデザインが主流だったものが、SUVにもクーペスタイルのエクステリアデザインを広めたモデルです。

やはりジュークのインパクトはフォグランプとフロントライトが逆転した様なフロントマスクとチョロQの様なフォルムは大きなインパクトを生みましたよね。nnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnn (640x340)プラットフォームはニッサンとルノーが共同で開発したBプラットフォームを使用し、サスペンションの基本はキューブをベースとし、リアサスペンションはSUVとして剛性を高めるためセレナのものと共通したものを使用しています。

その様な努力によりジュークは車格のわりに車両価格を抑えた設定が可能となっています。ハッキリ言って車両価格の上がる傾向が強い現代でジュークのコストパフォーマンスは魅力的でヒットした大きな要因となりました。

CMも若々しい新しい価値提供を提案するような内容になってますね。

遊び心溢れる車ジュークはCMでも遊び心溢れるものが作られました。

これはスターウォーズとのコラボCMですが、、、、ジュークに何かメリットがあるのかは疑問ですね。

欧米でも大人気のジュークだけに海外のCMも良い作品が多いです。

こちらはイギリスのCMです。

遊び心溢れる企画”キミだけのジューク(JUKE)をデザインしよう”

ニッサン自動車はこんな楽しい企画も発表してデジタルコンテンツを公開しました。それが“自分だけのオリジナルデザイン”のジュークを作ることができるデジタルコンテンツ”JUKE by YOU”です。

このデジタルコンテンツでは誰でも簡単に色を変えたりステッカーを張ったりして自分だけの個性的なジュークをデザインすることが出来るんです。しかもコンテストでベストに選ばれるとその優勝したジュークのデザインを実物のジュークで再現してプレゼントしてくれるというものです。

遊び心が溢れてしまったスーパージュークを知っていますか?

ジュークの遊び心の表れの1つとして”スーパージューク”と呼ばれたGTRのエンジンを移植された”ジュークR”もそうです。

皆さん、知ってますか”ジュークR”を?hhhhhhhhhhhhhhh (640x372)欧州ニッサンで開発されたコンセプトカー・ジュークRGT-RのVR38DETT3.8lのV型6気筒ツインターボエンジンを搭載して、駆動系も独立型トランスアクスル4WDをトランスミッションもGT-Rの6速デュアルクラッチトランスミッションを移植するという改造を大手メーカーがおこなった驚きのモデルです。

外観はジュークですが中身はほぼGT-Rで最高出力も600馬力を超えてくるスーパーSUVとなります。こんな化け物SUVは世界中探してもこのジュークRただ1台でしょうね。

車好きには堪らないことをメーカーがやってしまった感じです。

実際にジュークRの実力もフツーのスポーツカーどころが、世界が誇るスーパーカークラスでも一蹴できるものです。下の動画は名だたるスーパーカーを従えて先頭を走るジュークRの映像です。

こんなスーパーカーを日本の大衆車のジュークが(中身は十分スーパーカーですが、、、)ねじ伏せて走るのは軽快ですね。

ニッサン・ジュークの試乗動画

ジュークは日本車でもマーケット開拓をしたモデルなのでモータージャーナリストの注目を集めました。

試乗インプレッション動画でも興味を引く話が聞けますよ。

こういう新しい試みのある車が日本車の未来を創るんだと思います。

ジュークNISMO&RS

SUVにも関わらずニッサンのスポーツブランドのニスモとニスモRSがあります。走りに特化したモデルがニスモで更にその上位モデルがニスモRSとなります。

その内容も足回りだけを強化したという簡単なものではなく本格的なものなんです。その内容はエンジンはチューンして最高出力157kW(214PS)、最大トルク250N・m(25.5kgf・m)へとパワーアップしています。

強化したサスペンションで引き締めた足回りだけでなく溶接により大幅に剛性を高めたボディや大径化したローターのフロントディスクブレーキとベンチレーデッド化したリヤディスクブレーキによりストッピングパワーも強化しています。

コックピットも電動パワーステアリングや8速マニュアルモードにパドルシフトを装備したCVT-M8に専用チューニングのRECARO製スポーツシートを装備します。

SUVだからという話ではなくスポーツカーとしてもここまでメーカーがチューンしているモデルは少ないですよね。

やはり普通のSUVとは異なるポジションのモデルだと良く分かりますね。

その専用装備の主な装備は下の様になっています。

ジュークNISMO RS専用装備

  • 専用チューン1.6L直噴エンジン(MR16DDT)
  • エクストロニックCVT-M8
  • 専用エキゾーストシステム
  • 専用チューニングRECARO製スポーツシート
  • 225/45R18 95Y XLタイヤ&NISMO専用18インチアルミホイール
  • NISMO専用フロントバンパー
  • LEDハイパーデイライト(車幅灯連動)
  • 専用オーバーフェンダー
  • 専用サイドシルプロテクター
  • 専用リヤバンパー
  • 専用ルーフスポイラー(ハイマウントストップランプ付)
  • NISMO専用本革・アルカンターラ(R)巻3本スポークステアリング(レッドセンターマーク、レッドステッチ付)
  • NISMO専用フィニッシャー シフトベース周り
  • 専用サスペンション
  • 専用ディスクブレーキ、赤塗装ブレーキキャリパー
  • 専用ボディ補強

ジュークNISMO&NISMO RS専用ボディーカラー

ジュークNISMO&NISMO RS専用の専用カラーは全部で3色となります。

ブリリアントホワイトパールブリリアントシルバースーパーブラック

ジュークNISMO&NISMORSの試乗動画

ニッサンもジュークにニスモを設定するのは特別な思い入れがありました。

ジューク・ニスモの発表会からもその熱意が感じますよ。

ジューク・ニスモの行動での試乗インプレッションになります。

ジューク・ニスモRSをサーキットで走らせた動画です。SUVなのにサーキットが似合います。

世界のプレミアムカーとも互角に渡り合える実力がジューク・ニスモRSにはあります。

 ちょっと☕コーヒーブレイク☕

車が好きな人にここで少し耳寄りな情報があります。
それは車を購入するのにちょっとしたコツを知っているだけで20万円以上安く買えたりします。
ディーラーとの交渉前の準備や下取り車の売却方法だったりします。
誰にでも出来る簡単な方法ですので、下の記事を読んで参考にしてみて下さい。

誰でも出来る!20万円以上新車を安く買う4つの法則

2017.09.08

ニッサン新型ジュークのモデルチェンジ情報

新型ジューク(JUKE)と噂される”グリップスコンセプト”

開発中が伝えられる新型ジュークですが、実はモーターショ―で発表されたコンセプトモデルに新型ジュークではと噂されているモデルがあります。

それが、フランクフルトモーターショーで初めてワールドプレミアを飾ざり、2015年の東京モーターショー2015にも出展された”グリップスコンセプト”です。

このニッサン グリップスコンセプトのコンセプトは、”若い世代に向けたスポーツコンパクトクロスオーバー”ということでデザインもそうですが、正に新型ジュークと同じコンセプトになります。hhh (505x334) ボディサイズは全長4100mm×全幅1890mm×全高1500mmというSUVとしてはコンパクトなサイズに収めてあるのですが、デザインはかなり大胆な試みがなされています。

室内空間は4人乗りの2プラス2のクーペスタイルで、フロントドアはガルウイングとなっていて派手に跳ね上がり、リアのドアはRX-8のように観音タイプで後ろ側に開きます。そしてセンターピラをピラーレスにすることで乗車性も確保しています。

正にコンパクトクロスオーバーの性能と実用性を両立させているスポーツカーの様な車でワクワクした車作りが伝わりますね。

写真で見るとガルウイングドアは派手ですねぇ。hhhhhhhh (562x409)観音開きの開き方もRX-8以外ではほとんど見た記憶がありません。

ガルウイング+観音開きは世界初なのかもしれません 。
hhhh (560x377)バンパー一体型のマフラーがカッコいいです。hhhhhhhhh (566x409)内装は明らかにコンセプトカーの内装です。
hhhhh (560x407)腕時計のクロノグラフの様なメーターでストイックなデザインです。
hhhhhhh (567x414)流石に+2ということでリアシートは狭いですね。hhhhhh (572x408)実はこの グリップスコンセプトはニッサンが誇る自慢の電気自動車リーフの駆動システムを用いたPure Drive e-Powerを応用したハイブリッドEVシステムを搭載しています。

このパワーユニットは最高出力109馬力最大トルクは25.9kg・mといわれています。この次世代ハイブリッドシステムは現在のハイブリッドエンジンよりも小型軽量化がなされ、燃費だけでなくパワーも継続距離も期待できるシステムになるとみられています。

この グリップスコンセプトの動く姿は⇩の動画で見て下さい。

新型ジューク(JUKE)の予想イラスト

海外では グリップスコンセプトをベースにした新型ジュークの予想イラストが描かれています。スパイショットから描かれているわけではないので、想像の域を出ないものではありますがなかなか良く出来ていると思います。

ただしデザインとしての完成度は高いですし先進的な意欲的なデザインなのに確かにジュークのデザインとなっていることは見事です。

今のジュークのデザインは少し子供ッぽいのですがこれであればプレミアム性の感じるものとなっています。nnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnn (640x414)出典 http://indianautosblog.com/

ニッサンのVモーショングリルのデザインとしては今までにないものとなってますね。nnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnn (640x364)出典 http://indianautosblog.com/

フロントライトとフォグランプの形状から確かにジュークと分かりますね。 nnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnn (640x380) 出典 http://indianautosblog.com/ nnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnn (640x379)出典 http://indianautosblog.com/

このルーフはどうなっているんでしょうね。アンテナはシャークフィンアンテナですね。 nnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnn (640x344)出典 http://indianautosblog.com/

このCピラーの処理は面白いですね。 nnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnn (640x345)出典 http://indianautosblog.com/

他の予想CGもあります。これらもあくまで予想と言うレベルですね。ooooooooooo (592x333) 出典 http://automotrends.com/ ooooooooo (599x333) 出典 http://automotrends.com/ oooooooooooo (565x290)出典 http://automotrends.com/

ニッサンの最新クロスオーバー”IMx”

2017東京モーターショーにニッサンの最新のクロスオーバーEVのコンセプトモデルである”IMx”が発表となりました。

このモデルはジュークの新型のベースとなるコンセプトモデルではないのですが、ニッサンのこれからのSUVの基本的なデザインの流れとなる傾向が分かります。

この全体的なデザインは新型ジュークにも取り入れられるのは確実で、しかもニッサンの統一グリルであるVモーショングリルの新しいスタイルの提案がされているので、これからはこのスタイルのVモーショングリルがニッサン車に採用されていく可能性があります。

それではコンセプトモデル”IMx”を見ていきましょう。

従来の如何にも付けましよって主張しているVモーショングリルではなく、ボンネットからバンパーへと自然な形でVモーションを形成しています。

私はこのデザインは好きですねぇ。

最近の自動車メーカーのデザインでは、マツダとニッサンのデザインが私の好みなのですが、Vモーショングリルは余り好きではなかったんです。

それがこのグリルであればOKです。 このライトがフェンダーに繋がる形状も良いですね。 リアのデザインはCピラーの処理などは意外とSUVという雰囲気ではなく、クーペの様なデザインが美しいです。 インテリアに関してはコンセプトモデルの領域を出ていないので参考になりませんね。 これが今のニッサンのSUVの最新のデザインです。

間違いなくこの流れは新型ジュークでも採用となるでしょう。

ニッサン新型ジューク(JUKE)の予想基本スペック

新型ジューク(JUKE)のプラットフォーム

新型プラットフォーム CMF-B

ニッサンと同じグループのルノーと共同開発する新プラットフォームCMFをベースに、軽量化と高剛制化を更に改善して採用してきます。

CMFは、コモン・モジュール・ファミリーと正式名を持つ同グループのグローバルスタンダードとなるプラットフォームでCMF-Bは、新開発される中型車用プラットフォームです。

新型ジューク(JUKE)のボディーサイズ

全長 4200mmx全幅1765mmx全高 1565mm ホイールベース 2580mm

ボディーサイズに関してはコンセプトが同じなためにほぼ同じと見られています。dddd-640x296

新型ジューク(JUKE)の駆動システム

通常エンジン:1.2リッターDIG-T直列3気筒直噴DOHCターボエンジン

エンジン最高出力120ps  最大トルク19.3kgf.m

駆動システムは現行の1.5リッター直列4気筒DOHCエンジンのHR15DE型は廃止されてダウンサイジングが行われ、1.2リッターDIG-T直列3気筒直噴DOHCターボエンジンになります。

このエンジンはニッサンのエンジンではなくルノーのエンジンでありヨーロッパではすでにコンパクトSUV・キャプチャーに搭載が開始された次世代新型エンジンで、ノートに搭載されている1.2リッターDIG-S直列3気筒をスーパーチャージャーで加給するものとは別物となります。

実はもう1つ噂される可能性が新型ジュークの本命となるユニットである1.2リッターDIG-T直列3気筒直噴DOHCターボエンジンをベースにした電気モーターとリチウムイオンバッテリーを組み合わせたハイブリッドシステムのエンジンも搭載予定です。

それが、電気自動車(EV)となるのではないか、つまりはグリップスコンセプトと同じ”Pure Drive e-Power”のパワーユニットを使ったジュークが存在するのではないかということです。

ハイブリッドシステム:1.2リッターDIG-T直列3気筒直噴DOHCターボエンジン+モーター

これは、”Pure Drive e-Power”のリーフの電気自動車技術を応用したより電気自動車に近いハイブリッドエンジンつまりは、現行リーフの最高出力109psの電気モーターを走行の動力とする駆動方式に発電専用の補助としてガソリンエンジンが備わるものです。

このハイブリッドEVシステムがノートに搭載されているハイブリッドエンジンの”e-Power”と同じ仕組みのユニットなのか、それともハイブリッドエンジンとは別の電気自動車(EV)として販売するのかはまだ見えていません。

このことの背景にはライバル車のホンダ・ヴィゼル・ハイブリッドの燃費は27.0km/Lまで高められているため後発となる新型ジュークではこの27.0km/Lを超えることが命題とされているからです。

ただ、このヴィゼル・ハイブリッドの燃費27.0km/Lが非常に良いので苦労しているようです。ddddd-640x303

新型ジューク(JUKE)のトランスミッション

CVTトランスミッション

トランスミッションは新型ジュークのコンセプトから考えてもCVTで十分でしょうね。もし強化されるとしても走りに振った8速マニュアルモードのパドルシフトを装備したCVT-M8となるでしょう。

新型ジューク(JUKE)の駆動方式

FF又はFFベースの4WD駆動方式

まぁ走破性能重視の4WDと街乗り用となる売れ筋モデルのFFというところで定番のラインナップですね。

最高燃費となるのはFFモデルということになります。

新型ジューク(JUKE)のその他の情報

快適性などの装備の充実も図られるようで、大型のサンルーフや現行ジュークでは不満も出ていた荷室の積載量を拡大してくるようです。

ニッサンはすでに新型ジュークの生産のために1億ポンドを設備投資イギリスのサンダーランド工場に投資して体制を整えたことを発表していてその積極的な姿勢が伺えます。ddd-640x359

ニッサン新型ジューク(JUKE)の発売予定

新型ジューク(JUKE)に関してはメインのマーケットであるヨーロッパでの先行販売が予想されています。

日本はそれから遅れること半年程度となることとなるので、2017年内にギリギリ間に合うか2018年になってしまうか微妙なところだと思います。

最近は海外の発売が先行して日本の発売が遅れるのは寂しいですが、マーケット規模を考えると仕方ないですね。

日本での正式なお披露目は東京モーターショーになりそうです。

発売時期に関しては遅れそうな話も聞きますが、発売日に拘るよりもよりも完成度の高い良い車を創って貰いたいものですね。

ニッサン新型ジューク(JUKE)のライバルの動向

新型ジュークは魅力のあるモデルにフルモデルチェンジします。しかし他社のライバルのモデルも当然進化していきます。その代表的なライバル車も下に書き出してみました。

ホンダ新型ヴェゼルacccc (640x419)このクラスのSUVの現在の王者はホンダのヴェゼルで、現在は1車で人気を独占するかのような状況です。

しかしジュークのモデルチェンジやトヨタの新型車C-HRの発売などに対抗するためにディーゼルエンジンを搭載するなど多くの改良を予定しています。↓の記事に詳しく書いてありますので読んで下さい。

ホンダ新型ヴェゼルのモデルチェンジ情報!ディーゼルや6MTが搭載か?

スバル・フォレスター

zaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa (627x414)フォレスターも今勢いのあるスバル車だけあって強力なライバルです。ボクサーエンジンに4WDの車で走破性能は1級品です。技術的にこのジャンルに強いスバルの最新技術が投入された新型にモデルチェンジします。

スバル・フォレスターが新型へモデルチェンジ!プラグインハイブリッドは?

トヨタのプリウスのSUV版C-HR

bbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbb (640x402)トヨタが放つプリウスベースの小型クロスオーバーSUVのC-HRもいよいよ発売しました。トヨタは本家だけにハイブリッドシステムが優秀なのは当然ですが、そのシャープでグラマラスなエクステリアデザインも話題です。

このヴェゼルを超えてクラスの王道となるのは確実です。

トヨタの新型車CHR(プリウスSUV)の驚きの性能!発売日12月16日の最新情報

ニッサン新型ジューク(JUKE)のフルモデルチェンジ情報のまとめ

このように見てくるとニッサンの新型ジュークに対する本気度が良く分かりますね。

新型ジュークのライバルはホンダのヴィゼルだけでなくトヨタのプリウスSUVと言われるÇ‐HRとデザイン・走行性能・燃費性能と強力な車が存在しています。

本音でいえばニッサンも新型ジュークは全て自社での開発としたかったんだと思います。

それが少しでも新型ジュークを良い車にするためにニッサンに拘らずグループ内で多くの選択肢を模索したのが分かります。

ルノー・ニッサングループで総力を投じて開発している新型ジュークですから車としてかなり期待できるものが登場することが予想できます。

ジュークやCX-3などの新車を買おうか考えている人に必ず車が安く買える方法があります。

絶対知っていた方が良い!車を安く買う簡単なコツとは?

車を安く買うのには値引き交渉は必ず必要ですが、それにはちょっとしたコツがあるんです。

知らないと後で”ディーラーに騙されたぁ!”って悔しがる人もいるんですよ。

その詳しい内容は右の記事で説明ましたので参考にして下さい⇒”誰でもできる車を20万円以上安く買う方法”

簡単な方法ですので是非実行して大好きな新車を安く買って快適なカーライフを手に入れて下さいね。

スポンサーリンク




スポンサーリンク